ニュース News

業界情報バックナンバー

2016年1月28日
めずらしさ失せた中カロリー・コカ・コーラ「ライフ」、米国でも苦戦
英国で販売開始され、その後、売上低迷が報告されていた植物由来のステビア甘味料使用の中カロリー・コカ・コーラ「ライフ」(弊社業界情報2014年6月24日付に関連記事)は、米国市場でも、2014年10月の全米販売開始から、昨年3月をピークにその後徐々に売上減少を見せている。 英国では、ライフは、2014年9月に発売されたのち、糖分をさらに少なくなるように成分配合を変更している。 。
市場調査会社数社からのコメントは概ね以下の通り:
中カロリー・コカ・コーラは、コカ・コーラのフル・カロリー(オリジナル)派かダイエット派いずれのグループにも強烈にアピール出来なかった。ライフのように、発売前に注目された製品で失敗に終わった飲料製品は、他にもCoke C2、ペプシコ社ではJake’s Diet Cola, Pepsi Edge, Pepsi Nextがあり、どれも現在では米国市場からは消え失せている。
そもそも中カロリー・ソフトドリンクがどのグループに受けるだろうか。すでに市場にはその種の飲料の選択肢が多くある。紅茶製品、フレーバー・ボトルドウォーター、低カロリー炭酸果汁飲料、kombuchaのような新しいタイプの飲料等がそれに当たる。
また、米国では現在、低カロリー・コーラは、最も売上が伸び悩んでいる飲料カテゴリーであり、消費者は既にボトルドウォーターなどコーラ以外の飲料に移行している。また、ライフがその特長として大きく宣伝した天然甘味料「ステヴィア」についても、消費者への教育がまだ十分でないことが成功につながっていないのかもしれない。
   (FOOD navigator-usa.com, Jan.27, 2016)
2016年1月26日
ビール缶出荷量増加、昨年の米国
2015年、製缶業界により米国のビール醸造会社へ出荷されたアルミ2ピース缶の出荷量は、前年比2.3%増加し、伸びる傾向が続いていると、米国製缶協会(CMI)による最新報告書で明らかになった。
同協会の調べでは、2015年には、2014年の出荷量より10億缶多い約370億缶のビール缶が米国の製缶会社により出荷された。一方、米国ではソフトドリンク需要の減少は依然続いており、2015年には、前年よりも1.7%少ない562億缶がコカ・コーラ社やペプシコ社らを含む飲料メーカーへ出荷された。
米国の2015年飲料缶出荷量合計は932億缶で、前年度より0.1%下げたものの、依然世界最大の飲料缶市場であることに変わりはない。
   (The Canmaker, Jan.21, 2016)
2016年1月21日
ニトロビール、米国で続く人気
米国で今も人気があるのは「ニトロ(nitrogen)ビール」
炭酸ガスではなく窒素を加えることにより、ビールをグラスに注いだ時、上部が細かい泡で覆われ、飲み口が非常になめらかとなる。
最近発売されたのは、90年代中ごろから既にニトロビールを実験的に製品化していた、人気の高いクラフトビール・メーカー、サミュエル・アダムス社による缶とタップからのニトロビール3種類である。
長い間、際立ったクリーミーなドラフト・スタウトやウィジット缶スタウトでニトロビール部門を独占してきたギネス社(アイルランド)は、昨秋、ニトロIPAを発表、米国でのニトロならびにインディア・ペールのトレンドに参戦した。メジャーであるギネス社がここにきてニトロ新製品を発表した原因のひとつは、米国のバー・オーナーにある。これまではバーには必ず置かれていたギネス・スタウトが、近年徐々にクラフトメーカーによる新しいニトロに代えられるようになったからである。
このように、複数の米国クラフトビール・メーカーが昨年ニトロビールを発売しており、また、レフトハンド・ブリューイング社(米国コロラド州)は、2011年のデビュー以来、ニトロ・ミルク・スタウトで同社の名を全米に知れ渡らせている。一方、バー・オーナーや一般消費者にビールやコーヒーを「ニトロ化」する技術を提供するニトロブリュー社のような新規の会社も出てきている。
   (Boston Herald, Jan.14, 2016)
2016年1月19日
ボール社のレクサム社買収条件は、予想以上の資産売却
製缶会社ボール社(米国コロラド州)による、競合相手レクサム社(英国)の約63.5億ドルを投じての買収は、ボール社が欧州に所有する製缶・製蓋工場計12工場を売却することに同意したことで、EU(欧州連合)により承認されたことが先週末明らかになった。
当初11工場の売却とボール社が予想していたが、世界最大の飲料缶製造会社二社が統合することで、欧州経済地域に起こり得る競争力低下、製品価格の上昇を指摘したEUは、最終的には、レクサム社の2製缶工場売却と合わせて、ボール社が欧州に所有する飲料缶製造工場8工場ならびに2製蓋工場、そしてドイツ、英国ならびにスイスに持つ同社の開発センター、サポート・センターも合わせた売却を条件としてボール社に提示した。これらの売却が実施されたのちも、ボール社とレクサム社を合わせた飲料缶生産能力は依然世界一であり30%のシェアを占めることになる。
売却される 工場の買い手としては、同じ製缶会社であるクラウン・ベヴキャン社、キャン・パック社(ポーランド)、中国の製缶会社が挙げられている。
これらの条件でレクサム社の買収が完了した折には、ボール社/レクサム社は、レクサム社が欧州にそのまま維持する飲料缶製造工場13工場、同じく製蓋工場2工場、ロシアの3製缶工場と2製蓋工場、ボール社がフランス、セルビアならびにポーランドにそれぞれ有する製缶工場計3工場、ならびに英国の研究・開発センターを維持することになる。
その他の地域については、ブラジル当局がすでに、ボール社が2工場を売却することを条件に、両社の統合を承認している。この結果、ボール社はブラジルに2工場のみ残すことになるものの、南アメリカ地域としては、レクサム社が12の製缶工場を有している。米国政府については、現在承認待ちの状態にある。ボール社は、今後も、米国コロラド州ブルームフィールドを拠点とする予定。
   (The Canmaker & The Wall Street Journal, Jan.15, 2016)
2016年1月14日
ビール消費量最大のアジア、ビール増加率最速のアフリカ
アジアは引き続き世界で最大のビール消費量を記録するであろうと、市場調査会社Canadean社発行の世界ビール・トレンド2015年〜2020年最新版は報告している。
アジアは、2020年までに、平均3%で毎年増加し続けると予想されている。また、アフリカは、2015年から2020年までの間、年間5%の平均成長率で伸びていくと予測されている。同期間、年1%以下の成長しか見込まれていない東欧・西欧、ならびに北米の成熟市場とは対照的な数字である。
アフリカで今後、ビール消費量が速い速度で増える要因としては、GDP成長率ならびに都市化がそれぞれ最速で伸びることに加えて、中国・インドを抜くと見られる労働人口を含めた人口増加が挙げられる。中でも南アフリカ共和国のこれらの伸びは著しく、ナイジェリア、アンゴラがそれに続く。一人当たりのビール消費量では、2020年までには、セイシェル、赤道ギニア、ガボンが上位を占めると予想されている。また、ザンビアも急速に一人当たりの消費量を伸ばしている。
2016年1月12日
スパークリング・ウォーターに再封可能缶採用
英国のCanOウォーター(CanO Water)が、33clサイズの再封可能なアルミ缶で発売開始した。
製缶会社レクサム社(英国) 製造によるこの缶は、ドイツのXolution社供給の再封可能な缶蓋「XO」を特長とする。不正開封防止機能シールを備えるXO缶蓋は、プラスチック製タブをスライドさせ開口部を開ける。タブを再びスライドさせて元に戻すことで再封される。無発泡ウォーター、スパークリング・ウォーターいずれにも対応する。
   (The CanMaker & CanTech, Jan.7, 2016)
2016年1月7日
ベトナムのビール、国内・海外での需要増続く
アジアでは中国、日本に次いで最大のビール消費量を誇るベトナムは、国内のみならず海外でのベトナム産ビール需要に応え、今後数年にわたりビール生産力を増強する。ベトナムは、前年比10%増を達成した2015年の34億リットルから、2020年までに40億〜42.5億リットルまで生産量を上げることを目標に据える。
ベトナム国内では、近年、海外ブランドとの競争が激化しており、ベトナム最大のビール・メーカー、サイゴン・ビールは2015年には生産量15億リットルで、増加の勢いは10年前と比較し弱くなっていると言われる。
ベトナム市場に大きな期待を寄せる海外メーカーは、ここ数年、各社各様の動きを見せている。
サッポロビール社は2011年後半にベトナムに醸造工場を操業開始。また、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社は昨年5月に醸造工場を開場した。
先週には、シンハー・アジア・ホールディングズ社(タイ/シンガポール)が、ベトナムの食品大手マサン・グループに11億ドルを出資することが発表された。これにより、タイを代表するビール、シンハーは、マソン・グループがベトナム全域に持つ販売網を活用し、ベトナムでの販売拡張の機会をうかがう。
世界各地のプレミアム・ビールを探し米国に輸入するC2インポーツ社(米国コロラド州デンバー)は、デンマークのビール・メーカー、カールスバーグ・グループ傘下のカールスバーグ・ベトナム・ブリューワリーズ社と提携。カールスバーグ社が100%所有する、ベトナムで醸造されるHuda ビールの米国での販売拡張を狙う。Hudaビールは、世界ビール・チャンピオンシップのメダル受賞歴を持つビール。カールスバーグ社は現在ベトナムに醸造工場を3工場持つ。
   (The Wall Street Journal & Thanh Nien, Jan.6, 2016 / BrewBound, Jan.5 2016 /
   Reuters, Dec.26, 2015)
2016年1月5日
米国飲料業界の新しいリーダー、ボトルドウォーター
米国の炭酸ソフトドリンク・メーカーは、今、ボトルドウォーターに賭けている。今やコカ・コーラ社やペプシコ社でさえも、低カロリー、栄養価の高い飲料をラインナップに加えることに注力している。ということは、2016年には、長年、高糖度飲料中心であった業界には似つかわしくないボトルドウォーターが、業界トップの飲料になる可能性が高いということである。
ウォーターは、既に現在、ノンアルコール飲料市場において最も人気の高い飲料である。ネスレ―社のポーランド・スプリング、コカ・コーラ社のダサーニ、ペプシコ社のアクアフィナなどのメジャー・ブランドの販売量は2014年には前年の7%増から9%増に上昇した。他方、コークやペプシの販売量はいずれも同年に前年比約3%減少している。
コカ・コーラ社ならびにペプシコ社は、近年両社に付いてまわるようになった高糖度炭酸飲料から来る負のイメージを、”ヘルシー”飲料の代表格である"ウォーター"で払拭することを望んでいる。
ところでボトルドウォーターは、水道水の何倍もの価格で販売されているにも関わらず、メーカーにもたらす利益は大変低いと言われている。そこで、メジャー飲料メーカーは、単なるボトルドウォーターに投資するだけではなく、”スパークリング”や”フレーバー”などの価値を付加した新製品の開発に余念がない。
2014年の米国ボトルドウォーター全体の売上は130億ドルにのぼったが、その中でコカ・コーラ社ならびにペプシコ社両社が占めるシェアはわずか13%。ネスレー社(ペリエならびにサンペレグリノを含む15種のウォーター・ブランドを有す)が依然、圧倒的なシェアを誇っている。
   (Business Insider, Jan.1 2016)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ