ニュース News

業界情報バックナンバー

2015年5月28日
米国アルミ缶リサイクル最新報告
アルミニウム協会ならびに缶製造者協会(CMI)が、米国のリサイクルについての現状を報告した。それによると、2014年米国で、飲料容器として最もリサイクルされた容器はアルミ缶で、米国消費者により56%リサイクルされた。一方、ビンは34.1%、PET容器が31.2%であった。
また、米国のアルミ缶は、リサイクル材を平均70%含有している。この割合は、ビン(23%)やPETボトル(3%)が含有するリサイクル材の3倍以上である。さらに、アルミ缶スクラップの価格は、1トンにつき$1,491であるが、プラスチックは$385、ビンの場合には価値0となる。このようなアルミ缶リサイクル材の高価値が、自治体によるリサイクル・プログラムを財政上実施可能にしている。
今日、1年間でおよそ115億ポンドのアルミがリサイクルのために回収されるが、その量は、1980年代に比べ2倍となっている
  (The Canmaker, May 27, 2015 / Recycling Portal, May 27, 2015)
2015年5月26日
特殊缶新サイズを採用、英国サイダー・ブランド
サイダー(リンゴ酒)市場で世界シェア15%、ナンバー1を誇るサイダー・ブランド、ストロングボウは、新しい特殊サイズ400mlの缶を採用する最初のブランドとなる。ストロングボウを生産するビール・メーカー、ハイネケン社(オランダ)と提携した製缶会社レクサム社は、ストロングボウ用に202径缶蓋を備える400mlサイズ・アルミ缶を開発した。この新しい缶は、レクサム社スーパー・スリーク缶タイプとなる。スーパー・スリーク缶には、既に、標準缶径211よりも小さい208(63.5mm)径を缶蓋とする473mlならびに500mlサイズがある。ストロングボウの主要消費者層である20歳代にアピールするよう、携帯に便利でスタイリッシュなサイズとなっている。チェコ共和国にある同社工場にて製造される
  (The Canmaker, May 21, 2015)
2015年5月21日
ペプシ・チャレンジ、今度は消費者がデザインする缶
ペプシコ社は、1975年より、同社飲料ブランド、ペプシ・コーラのプロモーションの一環として「ペプシ・チャレンジ」を展開している。今年の「ペプシ・チャレンジ」のひとつが、缶デザインそのものを変える(同社ロゴを除く)という同キャンペーンでは初の試みとなった。ペプシコ社は、自身の手によるデザインで缶を装飾できるかもしれないという類稀なる機会を消費者に与えたもので、今年いっぱいは、「ペプシ・チャレンジ」の下、文化的且つデジタル志向の戦略展開を続けることを約束している。ペプシコ社は、このデザインの提出期限を今月13日としていた。審査員は、プロのデザイナー、クリエイター、ならびにペプシコ社所属のデザイン・オフィサーらで、優勝者には、米国ニューヨーク州にあるペプシコ・デザイン&イノヴェーション・センター訪問の機会が与えられる
  (FoodProduction daily.com, April 16, 2015 / Interbrand, April 15, 2015)
2015年5月19日
続くメジャーによる地ビールメーカー買収
世界メジャー・ビール・メーカーの一社、SABミラー社(英国)が、英国地ビール活動のパイオニア的存在として知られるミーンタイム・ブリューイング社を吸収する。地元で人気の高いロンドン・ペール・エールやロンドン・ラガーを醸造する地ビール・メーカー、ミーンタイム社のビール販売量は、昨年には前年比58%増を記録した。地ビールの近年の人気が確実にメジャー・ビールの市場シェアを奪っており、同年、英国のビール市場全体の伸びはわずか1%であった。
ミーンタイムのような小規模な地ビール・ブランドが巨大ビール・メーカーに買収されることで地ビールならではのアピールを失うと失望感を露わにする地ビール・ファンが少なからずいるのは確かである。株主が変わるという理由だけで、ミーンタイム・ブランドが突然地ビールでなくなるはずがないと、ミーンタイム社経営陣はコメントする。ミーンタイム社は、SABミラー社の配送ネットワークを利用して、英国以外の欧州市場への輸出拡大を狙う。
もう一つの世界メジャー・ビール・メーカー、ABインベヴ社(ベルギー)は、2011年に、米国地ビール・メーカー、グース・アイランド社を買収したのを皮切りに、昨年には地ビール・メーカーのブルー・ポイント社ならびに10バレルズ社二社を立て続けに買収したため、ソーシャル・メディアを通じ批判が相次いだ。SABミラー社のモルソン・クァーズ社との米国におけるジョイントベンチャー、ミラークァーズ社は、すでに地ビールとして米国でブルー・ムーンを販売している。
2014年、SABミラー社は2億4,500万ヘクトリットルのラガーを売り上げた。他方、ミーンタイム社の年間生産能力は12万ヘクトリットルである
  (Reuters, May 15, 2015)
2015年5月14日
ストロー内蔵のビール・アルミ缶、ポーランドで発売
米国製缶会社ボール社傘下のボール・パッケージング・ヨーロッパ(BPE)社が、ポーランド市場向けに、ストローを内蔵するアルミ缶を発表した。
BPE社が、ビール・メーカー、Sulimarブリューワリー社向けに開発した、タブを開けると出てくるストローは、その表面に直接ロゴ、イメージ、メッセージなどをレーザー印刷することにより、販促ツールとしても使用可能だ。このストローを組み込んだ缶は、25clサイズのアルミ缶で、Sulimar社の人気ブランド、コーリニアス・グレープフルーツ・フレーバービール用に使用される
  (The Canmaker, May 12, 2015 / FoodBev.com, May 8, 2015)
2015年5月12日
GPS搭載のボトル缶ビールで集客、ハイネケン社
JWTアムステルダム社との共同開発により、オランダのビール・メーカー、ハイネケン社がGPS搭載のビール・ボトル缶を開発した。
多くの人々で賑わうアムステルダム市内の公共の場(駅構内、公園、橋の上など)にぽつんと置かれた緑色の丸テーブル。その上には一本だけビール・ボトルが置かれている。好奇心旺盛の人々が近づくと、「秘密満載の」そのハイネケン・ビール・ボトルのキャップ上に描かれた赤い星が光を放ち始め、同時に、キャップそのものが回転し始める。その星の一点が矢印となってコンパスの役目を果たし、そのボトルをテーブルから取り上げた人を誘導する。そして、その人がたどり着いた先は、ハイケネン・ブリューワリー・ミュージアムだった。
このアイデアは、ハイケネン・ブランドをよりよく知ってもらうために、人々をこのミュージアムに案内することを目的とするもので、昨年には73万人がミュージアムを訪れた
  (PopSop, May 6, 2015 / FoodBev.com, May 8, 2015)
2015年5月7日
ファイバー・ボトル
ビールメーカー、カールスバーグ社(デンマーク)によるカールスバーグ財団が、今年1月ダボス世界経済フォーラムにて、3年以内に商品化を目指す繊維由来の飲料ボトルの試作品を発表したところ、大きな反響があった。
このボトルは、カールスバーグ社内における企業社会責任(CSR)プロジェクトの一環で、ecoXpac社(デンマーク)により開発された、型にはめられたファイバーから、エネルギー効率の高い方法でボトルを製造する技術だ。一般的なプラスチック容器と比較し、このファイバー・ボトルは、胴厚は厚いが、全体の重量はより軽量である。開発段階で最も時間がかけられた点は、成型後、速く、エネルギー効率良く、ファイバー内の水分を最大80%除去する点である。現時点ではそれはバキュームで実施されている。キャップ部分のスレッドならびにシールもファイバーで作られる予定で、この点が最も困難が予想される。どんな形状でも数日以内という短時間で製造可能となる特長は、スポーツ・イベントやコンサート向けの限定デザインが実現容易となる点で興味深い。現在試作品に使用されているファイバーは木質繊維であるが、他のファイバーも今後検討される。新しいボトルの形状は、現在使用されているボトルと似ているため、物流上で大きな変更が求められることはないと見られる。このボトルが不透明で、中身が見えないという点が問題になるかどうかは、カールスバーグ社が今後集中的に取り組む、このボトルのための市場ならびに製品にかかってくるであろう。
  (Packaging World, May 4, 2015)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ