ニュース News

業界情報バックナンバー

2017年5月30日
ビールの定義に挑むノンアルコール・ビール
ノンアルコール・ビール及び低アルコール・ビールのセクター(総称NABLAB)が、低迷するビール全般の出荷量をよそに、売上を伸ばしている。
ほとんどの消費者にとっては、ビールは、仕事の後、あるいは、夜バーで、あるいは家庭で味わうアルコール飲料であると一般的に見なされる一方、NABLABは、新たな消費者、そして新たな飲む機会を開拓する可能性を秘めていると業界専門家は見ている。
人々がアルコール飲料を消費する仕方に変化が見られるのは確かである。今日の主要消費者グループであるベビーブーマーとミレニアル世代はともに、高いアルコール含有量(ABV)の飲料に昔ほど関心を持っていない。特にミレニアル世代は、量よりも質を、そして、クラフトやプレミアム製品をより重視していると言われる。また、消費者全体で健康志向が顕著である。ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、中国など今後さらに重要視される市場には、アルコール飲料を嫌う人口は多いと言われる。
現時点で、通常のビール出荷量は低迷しおり、その成長率は2010年から2015年にかけて0.7%である。それに対し、ノンアルコール飲料の場合には、同時期3.3%上昇している。アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社は、NABLABが、2025年までに、世界全体のビール出荷量の20%を占めるようになると予想している。
飲料カテゴリーそのものの境界線がぼやけ、また、クラフト飲料に消費者が反応するこの時代、消費者が新製品やアイデアを探求するのはごく自然なことである。つまり、ビールの現状に挑むのにも完璧なタイミングと言える。
   (Beverage daily.com, May 16, 2017)
    
2017年5月25日
ボトルドウォーターに代わる缶ウォーター
オーストリアのスプリング・ウォーター・メーカー、Cano ドリンクス社が英国で販売する、缶を容器とするウォーター、CanO Water®(弊社業界情報2016年1月12日付に関連記事)は、今、海洋生態系に深刻な影響を与える原因のひとつと考えられているPETボトルの使用量を削減することを意図して、再封可能なアルミ缶を使用する同社製品の販売に取り組んでいる。
英国で年間生産されるPETボトル180 億本のうちわずか1/4しかリサイクルされていないと言われるPETボトルの使用に誰もが責任を持つべきとして立ち上がった同社創設者は、ロンドン近郊で、人々が購入したボトルドウォーターをCanO Water®と交換するというイベントを行った。最近では、ソーシャル・メディアを介したキャンペーンに積極的に取り組む一方で、英国のネット・スーパーOcadoでも同社製品を購入可能にし、家庭へのウォーター配送の需要に応えている。
製缶会社ボール・パッケージング・ヨーロッパ社より供給されるこのアルミ缶の特徴は、ドイツのXolution社供給の“XO”缶蓋を使用する点で、リフィルも容易にできる缶である。ウォーターは、オーストリアのCano ドリンクス社自身の生産ラインで充填される。
今年だけでおよそ100万缶の出荷を予定しており、中国のスーパーへの輸出も見込まれている。現時点ではサイズは330ml缶であるが、米国での販売も考慮しより大きなサイズの使用も検討されている。ツイストオフ・キャップ缶蓋を使用する500ml缶は、すでにNoah's Waterブランドで販売されているが、XO蓋を使用する大型缶も今後生産されると予想される。
   (The Canmaker, May 24, 2017)
    
2017年5月23日
インドに飲料缶製造工場を建設中、キャンパック社
製缶会社キャンパック社(ポーランド)は、現在、インド北部のニューデリーに近い、主要なビールメーカーが集まる地域に、同社としては 2番目となる2ピースD&I 飲料缶製造工場を建設中である。インドでは第4番目の工場となるこの工場建設は、同国東南部近くに製缶工場をつい最近完成させ生産開始したボール社(米国)に続くものとなる。
キャンパック社による今回のプロジェクトは、米国のエンジニアリング会社レースライン社の協力の下、進められており、年間およそ12億缶の生産能力を持つと推定される。
アジア大陸の飲料缶需要は近年高まっており、昨年及び今年、スリランカとパキスタンでも各国で初となる飲料缶製造工場が生産を開始したばかりである。
   (The Canmaker, May 18, 2017)
    
2017年5月18日
アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社、投資増で市場変化に対応
世界最大のビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社(ベルギー)は、設備投資を増やすことにより、米国のビール市場への変化に対応する。
同社は、既存の工場設備、配送、充填・包装、サステナビリティ、及び技術の最新化を目指し5億ドルを投じる構えだ。
米国のビール市場は、多種多様のクラフトビールのシェア増加が目覚ましく、その数もまた、2022年には現在の倍近い8,000社に上るとも言われる。一方で、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社の米国内でのビール売上は、年1.5%近く減少している。
同社の投資には、ロサンジェルス、及び、オハイオ州コロンバスの醸造から出荷にかかる時間短縮のための配送設備最新化8,200万ドル、コロラド州フォートコリンズ醸造工場のアルミボトル生産・ドライホップ能力の各々増強2,800万ドル、ミズーリ州セントルイス醸造工場アップグレード等が含まれる。また、スターバックス社との2016年の提携に基づくティーヴァナ・クラフト・アイスティー(弊社業界情報2017年2月16日付に関連記事)の生産、充填、包装を目的を目的とするニューヨーク州ボールドウィンズヴィル醸造工場への1,000万ドル投資も予定されている。
アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社は、2020年までに総計20億ドルの設備投資を計画しており、今回の投資はその一環である。
   (NYup.com, May 15, 2017 / The Canmaker, May 16, 2017)
    
2017年5月16日
米国食缶は、ペットフード缶がけん引
今年第1四半期の米国での食缶出荷数量は、ペットフード缶の増加が野菜缶等の減少を相殺したことで、結果として、前年同期比0.6%減に抑えられたことを、米国缶製造者協会(CMI)は報告した。
現在、米国の食缶部門で最大セクターであるペットフード缶は、シングルサーブなどを含む従来よりも小さめのプレミア・サイズへの需要に対応し、前年同期比2.8%増を記録した。一方で、野菜缶は同7.2%減となった。また、乳児用調整粉乳、果汁、肉、及び魚介類製品を含むその他の食缶の出荷数量も同4.5%減となった。
スープ缶は、前年同期比3.1%増を示したが、これは、過去のレベルに戻った状態に過ぎない。スープ缶については、消費者が、鮮度の高い製品やパウチへと移行していることが明らかであるため、今後も苦戦を強いられることが予想される。
   (The Canmaker, May 12, 2017)
    
2017年5月11日
二次包装をクーラーに
ビールメーカー、ハイネケンUSA社(米国ニューヨーク州)は、二次包装をクーラーに変えるCOOLERPACKを発表した。
COOLERPACKは、ハイネケンビール・ビン18本入りの厚紙製ケースで、その上部を取り外せるように加工されており、それを取り外し、そこから氷を加えることにより、ビールをそのまま冷やすことのできるパックである。
12本以上のビール・パックを求めて店を訪れる米国消費者の2/3が、飲み会に向かう途中に店に立ち寄り、購入してから1時間以内には、ビールを飲むとの調査結果がある。その消費者のニーズに応えたいと考えたハイネケンUSA社は、まもなく訪れる夏の時期に合わせてこのパックを販売開始した。小売店は、COOLERPACKとともにロックアイスも並べて店頭に配置することで売上増を期待できる。
   (Beverage Industry, Apr 28, 2017)
    
2017年5月9日
夏のビール缶に新たな機能
世界第3位規模のビールメーカー、モルソンクァーズ社は、製缶会社クラウン・ホールディングズ社(米国)の協力を得て、今月から夏季限定の特殊缶を使用するビールをカナダ市場向けに販売開始する。
クァーズ・ライト12oz缶及び16oz缶のラベルに、既に同ブランドではすっかり馴染みになった、飲み頃になると缶に描かれた山を白色から青色に変化させる サーモクロミック・インキの利用に加えて、今回新たに、フォトクロミック・インキを使用する。これら2種のインキが同時に使用されるのは初めてのことである。
サーモクロミック・インキが、ビールの飲み頃の温度にまで冷えると色が変化するのに対し、フォトクロミック・インキは、紫外線に対して反応する。興味深いのは、ビール缶の温度が低くなればなるほど、このフォトクロミック・インキの色はより鮮明になる。
この缶印刷にあたり、デコレーター自体に変更を加えられる必要はなく、缶乾燥も通常の方法・時間で行われる。いずれのインキも、米国コロラド州コロラド・スプリングスのCTI社により供給される。
米国ミシシッピー・ベイツヴィルにあるクラウン社工場が、この印刷技術を活用することで、顧客である飲料メーカーに、温度と光をともに利用した缶デザインの提供を可能にした。
この缶の市場となるカナダに住む人々は、短い夏の間、そうでない時期の4倍の量のビールを消費するという。太陽の下、カナダ人とともに、この缶の出番も増えそうだ。
   (The Canmaker, May 8, 2017)
    
2017年5月2日
米国飲料缶出荷量、清涼飲料水売上低迷による影響少なく
今年第1四半期の米国における飲料缶全体の出荷量は216億缶で、うち、アルコール飲料缶の出荷量は、前年同期比3.9%減、清涼飲料缶は、同0.8%減となったことが、米国缶製造者協会(CMI)により報告された。
一方、市場調査会社ニールセン社は、3月25日締めの12週間での炭酸飲料の消費量が、前年同期比2.7%減少したことを報告した。両社各々の調査結果は、対象期間で多少のずれがあるものの、消費量の減少ほど缶出荷量が減少しておらず、それは、特殊缶の需要が依然として上昇していることと強く関連しており、今後もその状況は続くと見られている。
飲料缶製造会社各社の北米市場でのシェアは、ボール社 44%、クラウン・ホールディングズ社 20%、アルダー・グループ 17%、メタル・コンテイナー社(アンハイザー・ブッシュ社傘下) 15%、及び ロッキー・マウンテン・コンテイナー社 4%(ボール社及びミラークァーズ社のジョイントベンチャー)となっている。
   (The Canmaker, May 1, 2017)
    

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ