ニュース News

業界情報バックナンバー

2014年12月25日
炭酸ソフトドリンクの奮闘、米国ファースト・カジュアル・レストランの場合
米国の炭酸ソフトドリンクの9年連続売上減少(ベヴァレジ・マーケティング社調べ)は、ファースト・カジュアル・レストラン産業にもその影響を及ぼしている。理由としては、消費者の健康志向を受け、レストランが子供用メニューから炭酸ソフトドリンクを外し、それに代わりミルクなど健康により良いとされる飲料を提供しているからだ。第2に、炭酸ソフトドリンクそのものの単価が値上がりしたこと。そしてもう一つ、炭酸ソフトドリンクが、他の飲料、例えばスペシャルティ・コーヒー、フレーバー・アイスティー、果汁飲料、ボトルドウォーター、スポーツ飲料など他の飲料からの激しい競争にさらされているからだ。
消費者は今何よりも飲料の多様性に期待している。それは過去に、ファーストフード・レストランに、質の高い食品提供を要求してきたのと同じだ。その後、食品は著しく改善されてきたが、飲料に関して言えば、40年前とそれほど変わりがないというのが現状だ。そのような状況下生まれたのが、いわゆるCraft Soda(人気の地ビール「Craft Beer」から派生)である。最近、米国市場では、まだ数は少ないながらも、豊かな発想の下に創られたホームメイド飲料を目にするようになった。
同様のコンセプトで注目されているのが、ファースト・カジュアル・レストランで使用される飲料ディスペンサー、コカ・コーラ社のフリースタイル(弊社業界情報2011年4月19日号に関連記事)ならびにペプシコ社によるスパイア。従来では考えられなかった100種類以上に及ぶ飲料オプションを提供する上に、消費者に独自の飲料を創る機会を与えている。他方、スターバックス社のディスペンサーでは、炭酸の強さを消費者が選択できる。あるレストラン・チェーンでは、フリースタイルを設置したのち売上が倍増した。フリースタイルが炭酸・非炭酸からダイエットにディカフェの飲料まで網羅している点が売上増の理由だという。もう一つ重要な点は、このような技術が、レストラン自身にも独自の飲料を創る機会を与えていることだ。例えば同チェーンではカスタム・ブレンドの非炭酸チェリー・ライムエイドを開発、コークの次に売れる飲料となっている。米国のコーヒー/ティー・チェーンでは、さらに一歩進めて、独自で開発した炭酸飲料のみを販売する。カリブ・コーヒー社は炭酸ティー飲料と果汁飲料とのミックスを提案、最終的にグリーンティー・レモネード、ピーチ・ブラックティーをメニューに加えた。スターバックス社では、業界最大の社内ソーダ・プログラムを発表、同社独自の炭酸ソフトドリンクを開発し、米国国内店舗一部で提供を開始している
  (QSR, December, 2014)
2014年12月18日
茶成分、他飲料製品に利用広まる
近頃、米国では、飲料メーカーが、様々な種類の飲料に、ティー(茶)やティー・フレーバーの使用を試みている。市場調査会社ミンテル社(米国シカゴ)の世界新製品データベースの調べによれば、2013年10月から2014年10月までの1年間で、ティーを成分とする新製品403種が、ティー製品のみならず、エナジードリンク、コーヒー製品、果汁飲料、スムージー、スパークリング&エンハンスド・ウォーター、プロテイン飲料などの機能性飲料、炭酸ソフトドリンク、粉末飲料ミックスにまで広がっている。このようなティー成分を含有する新飲料製品は、前年度比32%増となる。カクテルのメニューにも、ティーの名が頻繁に見られるようになっている。すでにあるロングアイランド・アイスティーに加えて、最近では、アール・グレイを煎じたジン、ティー・ウォッカなどが流行だと言う。さらには、ミルクをベースとするコーヒー飲料が米国で認知され人気を博しているのであれば、同様なことはティーにもありえると専門家は見る。アジアでも人気のある、例えばミルクとティーとの組み合わせた飲料製品が、近い将来、米国で成功する可能性もある。もう一つ大きな機会と考えられるのは、米国で成長を続ける地ビールとのコンビネーションだ。
ティーがこのように広範囲にわたる飲料カテゴリーに受入れらる理由として、そのマイルドで渋みの強すぎないフレーバーの多用途性が挙げられるという。そしてもう一つの理由は、ティーそのものが身体に良い飲料としてすでに認知されていることだ。また、ティー成分は、飲料に機能性を加える目的で利用可能なことも見逃せないと言う。例えば、エナジードリンクに天然カフェイン成分として、あるいは、睡眠や消化を助ける成分として、使用されることも考えられる
  (BeverageIndustry, Dec. 16, 2014)
2014年12月16日
飲料・食品、2015年の傾向
2014年も終わりに近づき、飲料ならびに飲料容器業界関連調査会社Canadean社(英国)が、2015年、業界に影響を及ぼすと予想される欧米消費者行動の傾向上位5項目を発表した。
@大量生産から小規模・個人へ
地ビール人気に見られるように、小規模生産を通じての製品の高品質・特別感、そしてブランドとの個人的つながりを、消費者はさらに重要視するようになる
A健康に良い成分
消費者が高糖度製品など「身体に良くない」ものに敏感になる傾向はさらに強まる。コカ・コーラ社、ペプシコ社が人気製品にステビアを今年本格的に導入したのは記憶に新しい
B辛くてスパイシー(食品)
よりスパイスの効いた辛い食品の人気が続くと予想される。既に人気のあるインド、メキシコ料理に続くのは、東南アジアならびに中東のスパイスの効いた料理
C好みのフレーバーで
消費者が好む食品とフレーバーをミックスした、全く新しい飲料が消費者の次に求めるものと予想される。アマレット・サイダーやチョコレート・フレーバー・ワインなど「フュージョン」製品が今後さらに増えると思われる
D感覚に訴える容器
製品差別化を図るために、凹凸のあるデザイン、鮮やかな色使い、反射する面、マット仕上げなど感覚に訴える容器デザインが注目される
  (DBR, Dec. 9, 2014)
2014年12月11日
ボトルド・ウォーター、売上上昇続く
(約1年前の記事より) 2010年代末までには、米国のボトルド・ウォーター売上は、炭酸ソフトドリンクの売上を上回るであろうと予測されている。93年から2005年の間、米国で、標準型軽量プラスチックボトルに入れられたウォーターの売上は、毎四半期毎に20%以上上昇していた。その後も成長は続いているものの、最近では、その伸びは1桁に落ち着いている。この推移は、Dasani、Aquafinaそれぞれのウォーター・ブランドも持つ飲料メーカー王者のコカ・コーラ社ならびにペプシコ社を厳しい状況に追い込んでいる。というのも、通常のプレーン・ウォーターよりも多くの利益を望めるビジネスと言われる、フレーバー、ビタミン、炭酸等の入ったウォーター、いわゆるエンハンスド・ウォーターの市場で独占的地位を確立できないでいるからだ。その新しい市場には、TalkingRain、Hint Water、Fruit20など多くの新興飲料メーカーがすでに参入しており、最近では価格競争にも拍車をかけている。
この状況下、コカ・コーラ社はボトルド・ウォーターの容器に同社開発による、環境に優しいPlantBottleを採用し、また、2013年には、フレーバー4種をそろえる同社初の炭酸Dasaniを発表した。それに加え、2011年に食品メーカー、クラフト社がMioを発売して以来、この種のフレーバー・ドロップはすでにミレニアル世代に好評だ。一方のペプシコ社は、OMと名付けられたプレミアム・ボトルウォーターの発売が待たれている。
2013年上半期、ネスレー社とナイアガラ社のような低価格ブランドを提供するメーカーが売上を急伸させた一方で、エンハンスド・ウォーターのブランドのほとんどが売上を落とした。フレーバー・ドロップの選択肢を消費者に提供することが売上増に寄与するのかは今後の数値が示すであろう。消費者は多様化を求めており、飲料メーカーは、チャンスがあるところに向かうだけだ
  (The New York Times, Oct. 25, 2013)
2014年12月9日
ボール社の次世代飲料缶
ボール・パッケージング・ヨーロッパ社は、同社の飲料缶製造で、2020年までに炭素排出量25%削減を目標とするプログラムを掲げる。
同社のドイツにある製缶工場で、古いコンプレッサーを交換することにより、エネルギー消費量を削減する。缶の軽量化も進めており、欧州での同社製330mlサイズの「B-Can」は、缶胴で同サイズの通常缶と比較し重量を5%軽量化する。缶蓋については、ボール・パッケージーング・ヨーロッパ社により現在欧州を中心に採用を広げられているCDL社(米国オハイオ州)製造によるアルミ飲料缶蓋「CDL」は、従来の飲料缶蓋と比較し、10%の材料削減を可能にするため、2011年には、ボール社北米飲料缶蓋製造工場のほとんどをCDL対応に変更し終え、材料削減、つまりは炭素排出量削減を実現させている。
ボール・パッケージング・ヨーロッパ社は、これらB-CanとCDLから成る飲料缶こそが、次世代缶であるとコメントしている
  (Beverage daily.comr, Dec. 8, 2014 / Ball web site, Nov. 11, 2014)
2014年12月4日
欧州、減少するスチール飲料缶製造
欧州の飲料缶製造会社がまた一社、スチール缶からアルミ缶製造用にラインを変える。
来年、製缶会社クラウン・ホールディングズ社傘下のクラウン・ベヴキャン社は、フランスにある、これまでスチール飲料缶を製造してきたラインの一つをアルミ缶用に変更する。この知らせは、最近スペインでの飲料缶製造工場のラインをスチール缶からアルミ缶用に変更する計画を明らかにした製缶会社レクサム社の発表に続くものだ。これはつまり、欧州(トルコならびにロシアを含む)の飲料缶製造ライン計111ラインのうち、2012年には計25を数えた2ピース・スチール飲料缶製造ラインが、2016年初頭には、14ラインまで減ることを意味する。現在、ボール社が、フランスに複数のスチール缶製造ラインを持つ。スペインでは、スチール缶製造ラインを持つのはクラウン社一社のみとなる。そして、現在、欧州で建設中の飲料缶製造工場の全てがアルミ缶用だ。レクサム社は、2015年初頭にスイスで初となる飲料缶製造工場を操業開始する。4ラインを持つこの工場は、近くに位置するエナジードリンク・メーカー、レッドブル社の充填工場に缶を供給する。また、Helvetiaと呼ばれるプロジェクトの名の下に、現在、製缶と充填を併せ持つ工場が欧州にて建設中で、こちらもやはりアルミ缶用だ
  (The Canmaker, Dec. 1, 2014 / The Canmaker, October 2012 Issue)
2014年12月1日
オーストラリア発、再封可能な飲料蓋
2013年に、パッケージング会社アムコー社の組織再編に伴い独立し創設された、オーストラリア、メルボルンに本社を置く製缶会社オーロラ社は、ドイツ、ミュンヘンのXolution社開発によるXO™再封可能缶蓋に関し、オーストラリア、ニュージーランド、太平洋沿岸地域における独占的販売に関する契約を交わしたことを発表した。XO™は、缶蓋上にプラスチック製スライド式タブを取り付けるもので、そのタブをスライドすることにより缶蓋を開閉する。昨年にはスイスで商品化され、また、最近ドイツで開催された飲料展示会Brau Bevialeにてクラウン・ベヴキャン社がこの製品を紹介している。厚さの薄いタブのため、缶の内容物の量に影響を与えることがない。タブの色を変えたり、タブに会社ロゴをエンボス加工することにより、ブランド差別化に寄与する
  (The Canmaker, Nov. 28, 2014)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ