ニュース News

業界情報

新着

2018年7月17日
何も印刷しない“ミニマリスト”缶
ボール社 (米国コロラド州) が、オランダのクラフトビール・メーカー、Brouwerij Homeland Amsterdam 社向けに製造した今回の缶は、多くのクラフトビール・メーカーの間で人気のある330mlサイズである。缶胴の360度に広がる全面を、敢えて何も印刷せずに空白にすることで、強い、際立つイメージを印象付けるデザインにしている。ブランド名、賞味期間、アルコール含有量の情報は、缶底に印刷される。
クラフトビールに対しては、量よりも個性的な味を重要視し、それゆえ、缶デザインも個性的であることが求められる傾向にあるため、この種の斬新なデザイン主体の包装は、特にクラフトビール業界内では重要である。
缶は、ボール社の英国ミルトン・キーンズ工場にて製造され、厚紙製の箱に個々に入れられた状態で、オランダのスーパー、バー、レストラン、及びホテルにて、現在、販売されている。
    (PackagingNews, July 16, 2018 / The Canmaker, July 16, 2018)
2018年7月12日
サーモクロミック・インキの利用を拡張、コカ・コーラ社
これまでは、温度変化に伴い、1色あるいは2色のサーモクロミック・インキを組み合わせてその効果を利用してきた (弊社業界情報2018年2月13日付、 2017年5月9日付等に関連記事)。今回、サーモクロミック・インキを使用したコカ・コーラ・トルコ社は、初めて、純粋な装飾用ツールとしてこの技術を利用すると同時に、サーモクロミック・インキ4色を駆使し、缶が冷え消費に最適なタイミングで、際立つ華やかな装飾を生み出すことに成功している。
コーク缶に描かれる夏をテーマにしたデザインは、角氷、ヤシの木、サンダル、ヨット等10種類にわたる。デザインのパターンは、室温では白色であるが、飲むのに最適な温度まで冷やされると様々な色に変化する。
4色の複雑な印刷工程を経て製造した飲料缶を提供したクラウン・ベブキャン・ヨーロッパ&中東社は、今回、年間20億缶の生産能力を持つトルコの同社工場にて缶を製造、供給している。
コカ・コーラ社によるキャンペーン向けに、年内に7,000万缶を製造する予定で、一部は既に小売店で販売されている。
    (Packaging Europe, July 9, 2018 / Food navigator-asia.com, July 4, 2018)

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ