ニュース News

業界情報

新着

2020年3月31日
コーヒーは今でも飲料の“キング”、米国
毎日コーヒーを飲む米国人の数は、2015年以降5%増えたと、米国コーヒー協会(NCA)は、先週木曜日発行した調査書で報告した。
その報告によると、米国人の62%が、昨今、若年層の間で人気が高まっているフローズンやコールド・ブリューといった新しいタイプのコーヒーを含む何らかのタイプのコーヒーを、毎日消費しているという。
米国は、世界最大のコーヒー消費国であり、また、世界最大のコーヒー生豆輸入国である。
以下は、ここ5年の間に認められた顕著な変化である:
・40歳以下の米国人で、20%が、1週間に少なくとも1度、1杯のコールド・ブリュー・コーヒーを飲んでいる。5年前には存在すらしていなかった飲料である。
・砂糖を入れずにコーヒーを飲む米国人の数は、2015年から2020年の間で66%増えた
・コーヒーに高品質を求める米国消費者が増え、質の高い豆から作られるコーヒー・ブランドの売上は、2015年以来25%上昇している
一方、別の報道によれば、そうであるがために、米国を含む主要コーヒー豆輸入国や主たる輸入業者は、中南米地域の供給国にて新型コロナウイルス感染症拡張の影響で経済活動制限が今以上に厳しくなった際のコーヒー豆不足に備え、少なくとも1か月分先んじてコーヒー豆を発注していると言われる。
この時期、コモディティの多くで下落が生じているにも関わらず、コーヒー豆の価値は、強い需要に支えられ、以前にも増して上昇している。
   (Reuters, Mar.27 & 30, 2020)
2020年3月26日
世界のビール醸造会社・蒸留酒製造会社が、アルコール消毒液生産を開始
世界で新型コロナウイルスの感染者数50万人近くを数える現在、各国の保健・衛生に関わる機関は、感染防止のために、手洗い後、アルコール消毒液を手指に塗布することを奨励している。その結果、世界中のスーパーでアルコール消毒液が品薄となっている。
WHO(世界保健機関)が奨励するアルコール消毒液では、アルコール含有量60%以上を含むことが望ましいとされているが、英国や欧州大陸で販売されている蒸留酒のほとんどがアルコール含有量40%であるため、代用品がなかなか見つけにくい。その結果、10社を超える蒸留酒製造会社 (Brewdog Distilling、ペルノー・リカール、Absolute Vodka、ラビット・ホール、New York Distilling、LVHM など) が、自ら、手指のためのアルコール消毒液 (hand sanitizer)の製造に乗り出している。
   (the drink business, Mar.19, 2020)

バックナンバー

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ