ニュース News

業界情報バックナンバー

2015年6月25日
シングルサーブ・ポッドでコーヒー消費量が低下
米国消費者は、これまでになくコーヒーにお金をかけている。しかし、来る2015/2016年期(10月〜翌年9月)のコーヒー豆消費量が、2009/2010年期以来初めて、前年期の2,400万60kgバッグから2,370万バッグに落ち込むと予想されている。しかも消費量減少が見込まれるのは、世界コーヒー消費量上位8ヵ国のうち米国だけで、世界的にはむしろ上昇傾向にある。
米国コーヒー豆消費量下降の最大の理由は、キューリク・グリーンマウンテン社に代表されるシングルサーブ"革命"が、世界最大のコーヒー消費国のコーヒーを飲む習慣を大きく変えてしまったからだと言える。炒って挽くという伝統的な方法からシングルサーブ・ポッド利用に移行した米国人は、飲みたい量だけを作れる点で、シングルサーブ・ポッドを評価した。シングルサーブ・ポッドは、消費量の効率を上げ、消費者各人が必要とするコーヒーの量を限定し、その結果、米国人のコーヒー豆/粉購入の機会を減らすことになったと見られる(弊社業界情報2014年3月27日に関連記事)。
シングルサーブ・コーヒーマシーンの所有者の数は今や米国全世帯数の4分の1以上にのぼり、昨年の15%から増加している。一方、このようなシングルサーブ・マシーンの人気は米国特有で、この域に達している国は他にはない。
上記のシングルサーブの影響に加え、米国コーヒー消費量減少のもう一つの原因は、米国人口高齢化に伴う一人当たりの1日コーヒー摂取量低下(1日平均1.85カップで2010年以来過去最低)にあるとも言われる
  (Reuters, June 22, 2015)
2015年6月23日
欧州で好調なエナジードリンク
経済状況が不安定な欧州市場で、エナジードリンクが安定した伸びを見せている。その中でも特に経済が落ち込むギリシャやロシアにおいてですら、エナジードリンクの需要は減少していない。市場調査会社Canadean社最新報告によれば、その理由は、エナジードリンクのフレーバー種類、特にフルーツ・フレーバー、の増加ならびに含有物の開発成果もさることながら、欧州にも確実に増え続ける健康志向の消費者のニーズに応える低カロリー・オプションの登場にあるという。2015年、エナジードリンク市場は、前年比4.9%増加すると見込まれる。そうであるものの、エナジードリンクは、飲料消費量全体の0.1%にも満たないニッチ製品であるのが現状である。
業界は、カフェイン&高糖度という従来のエナジードリンクのイメージを変えることに懸命で、将来に向け、健康志向消費者を取り逃さないよう低カロリーならびに天然にこだわる材料の開発に注力する。
また、競争が激しく、多くがひしめき合うエナジードリンク・メーカーの間では、主流である缶の形状デザインならびにグラフィック・デザインによる差別化もまた非常に重要な要素となる。人気の高いエナジードリンク・ブランド、モンスター、ロックスター、アンプ、Rip-It、Venom、フル・スロットルなどのブランド名だけを見ても、10代〜20代前半の若年男性層をターゲットにしているのは明らかである。今後、エナジードリンク・ファンの広範化に伴い、容器デザインもまたどのように変化するのか…興味深い点である
  (DBR, June 18, 2015 / PackagingNews, June 12, 2015)
2015年6月18日
ビールと大学
ビールと大学生は、昔から切り離せない関係であるが、この場合はそれとは少し違う。米国コロラド州立大学は、今月、ビール醸造を専攻した学生を卒業生として初めて世に送り出す。
Fermentation Science & Technologyでこのプログラムを専攻する学生は、ビール醸造について学ぶにあたり、最初の2年間、生物化学、微生物学、物理学、有機化学をまず学ぶことが求められる。ビール醸造専攻の初の卒業生7名のほとんどが、ビール醸造、蒸留、ワイン業界にて働く道をそれぞれ選んでいる。現時点で、クラフトビール業界に従事する人々は全体で約115,000人。一方のメジャービール・メーカーのアンハイザー・ブッシュ社とミラークァーズ社二社を合わせた従業員数は約24,000人である。
コロラド州立大学は、2013年10月にこの専攻プログラムを加えたが、それは、ビール醸造業界での高い需要に応えてのことであった。同大学があるコロラド州フォート・コリンズは、クラフトビール・メーカーとして既に確固たる地位を築いたニュー・ベルジャン・ブリューワリー社が本社を構える場所でもある。ニュー・ベルジャン・ブリューワリー社は、このプログラムに百万ドルを寄付している。
オレゴン州立大学、ノース・キャロライナ州のアパラチアン州立大学、カルフォルニア大学もまた同様のビール醸造プログラムを提供している
  (New York Daily News, June 17, 2015 / CBS News, June 16, 2015)
2015年6月16日
飲料缶生産能力を増強、タイにて
製缶会社クラウン・ホールディングズ社(米国)は、タイのNong Khaeにて2ピース・アルミ飲料缶生産ライン第2ラインの操業を、この9月より開始することを発表した。250mlサイズのスリム缶を生産する。
タイでは、飲料をアルミ缶に詰める傾向が強まっており、中でも細めのスリム・タイプの缶の需要が高いとクラウン社はコメントしている。同社Nong Khae工場では、250mlに加え、330mlスリーク缶、330mlスタンダードならびに500mlレギュラー・タイプのアルミ缶を生産する予定
  (The CanTech, June 12, 2015)
2015年6月11日
炭酸ソフトドリンクのカロリー削減を推進
コカ・コーラ・エンタープライジズ(CCE)社は、北米消費者間に広がる肥満についての懸念による炭酸ソフトドリンク離れに対応し、2020年までに飲料1リットルにつきカロリーを10%削減することを発表した。コカ・コーラ・エンタープライジズ社は、米国アトランタを拠点とする世界最大の飲料メーカー、コカ・コーラ社の最大のボトリング会社であり、西欧における販促会社・配給会社である。
昨年には、米国三大飲料メーカー、コカ・コーラ社、ペプシコ社、Dr.ペッパー・スナプル・グループが、ボトルドウォーター、低カロリー飲料ならびに少量サイズの販売促進を通じて、2025年までに飲料カロリーを20%削減することを発表している
  (Atlanta Business Chronicle, June 10, 2015)
2015年6月9日
クラフト・ビール人気にあやかりたい…クラフト・ソーダ
ソフトドリンク・メーカー、ペプシコ社(米国ニューヨーク州)は、メジャー・ソフトドリンク・ブランドに「高糖度」のイメージを強く抱くようになった米国消費者に再度アピールするよう、人工甘味料に代えて天然の砂糖を使用した、手作り感豊かな「クラフト・ソーダ」(クラフト・ビール(地ビール)から派生した言葉)を、ファウンテン用に開発、発表した(弊社業界情報2014年12月25日に関連記事)。スタボン(Stubborn)ソーダ・ブランドは、タラゴンを加えたブラック・チェリー、オレンジ・ハイビスカス、パイナップル・クリーム、アカヴェ・バニラアイスクリームなどのフレーバーをそろえている。
昨今の米国消費者は、健康志向から、従来の炭酸ソフトドリンクよりも、健康に良いとされる、天然成分を含むティー、ウォーターなどを好んで選ぶ傾向にある。この現象に伴い、ドリンク・メニューの内容を変えるレストラン・チェーンも増えている。スタボン・ブランドはまだ「生まれたばかり」であるため、このファウンテンを採用するレストラン名を公表する段階に今はないとペプシコ社はコメントしている。ペプシコ社は、昨年末そしてこの3月に、Caleb's Kolaならびにマウンテン・デュー・デューシャインをそれぞれ発表しているが、これらは同社が「クラフト・ソーダ」と位置付けた初めてのブランドで、発売当時のクラフト・ビールに特長的だったビンで販売されている。スタボン・ソーダは、これらのブランドに続くものである
  (ChicagoTribune, June 4, 2015)
2015年6月4日
植物のみを原料とするPETボトル
ソフトドリンク・メーカー、コカ・コーラ社は、植物由来の再生可能な素材だけで製造する、100%リサイクル可能なPETボトルの開発に成功した。プラントボトル(PlantBottle™)と名付けられたこのPETボトルは、2009年5月に同社が発表してから今日に至るまで、植物由来素材の比率を増やすと、ボトルの不透過率に影響を与えるという問題があったため、植物由来素材を一部含有するに限られていた(弊社業界情報2009年5月19日に関連記事)。
プラントボトルは、植物の持つ天然の糖類を、PETボトル製造に必要な原料に変え、従来のPETボトルと同様の容器として機能を果たすように作られ、そしてリサイクルされる。その過程で環境にかける負荷は従来と比べてはるかに軽減される。
コカ・コーラ社は、発表以来6年の間に、ウォーター、スパークリング、果汁飲料、ティーなど多岐に渡るカテゴリーに使用可能なプラントボトルを350億本以上製品化している。「コカ・コーラ社のヴィジョンは、従来の考え方を根本から変える革新的技術を開発し、それを最大限に活かし、企業として環境に負荷をかけることのない植物由来の素材を選択・使用し、世界で初となる、再生可能素材だけで作る、完全にリサイクル可能なPETボトルを作り出すことにあった」ことを、同社はコメントしている。
コカ・コーラ社は、植物由来素材のみを原料とするプラントボトルを、今年5月よりイタリア・ミラノで開催されている国際博覧会にて発表した
  (FoodBev.com, June 3, 2015)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ