ニュース News

業界情報

新着

2019年12月5日
今年の米国ビール出荷量、2010年以来最低となるか
今年、米国のビール醸造会社の数は、米国史上最高の数(認可された醸造会社数11,000以上)に達する一方で、米国内のビール生産量は、ここ10年間で最も低くなると予想されている。
今年10月末までの10ヵ月間の米国ビール醸造会社の出荷量は、約1億4,230万バレルと前年同期比1.8%減を報告した。ちなみに、2010年には、2,343の認可醸造所合わせて1億8,110万バレルの出荷量があった。
米国ビール業界は、この10年間に、米国を代表する大型ビール・ブランドが、数多くの新興アルコール飲料メーカーにシェアを奪われるという、劇的な変化を見ている。2010年以降、米国ビール・カテゴリーで、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社とモルソン・クァーズ社合わせて2,600万バレルを失った一方で、クラフトビール・メーカーが1,500万バレルを加える形となったと、米国クラフトビール業界団体のブリューワーズ協会は報告する。
また、過去20年の間に、ビールが、ワインと蒸留酒に、徐々にではあるが、シェアを譲りつつあり、2003年に米国アルコール飲料売上全体で54%のシェアであったビールは、2018年には46%までシェアを落としている。
一方で、ホワイト・クローに代表されるハード・セルツァーを含む新しいアルコール飲料がビール/ワイン/蒸留酒業界の境界線をあいまいにしつつある。現在、100を超えるハード・セルツァーが存在し、そのほとんどがビールとして分類され課税されている。これらの製品が、米国消費者をビール・カテゴリーに戻しており、小売店でのビール売上に新たな息吹をもたらしつつあることも確かである。
   (Forbes, Nov.30, 2019)
2019年12月3日
メタル・コンテイナー社飲料缶製造工場売却の可能性
世界最大のビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社(以降、ABインベヴ社)は、2008年にアンハイザー・ブッシュ社買収に伴い取得したメタル・コンテイナー社の米国における製缶工場の残り全てを売却する計画を、ドイツ銀行と進めていると言われている。
ABインベヴ社は、これまでにメタル・コンテイナー社所有の製缶工場4工場を、世界最大の製缶会社ボール社に売却している。その当時、メタル・コンテイナー社は、製缶・製蓋工場11工場を操業していた。 その後、2016年のビールメーカーSABミラー社を買収したABインベヴ社は、米当局より資産削減・売却を求められ、また同時に、同社自身も負債軽減に注力する状況にある。
米国ミズーリ州セントルイスを拠点とするメタル・コンテイナー社の売却対象となる資産は、飲料製缶工場5工場、つまり、ミズーリ州アーノルド、フロリダ州ジャクソンビル、カルフォルニア州ミラローマ、ニューヨーク州ニューバーグ、及び、コロラド州ウインザー、そして製蓋ラインと見られている。ジャクソンビルとアーノルドの工場にはアルミボトル製造ラインも含まれ、また、ニューバーグ工場は、製缶ライン6ラインを有する、米国でも最大級の飲料缶製造工場のひとつである。これら5工場の年間生産能力を合わせると約200億缶となり、その数字は米国での年間飲料缶販売数量のおよそ1/5に匹敵する。
これらの製缶工場が実際に売りに出されると仮定した場合、最も考えられる売却先は、コロラド州を拠点とする製缶会社のボール社である。米国内に16製缶工場を持つボール社(クラウン・ホールディングズ社は米国内に10工場、アルダー・グループは同7工場、ロッキー・マウンテン社JVが同1工場をそれぞれ所有)は、米国市場を独占する製缶会社であり、同社によるこれ以上の製缶工場買収に関しては、米当局が容易には承認しないことが予想される。
   (The Canmaker, Nov.29, 2019)

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ