ニュース News

業界情報バックナンバー

2016年4月28日
コカ・コーラ缶、デザイン変更
最近特に人気が衰えつつあると言われるコカ・コーラ社ダイエット・コークのファンは、次回スーパーに行ったとき、その象徴的なシルバーの缶をよく眺めておいた方がいいかもしれない。なぜならば、そのシルバーの缶はまもなくなくなる可能性があるからだ。
コカ・コーラ社は、ダイエット・コーク、ゼロ、ならびにステビアを甘味料に使用するライフの缶を、コーク・オリジナルの象徴色である赤を多く使用するデザイン("Red Disc")に変更することを発表した(弊社業界情報2015年3月10日付に関連記事)。各々のブランド色は多少なりともデザインに残されるものの、あくまでも強調されるのは赤の色である。
これもまた、米国における炭酸飲料売上低迷を打破する戦略のひとつに他ならない。昨年、ニューヨーク・タイムズ紙は、コカ・コーラに代表される高糖度炭酸飲料売上が25%以上落ち込んだことについて、過去10年の間に生じた米国食習慣の最大の変化と描写した。この傾向は依然として変わらない。ダイエット・コークは、2015年第1四半期に、前年比6%の売上減少を報告した。消費者は、特に人口甘味料への否定的な見方を強めている。オリジナル・コークが一方で1%売上を伸ばしているのは興味深い。
このブランド再確立の試みは、「見た目にひとつのアイデンティティ」であることを強調する目的とコカ・コーラ社は説明しているが、そのため、皮肉にも、全てのコーク缶が伝統的な高糖度コーク缶に見えなくもない。
「容器は、最も効果が鮮明に出る、価値ある資産だ」と同社はコメントする通り、過去、容器のデザイン変更が結果を出した経験が同社にはある。人の名前を容器上にランダムに印刷した「Share a Coke」キャンペーン(弊社業界情報2013年4月30日付に関連記事)の一環では、2015年、20ozボトルの売上が一時期19%上昇したと報告された。
新デザインの缶は、まずメキシコで5月第1週目に発売され、その後2016年、2017年をかけて世界中で販売開始される予定。
   (The Washington Post, Apr.20, 2016)
2016年4月26日
アルダー・グループ、ボール/レクサム社の売却資産を取得
世界二大製缶会社統合でその後の動向が注目されていたボール社によるレクサム社買収は、欧州、米国ならびにブラジル各国で両社資産の一部売却を条件として進められているが、その両社の売却資産を、アイルランドの容器製造会社アルダー(Ardagh)グループが約34億ドルで取得することが明らかになった。
これにより、66億ドルをかけた世界最大の製缶会社が誕生する日は確実に近づいた。
そして同時にこれは、アルダー・グループが、飲料缶製造業界で主要プレーヤーとなることを意味する。アルダー・グループは、これまで、食缶ならびにエアゾール缶製造で、欧州、米国ならびにアジア市場で強い存在感を示している。また、ビン製造においては世界の主要供給会社であり、世界の著名な企業へビールや飲料用のビンを供給する。これらの顧客は缶も使用する企業である。
アルダー・グループがボール/レクサム社から取得する製造工場数は以下の通り:
◆米国: レクサム社 7 (飲料缶) & 1 (飲料缶蓋)
◆欧州: ボール社 8 (飲料缶) & 2 (飲料缶蓋) / レクサム社 2 (飲料缶)
◆ブラジル: ボール社 2 (飲料缶)
◆オフィス: ドイツ・ボン、英国チェスター、スイス・チューリッヒ、ブラジル・サンパウロ、
        米国イリノイ州シカゴ & エルク・グローブ
ボール社としては、今年6月末までにはレクサム社との買収契約をまとめたい考え。順調に買収がまとまった場合、新ボール社は世界に75の飲料缶製造工場(ジョイント・ベンチャーを含む)を持つことになる。
以下はその内訳:
◇北米・中米地域:23 飲料缶・飲料缶蓋製造工場 & 3 JV
◇欧州・ロシア:21 飲料缶・飲料缶蓋製造工場
◇南米地域:14 飲料缶・飲料缶蓋製造工場
◇アジア、中東、アフリカ:8 飲料缶製造工場 & 6 JV
   (The Canmaker / CanTech, Apr.25, 2016)
2016年4月21日
コカ・コーラ社、シュガー・フリーを発表
糖分摂取を控える消費者に寄与する戦略の次の段階として、コカ・コーラ英国(CCGB)社は、さらに向上し、新しくなったシュガー・フリー飲料を発表した。
「コーク・ゼロ」に代わる「コカ・コーラ・ゼロ・シュガー」は、オリジナル・コカ・コーラにより近い味を提供しながらも、砂糖を含有していない。
CCGB社は、この10年間では最大となる3,000万ポンドをこの新製品開発のために費やし、今後、1,000万ポンドをかけてマーケティング・キャンペーンを通じ、製品を宣伝する。
コカ・コーラ・ゼロ・シュガーは、英国全域で、6月末に販売開始される。
   (The CanTech, Apr.20, 2016)
2016年4月19日
ペプシコ社、コーラ製品に依存しない
高糖度炭酸ソフトドリンク売上の低下が止まらない米国市場にて、世界トップのソフトドリンク・メーカー、ペプシコ社とコカ・コーラ社は、シングルサーブ・サイズ、ミニ缶、アルミボトルなどに代表される、小さめで、人目を引く容器を使用して、売上を何とか伸ばそうと努力している。
昨日行われたペプシコ社CEOであるNooyi氏とあるアナリストとのインタビューでは、同社が、飲料製品群を広げ、コーラへの依存を減らしていることに触れている。現在、同社のボトルドウォーターならびに無糖飲料は、売上の25%を占めており、それら製品に、減塩・低脂肪の炭酸飲料やスナック、いわゆる「罪悪感を感じにくい」製品を加えると、売上の45%に達すると述べている。
   (The Seattle Times, Apr.18, 2016)
2016年4月12日
アルミボトル生産能力増強、米国ビール
ビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社は、先週末、同社傘下の製缶会社メタル・コンテイナー社のミズーリ州アーノルド工場にて、2014年末から建設工事を始めていた2ライン目となるアルミボトル製造ラインの操業を開始した。夏のメジャーリーグ・ベースボール・シーズンの高需要に備えるためだ。今月初旬には、同社フロリダ州ジャクソンビル工場に隣接する地にアルミボトル製造工場建設を発表したばかりである(弊社業界情報2016年4月5日付に関連記事)。
約1億6,000万ドルを投じたミズーリ州アーノルド工場第2ラインは、米国の製缶機械メーカー、ベルバック社の高速ネッキング・システムを使用し、D&I 工程によるアルミボトルを製造する。このライン増設により、メタル・コンテイナー社のアルミボトル生産能力は倍増し、生産量は年間10億缶以上となる。現在、同社は、需要に対応するため、オハイオ州にある製缶会社エクサル社からもアルミボトルを購入している。
メタル・コンテイナー社のミズーリ州アーノルド工場は、アンハイザー・ブッシュ社本社のあるセントルイスから南方に位置する。通常のアルミ缶ならびに缶蓋も製造し、ペプシコ社やモンスター・ベヴァレジ社を含む米国主要ソフトドリンク・メーカーにも缶を供給する。
ビール用アルミボトルは、その利便性で、屋外で行われるスポーツ・イベントやバーベキューでこれからの季節を過ごすことの多い米国人に人気が高い。
16ozサイズのアルミボトル(ツイストオフ・タイプ)の需要は、昨年、前年比30%増を記録した。
   (The Canmaker, Apr.9, 2016)
2016年4月7日
クラフトビール用大型CAN+KEG
米国の小規模ビール醸造所向けに缶充填・シーミングを含むキャンニング(canning)システムを開発するカスク・ブリューイング・システムズ社は、クラフトビール・メーカー向けに、新しいパッケージ、Cag、を発表した。Cagは、クラフトビールの包装形態、パーティ用ビールの購入やディスペンサーを根本的に変えるものだとカスク社はコメントする。
Cagは、持ち運び可能、リサイクル可能なアルミ缶と、ドラフトビールからは切り離せない樽(Keg)とを融合させた形状を持つ。消費者がパーティなどでクラフトビールを出すために通常必要となるケグ(樽)のために発生する費用、あるいは、重量が重く、値も張るディスペンサー等を不要にする。使用後は、Cagをつぶしてリサイクル用収集箱へ持って行くだけ。
1台高さ36インチの軽量アルミ製Cagの容量は、15.5 USガロン。ドラフトビール・ファンのために、Cag下方部分に取り付け可能な特別タップ(サーバー注ぎ口)も提供する。
同社は、このCag開発と同時に、Cagを一度に5つ充填する充填・シーム機も開発し、今春、カスク社主催によるCagプロモーションのためのパーティ開催と時期を合わせて、販売を開始する。Cagは、飲料缶と同様に100%リサイクル可能。その点も含めて、試験使用では、Cagはアウトドア派のビール・ファンにも好評であったと、同社はコメントしている。
   (CanTech, Apr.1, 2016)
2016年4月5日
ビール用アルミボトルの製造工場、米国にて新たに建設
ビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社傘下の製缶会社、メタル・コンテイナー社(米国)は、先週、米国フロリダ州ジャクソンビルにある同社製缶工場に隣接する場所にて、バドワイザーならびにバドライト・ビール用のアルミボトル製造工場の建設を開始した。
昨年発表されたこの1億7,500万ドルの工場が完成すると、年間約5億缶の軽量 D&I アルミボトル生産能力を持つようになる。メタル・コンテイナー社は現在、親会社の米国本社があるミズーリ州セントルイスの近郊にて、2ラインで10億缶のアルミボトルを製造する。
アルミボトルは、米国のビール・ファンに好評であり、メタル・コンテイナー社は、2014年からビール用にアルミボトルを製造している。
   (The Canmaker, Apr.1, 2016)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ