ニュース News

業界情報バックナンバー

2016年7月28日
タイのビール市場とカールスバーグ社
ユーロモニター社の市場調査によると、タイのビール売上は、借金やローン返済を抱えるタイ人世帯の増加により、今後落ち込むと見られている。しかしながら、この予測は一時的と見るデンマークのビールメーカー、カールスバーグ社は、タイを重要な市場と位置付け、特にドラフトビール及びスーパープリミアム・ビールの長期的投資を続けている。
現在、タイのビール市場では、タイの醸造会社が販売するSinghaが72%のシェアを持ち、そのあとをタイのアルコール飲料メーカー、タイ・ビバレッジがシェア24%で続いている。世界規模第三位のハイネケン社(オランダ)のシェアはこの国ではわずか4%である。
国内のビール・メーカーを守る態勢にあるタイは、海外ビール・メーカーにとり参入が容易な市場ではない。しかしながら、海外ビール・メーカーにも、タイ市場で販売するための方法はある。Singhaビールは、2013年より、カールスバーグ社ロシア工場で醸造されている。また、昨今、タイのクラブ等で人気のBeerLaoを醸造するラオスのビールメーカー、Laoブリューワリー社は、カールスバーグ社が50%所有する企業である。つまり、カールスバーグ社はすでにタイ市場で足場を築いている。それは、ラオス、カンボジア(Angkor Beer)及びベトナム(Huda)においても同様である。同社は最近ミャンマー市場にも参入した。
現在世界第五位のカールスバーグ社は、中国へビールの輸出を開始した1876年に、初めてアジア市場に参入した。
   (ScandAsia.com, July 21, 2016)
2016年7月26日
ボール社ゴールデン工場アルミ飲料缶製造ライン
あなたが飲む飲料缶が、製缶会社ボール社の米国コロラド州ゴールデンにあるこの製缶工場で、あるいは同社が所有する他の69工場のうちの一工場で作られたアルミ缶である可能性はとても高い。毎年市場に出回る飲料缶のおよそ1/3は、ボール社により製造された缶である。製造・保管業務が営まれる五十万平方フィートに広がるゴールデン工場でも、アルミ飲料缶は作られ、検査され、消費者になじみのあるブランド名で印刷される。
ボール社は、今年6月30日、競合であるレクサム社(英国)買収の正式承認を得て、世界最大の食缶・飲料缶製造会社となった。
1962年に操業開始したゴールデン工場は、ボール社が現在、世界30ヵ国に所有する飲料缶製造工場70工場の中で、最初の、そして最古の工場である。年中無休で操業し、今年は、約1,100の異なる製品用に缶を生産する。同工場にある4ラインのうち、3ラインが缶を、残りの1ラインがアルミボトルをそれぞれ生産し、その数は1日につき六百万缶にも及ぶ。ここで製造された缶及びアルミボトルは、空のまま蓋無しで、カルフォルニア、メキシコ、プエルトリコ、ノース・キャロライナ、カナダ等へ輸送される。缶蓋もここゴールデンで製造される。
ボール社ゴールデン工場で現在最速のラインは1,800cpm。幅4フィートのコイル状に巻かれたシート・アルミは再生アルミ70%を含有する。各ロールからは、およそ三十万から三十五万缶を製造することが可能である。コイルから始まり、ラインでの製造工程を経て、輸送のためにパレットに乗せられるまで一缶につきおよそ40〜45分かかると推定される。
ボール社が製造する缶もまた軽量化が進んでおり、1970年製造時に使用したアルミ量よりも40%少ない量で現在は作られている。
12oz缶が標準缶ではあるが、ボール社が製造するアルミ飲料缶は20種以上におよび、特殊サイズ缶はそのうちの30%を占める。
ボール社の顧客リストには世界的に著名なメジャー飲料メーカーが含まれる。また、クラフトビール・メーカーも多く、現在、その数は400社余りを数え、そして増え続けている。
   (The Denver Post, July 22, 2016)
2016年7月19日
ビール缶出荷量、米国で増加続く
米国ビール・メーカーへのアルミ飲料缶出荷量は、今年第2四半期では、前年同期比3.1%増加し103億8000万缶を記録した。四半期毎にまとめられるアルミ缶出荷量の数字は、ビール缶の場合、ここ数年間増加の一途をたどっている。
他方、ソフトドリンク用アルミ缶は、今四半期も前年同期比1.0%減の152億6,000万缶の出荷量となり、アルコール飲料用缶に見られる増加とは対照的となった。
   (The Canmaker, July 18, 2016)
2016年7月14日
米国メジャービール・メーカー、容器ラベルにカロリー&成分を積極的に表示
米国の多くのビール・メーカーを代表する団体、米国ビール協会は、醸造会社に、容器上のラベルに、カロリー、炭水化物、タンパク質、脂肪、アルコール度数、その他の成分、ならびに醸造日の情報の公開を奨励することを、今週火曜日に発表した。アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社、ミラークァーズ社などメジャービール・メーカーは、この流れを支持することを明らかにしている。新しい指針では、成分表示の方法は、容器ラベルに示すか、あるいはラベルに示されるQRコード等を通じて成分を公開するウェブサイトへリンクさせるかのいずれかとしている。2020年末までに実施することをビールメーカーに奨励している。
ライトビール・ブランドは、長年、カロリー情報を公開しているが、その他の種のビールについては、そうではなかった。ミラークァーズ社のMiller64ビールは、成分をラベルに表示した初めてのビールであり、今では、同社の主たるブランドは全て成分表示をしている。アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社もまた、国内で販売するビールのほとんどについて、成分情報を2012年末よりウェブサイトで提供している。
一方で、1年間に季節限定版を含む豊富な種類のビールを少量だけ生産するクラフトビール・メーカーにとっては、ラベル変更に即座に対応することは難しいと、米国クラフトビール・メーカーを代表するブリューワーズ協会はコメントしている。
米国では、食品医薬品局がチェーン・レストランに対し、メニューへのカロリー表示の義務化を進めており、それが、ビールラベルにカロリー表示がないクラフトビール・メーカーには不利に働く可能性があると指摘するアナリストもいる。
   (St.Louis Post-Dispatch, July 12, 2016)
2016年7月12日
細分化する米国清涼飲料市場へ、ペプシコ社
米国の消費者は、最近、“クラフト”という言葉に表されるような、ニッチで、プリミアムな製品を清涼飲料でも求めており、清涼飲料水市場はますます細分化されてきていると、ペプシコ社CEOのNooyi氏は、予想を上回る結果を出した今年第2四半期の業績報告とともに、コメントした。
ペプシやダイエット・ペプシというコーラ・カテゴリーに執着しない。ペプシコ社が今まさに新製品を投入している市場は、ニッチで、大量生産をしない、細分化された新しいカテゴリーである。例えばそれは、マウンテン・デュー・ブラックレベル、アクアフィーナ・スパークリング、ネイキッド・プレスド、あるいは1893である。
他方、Nooyi氏は、『変化を嫌う』消費者についても語っている。それは特にコーラ・カテゴリーで見られるという。長年親しんできたペプシの味が変わることを好まない消費者の多さに反応し、ペプシコ社は、昨年発売した人口甘味料フリーのコーラはそのまま残しながらも、最近、オリジナルのダイエット・ペプシの再販を開始した。
   (FOOD navigator-usa.com, July 8, 2016)
2016年7月7日
アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社、買収完了に向けて前進
アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社によるSABミラー社の買収提案について、南アフリカ当局から承認を得たことが明らかになった。この承認を受け、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社は、今年末までの買収完了に向け前進した。
現時点で、同社は、アジア・太平洋地域、アフリカ、欧州、そして南米でそれぞれ承認を得ている。
   (The Canmaker, July 5, 2016)
2016年7月5日
クラフトビール醸造で成長する米国オレゴン州
米国オレゴン州のビール醸造事業促進を目的とする非営利団体、オレゴン州ブリューワーズ・ギルドは、2015年、オレゴン州のビール醸造所による雇用、売上及び生産量、これら全てが前年を大きく上回ったと発表した。
同州の醸造所によるビール醸造量は前年比3.5%増加した。また、2015年に醸造所が提供する試飲ルームやパブに訪れた人の数は、週平均で約23万人で、年間にするとおよそ1,200万人が訪れたことになる。
また、2015年、同州で消費されたビール全て(ドラフトビールも含む)の22.1%がオレゴン州で醸造されたビールであった。ドラフトビールに限定すると、その数字は63%とさらに高くなる。
輸出も確実に増えており、昨年66%の増加を見た。カナダの6州と35ヵ国に輸出された。
一方、オレゴン州は、ホップ栽培でも、全米第2位の規模を誇る。
このように、クラフトビール事業がオレゴン州に及ぼす経済的効果は非常に大きい。
現在、ビール醸造所の数が最も多い米国の州は、カルフォルニア州(509醸造所)で、ワシントン州、コロラド州、そしてオレゴン州がそのあとに続く。
   (BevarageWorld, June 29, 2016)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ