ニュース News

業界情報バックナンバー

2017年7月27日
ゼロがゼロシュガーに代わる
コカ・コーラ・ゼロシュガーは、コカ・コーラ・ゼロ(あるいはコーク・ゼロとも呼ばれる)の“新製品”ではない。コカ・コーラ社は、来月より、米国で、ゼロを段階的に減らし、最終的に、ゼロシュガーに代える予定である。
ゼロシュガーは、実際のところそれほど“新しい”ものではない。むしろそうならないように味の開発に5年を費やしたゼロシュガーは、既に世界25市場で販売されており(弊社業界情報2017年6月8日付に関連記事)、売上も順調である。ゼロシュガーとコーク・ゼロの原料リストの内容は全く同じであり、また、味もそれほど変わらない。ゼロシュガーでは、パッケージングのデザインが刷新されたことくらいだとも言われる。
コーク・ゼロのファンは多く、昨年の売上では、ダイエット・コークの前年比1.9%減に対し、コーク・ゼロは3.5%増であった。
コカ・コーラ社は、これと同様の“ゼロ再発見”を、スプライト・ゼロ、チェリー・ゼロでも実施することを検討している。
   (Newser, July 26, 2017)
    
2017年7月25日
ブロー成形によるアルミボトル
これまで主にアルミ製チューブを製造してきたモンテベロ・パッケージング社(カナダ)は、今年第4四半期には、“uShape”と名付けた特別仕様のアルミボトルを提供する予定である。
これは、従来の円筒対称型という制限を超えた再封性アルミ容器を製造する技術であり、アルミ缶の特性を全く損なわずに、ブロー成形で作られるプラスチック製ボトルと似た形状のアルミボトルの製造を可能にする特許技術であると、モンテベロ・パッケージング社は説明している。
実際にこの製造技術は、アルミ製のプリフォームを金型で拡張させるブロー成形工程を利用する。その結果、金型そのものの曲線・形状を備えたフルート、エンボス、デボス、非対称型などの形状を持つ容器製造が可能となる。
ボトルは、9色の高品質ドライ・オフセット印刷工程を利用して印刷され、また、ROPPキャップを使用する。常温とホットフィル、いずれの充填にも対応する。
   (The Canmaker, July 21, 2017)
    
2017年7月20日
ビール価格(+所得税)に基づく各国生活費指数
英国の経済誌 The Economistの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が主体となり定期的に発行される世界各国の生活費指数があるが、そのデータに、世界の主要都市に転勤を求められる海外駐在者を想定し、高収入の駐在者の所得税を加味して算出し直した、より実質的な各国生活費指数が最近発表された。これを実施したのは、法人に税金管理等のサービスを提供するソブリン・グループ(Sovereign Group)で、その生活費指数を再算出するのに、各国のビール価格を適用している。
その結果明らかになった新たな生活費指数の高い上位10ヵ国は以下の通り:
1. コペンハーゲン、デンマーク
2. ニューヨーク、米国
3. 東京
4. 大阪
5. パリ、フランス
6. レイキャヴィク、アイスランド
7. ソウル、韓国
8. ロンドン、英国
9. ブリスベン、オーストラリア
10. ジュネーブ、スイス
   (the drinks business, July 17, 2017 / Financial Times, July 14, 2017)
    
2017年7月18日
クラフトビール、アルミ缶の使用進む
米国ではクラフトビールの成長に伴い、アルミ缶は、最適なビール容器としてますます認知されるようになっている。
昨年のクラフトビールの米国での売上高は、過去最高となる235億ドルに達し、米国ビール市場全体の22%を占めるに至った。それと比例して、クラフトビール・メーカー自身が、これまでの個人的な哲学的運営から、ビジネスモデルを採用する本格的な経営に取り組むようになってきた。ほんの2年前、小規模醸造会社の多くが、大手ビールメーカー、いわゆる“ビッグビール” とアルミ缶は同一のイメージでとらえ、クラフトビール業界にとっては両方とも“悪”と見なしていた。今でもビッグビールの影響を恐れることには変わりないが、アルミ缶については、遠く離れた地域への架け橋として積極的に受け入れるようになっている。
アルミ缶は、輸送費を軽減し、より多くの地域への配送を可能にする。それは米国内にとどまらず、アジア、アフリカ、欧州など世界の国々におよぶ。クラフトビールの輸出は、昨年、前年比4.4%増の465,000バレルに上り、米国クラフトビール業界の総生産量を2,400万バレルにまで引き上げる結果となった。
確かに缶充填ライン等の確保は、多くのクラフトビール・メーカーにとっては難しい。しかしながら、自宅から離れて過ごすことがますます多くなり、自分の好みのビールを持ち歩きたいと願う消費者が増えている今の世界では、売上を伸ばすことが目標である限り、タップやビンでビールを販売するだけではもはや十分ではない。
   (The Canmaker, July 5, 2017)
    
2017年7月6日
米国クラフトビール醸造会社業界 vs. アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社
この火曜日の米国独立記念日を前に、米国のクラフトビール醸造会社を代表する非営利団体、ブリューワーズ協会(BA)が、クラフトビール醸造会社であると認定される定義の一つ、独立した会社であること、つまり、他の会社の傘下にないこと(他社の所有が25%以下であること)を証明し、強調することを目的とする新しいシールを発行することを発表した。クラフトビールを醸造する会社であることを正式に認められた、米国にある5,300社を超えるクラフトメーカーは無料でこのシールを得ることができ、シールを容器等に貼付することができる。すでに800社以上がシール取得を希望している。
このニュースを受けたアンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABI)社は、翌日、米国ビール業界内を混乱させるだけだとブリューワーズ協会を批判する内容の動画をネット上に公開した。その動画には、2011年よりすでにクラフトビール・メーカー10社を買収しているABI社の傘下にある“クラフトビール”部門に属す“クラフトビール醸造会社”5社の代表者が参加しており、今、クラフトかそうでないかが重要なのではなく、それ以上に大きな課題、つまり、毎年徐々にシェアを奪っているワイン及び蒸留酒業界に対して、ビール業界は一丸となって戦うことに専念すべきだとのコメントを出した。
一方、昨年、米国司法省は、ABI社によるクラフトビール醸造会社の立て続けの買収について、大手がビール販売網を独占する限り、中小醸造会社が成長することは不可能だとして、ABI社の動向を監視する旨の警告を出している。
   (just-drinks.com, July 3, 2017)
    
2017年7月4日
中国飲料缶市場で進む企業統合、コスト節減、そして差別化
2014年には既に飲料缶供給能力過剰が懸念されていた。
現在、中国では、2ピース飲料缶製造能力はおよそ500億缶あると推定される一方で、2016年の飲料缶販売数量は360億缶であった。
依然変わらない供給能力過剰に際し一般的に取られる対策として企業間統合、コスト削減、そして差別化が挙げられるが、過去3年にわたり中国飲料缶業界でもその対策が講じられている。
中国最大手の2ピース飲料缶製造会社ORG社は、昨年、同市場2位のCPMC Cofco社株27%を取得し、両社合わせた市場シェアを19%とする。これは、長年、中国飲料缶市場を独占してきたボール社(米国コロラド州)のシェア18%を超えることになる。これまで第3位の市場規模を誇っていたパシフィック・キャン社は、今年3月に中国の投資会社により買収されたが、飲料缶製造企業としては比較的新しいShengxing社が、その投資会社の株10%を保有しており、本格的にパシフィック・キャン社の経営にも関わることと思われる。
差別化対策の一環としては、ORG社の新しいXianning工場では、日本の技術を使用するビール用アルミボトルが生産される。また、CPMC社もまた、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社向けのボトル缶への投資をしている。さらにORG社を含む複数の製缶会社は、製缶と合わせて充填能力も加えることで、飲料メーカーに対して、一箇所にて全てのサービスを提供する方向に進んでいる。
中国における飲料缶消費量が、清涼飲料水とビールともに確実に増える傾向にあることは、飲料缶製造会社にとり、うれしい知らせである。世界最大のビール市場である中国では、缶は、ビール用容器全体の22%を占めるが、その数字は、徐々にビンに追いつきつつある。
   (The Canmaker, July 3, 2017)
    

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ