ニュース News

業界情報

新着

2019年2月14日
カールスバーグ社もアルコール・フリー・ビール売上増加を報告
ビールメーカー、カールスバーグ社は、2018年西欧でのアルコール・フリー・ビール(ノン・アルコール・ビール)の出荷量が前年比33%増加したと報告した。
現在、クラフトビール、スペシャルティ・ビール、そしてアルコール・フリー・ビールが、カールスバーグ社の世界全体における収入の30%を占めるに至っている。
昨年5月には、カールスバーグ社は、アルコール・フリー・ビール・ブランドBirellをポーランドとブルガリアで発表し、今年、他の国々でも販売開始する。
カールスバーグ社は、クラフトビール、スペシャルティ・ビール、そしてアルコール・フリー・ビールについて、特に西欧へ重点的に投資を進めており、また、アルコール・フリー・ビールは、全般的に、デンマーク、ノルウェイ、フランス、スイス、及びポーランドでの売上が伸びていると報告している。
   (Beverage daily.com, Feb.7, 2019)
2019年2月12日
スーパーボウル観戦に欠かせない飲料は、もはやビールとは限らない
米国最大のスポーツイベント、スーパーボウル。毎年、テレビ最高視聴率を記録するほど米国中が盛り上がるその観戦に絶対に欠くことができないのがビールである。かつてはその独占的な存在であったビールに、昨今迫るのがワイン、ハード・セルツァー、蒸留酒であると言われている。
スーパーボウル開催の時期、バドワイザー、バドライト、ミラーライト、そしてハイネケンが最も人気の高い飲料ブランドであることに変わりはないものの、最近では、それに加えて、クラフトビールを選ぶ消費者も年々増えていると、市場調査会社ニールセン社の最新報告書は伝えている。
近年、ファンが選ぶ飲料はビールだけではない。スーパーボウル開戦までの2週間、スーパーボウル・ファンの59%がワインを、55%がビール、そして49%が蒸留酒を好んで飲むと答えている。
このような変化は、スーパーボウルを観戦する女性ファンの増加にあると言われる。女性は男性よりもワイン、蒸留酒、ハード・セルツァーを選ぶ傾向が強い。また、健康志向のトレンドも反映してか、低カロリー・フレーバー・モルト飲料(FMB)の売上は、2016年のスーパーボウルの頃と比較し、2018年同時期に3倍以上増加した。
永遠に変わることのないであろう、スーパーボウル観戦に欠かせない飲食物:ビール、チキンウイング、チップス。しかし飲料については、それは変化していくのかもしれない。
   (Beverage daily.com, Jan.31, 2019)

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ