ニュース News

業界情報バックナンバー

2017年4月27日
インドでボール社初となる飲料缶製造工場 始動
製缶会社ボール社は、同社にとってはインドで初となる飲料缶製造工場を始動させた。正式な開場は、モンスーンの季節が終わる9月に予定されている。
このインドでの工場建設計画は、元々は、レクサム社が、ボール社に買収される以前の2015年の早い時期に、レクサム社により発表されたものである。 同時期に、レクサム社は、ムンバイ近くの産業地域の飲料缶工場も買収している。これは、元は、レクサム社とインドのヒンデゥスタン・ティン・ワークス社との間で、2007年に創業した飲料缶製造ジョイント・ベンチャー事業によるものであった。2012年には年間約10億缶近くの生産能力にまで拡張された(弊社業界情報2015年2月17日付に関連記事)。
今回始動させたSri Cityにあるボール社の工場は、飲料メーカーであるペプシコ社がインドに持つ最大の充填工場に近接している。
製缶会社にとり顧客となる飲料メーカーが充填工場への投資を増やしているため、インドでの飲料缶需要も同時に上昇しているのが実態だ。
ポーランドの製缶会社キャンパック社は、2009年よりインドで飲料缶製造工場を操業させており、現在、年間10億缶以上の生産能力を誇っている。
   (The Canmaker, Apr.25, 2017)
    
2017年4月25日
ティーへ高まる人気、米国
米国で、ティー(お茶飲料)カテゴリーの人気が広まりつつある。
米国各地で、お茶飲料に特化したショップが増えている。“matcha”(抹茶)フレーバーも今やトレンドである。この6月には、ティー・ビジネスのための展示会、ワールド・ティー・エキスポが、ラスベガスで開催される。
ティー消費から得られる健康維持、体質改善、アンチ・エイジング等の科学的調査に基づく効果は、メディアを通じ、確実に今の米国人の飲料選択に影響を与え、毎日ティーを消費する米国人を増やす大きな要因となっている。これまでの50代〜70代前半のベビーブーム世代中心のファンに加え、サステナビリティを重視するミレニアル世代の間にもティーを好んで飲む人が増えている。
多くの米国人にとり、コーヒーは朝飲む飲料である一方、ティーは、午後、気分を緩やかに高めたい時、あるいは、夜、リラックスしたい時などに味わう飲料ととらえられ、そのような多様性が新しいティー・ファンを増やしている。
米国は依然として“コーヒー”派が多い国であることに変わりはないが、老若男女全ての間で、ティーへの関心の高まりが見られるのも確かである。
今後、家庭向け、及び外食産業向けに、取り扱いの簡単な茶ブリュー・システムの需要も高まりそうだ。
   (SmartBrief, Apr.24, 2017)
    
2017年4月20日
米国エナジードリンク売上、わずかな増加続く
市場調査会社ニールセン社による最新調査では、米国市場については、炭酸飲料の売上の減少が続く一方で、エナジードリンクの売上はわずかではあるが増加を見せたことが報告されている。
エナジードリンクの中では、米国市場での売上シェアで41%を占めるモンスター社が、昨月4週の期間で、前年同期比3.6%増、シェアで次に続くレッドブル社が同5.4%増をそれぞれ示した。
   (BEVNET, Apr.7, 2017)
    
2017年4月18日
飲料・食品売上好調で、米国コンビニストアの売上過去最高に
米国のコンビニエンス・ストア(以降、コンビニ)の2016年店内売上は、過去最高となる約2,330億ドルに達したことが全米コンビニ協会(NACS)により明らかになった。この結果に大いに貢献したのがノン・アルコール飲料とスナック菓子の好調な売上である。
全米のコンビニおよそ19,000店舗から集めたデータを基にして出された売上高上位の飲料には、機能性ウォーター(前年比12.3%増)、スポーツ飲料(同4.5%増)、そしてボトルドウォーター(同3.9%増)が含まれている。消費者の選択が、健康を促進する飲料カテゴリーに変わりつつあることを示していると業界関係者は語る。
ガソリンスタンドを併設するコンビニが多い米国では、コンビニが提供する食品品質によってガソリンスタンドを選ぶ消費者が増えてきている。米国では購入されるガソリンの80%を、コンビニが売り上げていることもあり、ガソリン価格が低い時ほど消費者はコンビニ内で買い物をする傾向にあるとい言われる。
   (FOOD navigator-usa.com, Apr.11, 2017)
    
2017年4月13日
米国セブン-イレブン、シングルオリジン・コーヒーを新たに追加
米国のセブン-イレブン社(米国テキサス州)は、昨年11月に続いて、今回、新たなるシングルオリジン・コーヒーを発表した。
シングルオリジン・コーヒーとは、生産国ではなく、農場や生産者、品種や精製方法の単位で一銘柄とするコーヒーを指し、消費者にとっては、生産者がわかり、また、コーヒーの選択肢が広がることを意味する。米国セブン-イレブン社は、昨秋初めて、シングルオリジン・コーヒーを店頭に導入した。
米国セブン-イレブン社によれば、同社を訪れる米国消費者の好みは、徐々に濃いめのフレーバーに移行してきていると言う。 米国セブン-イレブン社で提供される、いわゆる “いれたてコーヒー” 全ては、同社向けに限り開発された品種、フレーバー、ブレンド、及びローストレベルで作られる。
セブン-イレブン社は、ホットコーヒーにおいては、全米で第4位 / シェア6.8% (2012年第4四半期・1位マクドナルド、2位ダンキン・ドーナッツ、3位スターバックス)の販売量を記録する。
   (Beverage Industry, Apr.4, 2017 / CPS, Feb.20, 2013)
    
2017年4月11日
米国クラフトビール・ブーム下火を導いたもの
ここ数年15%以上の伸びを見せてきた米国のクラフトビールの売上増加率は、現在、一桁に縮小したと言われる。それは、市場が成熟すれば予測されることではあるが、一方で、わずかな数の巨大規模・グローバル経営のビールメーカーが、国の独禁法適用不十分で助けらるなど、抵抗した結果だと分析する業界筋もいる。
米国ビール業界は、近年、劇的な統合を見てきた。それは2008年、モルソン・クァーズ社とSABミラー社とによるジョイントベンチャー事業(ミラークァーズ社)創設に国がゴーサインを出したことから始まった。その5か月後には、インベヴ社によるアンハイザー・ブッシュ社の買収・合併が実現した。国が、米国市場での二社寡占を承認するかたちになり、一夜にして、これらビールメーカー二社が国内ビール生産のおよそ90%を手中に収めることとなった。統合はそれでは終わらなかった。昨年2016年、SABミラー社とアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社とが統合し、それに伴い、ミラークァーズ社株をモルソン・クァーズ社が買戻したため、モルソン・クァーズ社とアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社という新たな二社寡占を生み出したのである。
さらにこの二社寡占は、もう一つの統合を作り出した。小売店へのビール分配を仲介する卸売業者間での統合である。1980年、米国に4,600を数えた卸売業者は、現在3,000以下に減り、これらの卸売業者が、二社いずれかに依存し、各地域でビールの90%以上を仕切り、販売促進、売場スペース確保、あるいはマーケティングに至るまで、個人経営のクラフトビール・メーカーよりも優先的に寡占二社のいずれかを取り扱う状態となっている。
そして今、寡占二社は、米国クラフトビール・メーカー買収を続け、クラフトビール業界での存在を広げている。
   (The New York Times, Apr.7, 2017)
    
2017年4月6日
コールドブリュー・コーヒー、ニトロ缶でデビュー
泡を抱くRTDコールドブリュー・コーヒーが、今週、英国拠点のコーヒーメーカー2社によりそれぞれ缶で発売された。いずれも、アルダー・グループが供給するニトロ缶を使用する。
アルダー・グループは、ギネス・ブランドなどドラフトビールのために開発されたプラスチック製ウィジッドを使用する技術を、そのままコールドブリュー用に採用しており、同社にとり、コーヒーにニトロ缶を採用し商品化するのは今回が初めてとなる (弊社業界情報2016年1月21日付及び10月27日付に関連記事)。
「タップからサーブされるニトロ・コールドブリュー・コーヒーは、英国のコーヒーショップでは、最も新しいトレンドとなっている」と、今回ニトロ缶を採用した一社であり、プレミアム・コーヒーを専門とするMinor Figures社はコメントする。同社は、今回、同社で一番人気のあるブラックにニトロ缶を使用した。
ニトロ缶の仕組みは、液体窒素を注入したプラスチック製カプセルが、コーヒー充填前にニトロ缶の缶底に設置されることで、充填後、開口と同時に独特な音を発すると同時に、コーヒーをグラスに注ぐと、窒素が放たれ、コーヒー上部に泡をつくるというものである。
アルダー・グループ供給のニトロ缶は、本日から開催されているロンドン・コーヒー・フェスティバルでも紹介される。
   (The Canmaker, Apr.4, 2017)
    
2017年4月4日
欧州飲料缶製造業界、劇的な変化を経て
欧州の飲料缶製造業界の、ここ2年にわたって見られた変化は、主に次の3点があると言われる:

@ ボール社によるレクサム社の買収
ボール社は、昨年のレクサム社買収により多くの資産をアルダー・グループに売却したが、レクサム社の主な顧客であったコカ・コーラ社とレッドブル社を獲得し、両社向けに引き続き飲料缶を供給する。
A メジャーな製缶会社の傘下にない製缶会社の増加
欧州市場で1/6のシェアを持つキャンパック社(ポーランド)に加え、他社の傘下にない独立製缶会社を代表する三社、Bagpak Polska社(ポーランド)、Helvetia パッケージング社/TCBベヴァレジズ社(ドイツ)、及びヘル・エナジー社もまた、高い需要に応える態勢に入っている。
B スチール缶からアルミ缶製造へのライン変更の増加
ライン数そのものは2015年以来変化のないものの、スチール缶からアルミ缶製造へのライン変更が顕著で、アルミ缶製造ライン数は2年前の88から96ラインに増えており、その数は、今後も増える見込みである。 90年代半ば以降、飲料缶においてアルミ缶しか製造しなくなった米国に、欧州も続くと見られている。

欧州市場の飲料缶需要は上昇しており、2016年の飲料缶出荷量は、前年比およそ2%増の650億缶と推定されている。 現時点で、欧州で飲料缶製造ライン110ラインが稼働しており、その生産能力は推定で850億缶である。
   (The Canmaker, Apr.3, 2017)
    

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ