ニュース News

業界情報バックナンバー

2016年9月30日
今年のハロウィーンもパンプキン・ビール?
米国シアトルで人気の高い地元ビール・メーカー(現在、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社傘下)のElysian ブリューイング社は、1996年開業以来毎年、数十種類のパンプキン・ビールをハロウィーンの季節に展開していることでも有名だ。今年もその伝統は引き継がれるようで、ファンは一安心だ。
というのも、昨年のこの時期、多くのクラフトビール・メーカーで、米国ハロウィーンを象徴するビールであるパンプキン・ビールが売れ残るという今までには考えられなかった事態が発生したからだ。原因は、過剰生産、市場の飽和状態、そして不運にも秋にしては暖かすぎる気候を迎えたためだった。この事態は、人気のビール・メーカーの多くが例年にも増してパンプキン・ビール生産量を増加し、新規クラフトビール・メーカーがさらにそれに倣って同種の製品を生産したことにより発生したものだった。そして米国ビール史上初めて、大量のパンプキン・ビールが賞味期間を過ぎても店頭に残り、多くのビール・メーカー、卸売店、小売店が損失を出す結果となった。その際、多くの関係者が、パンプキン・ビールのブームは過ぎた、翌年の2016年は生産を大幅に削減するとコメントした。
さて、今年も9月半ばを過ぎ、多くのクラフトビール・メーカーが今年のハロウィーン向けの生産を終えているはずだ。実際に彼らは生産を控えたか?メーカーの多くが大幅にパンプキン・ビール生産量を削減していた。中には全く生産しないメーカーもある。今年のハロウィーン、米国でパンプキン・ビールに代わる人気ビールは、どのビールだろうか?
   (Forbes, Sept. 19, 2016)
    
2016年9月27日
クラフトビールがもたらす経済効果が、米国の酒類販売規制を変えるか
米国でクラフトビールは、今や、全ビール売上の20%以上を占める存在である。その数字が25%以上であるコロラド州のクラフトビール・ビジネスは、昨年、同州に、およそ17億ドルの経済効果をもたらしたとの報告もある。全米が注目するコロラド州のクラフトビール・ブームは、しかしながら、同州が施行する厳しい酒類販売規制 - その多くは80年以上前の禁酒法にまで遡る - により多少なりとも阻まれていると言う。例えば、コロラド州は、スーパー及びコンビニに対してはアルコール度数3.2% (abv)以下のビールしか販売を認可しない米国5州のうちの一州である(他の4州は、カンザス、ミネソタ、ユタ、及びオクラホマ州)。つまり、通常それよりもアルコール度数が高い製品を醸造するクラフトビール・メーカーは、現時点で、その大部分を販売することを許されていない。(州が認可する各チェーン店につき一店舗、及び酒類販売専門店のみが販売する)
しかし、新しい動きも見え始めている。最も規制の厳しい酒類販売法を施行していたペンシルバニア州が、最近、禁酒法以来初めて、州管理下の小売店以外でのワイン及びビールの販売を認可した。ニューヨーク州では、今月、80年間一度も変更されなかった酒類販売に関する法律を、今の時代に合う法に変えることを発表した。世界的なバーボン・ブームで新しい蒸留酒醸造所の建設に沸くケンタッキー州では、この7月、観光客が購入するウィスキー量の規制を緩める新法を施行した。
一方で、ミシガン州では、酒類に対し244%増税を進める動きがあると報告されている。
一部の州での酒類販売規制の緩和は、米国全体に及ぶのかどうか。少なくとも、規制見直しを始める州は、今後増えそうだ。
   (just-drinks.com, Sept. 19, 2016 / PolitiFact Colorado, April 1, 2016)
    
2016年9月20日
米国で急成長するコールドブリューコーヒー
米国テキサス州のカメレオン・コールドブリュー社は、今年、“最も革新的なブランド・トップ25”や“急成長する米国企業トップ500社”に選出されるほど、今、米国で最も注目されている飲料メーカーの一社である。売上が急伸しているカメレオン・コールドブリュー社ブランドに代表されるRTD(ready-to-drink)コールドブリュー・コーヒー(長時間水で抽出して作られるアイスコーヒー)カテゴリーは、米国で数年前に発表されて以来、様々な形態で、様々な販売チャンネルを通じ売上を顕著に伸ばしている。その売上高は、2015年9月時点で790万ドル(ミンテル社による)、2016年4月時点では3,840万ドル(SPINS社による)などの報告がある。
社員わずか25人のカメレオン・コールドブリュー社は、過去3年間で2,506%の収入増を記録したと言われている。カメレオン・コールドブリュー社のブラック・コールドブリューコーヒーは、米国の冷蔵コーヒー・コンセントレイト部門のトップを走り、今年8月末時点で前年同期比302%増となる270万ドルを売り上げている。
   (FOOD navigator-usa.com, Sept. 15, 2016)
    
2016年9月15日
紅茶は、ティーバッグからエアゾール缶へ
もうティーバッグはいらない。高品質な紅茶が、200mlアルミ缶から出る泡で容易に作れる。
YumChaティ‐・コンセントレイツ社(英国)が先月発売した“ノー・モア・ティーバッグ”缶は、ワン・プッシュで1杯分の紅茶エキスの泡が出るエアゾール・タイプの缶で、1缶およそ30杯分。しかしこのニュースが発表されると、ファンからは、ただ複雑になっただけで環境への負荷も増えるとして、この新製品に反対する声が上がった。
茶葉を正しい方法で滲出させ作られたと言う同社の製品は、缶から出てくる泡に熱湯を足すだけでお茶ができ上がる。濃さも、加えるお湯の量で変えられる。
100%リサイクル可能な缶は、衝撃・押出しアルミ缶で、別途、粘着性のラベルを装着する。缶は充填後、窒素ガスで加圧される。
   (The Canmaker, Sept. 14, 2016)
    
2016年9月13日
缶蓋を保護するフォイル製カバー
シュエップス社の炭酸飲料ブランド、オランジーナの缶で使用されているフォイル製保護カバー最新版は、新たな販促ツールとして機能するかもしれない。缶蓋を汚れや菌の付着から守り、衛生性を保つだけでなく、売場で人目を引くスタイリッシュな差別化の要素も提供する。
缶形状にぴったりと装着されるデボス加工されたアルミフォイルは、特殊エンボス加工や特殊インキで独自のブランド化を図れるだけでなく、特別キャンペーン等にカバー裏面も利用できる。
地中海沿岸地域では、オランジーナ・ブランドを始めとして、フォイル製カバーを缶に使用するブランドが多く見られる。
   (The Canmaker, Sept. 12, 2016)
    
2016年9月8日
ビールのボタン
英国で長年にわたり高い人気を誇るビール、Carlingは、家でボタンを1度押すだけでビール注文ができる装置を発表した。親会社のモルソンクァーズ社が世界初のビール・ボタンと呼ぶこの装置は、押すことでビール ? もちろん、Carlingブランド - を発注するアプリケーションにつながる。使用前に、英国の主要スーパーマーケット・チェーン4つのうちの一つを選び、そこから購入するよう設定する。
この製品の発表は、偶然にもamazon社のDashボタンの英国発売日と同時期であった。米国で2015年の発表以降、Dashを通じてのamazonへの注文が3倍に増えたと報告されている。
   (GrubStreet, Sept. 6, 2016)
    
2016年9月6日
世界で伸びるエナジードリンク
2015年、世界エナジードリンク市場は、2008年以降どの年よりも多くの新ブランドを発表したと、市場調査会社ミンテル社は報告している。2015年はまた、エナジードリンクの販売量が、2012年以来最速のペースで伸びたとも同社は報告している。
世界最大のエナジードリンク市場である米国を筆頭に、中国、英国、タイ、ベトナムが販売数量を伸ばし、世界全体の販売数量は前年比10%増を記録した。前年比9%増のドイツは、2015年、どの国よりも多く新製品を発表した。
国毎の前年比販売数量増加率を見ると、中国が25%増で最も高く、ベトナムがそれに続いた。 エナジードリンク・メーカーは、巨大ブランドを持つことで、宣伝費やプロジェクトに多大な資金を投じその独特なイメージを創り出すことに成功している。
成分内容で時として問題となるエナジードリンクがあるが、欧州では、オーガニックを原料とする天然成分含有のエナジードリンクの人気が高まっており、2015年の新製品のうちの60%を占めたが、世界全体で見ると7%とまだ規模は小さい。
多忙でストレスも多い、子育て中の若い夫婦が、世界のエナジードリンク・ブランドの貴重な消費者層である。エナジードリンクの派手な販促活動の中心となるのは通常18〜24歳の層ではあるが、実際は、若い夫婦、そしてもう少し上のミレニアル世代が、エナジードリンクの主流消費者層である。
   (The Canmaker, Aug. 31, 2016)
    
2016年9月1日
チンタオビール、売上落ち込む
中国で第2番の規模を誇る青島(チンタオ)ブリューワリー社は、今年上半期の業績が振るわなかったことを報告した。純利益は、前年同期比11%減で、2012年以来の低い利益となった。
中国の景気後退は、中国人消費者の出費にも影響を及ぼしており、また、深刻な洪水を含む天候不順もまた、ビールの国内売上を鈍化させた。
青島ブリューワリー社は、海外ビール・ブランドからの競争にも直面している。各社利益減に苦しんではいるものの、海外ビール・メーカーにとっては、中国市場は、世界のビール生産量の1/4を消費する国であることに変わりはないため、いまだ十分に魅力ある市場である。
   (BBC News, Aug. 31, 2016)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ