ニュース News

業界情報

新着

2019年4月18日
米国人は再びビール好きになるか
米国人はビールを飲まなくなったと言われてしばらく経つ。ハイネケン社は、それを何とかしようと画策している。
過去4年の間に、米国人のビール消費量は5%減少、その一方で、ワインや蒸留酒の売上は上昇している。
しかし、ハイネケン社は、アルコールを全く含有しないビールであるハイネケン0.0が、今後、健康に良いとされる製品に注目する昨今の米国消費者にアピールすると見る。
ハイネケン0.0は、開発に5年をかけている。ビールからアルコール分を排除する際、フレーバーやアロマもともに取り除かれる懸念があるが、ハイネケン社は、それを損なわないビール開発を目指した。ハイネケン社は、ノンアルコール・ビールを、通常のビールが何らかの理由で飲めないために仕方なく選ぶものではなく、消費者が、美味しい飲料として積極的に選ぶ製品になることを望んでいる。
155年の歴史をもつオランダのビールメーカーは、ハイネケン0.0をまずオランダとドイツで2017年に発売し、都会的で高級志向の若い世代の注目を集めていると言う。現在、ハイネケン0.0は、国際的に展開しており、英国ではハイネケン社全体の売上高の5%を、スペインでは7%を、そしてロシアでは20%を占めるにいたっている。
ハイネケン社を始めとするノンアルコール・ビールを持つ企業は、これまで、米国では受け入れられにくいという理由で、米国市場への参入に躊躇していた。昨年でも、ノンアルコール・ビールのシェアは、米国ビール需要全体のわずか0.3%を占めるに過ぎなかった。ハイネケン社は、これを理由に、米国市場にはノンアルコール・ビールが伸びる余地はあると見て、今年1月、ハイネケン0.0の発売に踏み切った。今年最初の3ヵ月間で、米国におけるノンアルコール・ビール売上は、前年同期比6.6%増えたことを、ニールセン社は報告している (弊社業界情報2018年11月27日付に関連記事)
   (FOX2now, Apr.15, 2019)
2019年4月16日
ビールメーカー、プラスチック製マルチパック及びシュリンクラップを排除
酒造会社、ディアジオ社(英国)は、プラスチックが環境に与えている影響を懸念し、アイルランドと英国の同社工場で醸造される旗艦ビールブランド、ギネス(Guinness)のマルチパックにおいて、プラスチック製のリング・キャリア及びシュリンクラップの使用を一切止め、生物分解可能な材料を原料とする厚紙製スリーブに代えることを明らかにした。
約2,100万ドルを投じて実施されるこの移行は、今夏、アイルランドと北アイルランドにてまず実施され、来年、英国の残りの地域へと展開される。この移行は、世界の他の国々のギネス醸造工場については含まれていない。ギネスビールは、およそ50ヵ国で醸造されているが、ディアジオ社が所有するのは、そのうちの5ヵ所 - アイルランド、マレーシア、ナイジェリア、ガーナ、及びカメルーン - のみである。
プラスチックを全く含有しないマルチパック包装は、来年より、米国、カナダ、欧州、トルコ、日本、中国、南米、中東、オーストラリア、ニュージーランドを含む100ヵ国以上の国々へ輸出される予定である。
他の著名ビール醸造企業の一部も、プラスチックを包装から排除する動きを見せている。カールスバーグ社(デンマーク)は、缶のマルチパックに、接着剤を利用するものに代えることを発表し、また、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社は、同社のコロナ・ブランドにプラスチックを含有しないリングの採用を試みている (弊社業界情報2018年9月20日付、及び、 2019年3月12日付に関連記事)。
ギネス・ブランドが現在使用するプラスチック量は、その包装全体の5%を占めるに過ぎないものの、2030年までには、ボトルに使用するプラスチック全てをリサイクル可能なプラスチックのみにする目標を掲げている。
   (just-drinks.com, Apr.15, 2019 / The Canmaker, Apr.15, 2019)

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ