ニュース News

業界情報バックナンバー

2018年2月27日
米国クラフトビール・メーカーの今後、 買収から提携・投資へ
米国のメジャービール・メーカーがクラフトビール・メーカーを買収するペースが緩やかとなり、ビール業界での買収競争という第一ラウンドはほぼ終わりに近づいてきたと言える。そして第二ラウンドは、買収とは異なるタイプの取引を通じて、クラフトビール・メーカーは成長していくと、米国の飲料アナリストは予測する。
米国では、クラフトビール売上は、現在でも、年5〜6%の安定した伸びを見せているものの、以前のような年間2桁増という成長はもはや過去の話である。そして今後は、クラフトビール業界内での価格競争が重要な戦略的要素の一つとなると予想される。
それに伴い最近見られ始めている 第二ラウンド に特徴的な動きは、クラフトビール・メーカーへの小規模投資、国内と海外クラフトビール・メーカー同士の連携、出資によるクラフトメーカー育成である。いずれの動きも、クラフトビール・ブランドが既に持つアイデンティティーを変えず、そのまま活かすというものである。
具体的には、異なる地域で活躍する複数のクラフトビール・メーカーによる業務提携である。運営を連携することで、各々の地域での売上を伸ばし、販促活動を広げることを目指す。一方、出資によるクラフトメーカー育成では、消費者から見ると、以前と変わることのないクラフトビール・メーカーに見える点が重要であり、利点として働く。
米国クラフトビール業界は、今後もしばらくの間、新規参加者を迎え、その規模を拡張していくと見られる。
昨年、米国におけるクラフト/マイクロ・ビール醸造所の営業申請は1,100件を超えたと米国ブリューワーズ協会は報告している。
    (Beverage daily.com, Jan.31, 2018)
    
2018年2月22日
ペプシコ社、ポッドで作るウォーター飲料を展開
ブラジルでの試験販売を経て、ペプシコ社は、先週、米国にて、ポッドをベースとする飲料 “ドリンクフィニティ(Drinkfinity)” を、同社ウェブサイトで販売開始した。
ドリンクフィニティは、ウォーターの味をより一層高めるための、固形ドライ材料を含んだ液状フレーバー2oz分を閉じ込めたポッドを使用する飲料で、ベッスルと呼ぶ専用のプラスチックボトルのキャップにこのポッドを挿入して、ボトル内の水にそのフレーバーを放出し、シェイクして飲むウォーター飲料である。
果実ベースのフレーバー12種類が、4種の “モード” (フロー、チル、チャージ、リニュー)に分けられ、その時の気分に応じてモードとフレーバーを選ぶよう用意されている。 フレーバーは全て天然で、それぞれ30〜80カロリーに抑えられている。
昨今、米国では、消費者が自分の好みの味を飲料にも求める傾向が強くなっており、それは例えば、コーヒー・チェーンやスムージー・バーの店が、コーヒーやスムージーの注文に、消費者が自ら選べるオプションを多く与えていることなどにもうかがわれる。ドリンクフィニティは、それらと類似する体験を消費者に提供することを意図している。同時に、繰り返し使用可能なボトル(ベッスル)と小さめのサイズのポッドで、従来のRTD飲料と比べプラスチック使用量を65%削減している。
今回米国で発表されたフレーバーは、先に販売されていたブラジル市場のフレーバーから変えて、米国消費者の嗜好に合わせ、甘味を抑えるなどより “ヘルシー” さを意識したものとなっている。
    (BEVNET, Feb.19, 2018)
    
2018年2月20日
ハイネケン社、2017年売上増と将来の成長を支える製品カテゴリーの確立
ビール・メーカー、ハイネケン社(オランダ)は、世界全地域を合わせて前年比販売数量4.5%増を記録し、アジア太平洋地域を除くすべての地域で増加を記録した。 特に、ブラジル、南アフリカ、ロシア、メキシコ、及びルーマニアで前年比2桁の増加を見せた。
昨年ハイネケン・ブランドが好調であった理由を、ハイネケン社は、@ブランド・ハイネケン、Aクラフト、Bノン・アルコール、Cプレミアム、という主要カテゴリーの存在にあるとして、以下のように説明を加えている:
1) 昨年発表したノン・アルコール・ラガーで33clボトルでカロリー69%のハイネケン0.0の売上が欧州で好調。現在16市場で販売されており、先月には、米国及びカナダでも発売された。 ハイネケン0.0の特色は、レギュラー・ハイネケン(5%)を薄めるのではなく、新規製品として最初の段階から醸造していること。同社の他ビールのシェアを奪うことなく、むしろランチ、運動後、運転前など新しい消費機会を作る製品と位置付け、現時点では小さなシェアを占めるに過ぎないが、今後伸びるブランドと見ている。
2) 同社が最近買収したベルギー及び米国/英国のクラフトビール3ブランドの前年比2桁の売上増
3) 昨年のブラジル・キリン社買収を通じ、ハイネケン社は、世界ビール市場第3位のブラジル市場で第2位の規模を誇るビールメーカーとなったことによるブラジル市場のシェア確保。
4) メキシコ、カンボジア、ベトナム、エチオピア、ハイチ、アイボリーコースト、モザンピークといった新興諸国での生産力増強/醸造工場建設。
    (Beverage daily.com, Feb.12, 2018)
    
2018年2月15日
米国蒸留酒、人気上昇中
蒸留酒が、2017年米国にて記録的に売上を伸ばしたと米国蒸留酒審議会(The Distilled Spirits Council) は報告した。
2017年、米国市場で、蒸留酒は売上で前年比4%増、販売量では同2.6%増を記録した。また、米国アルコール飲料市場では、2017年、依然40%強の最大シェアを占めるビールがシェアを縮めるのに対して、蒸留酒は36.6%とシェアを広げた。8年連続のシェア拡張となった。この結果は、米国消費者の中でも特にミレニアム世代による、高価格帯のプレミアム蒸留酒の嗜好を反映しているという。
海外市場においても、米国は蒸留酒の輸出量を増やし、また売上でも前年比14.3%増を見せている。特にライ麦を主原料とするライ・ウィスキー、リュウゼツランを主原料とするメキシコ特産蒸留酒メスカル、スーパープレミアム・ブレンデッドスコッチ、スーパープレミアム・ジン、スーパープレミアム・ラムの伸びがそれぞれ顕著である。
    (DBR, Feb.5, 2018)
    
2018年2月13日
飲料缶で、3種類のイメージを発信
飲料メーカーと消費者をつなげるインタラクティブ機能を、製缶会社クラウン・ベヴキャン欧州中東社とインキ・メーカーのクロマティック・テクノロジーズ社がコカ・コーラ社向けに開発した。
“リビール(Reveal)インキ”は、温度により飲料缶上の色を変化させることで、消費者が飲料を飲み始めてから飲み終えるまでに、複数のメッセージやイメージを表示することができる。缶が冷えると2色のサーモクロミック・インキが同時に現れ、そして、飲料を飲み終えるとそのうちの1色が消える。飲料缶を購入した時点でのオリジナルのイメージ、次に、冷えた時のイメージ、最後に、缶の中身を消費し終えた時の第3のイメージが、消費者の前でそれぞれ展開される。
今回の場合は、缶が十分に冷やされると、缶に描かれている人物や動物が発するメッセージが現れ、飲料を全て消費すると、その下に隠されていた、ブランドのウェブサイトに導くQRコードが現れる。そこでは、このために特別に制作された動画コンテンツが消費者向けに用意されている。
リビール・インキは、リトアニア、ラトビア、及びエストニアで販売されるコカ・コーラ社ブランドのコーク、コーク・ゼロ、ファンタ及びスプライトの缶に使用される。
    (CanTech, Feb.12, 2018)
    
2018年2月8日
パラグアイに、初の2ピース飲料缶製造工場
飲料缶製造会社のボール社は、南米の国、パラグアイのアスンシオンにて、同国では初となる2ピース飲料缶製造工場を建設する計画を明らかにした。2019年第4四半期に生産開始を予定する。
同じく南米のアルゼンチンでは、2016年から3年の間に、缶需要が倍増する見込みであり、ボール社は、アルゼンチンにある既存の飲料缶製造工場の能力を増強する計画もあると言われている。
いずれの計画も、飲料容器が缶へ移行しつつあるパラグアイ、ボリビア、アルゼンチンにおける飲料缶需要の増加に応えるものである。ボール社は、昨年の第3四半期で売上を前年同期比5.8%伸ばしたが、それは中南米地域における飲料缶需要の増加によるところが大きかった。
ボール社は、南米には、ブラジル及びチリにも飲料缶製造工場を持つ。一方、同社は、米国では、年内に、テキサスなど3か所に及ぶ製造工場の操業を停止し、統合を進める予定である。
    (Foodbev Media, Feb.6, 2018 / PackagingBR, Feb.6, 2018)
    
2018年2月6日
スーパーボウルと飲料
一昨日、米国では、1年間で最も注目されるスポーツイベントが終わった。
毎年1月になると、米国のスポーツファン、スポーツブランド、そして一般消費者の多くが、米国最大のスポーツイベントであるスーパーボウルにむかってそれぞれ観戦のための準備を始める。昨年は、およそ1億1,100万人の人々が、スーパーボウルを何らかの形で視聴した。
市場調査会社ニールセン社は、昨年2017年2月11日(スーパーボウル開催日は2月5日)までの2週間における小売店・コンビニ・スーパー等(off- premises)での飲料売上トレンドの詳細を報告した。 その期間の各飲料の売上高は次の通り:
1. ビール(シードルを含む)13億ドル
2. 清涼飲料水 9億7,000万ドル
3. ワイン 5億9,700万ドル
4. 蒸留酒 5億ドル
5. ボトルドウォーター 3億5,000万ドル
    (Beverage Industry, Jan.30, 2018)
    
2018年2月1日
ビール缶の日
1935年に、初めて缶でビールが販売された1月24日を、米国ビール業界では、ビール缶の日 (Beer Can Appreciation Day) としている。
初めてビールを缶に詰めて販売したのは、米国バージニア州リッチモンドのゴットフリード・クルーガー・ブリューイング社で、同社ブランド “クルーガー・ビール” が、缶で売られた最初のビールであるとされている。重量が4オンス (約113g) 近くあったスチール製の缶は、当時のアメリカン・キャン社により製造された。
その後1969年に初めて、缶ビールが、従来の瓶ビールの売上を上回ったと記録されている。
1月24日には、ネブラスカ・ブリューイング社が自社の缶ビールを割引販売するなど、特にクラフトビール業界でこの日を記念する特別な企画が催された。
    (South Florida Reporter, Jan.23, 2018 / Nebraska Brewing Company, Jan.24, 2018)
    

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ