ニュース News

業界情報バックナンバー

2015年4月30日
世界全体のボトルドウォーター消費量、今年、炭酸ソフトドリンクを上回る
全世界のボトルドウォーター消費量は、今年2015年には、2,330億リットルを超え、緩やかな伸びが予測されている炭酸ソフトドリンク消費量2,270億リットルを上回ると見られる。わずか5年前には、世界全体の消費量は1,700億リットルであったボトルドウォーターは、当時2,150億リットルの炭酸ソフトドリンクと比較し、まだ大きな開きがあった。
アジアと欧州ではすでに、ボトルドウォーターの消費量は炭酸ソフトドリンクを上回っており、今年には、東欧がそれらに加わると見られている。近い将来、この傾向に拍車をかけるのが新興諸国であると、この調査を実施したCanadean社は報告する。これまでボトルドウォーターの成長を促してきた欧米諸国であったが、ドイツ、イタリア、フランス、スペイン各国の今年から2020年までのボトルドウォーターの年平均成長率はわずか1%であるのに対し、インドが21%、中国が12%、ブラジルが8%と予想されている。しかし、健康志向のトレンドが依然強い米国は、ウォーター等に切り替える消費者の炭酸ソフトドリンク離れが進むため、消費量で世界第2位の座をしばらく維持しそうだ。2020年には、中国とインドの二国だけで、今後増えるボトルドウォーター消費量の50%以上を占めるであろうと言われている。洪水を始めとする天災を被りやすい地域では、汚染水被害の可能性が高いため、ボトルドウォーターの必要性は高くなるとCanadean社は報告している
  (Food & Drink Technology, Apr. 22, 2015)
2015年4月28日
小規模ビールメーカー向けにもアルミボトル
50年代にビール用に初めて2ピース・アルミ缶を開発した米国コロラド州のビール・メーカー、クァーズ・ブリューイング社ビル・クァーズ氏の長男、スコット・クァーズ氏が創業したALeco Container社が通常供給する量よりも少ない量の望むマイクロ・ブリューワリー向けに、デジタル印刷を施した、高品質・軽量アルミボトルを提供する。
工場建設コンサルティング、エンジニア、据付等を総合的に手掛けるエヴァーグリーン・パッケージング社経営に関わっていたスコット・クァーズ氏が2011年に起業したALeco社は、コロラド州アルヴァダにて、創業以来、地ビールを始めとするプレミアム飲料用12oz/16ozサイズのアルミボトル加工装置の開発を続けており、D&Iラインならびにマルチ・ダイ・ネッキング・システムを持ち、年間最大1,000万本の生産能力で、少量生産・高価格飲料用に特化して、メーカーにボトルを供給する。同社製アルミボトルは、王冠を使用する標準型ビンと同じ外寸・仕様で作られる。また、その表面を飾るのは、INX社製システムによるデジタル印刷で、効果的宣伝が限定されがちな小規模メーカーにとり貴重な高品質広告を提供する
  (The Canmaker, Apr. 23, 2015)
2015年4月23日
欧州の飲料缶需要、過去最大に
2014年の欧州における飲料缶需要は、前年比約4%増加し、過去最大の630億缶近くに達したことが明らかになった。調査会社Canadean社の報告では、欧州における缶を容器とする炭酸ソフトドリンク需要が前年比5%増の320億缶となり、初めて、310億缶の缶ビールを上回った。それでも前年比2%増加した容器を缶とするビールのシェアは、現在、欧州市場で22%を占めるに至っている。缶へのビール充填で2014年最も増加率の多かったドイツは、前年比8%増を記録した。
  (The Canmaker, Apr. 16, 2015)
2015年4月21日
メキシコに飲料缶製造工場建設、ボール社
製缶会社ボール社(米国コロラド州)は、メキシコのモンテレイに飲料缶製造工場を建設する計画だ。2ラインを有するこの製造工場は、様々なサイズの缶生産に対応し、2016年上半期に操業開始を予定する。特に標準サイズのみならず特殊サイズのビール缶需要は依然増加しており、モンテレイに拠点を持つことで、ボール社の顧客ベースならびに製品種類の拡張を狙う
  (The Denver Post, Apr. 20, 2015)
2015年4月16日
缶の需要増加、ブラジルのビール
ブラジルのビール市場で缶の占める割合が、2010年36.3%、2013年41.4%、そして昨年2014年には45.4%にまで増加したことが報告された。また、缶ビールの生産量は、2014年、前年比14.3%増を記録した。一方、瓶ビールの生産量は前年比3.6%減となった。
ブラジルでは昨年、ビール缶を含めた飲料缶全体の需要が増えたが、特に上半期の需要増は、カーニバルやFIFAワールドカップ開催によるところが大きかった。今年は経済情勢が低下する傾向にあり、調整の年になると見られており、昨年ほどの飲料缶需要増は見込まれていない。このような経済減速に備え、飲料缶製造会社レクサム社やクラウン社は、昨年、様々な特殊サイズの缶の生産能力増強を目的に投資を実施している
  (The Canmaker, Apr. 10, 2015)
2015年4月14日
地ビールと言えば、、オレゴン州
米国オレゴン州は、その州民がビールの中でも地ビールに費やす割合が最も多い州として知られている。
それを裏付けるデータが、以下のように報告されている(全て2014年):
@オレゴン州州民は、前年よりも14.3%多く、オレゴン州で醸造されたビールを消費した
Aオレゴン州で消費されたビールのうち20%が、オレゴン州で醸造される地ビールであった
  (全米でこの大台にのった最初の州)
Bオレゴン州で800の職を創出した。これは前年比12%増
C179の地ビール・メーカーを含むオレゴン州ビール業界は、約28億3千万ドルの州内経済効果をもたらし、間接的な職も含めおよそ3万人に職を提供した
Dオレゴン州は、小売店で販売されるビールの中で地ビールの占める割合が36.69%と全米一を記録した
Eオレゴン州は、小売店で消費者が地ビールに費やす金額で全米一を記録した
Fオレゴン州最大の都市ポートランドは、その売上高、ならびに39.3%というビール市場シェア両者において、全米最大の地ビール市場である
オレゴン州には、2014年末時点で、州内71の市町村で179の地ビール・メーカーにより経営される220の醸造所がある。そのうち58の醸造所が、ポートランド市内に集まる。
オレゴン州産の地ビールは、昨年、全米50州に出荷され、また、カナダ7州ならびに海外32ヵ国に輸出された
  (BeverageWorld, Apr. 13, 2015)
2015年4月9日
ポリエステル・ラミネート加工のアルミ缶材を発表、中国製缶メーカー
中国で成長を続ける製缶会社の一社であり、2008年以来ポリエステル・フィルムのラミネート加工を施したスチールの開発を続けるORGパッケージング社は、同ラミネート加工したアルミならびにティンプレート缶材を来年にも供給することを、今年6月中国・広州で開催される製缶業界の展示会Cannexにて発表する。
1994年創立以来、ORGパッケージング社は、食缶からDIアルミ飲料缶にまでその生産能力を拡張し、現在、上海と北京にR&Dセンター、ならびに中国国内に17の製缶工場を有し、それらを合わせた総年間生産能力は143億缶にのぼる
  (The Canmaker, Apr. 2, 2015)
2015年4月7日
米国で人気高まるシングルサーブ・コーヒー・メーカーが取り組むべき課題
米国ではここ数年、シングルサーブ(一杯分)に特化したコーヒー・メーカーの業績が好調である。その中でも最も知名度の高いのは、キューリグ・グリーン・マウンテン社によるシングルサーブ K-Cup。同社の昨年の収入は47億ドルに達した。K-Cupポッドの売上も、前年比22%増を記録した。今秋に発売されるシングルサーブ炭酸ソフトドリンク版 K-Cup Koldを控え、さらには株主でもあるコカ・コーラ社、そしてダンキン・ドーナツ社とも提携した同社の勢いはしばらく弱まることはなさそうだ。そして、シングルサーブ・コーヒー・マシーンとカプセルの売上では依然業界を率いる世界最大のコーヒー(そして食品)メーカー、ネスレー社。コーヒー小売店スターバックス社もまた、Verismoを開発、シングルサーブ・コーヒー・マシーン市場に参入した。
このようなシングルサーブ・コーヒーの売上増で懸念され始めた問題がある。シングルサーブが今後もたらす環境への影響だ。例えば、キューリグ社のK-Cupと呼ばれるポッドは異なる数種のプラスチックから作られているため、リサイクル不可能であり、また生物分解性でもない。米国全家庭のおよそ1/3弱がこの種のポッドをベースとするコーヒー・マシーンを使用していると言われる現在、ごみ廃棄場に積み上げられるポッドの数は計り知れない。
一方、シングルサーブ・ポッド/マシーンの支持者は、その長所を次のように説明する。つまり、シングルサーブであるために、しばらくの間温めた状態を常とする従来のポットと比較し、電力を節約する。また、シングルサーブ・ポッドを利用することで、コーヒー豆から可能な限りコーヒーが抽出されるように、挽きコーヒーそのものがより効率的に消費される。
キューリグ社は同社ウェブサイトで、2020年までにK-Cup全てをリサイクル可能にすることを約束した。シングルサーブ・ポッドを使用する他のメーカーもまた似たような対策を講じ始めた。
シングルサーブ・コーヒー・ポッドは、米国飲料・食品業界に大きな影響を与えており、この機会を利用しようとする大企業をも惹き付けている。この人気を持続させるために、シングルサーブ・ポッド・メーカーがこれから将来に向けて取り組むべきことは、環境への負担、そして消費者へのコスト負担をどのように軽減するか、であろう。
  (FoodDIVE, Mar. 27, 2015)
2015年4月2日
米国地ビール販売数量 上位メーカー発表 - 2014年
米国地ビール・メーカー業界非営利団体、ブリューワーズ協会は、2014年の米国地ビール・メーカー販売数量トップ50位を発表した。結果の一部は以下の通り:
地ビールメーカー部門
1位:D.G. Yuengling & Son (本拠地 ペンシルヴァニア州)
2位:ボストン・ビール(マサチューセッツ州)
3位:シエラ・ネヴァダ・ブリューイング(カルフォルニア州)
4位:ニュー・ベルジャン・ブリューイング(コロラド州)
5位:Gambrinus(テキサス州)
Lagunitasブリューイング(カルフォルニア州)
米国ビールメーカー全体
1位:アンハイザー・ブッシュ(ミズーリ州)
2位:ミラー・クァーズ(イリノイ州)
3位:パプスト・ブリューイング(カルフォルニア州)
4位:D.G. Yuengling & Son (ペンシルヴァニア州)
5位:ボストン・ビール(マサチューセッツ州)
  (Brewers Association, Mar. 31, 2015)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ