ニュース News

業界情報

新着

2018年12月13日
ブラジルに、新たなる飲料缶製造工場建設
米国の飲料缶製造会社、クラウン・ホールディングズ社は、ブラジルに同社としては5番目となる工場を建設中である。
現時点ではD&I 缶製造ライン1ラインとしか伝えられていない新工場の試運転は、早くとも来年末とのこと。
ブラジルは、新政権誕生で経済回復が期待される中、飲料缶においては、ビール缶が独占的な存在で成長を続けており、特に、繰り返し使用可能なリターナルビンから缶への移行が顕著である。
新工場の缶供給先は、近隣に醸造工場を構えるアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社傘下のAmbev社も含まれると見られている。
クラウン・ホールディングズ社は、ビール用に9oz(266ml)及び18oz(532ml)といった新しいサイズの缶を紹介し、好評を得ている。
ブラジル飲料缶市場では、クラウン・ホールディングズ社は、第一位のボール社に続き第二位の29%のシェアを持ち、その内訳は53%がビール用缶、10%が炭酸飲料用缶であり、また、特殊サイズ缶の製造が50%を占めている。
    (The Canmaker, Dec.12, 2018)
2018年12月11日
砂糖税が飲料缶売上増を導く、英国
砂糖ゼロの飲料、カクテル用ミキサー飲料、そして猛暑が、今年、英国のアルミ飲料缶売上を伸ばしたと、英国飲料缶製造会社協会the Can Makerが発表した。
英国では、今年、清涼飲料に対する砂糖税導入(弊社業界情報2018年4月10日付に関連記事)を契機に、砂糖含有ゼロの飲料への関心が高まり、その結果、缶を容器とする炭酸清涼飲料の売上が上昇している。缶を容器とする清涼飲料は、昨年比4%増の売上を記録し、現在、英国の清涼飲料用容器の20%が缶である。
また、英国消費者の傾向として顕著なのは、大型のマルチパックである。330mlサイズ缶24缶パック売上は、前年比15%増となった。
さらに、缶で販売されているカクテル用ミキサー飲料売上が、前年比39%増と飲料缶全体の伸長に大きく貢献している。ミキサー飲料に使用される大半の缶サイズが150mlであり、そのお手頃な価格と、ちょうどよい量である点が多くの消費者に受け入れられている。
    (CanTech, Dec.6, 2018)

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ