ニュース News

業界情報バックナンバー

2017年11月30日
ウォーター用ボトル、環境への影響軽減に努力
北米市場のPET、HDPE、及びビン製ウォーターボトル製造のための材料使用量が、2007年から2015年の間に40%以上軽減されたことが、国際ボトルドウォーター協会(IBWA)による調査で明らかになった。
ボトルドウォーター1ギャロンにつき使用されるボトル全体の材料の重量は、ラベルとキャップを除いた場合、2015年には73.9gとなり、8年前の129gから42.8%軽減された。
IBWAはまた、ボトルドウォーター製造会社による水管理について、水処理・充填の改善により地下水抽出量削減、工場における水使用量の制限、源泉の監視などを含めた多くの対策が取られており、その結果、ボトルドウォーターは、その製造工程において、容器に詰められて販売される他のどの飲料よりも全体の水使用量を低く抑えることに成功していることを報告した。現在、1リットルのボトルドウォーターに対し、充填される1リットルのウォーターを含め1.32リットルしか使用されていないと報告されている。
2016年、北米におけるボトルドウォーターの消費量は、初めて、炭酸ソフトドリンク消費量を上回り、米国で最も飲まれている飲料となった。2017年に入っても、ボトルドウォーターの人気は衰えていない。
   (FOODBEV MEDIA, Oct.27, 2017)
    
2017年11月28日
缶への移行が進む、英国クラフトビール
今年1月から8月、英国ではクラフトビールの売上が、前年同期比327%増加し、また、同時期販売されたクラフトビールの25%が缶を使用したと、市場調査会社ニールセン社は報告している。
クラフトビール・メーカーによる缶採用の増加は、英国消費者、特にミレニアル世代の重視するライフスタイルやイメージ − 際立つデザイン、軽さが提供する利便性、リサイクルのし易さ、飲料品質の維持 − を反映するものであるとニールセン社は分析する。
さらには、ここ数年の間に、英国では、非大量生産に対応する充填ライン、そのようなモバイル・ラインの貸し出し/購入も含めたモバイル・ライン選択肢の増加が、缶への移行を促進したと見られる。
   (The Canmaker, Nov.16, 2017)
    
2017年11月21日
マリファナ合法化が米国ビール業界に与える影響
マリファナが、いずれは、米国で、ここ20年近くの間にアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社に代表される“ビッグ・ビール”にとり脅威の存在となるまでに成長したクラフトビールと同様の存在になる…とは、5年前にアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社を去り、現在、マリファナ(cannabis/marifuana)に関連する事業に投資をするある人物のコメントである。
嗜好品としてのマリファナの使用は、米国では連邦レベルで合法化されていないものの、すでに8つの州とワシントンD.C.で合法である。つまり、米国人五人のうち一人以上が合法的に使用を認められていることになる。 昨年出版された研究報告書によれば、既に合法マリファナ取引は年間売上60億ドルのビジネスに成長しており、2026年までにはそれは500億ドルに達すると予測されている。
米国人一人当たりのビール消費量の減少傾向は、嗜好品としてのマリファナが合法化されている州で顕著に見られている。また、ビール業界は、20億ドル以上の売上を合法マリファナに奪われているとも報告されている。今後、嗜好品としてのマリファナを合法化する州が増えれば、ビール売上に更なる影響を与えるとも推測される。ビールを好んで飲んでいた人々のうち27%が、既にビールからマリファナに移行した、あるいは、合法化されれば、マリファナに換えると答えている。
マリファナ関連事業を買収することで、まもなく訪れるであろうこのチャレンジに対応しようとする食品・飲料メーカーもある。先月には、コロナやモデロなどの人気ビールを醸造するコンステレーション・ブランズ社(米国ニューヨーク州)がマリファナ製品販売会社を買収した(弊社業界情報2017年10月31日に関連記事)。
全米レベルでのマリファナ合法化にはまだ時間を要すると見られるが、合法化する州が増えるに従い、ビール業界はその影響を無視することはできない。
   (Food Dive, Nov.20, 2017)
    
2017年11月16日
欧州で、アルミ飲料缶リサイクル率が過去最高に
欧州アルミ業界を代表する団体、欧州アルミニウム(ベルギー)による最新報告書は、欧州のアルミ飲料缶リサイクル率が、2014年に72.9%に達していたことを明らかにした。
欧州内で有限な資源の効率的再利用を目指す、EUによる政策のひとつである“循環型経済(Circular Economy)パッケージ”において、目標として定めた「2025年にアルミ・リサイクル75%達成」が実現可能となる重要な結果であると、欧州アルミニウムは、今回報告された数値についてコメントを出している。
このリサイクル率は、EUの28ヵ国とEFTA(欧州自由貿易連合)4ヵ国(アイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタイン)を対象として算出されている。アルミ飲料缶のリサイクル率は、フィンランドやドイツの99%から、ラトビアやポルトガルの30%まで欧州内で大きな差があるのも事実である。
製缶会社とリサイクル業界との業務提携によるリサイクリング・プログラム“EveryCanCounts”(英国)は、自国に限らず他の国を訪れている時も、消費した飲料缶を必ずリサイクルするよう呼び掛けている。
   (The Canmaker, Nov.13, 2017)
    
2017年11月14日
ボール社、ミャンマーの飲料缶製造工場に更なる投資
米国の製缶会社、ボール社がミャンマーに持つ飲料缶製造工場、ボール・アジア・パシフィック(ヤンゴン)・メタルコンテイナー社は、ミャンマーの首都ヤンゴンの南方に位置するティラワ特別経済区にて、昨年11月、アルミ缶製造を開始した。そして今、ボール社は、その5万平方メートルに及ぶ工場の拡張を計画し、2,600万ドルの投資を行うことを明らかにした。しかし、その投資の詳細内容は公表されていない。倉庫である可能性もあるが、生産能力増強の可能性が最も高いと言われる。現在の生産ラインのエンジニアリングは、SLACプレジション・エクイップメント社(中国江蘇省)により手掛けられた。
ミャンマーには、現在、飲料缶製造工場が四工場 − クラウン・ホールディングズ社(米国)(2018年早々に操業開始予定)、キアン・ジュー社(マレーシア)(2018年に操業開始予定)、東洋製罐社、そしてボール社がそれぞれ所有 −  存在する(弊社業界情報2016年11月22日付及び2017年6月6日付に関連記事)。
   (The Canmaker, Nov.9, 2017)
    
2017年11月9日
コカ・コーラ社がペプシコ社シェアを奪いつつある、米国RTDコーヒー市場
今、米国飲料市場でRTDコーヒー・カテゴリーに勢いがある(弊社業界情報2017年10月5日付に関連記事)。2011年以来、毎年2桁の成長を続ける、過去5年間で最も急成長したノン・アルコール飲料、それがRTDコーヒーである。
米国RTDコーヒー市場では、現在、スターバックス社(コールドブリュー、アーモンド・ミルク・フラップ等)と提携するペプシコ社が圧倒的なシェアを占めている。 しかしながら、いずれは、RTDコーヒー市場における勝者は、コカ・コーラ社になりそうだと、Wells Fargo社市場調査チームは報告している。
コカ・コーラ社のRTDコーヒー・カテゴリーにおける成長は、ドーナツ・メーカーであるダンキン・ドーナツ社(同ブランドのアイスコーヒー)、及び、マクドナルド社(McCafeコーヒー及びMcCafeフラッペ)との業務提携によるところが大きく、また、今後はさらに、コカ・コーラ社が株主でもあるエナジードリンク・メーカーのモンスター社による製品 (“ハイブリッド・コーヒー”エナジードリンクのJava Monster、Caffe Monster、Espresso Monster)も何らかの影響を与えるものと予想される。コカ・コーラ社が販売する、これらブランドによる画期的RTDコーヒー製品に、徐々にではあるものの、ペプシコ社/スターバックス社製品の市場シェアが奪われつつある。
   (Beverage daily.com, Nov.3, 2017)
    
2017年11月7日
南米の飲料缶需要増が、米国ハリケーンによる損失を相殺、ボール社
昨年6月の製缶会社レクサム社買収、それに続く米国、欧州及び南米における資産のアルダー社への売却を経て今四半期を迎えた製缶会社ボール社には、今年第3四半期の業績報告が、同社にとり、前年同期業績の同条件による比較が初めて可能となる報告内容となった。
この第3四半期で特筆されるべき、8月末から9月にかけて米国テキサス州及びフロリダ州に立て続けに大被害をもたらした2つの超大型ハリケーンは、ボール社の物流、及び工場操業に直接に影響を与え、同社の営業利益を削減することとなった。さらにそれに伴い、同社の主要顧客の充填工場操業の停止が長引いたため、この地域での飲料缶発注が止まり、計7日間分の生産損失、飲料缶売上減少を招くこととなった。その一例として、今年9月のテキサス州南東部での充填工場操業停止によるアルコール飲料カテゴリーの売上は前年同期比12%減少した。
一方、ボール社の世界全体の飲料缶販売数量は、第3四半期には、特に南米での需要増により、前年同期比2%増加した。
同時期の同社の飲料缶売上については、南米市場での伸びが著しく、前年同期比33.6%増を記録した。ブラジルに代表される南米市場では、従来の飲料容器である再利用ビンから缶への移行が続いている。
また、同時期、欧州市場でも、ボール社の売上は、前年同期比4.3%増加した。
結果として、第3四半期は、ボール社が最大シェアを占める米国市場でのビール売上減少に伴う飲料缶売上損失を、特に南米市場での好調な飲料缶売上が相殺するかたちとなった。
   (The Canmaker, Nov.2, 2017)
    
2017年11月2日
缶は、世界で最もリサイクルされている飲料容器
米国缶製造会社協会(CMI)、欧州飲料缶製造会社団体(BCME)、及びブラジル・アブララタスにより任命されるリソース・リサイクリング・システムズ(RRS)は、世界で最もリサイクルされている飲料容器がアルミ飲料缶であることを、最新の報告書で明らかにした。RSSによる調査は、飲料容器として使用されたアルミ缶、PETボトル、及びビンそれぞれの世界におけるリサイクル率を計算したものである。
RSSの調査で、重量による世界の平均リサイクル率は、アルミ缶69%、PETボトル43%、ビン46%であったことも報告している。RSSによる飲料容器リサイクル率データは、世界市場全体の80%を占める25ヵ国を対象としたものである。
米国では、アルミ飲料缶が、他のどの飲料容器よりも突出して高いリサイクル率を記録している。
   (Markets Insider, Oct.24, 2017 /The Canmaker, Oct.26, 2017)
    

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ