ニュース News

業界情報バックナンバー

2018年1月30日
キューリグ・グリーン・マウンテン社、Dr ペッパー・スナプル社買収へ
Dr ペッパー・シュナプル社を買収することにより、キューリグ・グリーン・マウンテン (以降、キューリグ) 社は、Dr ペッパー、7アップ、スナプル、サンキスト等 世界的に知られる飲料ブランドを手に入れられるだけでなく、Dr ペッパー・シュナプル社が持つ広範な販売網を活用することが可能となる。
キューリグ社の親会社であるJABホールディング社は、長年、食品とコーヒーをともに提供するサービスを目指し、米国で知名度のあるピーツ・コーヒー社、カリブー・コーヒー社、クリスピー・クリーム・ドーナツ社、ベーカリー・カフェ・レストランのパネラ・ブレッド社など次々と買収し、傘下に収めてきた。
現在でも米国世帯の20%が保有するというシングルカップ・コーヒーポッド用マシーンを提供し、コーヒー業界を変えたキューリグ社は、ここ数年、ネスレー社のネスプレッソマシンなど競合の出現もあり、売上を落としている (弊社業界情報2013年11月21日付、2015年1月8日付、2016年6月9日等に関連記事)。
一方のDr ペッパー・スナプル社は、最近ますます強くなる米国消費者の健康志向の影響で、売上低迷の炭酸飲料カテゴリーを主要ブランドとしている。
今回のおよそ187億ドルに及ぶ買収計画では、キューリグ・Dr ペッパー社を新社名として、今年6月末までに契約を締結する予定である。
    (The New York Times, Jan.29, 2018)
    
2018年1月25日
米国清涼飲料、消費量が減少しても缶は増加
2017年第4四半期、米国及びカナダにおける飲料缶消費量は前年同期比1.2%減少し、年間を通じ、同様の減少傾向を示すかたちとなった。
昨年1年間で、北米市場における飲料缶出荷量は、前年比0.9%減の934億7,000缶となった。ビール缶の需要が最も減り前年比3.8%であった一方で、清涼飲料缶の出荷量は、前年比1%増加した。
ビール缶では、世界で知名度の高い、いわゆる“ビッグ・ビール”ブランドの需要減が深刻である。クラフトビールは依然として米国では需要があるものの、その増加率は、市場の成熟化と消費者の蒸留酒などへの移行に伴い、減速傾向にあることも確かだ。
これまで米国市場で首位の座にあった炭酸飲料は、昨年ついに、ボトルドウォーターにその座を譲った。炭酸飲料を中心に清涼飲料の消費量が減少し続けているにも関わらず、清涼飲料セクターからの缶需要が増加しているのはなぜか。
これは、小さめのサイズの缶に代表される特殊缶の成長に伴い、ビンあるいはプラスチック製ボトルと比べて、缶への移行が増えていることによるものと、業界アナリストは説明する。コカ・コーラ社ブランドのダイエット・コークが、最近、その容器を従来の缶から、小さめのサイズで細身タイプの缶に変更したのはその一例と言える(弊社業界情報2018年1月11日付に関連情報)。
北米飲料缶市場では、ボール社が48%と最大シェアを維持する。それに続くのが、クラウン・ホールディングズ社の18%、アルダー社15%、メタル・コンテナー社15%、ロッキー・マウンテン・コンテナー社 (ボール社とミラークァーズ社のJV) 4%である。
    (The Canmaker, Jan.22, 2018)
    
2018年1月23日
“キング・オブ・ビール“ 4位に落ちる
2017年、米国市場で、バドワイザー・ビールは、ミラー・ライトを売上げで凌ぐことができなかったと、昨日、業界誌 “ビール・マーケターズ・インサイツ” は2017年業績予想として発表した。
バドライトが、それまで圧倒的に人気のあったバドワイザーを第2位に落とし、売上最上位に初めて輝いたのは2001年であった。そのバドライトは、2017年現在も、米国売上ナンバーワンを誇る。そのあとに続くのは、クァーズ・ライトである。
バドワイザーとバドライトはともに、アンハイザー・ブッシュ社(米国セントルイス)醸造によるブランドである。
アンハイザー・ブッシュ社を代表するブランド、バドワイザーは、海外でこそ売上を伸ばしているものの、国内では、減少の一途をたどり、現在では、1988年当時の売上の1/3も売り上げていない。
2017年、米国で最も売れている4ブランド全てがそろって、米国内での売上を前年比減と報告した。そして、2017年、米国ビール市場で初めて、売上ランキング最上位から3位までのビール・ブランドが、ライト・ビール、低カロリー国産ラガー・ビールで占められることとなった。
    (St.Louis Post-Dispatch, Jan.22, 2018)
    
2018年1月18日
米国清涼飲料の行方
米国及び欧州では、昨今の消費者の健康志向を受けて、砂糖の入った炭酸飲料(CSD)の売上が減少している。そして現在、アフリカが、世界の中で最も速いペース - 前年比4.7%増 -で、砂糖入り炭酸飲料売上を伸ばしている。急成長のアフリカに続くのが、前年比4.5%増の中東、同3.8%増のアジア・太平洋地域である。そして、CSDの消費量においては、メキシコが、既に米国を抜かし世界一となっており、2022年までには、アルゼンチン、及び、チリが、さらに米国を抜くと予測されている。
この統計結果は、米国の小売店売場における飲料用スペース全体が縮小しているということを意味するものではない。飲料用スペースはむしろ拡張しており、砂糖入り炭酸飲料に代わり、広がった飲料用売場スペースには、多岐にわたる飲料が陳列されている。北米市場で現在、唯一安定した成長を続ける飲料とされる RTDティー/コーヒー、及び、ボトルドウォーターは、その中に含まれる飲料である。
米国の飲料市場で起きているもう一つの大きな変化は、消費者によるeコマース利用の増加である。現時点では、米国における食品/飲料売上全体の2%を占めるにしか至らないeコマースではあるものの、2020年までには5%まで増えると見られている。米国世帯の64%がアマゾン・プライム会員であることを考えると、今後、飲料は、アマゾンの食品/飲料カテゴリーの中で購入アイテムとして急速に伸びると予測される。米国飲料業界は、物流の面でも、大きな変化に備えている。
    (The Canmaker, Jan.16, 2018)
    
2018年1月16日
クラフトビール缶充填事業、米国で拡張進む
主にクラフトビール缶の充填を手掛ける米国アイアン・ハート・キャニング社(米国オハイオ州)は、同業のリバー・シティ・キャナリー社(メリーランド州)を吸収し、米国最大の可動式缶充填ライン・サービス会社となる。
2013年に充填事業に参入したアイアン・ハート社は、現在では充填ライン34本を稼働する能力を有し、同社の持つ倉庫とトラックを駆使し、小規模経営のビールやサイダーなどの飲料メーカー自身の場所で、缶充填ラインを稼働させるサービスを提供する。現場で実際に生産した分だけ請求する充填サービスは、特にラインを所有する余裕のない小規模経営の醸造会社にとっては画期的である。充填事業にとどまらず、溶存酸素量や缶蓋シームの検査、ラベル装着、印刷缶の保管などのサービスも提供する。
今回の買収を機に、現在の事業範囲を米国北東部から東南地域にまで拡張する。
クラフトビールの缶への移行が進む中、このような充填ライン・サービスの需要は今後も高まると予想される。
    (The Canmaker, Jan.15, 2018)
    
2018年1月11日
ダイエット・コーク、再び変身
コカ・コーラ社のダイエット・コークが、ミレニアル世代を意識して、大きな変身を遂げた。
12ozサイズの細身タイプの缶に、白色を背景に色鮮やかなストライプを配したデザインを施し、フレーバーには、オリジナルはそのままに、新たに マンゴ、チェリー、ブラッド・オレンジ、ジンジャー・ライムの4種類を加えた。
同社のボトルドウォーター・ブランド、DASANI、のスパークリング・ウォーターと同じ缶形状、及び、同じサイズであるところから、ダイエット・コークを、ヘルシーに近い飲料として印象付けるような意図もうかがえる。
4種類の新フレーバーについては、1万回を超える消費者へのアンケートを基に、30種類以上のフレーバーから選択するなど、その開発に2年を費やした。
コカ・コーラ社は、昨年第4四半期で、ダイエット・コークの売上減少を報告している。
ダイエット・コークのデザイン変更は、ここ2年の間でこれが2度目となる。
新しいダイエット・コークは、今月後半に全米で販売開始される。
    (USA Today, Jan.10, 2018 / MashableAsia, Jan.11, 2018)
    
2018年1月9日
英国のコーヒー紙コップに “ラッテ税”
英国では、消費されたコーヒー用の紙コップが毎分500個の割合でごみ箱に捨てられている。それが1年の単位となると、約25億個にも上る。しかも、これらの消費済み紙コップのリサイクル率は0.25%以下である、と、環境に関わる監査委員会は最近発表した。
かつては紅茶を嗜む国として名高かった英国では、今、街がコーヒーハウスであふれている。その結果、コーヒー紙コップの“ゴミ”化が深刻化しており、英国議会では、テイクアウト用のコーヒー/ティーの紙コップに対し25ペンスを課税する、いわゆる “ラッテ税(Latte Levy)” を求める声が高まっている。集められた税金で、今後5年の間に、紙コップのリサイクルを促進するインフラを支援する計画である。
英国最大のコーヒー・チェーン、コスタ・コーヒー社、並びに、スターバックス社は、コーヒーカップを持参する消費者に対し割引を提供するなど、消費者にカップ持参を奨励する一方、コスタ・コーヒー社は、リサイクル可能なカップを製造する会社と提携し、社内での紙コップ・リサイクルも進めていく考えだ。
    (Food Drink & Franchise, Jan.8, 2018)
    

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ