ニュース News

業界情報バックナンバー

2016年3月31日
米国クラフトビール、輸出量増加
小規模・独立系クラフトビール醸造会社を代表する非営利団体 米国ブリューワーズ協会(BA)は、本日、米国クラフトビール業界に関する2015年輸出増加に関するデータを報告した。それによると、BAによる輸出開発プログラム(052714)に支援され、2015年のクラフトビールの米国からの輸出量は、前年比16.3%増を記録した。2015年は、世界の主だった市場全てに向けて輸出量増加が見られ、中でも欧州のそれは顕著であり前年比33.4%増となった。(アジア太平洋地域:同12.5%増、カナダ:11%増、日本:5%増、ブラジル:4%増)
2015年最も急速に輸出量が増えた国は、アイルランド、オランダ、タイ、台湾。
米国産クラフトビールの最大の輸出先は、2015年も引き続きカナダであり、輸出量全体の51%を占めた。スェーデン、アイルランド、そして英国がそれに続き、それぞれ約10%を占めた。第5位は、輸出量の4%を占めたオーストラリアであった。
米国農務省の出資で2004年に創設された輸出開発プログラムは、展示会、フェスティバル、セミナー、メディア、コンテスト等を通じて、米国産クラフトビールを紹介する機会を作る。現在、米国からクラフトビールを輸出する小規模・独立系醸造会社は、およそ80社に及ぶ。
   (BeverageWorld, Mar.31, 2016)
2016年3月29日
ボトルドウォーター、2015年記録的な売上
米国でのボトルドウォーターの売上が、昨年、150億ドルと過去最高額に達した。2020年までにさらに34.7%伸びることが予測されると、市場調査会社ミンテル社の最新報告書は伝えている。
健康志向のトレンドにより、米国消費者が0カロリーのウォーターを好む傾向が強くなっていることを、ミンテル社の調査は明らかにしている。さらに、米国ボトルドウォーター売上増加に寄与する重要な要素として、ウォーターのフレーバーと機能性が消費者により挙げられている。ボトルドウォーターを飲む人々の約半数(48%)が、高糖度ソフトドリンクに代えてフレーバー・ウォーターを飲んでおり、また、フレーバー・ウォーター消費量は、18〜34歳の消費者で最も多いとの結果が出ている。また、43%の消費者が、ビタミンを含有するウォーターに強い関心を示している。
一方で、ボトルドウォーターの使用するPETボトルが環境に及ぼす影響を米国消費者は懸念しており、それを理由に、ボトルドウォーターの摂取量を減らす消費者もいる。ボトルドウォーターの販売禁止を実施する、あるいは審議中の米国自治体も複数存在する。
製品開発のみならず、さらに進化した容器開発が、ボトルドウォーターに期待されている。
   (MediaPost, Feb.23, 2016)
2016年3月24日
ハイネケン社、ミャンマーでナンバー1を目指す
アジア太平洋地域で今後の成長が最も期待される国の一つ、ミャンマーには、世界のビール・メーカーも熱い視線を向ける。
ビール・メーカー、ハイネケン社(オランダ)は、6ヵ月前にミャンマー市場に参入し、現在、同市場でシェア第5位の存在である。同社より数か月早く先にミャンマーで生産を開始したカールスバーグ社(デンマーク)が入るまでは、ミャンマーのビール市場は、地元醸造会社に独占されていた。
急速な都市化、人口増加、経済成長そして中産階級の増加を背景に勢い付くミャンマーは、ベトナムに続くと期待されている。ハイネケン社にとり、ベトナムは、10年もかからずに、アジア太平洋地域における三大市場のひとつとなった優良市場である。それだけにミャンマーに寄せる同社の期待は大きい。ミャンマーの一人当たりの年平均ビール消費量はわずか3リットルと、隣国タイよりも少ない。
ハイネケン社は、6,000万ドルを投じた旧首都ヤンゴンにある醸造工場を昨年7月より操業開始し、現在4ブランドを生産している。
   (The Nation, Mar.21, 2016)
2016年3月22日
中南米市場向けに、飲料缶サイズを多様化
中南米市場でも飲料缶の多様化が求められている。
メキシコでは、製缶会社クラウン・ホールディングズ社(米国)が、缶の型を新たに2種類増やして製造する。
新たに加えられる缶は、9.1ozサイズのスリーク缶と11ozサイズの標準缶である。これら2つの缶は、特にコロンビアでの需要が高いと言う。
昨年ハイネケン社からメキシコの製缶会社Famosa社を買収したクラウン・ホールディングズ社は、メキシコでの飲料缶生産能力を増強しており、同社は既に8oz、10ozのスリーク・スタイルと12ozならびに16ozの標準缶をメキシコで製造している。メキシコに飲料缶製造工場を3工場持つクラウン・ホールディングズ社は、現在、第4番目となる製缶工場をメキシコ・モントレーに建設中で、今年後半に操業開始を予定している。
   (The Canmaker, Mar.21, 2016)
2016年3月17日
ミレニアル世代、ビールよりもワイン・蒸留酒
若い米国人は、前の世代に比べ、蒸留酒やワインを大変好むことが明らかになっている。18〜29歳の米国人のアルコール飲料の嗜好は、ここ20年の間に、ビールから、蒸留酒・ワインへと移っていると、ある市場調査会社は報告している。
1992年〜93年にかけて実施された同様の調査では、当時18〜29歳の米国人の70%が一番好きなアルコール飲料としてビールを挙げた。その数字は、2012〜13年には40%にまで落ちこんだ。
また1992年〜93年の調査では、ワイン、蒸留酒を一番好きな飲料として挙げた18〜29歳の米国人はそれぞれ15%、13%であったのに対し、2012〜13年の調査では、その数字は23%、30%と増えている。ワインならびに蒸留酒の伸びはゆっくりしたものではあるが、徐々に確実に増えているとアナリストはコメントする。また、2015年、米国で消費されたワイン全体のうち42%がミレニアル世代によるものとの報告もある。
さらにビールに関して言えば、多くのミレニアル世代が、バドワイザーのような「昔ながらの」メジャービールよりもクラフトビールを好み、21歳から27歳のビールを飲む人たちのうち44%がメジャー・ブランドを一度も飲んだことがないとの調査結果も出ている。
要は、米国メジャービール・メーカーにとっては、嫌な兆候が山ほどあるということである。
   (Business Insider, Mar.14, 2016)
2016年3月15日
新たなる 再封可能な飲料缶缶蓋
来る4月27日、米国コロラド州デンバーで開催される製缶業界の展示会 CANNEX にて、飲料缶用に再封機能を持つ缶蓋が発表される。
この缶蓋を供給するのは、飲料缶・食缶用にセルフ・ヒーティングの特許技術を開発した業績を持つヒート・ジニー社である。“SIPNSHUT”と名付けられたこの蓋は、容易な開閉を可能にしながらも、外側に際立つ部位がないため、充填ラインにおいて缶蓋を積み重ねることができ、また、大量生産では、効率的な材料の使用が期待できると同社はコメントする。
飲料メーカーとのライセンス契約により、委託製造業者がSIPNSHUT缶蓋を生産する。
CANNEXでは、この缶蓋のサンプルが、出展ブースを訪れた人に配布される予定。
   (The Canmaker, Mar.11, 2016)
2016年3月10日
欧州、飲料缶シェア広げる
2015年、欧州において、缶に充填されたビールならびにソフトドリンクは前年比2%増加した。市場調査会社Canadean社報告によると、2015年最も数字を伸ばしたのはソフトドリンクの缶充填で、前年比4.4%増となった。飲料容器の中でも缶はシェアを広げ、ソフトドリンクにおいては、東欧で10%広げた。ソフトドリンク・カテゴリーは、欧州の飲料缶充填の半分以上を占める。
ソフトドリンク缶増加を促すのは、エナジードリンクである。昨年、欧州ではエナジードリンクはその売上を前年比6%伸ばした。欧州で売られるエナジードリンクの2/3が缶に充填される。
ビールの缶充填は、西欧で多少の増加を見せたものの、東欧では微減となった。
製缶会社は、最近、メーカー/フィラーの要望に応え、飲料缶のサイズやタイプの多様化に注力している。
   (The Canmaker, Mar.9, 2016)
2016年3月8日
ボール社・レクサム社資産の買い手候補に、Ardaghグループの名も
ボール社がレクサム社買収実現のために売却を予定する製缶工場について、缶・ビン製造会社として世界的に知られるArdagh グループ(アイルランド)が買う準備があると報告されている。ボール社・レクサム社が売りに出す欧州ならびにブラジルの製缶工場は、Ardaghグループの他、投資会社三社が買い手として名乗りを上げている。今月末が期限とされる入札に、製缶会社シルガン・ホールディングズ社も加わるとも噂されている。
ボール社・レクサム社は、買収によって生じるビジネスの独占性の懸念から、欧州に所有する製缶工場10工場ならびに製蓋工場2工場、ならびにブラジルにある2製缶工場、さらには米国に持つ工場のうち最大8工場を売却するよう当局より求められている。これらの資産の総計は30〜40億ドルと推定される。これらの工場が売却されることにより、ボール社・レクサム社統合後の欧州・米国合わせたシェアは70%から50%に縮小する。
統合により世界最大の飲料缶製造会社となるボール社・レクサム社は、年間売上140億ドルを超えると推定される。Ardaghグループは、世界21ヵ国に89の製造工場を有し、年間売上は62億ドルであるが、現在、同社は大きな負債を抱えているとも言われる。Ardaghグループの製缶部門は、2ピース飲料缶を製造せず、主に食缶を製造するが、同社ビン部門は、主だった飲料メーカーへビンを供給している。
   (CanTech, Mar. 3, 2016 / The Canmaker, Mar.4, 2016)
2016年3月3日
中国初のアルミボトル生産ライン、始動間近
中国で初となる軽量アルミボトルの生産ライン設置が、今週より開始される。
このアルミボトル生産ラインは、中国の製缶会社、ORGパッケージング社の第5番目の製缶工場、湖北省シェンニン工場にある。同社は、ユニバーサル製缶社(日本)とのライセンス契約の下で、D&I によるアルミボトル製造技術を使用する。このアルミボトルは、既に、ユニバーサル製缶社の技術を通じて、米国製缶会社ボール社により米国市場向けに生産されているアルミボトル“Alumi-Tek”と似たタイプのものとなる(弊社業界情報2015年9月14日付に関連記事)。 
既に1億5,000万ドル以上が投じられたシェンニン工場の年間生産能力は、3億缶である。
シャンニン工場は、さらに、アルミボトルとスリム缶用充填ライン3ラインを持ち、レッドブル・エナジードリンクなどを充填する。
そして現在、ORG社の第6番目となる新製缶工場が、陝西省・宝鶏市に建設中で、今年7月中に生産開始となる予定だ。主にチンタオビール・ブランド用缶を製造する。
   (The Canmaker, Mar.1, 2016)
2016年3月1日
ハードソーダ、米国で人気高まる
発泡性アルコール飲料、いわゆるハードソーダ(hard soda)の人気が米国で高まっている。 アルコールの入ったルートビールを中心に、米国のビール・メーカー各社が、最近になり、次々とハードソーダ新製品を発表している。
このトレンドの発端は、昨年6月に、スモールタウン・ブリューイング社により全米で発売された“Not Your Father's ルードビール”である。アルコール度数5.9%の「ビール」であるが、フレーバー・ビールではなくルートビールの印象を残す味だという。昨年末までには7,500万ドル以上を売上げるほどの爆発的な人気ブランドとなり、米国のハードソーダ・トレンドに火をつけた。ノース・アメリカン・ブリューワリーズ社やボストン・ビール社などのクラフトビール・メーカーのみならず、ミラークァーズ社、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社などのメジャーもが新しいフレーバーを掲げたハードソーダで市場に参入し始めた。
一見、クラフトビールの印象を与えるアルコール入りルートビールも多く見られる一方で、ハードソーダ・ブランドを売り出すビール・メーカーは、ビール・カテゴリーを超えたアルコール飲料の選択肢を追い求める、好奇心に満ちた現代の若者の変わりやすい嗜好をとらえるのに必死である様子もうかがえる。
最新の報告によれば、ビールが、米国アルコール飲料市場で最大のシェアを占めていることに変わりはないものの、蒸留酒がシェアを徐々に伸ばしている一方、ビールは、6年連続でそのシェアを落としている。
   (CNBC.com, Feb.25, 2016)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ