ニュース News

業界情報バックナンバー

2016年2月25日
大型スーパーマーケットで、クラフトビールがメジャービールと同等の扱いに
世界最大のスーパーマーケット・チェーン、ウォールマート社(米国)が、クラフトビールの取り扱い方針を変えた模様だ。来月から、米国ニューヨーク州にあるウォールマート・ストア39店舗において、メジャービールのミケロブならびにバドワイザーが陳列されるいつもの棚の隣に、地元クラフトビール・メーカーのハーレム・ブリューイング社のビール、シュガー・ヒル・ゴールデン・エールが並べられる。
これまで専門スーパーのホール・フーズや地元レストランで販売されてきたハーレム・ブリューイング社にとり、全国展開のウォールマート・ストアで販売されるということは考えもしなかったことだと、同社オーナーは言う。
ウォールマート社は、クラフトビールは成長カテゴリーのひとつとみなしており、これは、米国製造業に携わる人々をサポートする目的でウォールマート社が10年以上かけ2,500億ドルを投資するプログラムの一環でもある。海外での燃料費や労費の変化に伴い、消費される地に出来るだけ近い場所で製造されることが最も効率的になってきているとも、ウォールマート社はコメントしている。
現在、同州ウォールマート・ストアは、ハーレム・ブリューイング社を含む5社のクラフトビールを販売している。
   (New York Post, Feb.21, 2016)
2016年2月23日
ボール社、レクサム社買収に向け、資産売却の準備進める
世界最大となる新たな飲料缶製造会社は、その資産では、かつて望んでいたものよりも小さくなりそうだ。
すでに報道されているように(弊社業界情報2016年1月19日号に関連記事)、製缶会社ボール社によるレクサム社買収についての承認には、多くの資産売却が条件とされている。その結果、ボール社は、買収から実際に得られる資産の40%と同等、あるいはそれ以上の資産を売却する必要がある。
それでも世界最大となる新会社は、北米市場でおよそ半分のシェアを、欧州では39%、そしてブラジルでは57%のシェアを維持することになる。さらには、両社が相互補完し合う形で、結果的に、世界各地に製造工場を多く所有することにもなる。
レクサム社は、ボール社よりも多くの新興諸国においてすでに強い存在であり、また、今需要の増えている特殊缶(缶サイズの多様化)の開発・生産にも先んじていると報告されている。レクサム社は、新興諸国の中でも特にブラジル、ロシア、インドそして中東地域にて大きなシェアを維持している一方、ボール社は中国、ベトナムならびにミャンマーに進出を果たしている。両社が一つになることで得られる地理的な優位性が、ボール社の本拠地である米国市場での高糖度炭酸ソフトドリンクの売上減少に伴う損失の相殺に寄与するであろうことが期待できる。
ボール社・レクサム社の結合が1年前に発表されてから、ビール・メーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社による、ビール業界最大規模となる同ビール・メーカー、SABミラー社の買収を発表した。飲料缶製造会社にとっての顧客、飲料メーカー、の規模が大きくなっている。飲料缶製造会社は、長期的に見て、自身も大きくなることで、顧客の言うがままにならないような態勢を作っているとも言える。
   (The Financial Times, Feb.18, 2016)
2016年2月18日
フレーバー・ウォーターの伸び、世界で続く
フレーバー・ウォーターの世界全体での売上は、昨年約4%伸び、75億リットルに達し、2012年までに100億リットルに到達すると予想されることが、食品・飲料コンサルト会社ゼニス社により報告された。
フレーバー・ウォーターについては、以下の点も報告されている:
*中南米地域が、売上の最も多い地域である。
*消費量が高い国は、米国、アルゼンチン、ドイツであり、これら3国で全体の40%を占めている。
*上位3位のブランドは、ダノン社のVilla del Sur Levite, Volvic Touch of Fruit、そしてコカ・コーラ社のAquariusである。
フレーバー・ウォーターの成功は、ウォーターと炭酸ソフトドリンク両者の好いとこ取りにあると、前出のゼニス社は述べている。炭酸ソフトドリンクの味であるのにカロリーゼロ、または、ヘルシーだが味のインパクトに欠けるウォーターに美味しさプラス が消費者を惹き付け、現在の好調な売上につながっている。今後進められるべき主な開発部分としては、さらなる多岐にわたるフレーバー、100%天然成分、そして糖分ゼロが 挙げられる。
   (Food & Drink Technology, Feb.16, 2016)
2016年2月16日
ワイン・蒸留酒用に750mlアルミボトル
米国ビール・メーカー、クァーズ・ブリューイング社創業者ビル・クァーズ氏の長男、スコット・クァーズ氏が創業したALeco Container社(米国コロラド州)が、北米のワイン、蒸留酒ならびにクラフトビール用に、大型のアルミボトルを開発、発表した。
同社は、2年前に、軽量D&I 12ozアルミボトル製造のための少量生産ラインを開発し、デジタル印刷を施したアルミボトル12本入りケースを1ケースだけというようなごく少量の注文にも応じていた(弊社業界情報2015年4月28日付に関連記事)。 同社は今、不正開封防止機能の付いたスクリュー・キャップROPPを備える、D&I 技術を駆使したアルミボトル750mlサイズの生産を開始している。同じタイプで650mlサイズ“ボンバー”ボトルも、クラフトビール・メーカーをターゲットに生産中だ。
これまでの少量生産特化の戦略を変更した理由として、少量・低速生産ラインによる12oz、16oz缶製造では事業を存続するに十分な利益が得られなかったことを挙げたクァーズ氏は、今、一時的にその戦略を休止し、より高速なラインへの投資を可能にする事業提携者を探していると説明している。
同社にとり初となる750mlアルミボトルは、2月後半に顧客へ出荷される予定だ。 印刷工程におけるインキ製造会社INX社との協力体制は続いており、今回の印刷工程高速化に貢献する改善もINX社により実施されている。
   (The Canmaker, Feb.11, 2016)
2016年2月9日
2016年の飲料容器トレンドとは
飽和状態の米国飲料業界で、常に好みが変化する消費者に向けて、いかに目を惹く製品を作るかが飲料メーカーの関心事の一つである。資金豊かなメジャー飲料メーカーは容器・パッケージング開発に着手し、小さめのサイズの容器、マルチパック、場面毎に異なる容器タイプなどを提供してきており、これらは引き続き今年の業界トレンドとなるであろう。
現在勢いを増している容器開発のひとつが、ミニ缶(7.5オンス)・ミニボトル(8オンス)である。コカ・コーラ社、ペプシコ社いずれもがこの容器を使用する飲料で売上を伸ばしている。 このようなミニサイズ開発は、容器変更に柔軟に対応できる余力のあるメジャーなメーカーに共通の戦略である。小規模メーカーには採用しにくい戦略だ。
メジャー・ビールメーカーの容器・パッケージング開発戦略の二つ目としては、様々なサイズのマルチパック内製品数に変化を加える試みである。これは、スーパー、ドラッグストア、コンビニなど各小売店により提供される異なる形状の棚スペースのタイプや利用頻度に関連して、彼らの包装を各々対応させる傾向である。
市場で見られるようになってきた三つ目のパッケージングとしては、サンプラー・パックが挙げられる。この包装タイプは特にビール・カテゴリーの中でもクラフトビール・メーカーに多く見られるタイプである。クラフトビール・メーカーは、豊富な種類を取り揃える傾向にあり、それらをまとめて一つのマルチパックに詰めることにより消費者に新しいフレーバーを試してもらいたいと考える。ハイザー・ブッシュ・インベヴ社やミラークァーズ社では試みない開発であろう。
クラフトビール・メーカーがこのように多くのフレーバー・ビールを提供する一方で、メジャービール・メーカーは、様々なタイプの容器を紹介する傾向にある。ボトルや缶のサイズも広範囲に渡り、また、ボトルだけでもネックが長いものもあれば短いものもある。日常生活の場面毎に飲料容器を使い分ける消費者を想定しての戦略である。
視覚的にアピールする飲料、天然成分100%飲料を提供するメーカーは、透明なボトルを選ぶ傾向にある。透明な容器は、鮮度の高い飲料だとの印象を与えるという消費者アンケートの結果もあるという。透明なボトルの場合、しかし、光による飲料劣化の可能性を考慮する必要がある。
そして、昨今、どんな容器・パッケージングであれ、リサイクル性を欠いてはならない。容器・パッケージングのエコ性は、消費者の購入決定に影響を与えていると消費者調査結果は伝えている。
   (FoodDIVE, Feb.8, 2016)
2016年2月4日
米国産ウイスキー、依然好調
米国にて2015年、蒸留酒が、前年に引き続き売上を伸ばしたことを、米国蒸留酒委員会は一昨日発表した。
特にバーボン、スコッチ、カナディアン&アイリッシュ・ウィスキーといったスーパー・プレミアム・ウイスキーが2桁の増加率を記録し、米国消費者への人気の高さを証明した。テキーラもまた、前年比9.4%増の売上を記録した。そして、蒸留酒は、2015年を含め6年連続して、米国アルコール飲料市場おけるビールのシェアに対してその割合を増やしている。
蒸留酒の安定した伸びに寄与する要因の一つとして挙げられるのが、バーボン、テネシー、ライを含む米国産ウィスキーの国内のみならず海外からの需要増加である。これは、米国農家に利をもたらし、また輸出増にも貢献する。蒸留酒醸造のために使用されるとうもろこし需要は2010〜2014年の間に176%増、同じくライの場合には64%増加している。
2015年の米国産ウィスキーの輸出先上位国には、英国、カナダ、ドイツ、オーストラリア、日本、フランスが含まれている。今後増加が期待される輸出先としては、ラトヴィア、パナマ、ベトナム、南アフリカ、中国、ドミニカ共和国、ブラジル、台湾が挙げられている。
   (BeverageWorld, Feb.2, 2016)
2016年2月2日
スーパーボウル舞台に、ビール vs.ワイン
米国では、ビールとアメリカン・フットボールは、ワインとチーズのようにしっくりとくるペアである。しかし最近、バドライトよりもボルドーを好む人々が増えている。ワインが、米国のフットボール・スタジアムに、そして週末のお茶の間に、徐々に、そして確実に浸透してきている。
米国人は、いまでも全般的に、ワインよりもビールを消費していることには変わりはなく、米国の国家的イベント、スーパーボウルのテレビ中継で流されるビールのコマーシャルがなくなることはまずないであろう。しかし、米国でのワインの売上はビールよりも速い速度で、特に今のスーパーボウル開催の時期に、確実に増える傾向にある。これは、この最大のスポーツ・イベントを観戦する若い世代そして女性の好みの変化を反映していると言える。
そして今年のこの時期、ワインはこれまでになく脚光を浴びることになりそうだ。なぜならば今年のスーパーボウルは、米国で最も規模が大きい、そして著名なワイン醸造の地である、カルフォルニア州サンタ・クララで開催されるからだ。
米国では、全国的に見ても、スーパーボウル開催直前の1週間には、スーパーボウル開催3週間前と比較し約4,000万ドル多く、消費者はビールに費やすと、調査会社ニールセン社は報告している。ワインならびに蒸留酒の場合には、それは2,000万ドル増となる。
通年で見ると、米国小売店で消費者が購入するアルコール飲料の内訳は、ビール48%、蒸留酒37%、そしてワインは15%となる。ここ10年の間に、ビールの割合は5%ポイント弱減少した。ワインが安定して需要を伸ばしているという事実は把握しにくい、というのも大規模なビール・メーカーと異なり、全国的に宣伝をするワイン生産者は皆無に等しく、市場も分散し、世界中の何千ものブランドが存在するからである。
アメリカン・フットボールのレギュラー・シーズンの間は、ファンは圧倒的に多くビールを飲むが、プレイオフが始まると、女性の視聴者が増えるため、ワイン消費もまた増えるという。
   (The New York Times, Jan.31, 2016)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ