ニュース News

業界情報

新着

2018年2月15日
米国蒸留酒、人気上昇中
蒸留酒が、2017年米国にて記録的に売上を伸ばしたと米国蒸留酒審議会(The Distilled Spirits Council) は報告した。
2017年、米国市場で、蒸留酒は売上で前年比4%増、販売量では同2.6%増を記録した。また、米国アルコール飲料市場では、2017年、依然40%強の最大シェアを占めるビールがシェアを縮めるのに対して、蒸留酒は36.6%とシェアを広げた。8年連続のシェア拡張となった。この結果は、米国消費者の中でも特にミレニアム世代による、高価格帯のプレミアム蒸留酒の嗜好を反映しているという。
海外市場においても、米国は蒸留酒の輸出量を増やし、また売上でも前年比14.3%増を見せている。特にライ麦を主原料とするライ・ウィスキー、リュウゼツランを主原料とするメキシコ特産蒸留酒メスカル、スーパープレミアム・ブレンデッドスコッチ、スーパープレミアム・ジン、スーパープレミアム・ラムの伸びがそれぞれ顕著である。
    (DBR, Feb.5, 2018)
2018年2月13日
飲料缶で、3種類のイメージを発信
飲料メーカーと消費者をつなげるインタラクティブ機能を、製缶会社クラウン・ベヴキャン欧州中東社とインキ・メーカーのクロマティック・テクノロジーズ社がコカ・コーラ社向けに開発した。
“リビール(Reveal)インキ”は、温度により飲料缶上の色を変化させることで、消費者が飲料を飲み始めてから飲み終えるまでに、複数のメッセージやイメージを表示することができる。缶が冷えると2色のサーモクロミック・インキが同時に現れ、そして、飲料を飲み終えるとそのうちの1色が消える。飲料缶を購入した時点でのオリジナルのイメージ、次に、冷えた時のイメージ、最後に、缶の中身を消費し終えた時の第3のイメージが、消費者の前でそれぞれ展開される。
今回の場合は、缶が十分に冷やされると、缶に描かれている人物や動物が発するメッセージが現れ、飲料を全て消費すると、その下に隠されていた、ブランドのウェブサイトに導くQRコードが現れる。そこでは、このために特別に制作された動画コンテンツが消費者向けに用意されている。
リビール・インキは、リトアニア、ラトビア、及びエストニアで販売されるコカ・コーラ社ブランドのコーク、コーク・ゼロ、ファンタ及びスプライトの缶に使用される。
    (CanTech, Feb.12, 2018)

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ