ニュース News

業界情報バックナンバー

2016年11月29日
エナジードリンク、そしてそれを超える飲料
米国飲料市場では、ボトルドウォーターとともに、エナジードリンクの人気が依然として強く、2015年、その出荷量は前年比10%増加した。
ある市場調査会社の統計によると、世界レベルにおいて、2015年には、2008年以来最も多くのエナジードリンク新製品が発表されている。
飲料メーカーは、一方で、今までにない飲料カテゴリーを模索してもいる。
エナジードリンクで著名なモンスター・ベヴァレジ社(米国)は、Mutantと名付けたカフェイン115mg(20ozサイズで)含有の炭酸飲料を今年米国で発表した。Mutantは、これまでのエナジードリンクを超えるものとし、ペプシコ社の人気ブランド、マウンテン・デューと対峙する飲料であることを明らかにしている。
キャンベル・スープ社(米国)は、同社の代表的ブランドV8に緑茶から抽出する天然エナジーを加えたV8+Energyブランドを、ペプシコ社は、ゲータレード・ブランドの燃焼系要素に米国農務省認可のオーガニック成分を加えたGatorade G Organicをそれぞれ投入し、今後の成長に期待する。
既存の確立された人気ブランドに、今のトレンドであるエナジー系や天然的要素等を加えることにより新カテゴリーを開拓する動きが一部の飲料メーカーに見られ始めている。
   (FoodBusinessNews, Nov.21, 2016)
    
2016年11月24日
プラスチックボトルを使用しないウォーター、大学キャンパスでも受け入れ
ジャストウォーター(JUST® water)は、紙を主要原料として作られたボトルを使用する100%天然水の製品で、今回、米国コロラド州ボールダーにあるコロラド大学(CU)で販売開始された。
コロラド大学ボールダー校では、プラスチック製ボトルのウォーター販売の完全禁止については長年の懸案事項であり(同大学コロラドスプリングス校では2010年に禁止)、学生に向けて、一度の使用に限られるプラスチック製ではなく、再生可能なボトル、マグ、バッグ等の使用を奨励してきた。大学のこのような指針の下、学生たちは、プラスチックに代わる、環境に優しい容器を積極的に模索し、その結果たどり着いたのが、このジャストウォーターである。
ジャストウォーターは、水に恵まれたニューヨーク州北部のグレンズ・フォールズを源泉とする100%天然水である。使用されるボトルは、再生可能な原料82%(認定・管理される木々から作られる紙54%、サトウキビ由来のプラスチック28%)を含有する。よって、ジャストウォーター・ボトルは、通常のPETボトルと比較し、温室効果ガス排出量を最大74%削減する。
ジャストウォーターとそのボトルは、環境に優しい消費財を提供することを使命とするジャスト社と、コロラド州を本拠地とする健康・機能性飲料メーカー、ニュー・エイジ・ベヴェレジズ社との提携を通じ、実現した。ジャスト社は、その使命に賛同する投資家、アーティスト、科学・開発コミュニティ・メンバーなど多様な業界の人々/組織により形成され、今回、同社初の製品となるジャストウォーター発売も、彼らにより支援されている。
ジャストウォーターは、2015年に、米国の大手自然食品専門スーパーのホール・フーズ・マーケットにて発表され、現在、コロラド大学キャンパス内だけに限らず、その他の大学キャンパスやスーパーでも販売されている。
   (BevNet, Nov.21, 2016)
    
2016年11月22日
ミャンマー初のアルミ飲料缶製造工場、稼働開始
ミャンマーでは初となる2ピース・アルミ飲料缶製造工場が、先週、操業開始した (弊社業界情報2014年5月22日付、2016年5月10日付に関連記事)。
ボール社が4,500万ドルを投じ、首都ヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)に建設したこの工場は、年間4億5千万缶から5億缶の製造能力を持ち、ミャンマー国内のビールメーカー及び清涼飲料メーカーへアルミ D&I 缶を供給する。
主な供給先には、コカ・コーラとサンキスト・ブランドをミャンマーで生産するミャンマー・ベヴァレジ社、日本のアサヒグループホールディングズ社とミャンマーの飲料メーカーLoi Hein社とのジョイントベンチャー、Asahi Loi Hein社が含まれる。
ミャンマーでは、2013年のコカ・コーラ社の充填工場操業開始以降、ビールメーカーのカールスバーグ社(デンマーク)、ハイネケン社(オランダ)も同国に生産拠点を作り、飲料ビジネスで、今後の成長が大きく期待されている。
このミャンマー工場は、建設計画が明らかにされた2年前には、ボール社と、日本の自動車部品メーカー、コーヨーラド社とのジョイントベンチャーとして発表されていた。
   (The Canmaker, Nov.21, 2016)
    
2016年11月17日
コカ・コーラ社、他のブランドにも少量サイズを適用
コカ・コーラ社が、コークの容器として、少量サイズ缶/ボトルの採用を進めていることは既に知られているが、同社は、少量サイズ容器のコーク製品需要が2桁近くの割合で伸びているため、この戦略を同社のもう一つの人気ブランドであるファンタ及びスプライトにも適用し始めている。
コカ・コーラ社は、昨年、売上低迷から脱却できない状況の中、量よりも利益を重視し、昨年第2四半期に、世界の全市場で3%高い価格に設定し、それに伴い、北米市場でも、プレミアム価格に設定した少量サイズ缶/ボトル戦略を推し進めてきた。そして今、同社は、同様の戦略を、同社長年の人気ブランドであるファンタとスプライトにも適用する。少量サイズ容器の製品は、現時点で、同社全製品の15%しか占めていないため、そこに売上増を大きく期待することは長期的な計画であり、また、大きな賭けでもあると、同社北米部門代表のダグラス氏はコメントする。
一方、コカ・コーラ社は、米国市場で、RTDコーヒー飲料の販促にも注力する。来年早々、コールド・ブリュー・コーヒー及びボトル・ティー・ラッテ新製品を投入するほか、ダンキン・ドーナッツ・ブランドのアイスコーヒーも各小売店で販売開始される。
   (The Drum news, Nov.16, 2016)
    
2016年11月15日
ブラジル、使用済みアルミ飲料缶の97.9%をリサイクル
アルミ飲料缶リサイクルにおいて既に世界のリーダーであるブラジルは、2015年もまた、同国の使用済みアルミ飲料缶のリサイクル率を97.9%にまで導いた。
このようなアルミ飲料缶の高リサイクル率維持の陰には、ブラジル国内でのアルミ材料需要の高さ、政府補助金に依存しない回収ネットワークの存在、及び国民への環境教育プログラム実施がある。国内全域に、日常、缶回収を仕事とする人々が18万人以上(2010年時点)いると言われている。
   (The Canmaker, Nov.14, 2016 / The Inter Press Service, Aug.4, 2010)
    
2016年11月10日
米国4都市で、炭酸飲料への課税案承認
今週火曜日、米国の4都市で、反対意見も多い炭酸飲料への課税案(いわゆるソーダ・タックス)が議会を通過した。これは、高糖度炭酸飲料の一定量に対し、消費者に課税するもので、現在、コロラド州ボールダー、カルフォルニア州サンフランシスコ、オークランド、及びアルバニーが施行を目指している。
ブルームバーグ社の調べによれば、2009年以来、米国の都市での炭酸飲料への課税施行の試みは既に40件以上を数え、サンフランシスコ・ベイ地域では、このために4,000万ドル以上が費やされている。
米国では、高糖度飲料が、児童の肥満、糖尿病、虫歯と強く関連しているとして、現在、高糖度飲料への課税が包括的戦略のひとつとされている。
   (iTechPost, Nov.10, 2016)
    
2016年11月8日
ボール社、スペインでの生産能力増強へ
世界最大の製缶会社ボール社は、今年6月末に正式に認可された、同じく製缶会社であるレクサム社の買収後に迎えた今年第3四半期決算の報告の中で、前年同期比36%増の売上を記録したことを明らかにした。
この期の業績を地域別に見ると、北米および中央アメリカ地域では、前年同期比31.5%増で、これについてボール社は、この増加は、買収効果と、この地域、特に米国とメキシコで、ビール及びノンアルコール飲料用缶と特殊サイズ缶の需要が伸びたことを挙げている。
レクサム社が既に大きなシェアを獲得している南米では、飲料缶売上は同期比237%上昇した。ブラジルとアルゼンチンの不景気の影響はあったものの、ビール・メーカーからの特殊サイズ缶の安定した高需要がこの結果に導いたと同社は見ている。
欧州(中東を含む)では、買収効果の結果、売上は前年同期比53%増加した。ビールと特殊サイズ缶の需要と、ロシアからの高需要が反映された。
ボール社はまた、スペインに新しい飲料缶製造工場を建設する計画があることを明らかにした。 ボール社のレクサム社買収条件に従い、ボール社が欧州に所有していた製缶工場のほとんどがアルダー社に売却されたが、ボール社が解消しなかったスペインの一定の顧客との長期契約を遂行するため、マドリッド近郊に、2ラインを備える飲料缶製造工場を建設する。新工場は2018年の操業開始を予定している。
   (The Canmaker, Nov.4, 2016)
    
2016年11月1日
コカ・コーラ・ジンジャー
コカ・コーラ社は、オーストラリア市場限定で販売するフレーバーのコカ・コーラ製品、Coca-Cola Gingerを発表した。
オーストラリアでは、1960年の発売以来衰えることのない人気を維持するノン・アルコール炭酸飲料Bundaberg Ginger Beerに代表されるように、ジンジャー・フレーバーが人気だ。Coca-Cola Gingerは、この8千万ドル規模の同国ジンジャー・フレーバー炭酸飲料市場への参入を目的とする新製品である。これから夏を迎えるオーストラリアに向け、コカ・コーラ社初のジンジャー・フレーバー、Coca-Cola Gingerは、今週月曜日から 夏の期間、販売される。
コカ・コーラ・ジンジャーは、ボトル・デザインにおいても他のCoke製品との違いが明確な、金色に縁どられたラベルと金色のキャップを特徴とする。
同社はまた、今後、この市場向けにさらに新しいフレーバーを投入していく計画があることを明らかにしている。
   (CNBC.com, Oct.31, 2016 / Atlanta Business Chronicle, Oct.31, 2016)
    

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ