ニュース News

業界情報バックナンバー

2016年5月31日
アイスコーヒーがブーム、米国
米国市場を狙うコーヒーメーカーは、世界的にメジャーなIlly社から新規の米国小規模メーカーに至るまで、アイスコーヒーのマーケティングに本腰を入れ始めた。
米国のコーヒー製品(ready-to-drink coffee)市場は、2011年以降年間2桁の割合で伸びており(市場調査会社ユーロモニター社統計による)、ボトルや缶に入れられる上質なアイスコーヒー製品は、米国消費者の関心を十分に獲得すると、コーヒーメーカーは確信しているようだ。昨年第4四半期には、スターバックス社の米国でのアイスドリンクの売上は前年同期比20%増を記録しており、冬でもホットよりもアイスコーヒーの注文が多いと米国のカフェに働くバリスタの多くがコメントしている。
コカ・コーラ社、Dr.ペッパー社などが早速参入し、また、米国のアイスコーヒー製品市場を長く独占しているスターバックス社とペプシコ社のパートナーシップもまた、今回新たにアイスコーヒー製品を発表した。これまで、スターバックス社のフラペチーノのような甘みのあるアイスコーヒーが人気であったが、今後は、低カロリーのアイス・エスプレッソやラッテ、ブラックコーヒーの需要が高まると見られる。
米国は、世界最大のコーヒー製品市場を持つ日本のレベルに近づきつつあると言われる。米国ではIlly社をパートナーとするコカ・コーラ社は、そのような日本の売上も手伝い、世界のどのメーカーよりも多くの缶コーヒーを売り上げている。一方、米国コーヒー製品市場では、現在、スターバックス社/ペプシコ社が75%を独占する状態にある。
   (The Denver Post, May 24, 2016)
2016年5月26日
炭酸飲料を超える日も近い、ボトルド・ウォーター
2015年の米国人のボトルド・ウォーター消費量は、前年比7.9%増加し、その売上は8.9%増加したと、最新の統計は報告している。米国のボトルド・ウォーター出荷量は、2016年末でなければ2017年には、米国最大の飲料カテゴリーの炭酸ソフトドリンクを追い越す勢いだ(弊社業界情報2016年3月29日付に関連記事)。
ボトルド・ウォーターの多用途性により、ボトルド・ウォーターは、1日の間いつでも、どのような状況においても消費をするのに最も適した飲料である。炭酸のように非常に冷たくする必要もなく、またコーヒーや茶にように熱くする必要もない。家庭やオフィスで好まれる3〜5ガロン・ボトルから小売店で販売されるシングルサーブ容器に至るまで多くの包装形態があり、様々な使用を促している。
健康志向となった多くの米国人が、通常の高カロリー炭酸飲料をダイエット飲料に代える一方で、ボトルド・ウォーターに移行した人々もたくさんいた。人口甘味料を敬遠しダイエット飲料もやめ、ボトルド・ウォーターを選んだ消費者も少なくない。
数年前にPETボトルの廃棄が問題となったが、現在、全てのボトル・ウォーターは100%リサイクル可能であり、多くのボトルド・ウォーター・メーカーは、既にボトルに再生プラスチックを利用している。また、100%再生PETプラスチック・ボトル・ウォーター容器を生産する企業も出てきている。過去10年間で、シングルサーブPETプラスチック・ボトルド・ウォーター容器のリサイクル率は倍増し、PETプラスチック・ボトルド・ウォーター容器が、ごみ集積所に占める割合は、他のどの飲料の容器よりも少なくなり、わずか3.3%である。(ビン66.7%、アルミ7.9%、炭酸飲料用プラスチック製ボトル13.3%)。
また、16.9ozサイズのPETプラスチック・ボトルの平均重量は、2000年から2014年の間に51%軽減している。そして、米国でボトルド・ウォーター製品の生産のために使用される水量ならびにエネルギー量は、その他の容器に詰められる飲料よりも少ないと報告されている。
   (BeverageWorld, May 25, 2016)
2016年5月24日
アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社のSABミラー社買収、EUからの回答は明日
ビール・メーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(以降、ABインベヴ)社は、同じくビール・メーカーのSABミラー社の1,000億ドル以上をかけた買収について、条件付きでEU(欧州連合)の承認を得られることになりそうだ。
ベルギーを本拠地とする、バドワイザー、コロナ、ステラ・アルトワのメーカー、ABインベヴ社は、現在米国で低迷する売上を相殺するであろうアフリカ、中南米市場での売上増加に大きな期待をかける。
既に世界最大の地位にあったABインベヴ社は、ペローニ、グロールシュ、ミーンタイムといったSABミラー社の持つビール・ブランドのアサヒグループホールディングズ社への売却に同意することで、EUの市場独占に関わる懸念を和らげ、買収実現に近づくこととなった。さらに先月には、同社は、SABミラー社がチェコ、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、スロバキアに持つ事業も売却する計画であることを発表した。それに加え、SABミラー社の持つ米国でのビールのジョイント・ベンチャー事業ミラークァーズ社株をモルソン・クァーズ社へ、また、やはり同社の持つ中国でのビール・ベンチャー事業CRスノー社株をチャイナ・リソーシーズ・ビール社へそれぞれ売却することも明らかにしている。
企業買収では世界最大規模のこの取引の結果、ABインベヴ社は、世界ビール市場の1/3を得ることになる。
オーストラリアならびに南アフリカ各当局はこの買収を既に承認した。EUの最終的な判断は、5月24日に下される。
   (Reuters, May 20, 2016)
2016年5月19日
ボール社とレクサム社 その後 2
世界最大の製缶会社ボール社による、同業界世界第2位のレクサム社の買収を実現するにあたり、欧州ならびにブラジル当局より一部資産を売却することが条件として提示された。
各市場での売却資産が決定したのち、ボール社の手元に残るレクサム社の代表的な資産はおよそ以下のものとなる:

欧州:
ロシアの製缶工場3+製蓋工場1
セルビアならびにポーランドの製缶工場
スイスの新製缶工場、特にエナジードリンク RedBull 缶製造で高需要に対応

南アメリカ (計13工場):
アルゼンチンの製缶工場2
グアテマラならびにパナマ(そして韓国)でのJV
特にレクサム社のブラジルでのシェアは独占的で、中でもスペシャルティ缶・サイズの需要は現在も伸びている。 またメキシコや中央アメリカでもGDP上昇、人口増加に伴い、缶出荷量は増加している。

米国:
ソフトドリンク用の缶出荷量は低迷するものの、ビール、炭酸飲料、エナジードリンク、フレーバー・アルコール飲料用のスリーク缶スペシャリティ缶/サイズや16ox缶が好調である。また、レクサム社は、クラフトビール・メーカーへの缶売り込みに成果を出している。

中東・アジア:
サウジアラビアのJV
インド、トルコ、エジプト
全体的に需要増が見られる。
   (The Canmaker, May 11, 2016)
2016年5月17日
中国CPMC社、飲料缶製造能力を増強
7工場目となる飲料缶製造工場を現在建設中なのは、中国を代表する食品会社COFCO社傘下のCPMC社である。
CPMC社の新しい飲料缶製造工場は、福建省甫田 にあり、その生産能力は、年間10億缶以上を計画し、将来2ライン目が増設できる規模となる。この新工場第1ラインは、実際にはCPMC社が既に持つ浙江省杭州の工場から移設するもので、さらにその生産能力を増強する。製缶ライン建設に関わる総合的サービスを提供するエヴァーグリーン社(米国コロド州)は、CPMC社が2ピース飲料缶製造に参入した2010年から現在に至るまでCPMC社工場の全プロジェクトを担当している。
CPMC社は、現時点で、中国の6地点 - 四川省成都、広東省広州、浙江省杭州、広西チワン族自治区南寧、天津、湖北省武漢- で工場を操業しており、同社の2015年時点での総生産能力は年間60億缶以上に達した。
CPMC社はまた、3ピース食缶、エアゾール缶ならびにメタル・キャップの製造工場も有する。
今年初頭、容器製造会社のORGパッケージング社がCPMC社の株27% を取得した。
   (The Canmaker, May 11, 2016)
2016年5月12日
ボール社とレクサム社 その後
製缶会社として世界最大のボール社による、同業界世界第2位のレクサム社の買収は、その金額において製缶業界史上最大の取引となった。それは、ボール社が米国市場で持つシェア約37%(2013年時点)の地位に、レクサム社が欧州市場で占めるシェア39%を始めとして、南米、中東そしてインドの各市場にも保持する高いシェアを全て加えることを意味する。そしてそれは、ボール社に、製缶市場の需要・供給の両者において、非常に大きな影響力を与えることになる。
飲料缶需要の面では、ボール社は今後、世界中のビールならびに炭酸飲料業界の顧客と同等以上のパートナー関係を築くことが可能となる。缶供給の面から見ると、世界で独占的な生産者となるボール社は、アルミ購入において主要顧客となり、世界中のアルミ供給会社に対し優位な取引が望める。
ボール社の来年の売上は、ビール・メーカー、ハイネケン社所有のメキシコにある製缶(ガラスも含む)資産買収を終える競合相手、クラウン・ホールディング社の売上90億ドルを大きく上回るものと予測されている。
この買収は、ボール社に、欧州、ブラジルさらには米国で拡張する機会を与えるだけでなく、スカンジナビア、チリ、インドそして中東地域といった新市場を開拓するチャンスを与える。さらには、ボトル缶を含む特殊製品や特殊サイズの市場をも手に入れる。米国で持つボール社独自のアルミボトル「Alumi-Tek」能力に加え、レクサム社が欧州で製造するFusion D& Iボトルを補完する米国テキサス州のD&Iボトル製造ラインも獲得する。そして、スリーク缶には、2つの新しい種類 - 400ml と473mlサイズ - が加えられる。
ボール社は、このような特殊缶や特殊サイズを多く製造するレクサム社の工場を手元に残し、特殊サイズ缶製造の割合が少ない工場をむしろ売却する方向にあるようだ。
   (The Canmaker, May 11, 2016)
2016年5月10日
中国の製缶機械製造会社、ボール社に供給
中国江蘇省蘇州を本拠地とする製缶機械製造会社SLACプレシジョン・イクイップメント社(以降、SLAC)社は、現在、米国製缶会社ボール社の東南アジア工場向けに製缶機械を供給していることを、先週米国デンバーで開催された展示会CANNEXでの取材で明らかにした。
SLAC社は、最近では、イタリアの著名な缶蓋製造機器の供給会社、Corima社を買収したことで欧州にも拠点を築き、現在、フランスの顧客向けに飲料缶蓋シェル&コンバージョン・システムを供給する過程にある。
現在取り組んでいるボール社向けの2つのプロジェクトでは、SLAC社は、スリーク缶を製造するための第2ラインに、ターンキー・プロジェクト・マネジメントを提供する。
第1プロジェクトは、ボール社がベトナムに持つジョイント・ベンチャー向けで、現在、現地にて据付が進められている。ここでは、SLAC社は、ボディメ−カーとトリマーそれぞれ9〜10台を供給し、うち数台は既存のものとの交換用である。
そして第2プロジェクトは、ミャンマー初の飲料缶製缶工場であり、且つ、ボール社にとっても同国で最初の製缶工場となるヤンゴン工場向けで、SLAC社最新のD&Iボディメーカーならびにトリマーがそれぞれ6台供給される。
   (The Canmaker, May 5, 2016)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ