ニュース News

業界情報バックナンバー

2017年6月29日
コールドブリュー・コーヒー、米国で今一番“ホットな”飲物
最近よく耳にする“コールドブリューイング”は、なめらかな舌触りで、丸みがあり、ゆたかな味わい…などとしばしば描写される飲料をつくりだすための工程の一種で、時間を要する工程である。この工程を短縮することは不可能である。
かつてはニューオーリンズなどの米国南部に限定される、 めずらしい、地域的なものであったこの飲料は、今や米国のどの地域でも見かけるようになった。この変化は、前衛的なカフェによりコールドブリューが採用されたおよそ10年前に始まった。それでもコールドブリューは、スターバックス社が販売開始する2015年(弊社業界情報2017年6月20日に関連記事)までは比較的ニッチな市場であった。そして、コールドブリュー・コーヒーを缶やビンに充填し、いわゆる“RTD”コーヒーとして紹介するとたちまちその市場は広がった。
コールドブリュー・コーヒーは、大衆的なアピール性とインディー的な信頼性の両者を持ち合わせるコーヒーである。
ホットコーヒーは変化しやすい。冷めると酸味が強くなり、フレーバーが変わる。その点、コールドブリューは比較的安定しているため、充填し、RTD製品として販売するのにも向いている。米国東海岸と西海岸のコーヒーハウスに供給するある卸売業者は、ビールのようにコールドブリューを20リットルのケグに詰めて販売する。そのケグの賞味期間は90日である。
また、コールドブリューは、ミルクともとても相性がいいと言われる。
一方で、誰もがコールドブリュー・コーヒーを評価しているわけではない。コールドブリューのその酸味の無さが欠点だと指摘する人々がいる。世界で最高品質と呼ばれるコーヒーは複雑な酸味を持ち合わせている。また、コールドブリューのその独特な時間をかける工程の過程でコーヒーが空気に長く触れるため、コーヒー本来の味が薄くなり、酸化させた状態になるとの見方もある。
   (Star Tribune, June 25, 2017)
    
2017年6月27日
粉コーヒーもスリム缶で
米国のコーヒー小売店であり、北西部ではカフェも展開するLa Colombeコーヒー・ロースターズ社(米国フィラデルフィア州)は、製缶会社クラウン社(米国)が供給する缶を使用する“ドラフト・ラッテ”新製品を発表した。缶コーヒー“ドラフト・ラッテ”に続くこの新製品は、粉コーヒー(グラウンドコーヒー)で、こちらもあたかも飲料のように缶に詰められて販売されている。
挽きたてのコーヒーが缶に詰められることで鮮度を維持しながら、賞味期間が従来と比べ5倍長くなり、その日に挽いたかのような味わいを楽しめるというのが宣伝文句。中身をドリップフィルターに入れ、コーヒーメーカーで作るタイプのコーヒーである。
クラウン社により製造されたこの150ml缶は、イージー・オープン・エンドで、缶蓋全体が開く。“360エンド”と呼ばれるこの缶蓋は、2010年World Cupサッカー・トーナメントのために、南アフリカ市場にてSABMiller社が初めて採用し、それ以降、2012年には、中国市場で、バドワイザー用にアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社も使用している。
La Colombe社のドラフト・ラッテは、2016年初めに飲料製品として発売された際、クラウン社製造による缶を使用した。缶底に米国食品医薬品局(FDA)認可の合成樹脂製バルブ“InnoValve”を設け、そこからミルクを含むコーヒーを亜酸化窒素ガスとともに注入することで、缶を開けた時に、コーヒーが泡状になるという機能を備える缶である。このクラウン社製缶は、業界誌The Canmaker誌により“Can of the Year 2016”に選ばれた。
   (The Canmaker, June 23, 2017)
    
2017年6月22日
米国ミレニアル世代が好む飲料ブランド
雑誌出版企業Conde Nast社と投資銀行ゴールドマン・サックス社が毎年ミレニアル世代に向けて実施する“Love List”は、ミレニアル世代が好むブランドを調査する。今回は、米国のおよそ8千人の消費者の間で、初めて食品・飲料カテゴリーについて“Love List”が実施された。
調査の結果、米国ミレニアル世代が最も好む食品・飲料ブランド・トップ20に入った飲料は、San Pellegrino(イタリアのミネラルウォーター・ブランド)、Nespresso、スターバックス、コカ・コーラであった。
この調査全般で確認された3つの傾向がある。まず、よく言われるミレニアル世代の健康志向である。ミレニアル世代の間では、ヨーグルトとプレミアム・コーヒー・ブランドの人気が特に高い。次に、ミレニアル世代が、ブランドが示す方針や主張を重要視していること、そして、自分のライフスタイルに合い、常に結びつきを感じさせるブランドを好む傾向にあることである。そして最後に、彼らが厳選したブランドは決して数多くなく、その忠誠心が絶対的であることだ。
飲料・食品小売業者としては、Wal-Mart 社、Target社、そして Whole Foods社が上位に挙げられた。その Whole Foods社を、ミレニアル世代を常にターゲットに置くAmazon社が買収する。今後、Amazon社が、飲料・食品小売業者としてもミレニアル世代に認知されるのに、それほど多くの時間は要さないであろう。
   (MarketingDaily, June 21, 2017)
    
2017年6月20日
メジャー・コーヒーハウス・チェーンが、ナイトロ(ニトロ)市場を後押し
米国のコーヒー市場でトレンドを作る最速の方法は、スターバックス社がそれに関わることである…と業界では言われている。ちょうど一年前、スターバックス社(米国シアトル)が、全米に散らばる800店舗で、窒素を注入したナイトロ・コールドブリュー・コーヒーを発表した時、それは、それ以前の数年間、コーヒー愛好家たちから始まり人気が徐々に上昇してきたナイトロ・コールドブリューが全国的に認められたことを意味した。昨月には、ダンキン・ドーナツ社が限定市場にてテスト販売を開始したことにより、さらにその地位は約束されたことになる。
缶とドラフト両方でナイトロ・コールドブリューを提供するニューヨーク州ブルックリンのRISEブリューイング社は、スターバックス社の発売以降、売上が上昇していると言う。Bona Fide クラフト・ドラフト社は、2015年にコーヒーに窒素を注入する独自の工程を開発し、現在では、食品・飲料小売店に向けて、店頭でのターンキー・サービスを通じ、製品、装置メンテナンス、カップを提供している。
ナイトロはフレーバーに変化を与えるものではないが、通常のコーヒーと異なり、ナイトロでは砂糖を加える必要を感じないという消費者が多く、糖分摂取を控えたい人には特にアピールするという。
ナイトロ・コールドブリューが、コーヒー市場でここまで話題になると、他の飲料への波及の可能性を考えるのも自然である。昨年、ナイトロ・コールドブリュー“マッチャ”グリーンティー、そして、コールドブリュー・チャイが、それぞれ缶で発表された。ナイトロの次の行く先は、ティーなのかもしれない。
   (BEVNET, June 15, 2017)
    
2017年6月15日
消費者は包装で選ぶ
米国のクラフトビール・ブランドの数は増え続けており、昨年1年間だけでも、約1,800種に及ぶ新製品が発表された。最近実施されたニールセン社のクラフトビール・カテゴリー・デザイン調査によれば、米国クラフトビールを購入する人々のうち70%が、事前に購入する品を決めているのではなく、むしろ、売場で、製品の包装あるいはラベルによってクラフトビール購入を決めると答えているという。また、消費者のうち71%が、新製品を好んで選ぶ傾向にあるが、中でも目を惹く包装の新製品を購入するという。 購入の決め手となるロゴ/ブランド名、ボトル形状、ラベル色彩などを含めた“包装”特徴の中でも、包装デザインが、売場でクラフトビールを探している際に最初に目に留まる点であると消費者の43%が答えている。ビールの生産地に関する情報が購入の決め手になると答えた消費者は、包装に次いで多かった。
ニールセン調査では、また、消費者にとり、ラベルに書かれた宣伝文句、醸造に関する情報、あるいは伝統は、目で訴える包装デザインほどにはビール購入において強い影響は与えていないことも明らかにしている。
全米売上上位5位内に常に入るクラフトビール・メーカー、シエラ・ネヴァダ社のラベルは、その中心となるイラストや字体を1980年から現在にいたるまで大きく変えることなく維持している。包装デザインに関して言えば、一貫性があり過ぎるくらいでいいのかもしれない。
   (Beverage daily.com, June 9, 2017)
    
2017年6月13日
飲料メーカー 米国売上トップ10
米国の飲料業界向けウェブサイト、Beverage Industryは、米国市場における2016年売上高1位から100位の飲料メーカーを発表した。以下は、売上高1位から10位:
1. アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社(ベルギー)
2. コカ・コーラ社(米国)
3. ペプシコ社(米国)
4. ネスレ―社(スイス)
5. サントリー社(日本)
6. ハイネケン社(オランダ)
7. スターバックス社(米国)
8. SABミラー社(英国)
9. ディアジオ社(英国)
10. ユニリーバ社(英国)
また、ブランド価値の高さを順位付けするBrand Finace 社(英国)による、2016年価値が高いと評価されたブランドのうちの上位5ブランドは以下の通り:
1. コカ・コーラ
2. ペプシ
3. マオタイ
4. レッド・ブル
5. ネスカフェ
   (Beverage Industry, June 12, 2017)
    
2017年6月8日
コカ・コーラ社の新製品 コーク・ノー・シュガー
ニュージーランドは、コカ・コーラ社の新製品、“コーク・ノー・シュガー”を味わう最初の国となる。
コカ・コーラ社は本日、ニュージランドで、新製品である コーク・ノー・シュガー を発売した。
コーク・ノー・シュガーは、研究に5年以上を費やし、今までの中で最もコカ・コーラ・クラシックの味に近く、さらには、最も美味しい無糖コーラであると伝えられている。コーク・ノー・シュガーは、ニュージーランドのコカ・コーラ・ファミリーに永久メンバーとして加えられる。
コーク・ノー・シュガーの世界各国での発売は、2006年に発表されたコーク・ゼロ以来、最大規模の新製品発表となると予想される。今後、年末にかけて、その他の市場へ展開していくと見られる。
この記念すべき発表に合わせ、コカ・コーラ社は、ニュージーランドで過去最大となる20万個無料サンプル配布を実施する。
コーク・ノー・シュガーは、300ml 及び600ml サイズPETボトル、1.5リットル・サイズPETボトル、 2.25リットル・サイズPETボトル、440ml缶、及び250ml缶6本パックで、それぞれ販売される。
   (SCOOP Independent News, June 8, 2017)
    
2017年6月6日
ミャンマーで、3番目となる飲料缶製造工場
ミャンマーでは、同国3工場目となる飲料缶製造工場の建設が始まった。製缶会社キアン・ジュー社(マレーシア)の工場である。これは、2016年に始動した、ボール社(米国)のジョイントベンチャー、ボール・アジア・パシフィック(ヤンゴン)メタル・コンテイナー社による飲料缶製造工場(弊社業界情報2016年11月22日付に関連記事)、そして、2018年前半に操業開始するクラウン・ホールディングズ社(米国)の飲料缶製造工場(弊社業界情報2017年2月7日付に関連記事)に続くものである。
キアン・ジュー社は、現在、マレーシアに18工場、及びベトナムに3工場を有する。また、インドネシアには20エーカーの土地を所有している。
   (The Canmaker, June 5, 2017)
    
2017年6月1日
クラフトビール醸造会社が今求める 缶充填サービス
クラフトビール・メーカーは、地元の人々にアピールするビールを作り出すことに情熱を傾ける一方で、より大きな市場にも挑みたいという夢を抱いていることも否めない。缶こそが、その夢を実現する容器であることは間違いないが、それは缶充填ラインと、遠方の小売業者とつながるために必要な流通網への投資が必要となる。
移動式缶充填サービスは、そのような投資をいくらか軽く、また容易にする。
米国では現在、移動式缶充填サービス業者が急速に増えている。
米国北東部で展開するある業者は、缶充填ラインの貸し出し以外に、あらゆる種類の印刷缶の提供、また大量の印刷缶を大手製缶会社より入手し、最長9ヵ月間無料で保管するなどのサービスも行う。
缶充填サービス業者は、多くのクラフトビール・メーカーが、ビール醸造に注力したいがために時間を十分にかけ難い、しかし品質の基本となる缶充填工程を狙い、そこにビジネスを見出している。
   (The Canmaker, May 31, 2017)
    

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ