ニュース News

業界情報バックナンバー

2015年10月29日
二大ビールメーカー買収が米国クラフトビール・メーカーに及ぼす影響
昨年、米国人が購入したビールのうちの11%は、小規模ビール・メーカーが醸造したいわゆるクラフトビールだ。その数字は2004年の2.8%から飛躍的に増加している。しかし、クラフトビール・メーカーにとっては、消費者の人気はとらえるだけでは十分ではない。最近発表されたメジャー・ビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABインベヴ)社によるSABミラー社の買収提示が彼らクラフトビール・メーカーを震撼させるのは、この二社が全米の主だったビール卸売業者を掌握しているからである。
例えば、ボストン・ビール社やシエラ・ネヴァダ社とならびクラフトビールの草分け的存在である、ニューヨーク・シティで人気の高いブルックリン・ブリューワリー社のラガーはストックホルムで入手できるが、カルフォルニア州など米国の多くの州で見つけることはできない。その理由のひとつは、ビールはほとんどの場合、卸売業者を通じて流通するが、その卸売業者の一部はABインベヴ社のようなメジャー・ビールメーカーの傘下にあるからだ。バドワイザーやバドライトのメーカーとして知られるABインベヴ社が、バーやスーパーでのクラフトビール販売を抑制させる目的でビール卸売業者を買収していないかを、司法省ならびにカルフォルニア州規制当局が調査中であることを、ロイター通信は今月報道した。
ABインベヴ社は米国で販売されるビール全体のうちの45%を、SABミラー社ならびにモルソンクァーズ社が同26%をそれぞれ醸造する。ABインベヴ社は、クラフトビール・メーカーには、国内に存在する3,300もの独立したビール卸売業者というオプションがあるとコメントするが、多くの都市では、ほとんどのバーや小売店とのアクセスを持つ卸売業者が、しばしばメジャー・ビールメーカーと深いつながりを持っているのが実情だ。(弊社業界情報2015年8月20日付に関連記事)
   (The New York Times, Oct., 22, 2015)
2015年10月27日
ABインベヴ社のSABミラー社買収、コカ・コーラ社の戦略に影響
ビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABインベヴ)社によるSABミラー社の買収提示は、飲料メーカー、コカ・コーラ社にも大きな決断を迫るものとなりそうだ。 SABミラー社は、アフリカ市場におけるコカ・コーラ社の主要ボトラーである一方、ABインベヴ社は、ペプシコ社の中南米市場における主要ボトラーであるからだ。
コカ・コーラ社は、これまでアフリカ市場でのボトラー開拓に投資を続けてきた。昨年11月、同社は、SABミラー社とGFI社(Gutsche Family Investments)を統合し、アフリカ12か国を網羅し、アフリカ大陸で消費されるコカ・コーラ・ブランド40%を担うジョイント・ベンチャー設立にこぎ着けた。一方のABインベヴ社は、ブラジル、アルゼンチン、ボリヴィア、ウルグアイ、ペルーそしてドミニカでペプシコ社製品を充填する。そのため、ABインベヴ社によるSABミラー社の買収が実現すると、コカ・コーラ社は、ペプシコ社と関係のあるABインベヴ社傘下のSABミラー社を避け、SABミラー社がアフリカ市場に持つ充填施設を売却するのではと言われている。さらには、コカ・コーラ社が、3,4年後を目処にABインベヴ社に買収されるともうわさされる。
SABミラー社は、アフリカ大陸のみらならず、エル・サルバドルならびにホンジュラスにおけるコカ・コーラ社ボトラーでもある。SABミラー社は、世界全体のコカ・コーラ社製品の約3%のボトリングを担う。また、SABミラー社は、パナマにおけるペプシ製品のボトラーでもある。
   (The Wall Street Journal, Oct., 14, 2015)
2015年10月22日
米国PETボトル重量、過去の1/2まで軽量化
米国における0.5リットル・サイズのウォーター用PETボトルの平均重量が、2000年から2014年までの間に50%以上削減されていることがベヴァレジ・マーケティング協会(米国バージニア州)により報告された。これは、21世紀に入ってから、PET樹脂62億ポンドが節約されたことに等しい。既にリサイクルされているPET材(rPET)から再びPETボトルを製造する場合、原料そのものからボトルを製造する時に使用する燃料に比べ、2/3少ない燃料で製造することが可能だと言われている。
2008年から2014年の間、ボトルドウォーターでのrPET材使用量は17.5%から21%に増加した。健康志向が高まる近年、ソフトドリンクに代わりボトルドウォーターを選択する米国消費者は増えており、PETボトル製造業界は、環境への負荷をさらに軽減する努力を続けている。実際に、PET材プラスチック製ボトルを使用するウォーター用ボトルは、同様の容器を使用するその他のどの飲料容器よりもプラスチック使用量は少ないと業界関係者は報告している。
   (FoodBev Media, Oct., 20, 2015)
2015年10月20日
アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社によるSABミラー社買収に立ちはだかる多くの難題
ビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABインベヴ)社が最近仕掛けた競合相手SABミラー社の買収は、先週、暫定的合意に至ったと発表されたが、大株主への支払条件を含めた最終合意内容は10月28日に明らかになる。しかしながら、関係者は、当局の承認を得るまでにはより長い時間がかかると見ている。
SABミラー社の買収は、ABインベヴ社が未だほとんど手を付けていない新しい市場への近道を提供する。例えば、SABミラー社は、ABインベヴ社がほとんどシェアを持たないアフリカ市場でその利益の29%を稼ぐ。
独占禁止の懸念から、ABインベヴ社は、SABミラー社の所有する米国ジョイント・ベンチャー、ミラークァーズ社の株売却を強いられるかもしれない。その点で見ると、SABミラー社の中国におけるJVで中国最大のビールメーカー、CRスノー社の株売却も標的にならないとも限らない。さらに問題が予想されるのは、SABミラー社が、アフリカで、コカ・コーラ社にとっての主要なボトラーであることだ。中南米市場でペプシコ社のボトラーであるABインベヴ社によって統括されるSABミラー社を、コカ・コーラ社が継続してビジネス・パートナーとするとは考えにくいからだ。コカ・コーラ社は、これまでもABインベヴ社の買収ターゲットの一社であると言われており、今後、この話は徐々に現実味を帯びるのかもしれない。
   (The Economist, Oct., 17, 2015 / The Wall Street Journal, Oct., 14, 2015)
2015年10月19日
ビール缶売上、米国で上昇
米国飲料缶出荷量が、過去3年間の下降傾向から一転して9月末までの3ヵ月の間に劇的に増加したと、缶製造者協会(CMI)は報告している。この増加は、ビール缶出荷量が大きく伸びたことによるところが大きい。
第3四半期に米国製缶会社が出荷した245億缶は、昨年同期比1.3%増。アルコール飲料缶出荷量に限ると、前年同期比4.6%増の102億缶を記録した。一方、ソフトドリンク缶出荷量は同1.0%減で143億缶にとどまった。
ビール容器のビンから缶への移行が続いていることが製缶会社に有益に働いており、この傾向は米国小売店でも明らかで、この期のアルコール飲料売上は上昇している。
   (The Canmaker, Oct., 9, 2015)
2015年10月1日
コーヒーのように、炭酸ソフトドリンクも家で作ろう
家庭でグラス一杯のコカ・コーラを、水とポッドから作ることが可能となる…そのために300ドル以上する機械を購入し、キッチンカウンターにそのマシーンがどっしりとスペースを取ることを気にかけないのであればの話だが。
コーヒー・マシーンとポッドでコーヒー飲料業界を塗り替えたキューリグ・グリーン・マウンテン社は、コカ・コーラのみならず、スプライト、Dr.ペッパー、天然発泡ミネラルウォーターを含むシングルサーブ・サイズの冷たい飲料を作る炭酸飲料製造マシーン、キューリグ・コールドを今週販売開始する(弊社業界情報2015年1月8日付に関連記)。コカ・コーラ社はキューリグ社の株16.8%を所有する株主である。
使い方は、キューリグ社のコーヒーマシーンと基本的に同じで、水と飲料ポッドがあれば90秒で冷えた飲料が出来上がる。 いったい誰がこのマシーンを購入するのだろうかと疑問の声も上がる。300ドル以上する本体に加え、約8ozの飲料の元となる一つ1.12〜1.25ドルするポッドを購入する必要がある。つまり、このマシーンは、決してソフトドリンク代節約を目的とするものではない。缶やボトルで家のスペースを取られることなく、好きな飲料が自由にいつでも飲むことができることが利点だと、キューリグ社はコメントする。「クラフト」ソーダを作ることもでき、今年末には、カクテル・ミキサーを作ることも可能となる。
現在、キューリグ社は、次のプロジェクトとなるホットとコールド両方を作ることが可能なマシーンに取り組んでいるとのこと。
   (CSB DFW.com, Sept. 29, 2015)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ