ニュース News

業界情報バックナンバー

2017年12月28日
それでも、米国人の飲料摂取カロリーは減らない
近頃アメリカン・ベヴァレジ協会が発表した2016年統計報告で、米国人は、2016年に1日平均 201 カロリーの飲料を摂取し、その数値は、前年2015年よりわずかではあるが増えたことが明らかになった。米国人の肥満傾向の問題を受けて、2025年までに一人あたりの飲料カロリー摂取量を20%削減し、飲料からの摂取カロリーを1日161カロリーまで下げることを目標に掲げる米国清涼飲料メーカーにとっては、思うような成果が表れていないことを示す結果となった。
米国では、ボトルドウォーターの消費量が急増 (弊社業界情報2017年3月16日付に関連記事) しているにも関わらず、2015年よりも飲料のカロリー摂取量が増えたのはなぜか。
米国では、高糖度炭酸飲料やジュースの消費量が確実に減っている一方で、スポーツ飲料、エナジードリンク、RTDティー及びコーヒーの消費量は増えており、米国消費者は、これらの飲料から多くのカロリーを摂取している。スーパーでボトルドウォーターを購入する一方で、米国人は、レストランやファーストフード店に設置されているファウンテン・ドリンクを消費し、結果的に摂取カロリーを増やしていると最新調査は報告している。
飲料メーカーは、これまでの所、低カロリー飲料の導入で、飲料売上の大部分を占める小売店チャンネルに焦点を当ててきた。ソーダ・ファウンテンはノズル数が限られている、あるいは、レストランは売れる飲料を優先的にファウンテンに入れるなどの理由で、飲料メーカーにとっては、外食産業への低カロリー飲料導入は小売店の場合のように容易には進まず、今後のひとつの課題となっている。
   (The Wall Street Journal, Dec.22, 2017)
    
2017年12月26日
米国クラフトビール業界、減税で事業拡張に期待
クラフト飲料に関連する税制改革法(the Craft Beverage Modernization and Tax Reform Act (CBMTRA))が、第115回米国連邦議会を通過したことにより、ビール、ワイン、及び蒸留酒の各醸造会社へ課税されていた連邦物品税が今後減額される。
この法の施行により、年間生産量2百万バレル未満の国内ビール醸造会社には、最初の6万バレルについて、現行の連邦物品税が1バレル7ドルから3.50ドルに減額され、また、それ以外のビール醸造会社及びビール輸入業者全てについては、最初の6万バレルに対し課税額が1バレルにつき18ドルから16ドルに減額される。年間生産量6百万バレル以上の醸造会社に現在課せられている物品税18ドルはそのまま維持される。
この税制改革を通じて減額された年間1億4,200万ドル以上で、米国小規模ビール醸造会社は、事業への再投資が可能となり、クラフトビール業界内での事業拡張、雇用増加の促進が期待される。
今回のクラフトビール業界に向けた税制改革実現には、米国小規模ビール醸造会社を代表する団体、ブリューワーズ協会(BA)のおよそ10年をかけた働きがけがあった。
この法は、来年1月1日から施行される。
   (DBR, Dec.20, 2017)
    
2017年12月21日
タイ・ビバレッジ社、サベコ社の過半数株式を取得
タイ・ビバレッジ社の子会社であるベトナム・ビバレッジ社が、サベコ社(Saigon Beer Alcohol & Beverage Corp)の株54%を48億ドルで取得した。
サベコ社は、ベトナムの国営企業で、サイゴン・ビール、333ビールのブランドを所有し、現在、民営化を目指している。
一方の、今回サベコ社の過半数株式を取得したベトナム・ビバレッジ社は、ベトナム投資会社により所有されている。その投資会社の49%がBeerCo社の名の下に所有されており、これがタイ・ビバレッジ社が100%所有する会社である。タイ・ビバレッジ社は、地元タイではChangビールでタイのビール市場を独占している。同社は最近では、グランド・ローヤル・ウイスキーの醸造会社であるミャンマー・ディスティラリー社を10億ドルで買収している。また、シンガポールの食品・飲料メーカー、フレイザー&ニーヴ社の所有者でもある。
今回のサベコ社競売は、タイ・ビバレッジ社以外の海外ビール・メーカーが参加することなく終わった。この競売では、過半数株式取得は、地元の企業に限られており、海外投資家による取得については最大49%との制限が設けられ、そのうちの10%が既に海外投資家により所有されていた。オランダのビール・メーカー、ハイネケン社が同社株5%を所有する。
サベコ社買収により、タイ・ビバレッジ社は、東アジア地域のビール市場での独占的シェア確保を目指す。ベトナム市場のビール売上は、昨年、約64億8,000万ドル。タイにおける高齢化、物品税引き上げで、国内での同社ビール売上増加を阻んでいると見て、海外市場にそのシェア拡大の可能性を見出す。
   (DBR, Dec.20, 2017 / Today Singapore, Dec.18, 2017)
    
2017年12月19日
クラウン社、インドネシアに拠点増やす
クラウン・ホールディングズ社(米国)は、子会社のクラウン・アジア・パシフィック社を通じ、インドネシアのジャカルタ近郊に飲料缶製造工場を完成させた。
同社にとり、アジア・太平洋地域で16番目を数えるこの新工場は、年間6億5,000万缶の最高生産能力で、330ml標準型2ピース・アルミ飲料缶を中心に製造しながら、様々なサイズのスペシャルティ缶の需要にも応える。
同社初のインドネシア工場であるこの新工場には、同様の生産力を有する第2ライン、及び、飲料缶蓋製造ラインも備えられている。
クラウン・アジア・パシフィック社は、今年9月には、新世代の軽量スーパーエンド(SuperEnd®)缶蓋を発表した。サステナビリティに対応するスーパーエンドは、従来の202径(52mm)缶蓋と比較し、10%強の材料使用量を削減する。再生材料であっても、缶蓋に品質上や物理的特性の低下は認められず、再使用が可能である。
人口の多さで世界第4位であるインドネシアは、今後、飲料缶需要が高まることが予想される。
   (Packaging BR, Dec.11, 2017)
    
2017年12月14日
ハリケーンが飲料缶に与えた影響
今年9末までの第3四半期の業績は、8月中旬から9月にかけて立て続けに発生したハリケーンや暴風雨による、米国の中でも人口の最も多いテキサス州とフロリダ州での被害の影響を受け、米国の飲料缶製造会社にとり厳しいものとなった。
ハリケーンは、製缶工場においては、生産、出荷のみならず、材料や化学薬品などの受け入れなどにも影響を与えた。それゆえ、第3四半期の食缶も含めた缶全体の出荷量は、前半は好調であったものの、ハリケーン発生後の9月には激減し、結果として前年同期比2.3%減となった。
この期、飲料缶は全体で前年同期比1.8%減を示し、特にビール缶は同3.6%減と飲料の中で最も大きく落ち込んだ。これは、被害地域にビール醸造工場が多くあったことによるところが大きい。一方で、コカ・コーラ社は、この期、炭酸水を中心に出荷量が前年同期比3%増えたことを報告した。
飲料缶製造会社にとっての今後の展望としては、効率・利益をともに上げるための戦略に重点を置き、出荷量を取り戻すことにある。その戦略としては、様々なサイズに応えるスペシャルティ缶を、特定の清涼飲料やビールに限らず、人気のフレーバー・ウォーター等にも広げること、また、米国消費者の健康志向にアピールする細身のスリーク/スリム缶の、より多くの種類の飲料やスープなど食品への拡張等が挙げられる。
サステナビリティ、及び、消費者の嗜好を理由に、多くの製品が、より小さなサイズへと移行しているが、缶は、その場合にも、最もコスト効率の高い容器であると言われている。
   (The Canmaker, Dec.12, 2017)
    
2017年12月12日
タイ・ビバレッジ社、サベコ社売却で入札
タイ・ビバレッジ社傘下のベトナム・ビバレッジ社の名が、ベトナム政府が90%弱を所有するサベコ(サイゴン・ビール・アルコール・ベヴァレジ)社の民営化に伴う競売で、現時点で、唯一の入札者として浮上している。
ベトナム政府は、ベトナム最大の民営化と言われる、サベコ社株最大54%、価値として最低でも50億ドル、の売却を計画しており、海外ビールメーカーに、若年人口であふれ、ビールの人気が既に高い、急速に成長を遂げる市場へのアクセスを提供する (弊社業界情報2016年1月7日付に関連記事)。
株25%以上の入札を希望する者は、入札日である今月18日の1週間前までに当局に通知することが義務付けられている。
サベコ社売却に当たっては、外資企業による所有可能な株数を最大49%に制限しており、すでに10%が海外投資家により所有されているため、今回の売却株数は最大39%に限定される。最大株主になれない点で、外資勢の入札を躊躇させる結果となっている模様。
   (Reuters, Dec.12, 2017)
    
2017年12月7日
米国に見られるコーヒーのトレンド
ここ18年の間に、米国では、“スペシャルティ”や”グルメ”に分類される、高級でこだわりのあるコーヒーを、毎日、消費する人の数が増えていることを、全米コーヒー協会(NCA)が最近発表した。
米国人のコーヒー消費量が増加していることは、スターバックスに代表されるコーヒー・チェーン店や地元のコーヒーハウスがどこの街でも見られるようになったことからも想像できるが、米国人が消費するコーヒーのタイプで今年最も多かった(全体消費量の59%)のが、“グルメ”に分類される高級タイプであったのは、NCAによるトレンドレポート67年間の歴史で初めてである。
このトレンドレポートで見られた興味深いこととして以下の点が挙げられている:
-自宅ではない場所でコーヒーを消費することの多い、35歳以下の若い人々がこの増加傾向に拍車をかけている。
-2017年では、消費されたコーヒーのうち46%が、自宅以外の場所で消費されている。
-1999年には全体のわずか9%しか飲まなかった“グルメ”コーヒーが、2017年には41%に増加した。またその割合は、1年前と比べて10%上昇した。
これらの数字は、米国におけるコーヒー環境が徐々にではあるものの根本的に変化していることを示していると、NCAは報告する。つまり、多くの米国人が、高い値の付くプレミアム・コーヒーを選択しているということであり、それは“サード・ウェーブ・コーヒー”として知られるコーヒーを支援していることにもつながると考えられる。サード・ウェーブ・コーヒーとは、例えば、エスプレッソは、消費者に直接関わるバリスタだけではなく、コーヒー豆生産者やローストに関わる人々の存在があり成立していることを理解し、その独特なフレーバー、特定される原産地、そして何よりも生産者を祝福するなどの考え方を含むものである。
   (Forbes, Dec.1, 2017)
    
2017年12月5日
米国消費者が注目するコーヒーと植物由来ウォーター新製品
飲料業界を形成するトレンド、技術、製品等に関わる情報を、業界誌/オンラインを通じて伝える Beverage Industry が読者による投票で選ぶ“10月の新製品”を発表した。
総得票数の35%を占め、最も関心を集めた飲料新製品が、ジャック・ダニエル・テネシーウィスキー・コーヒーである。World of Coffee社が製造・販売するこの飲料は、中挽きコーヒーで、ジャック・ダニエル・ブラック (Old No.7) テネシーウィスキーの際立つキャラメルとバニラの香りを特徴としている。焙煎コーヒー豆とグラウンド(粉)コーヒーの2タイプで販売されており、アルコールは含有していない。
また、総得票数の9%を得て3位となった新飲料製品は、グリーン・ゴー・カクタス・ウォーター社のヒント・オブ・レモン・オーガニック・カクタス・ウォーター。ゼロ・カロリー、米農務省認証オーガニックであり、遺伝子組み換えを行っていないことが正式に検証されているというカクタス・ウォーターに、レモン果汁が加えられた健康飲料である。
今の米国飲料業界トレンドを象徴するコーヒーとウォーターに、全く新しいコンセプトを取り入れて新製品としていることで、この二製品が注目を集めたようだ。
   (Beverage Industry, Nov.21, 2017)
    

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ