ニュース News

業界情報バックナンバー

2014年11月27日
コカ・コーラ社とペプシコ社両社からの新製品は、プロテイン含有飲料
米国で炭酸ソフトドリンク売上の減少が続く中、コカ・コーラ社は全く新しい飲料を発表する。それは牛乳だ。同社は、この年末、全米でこれまでに無かったと言われる新しい牛乳を発表する予定だ。フェアライフと名付けられるこの"プレミアム"牛乳は、レギュラータイプよりも50%多いプロテインを、そして30%多いカルシウムを含み、糖分を50%カットしている。コカ・コーラ社が健康志向の消費者をターゲットにする、好調に売上を伸ばす果汁飲料ブランド"シンプリー"の牛乳版と言えると、同社はコメントする。しかし牛乳は容易に売れる飲料ではないかもしれない。成人米国人の二人に一人が牛乳を全く飲まないこともあり、牛乳の売上は10年前と比較し8%減少している。
一方、ライバルのペプシコ社もまた、プロテインを同社の飲料に積極的に摂り入れる考えがあることを最近のインタビューで明らかにしている。同社のスポーツドリンク、ゲータレードがその一つで、プロテイン含有の新種の可能性を示唆。現在ゲータレード・ブランドとしてプロテイン・リカバリー・シェイクやホエイ・プロテイン・バーで販売しており、売行きは好調だ。また、米国で人気の続くココナッツ・ウォーターもまた、ペプシコ社が株主でもあるO.N.E.社のココナッツ・ウォーターとは別に、飲料の成分として視野に入れているとのこと
  (CBS Money Watch, Nov. 27, 2014 / The State Journal Register, Nov. 24, 2014)
2014年11月25日
バドワイザーを飲んだことのない米国の若者たち
米国ノース・カロライナ州グリーンズボロにある、ノース・カロライナ大学の学生や卒業生で賑わうあるバーでは、69本のタップ(ビールサーバーの注ぎ口。つまり69種類の樽生ビールがある)を備えるが、一番奥にあるバドワイザーのタップをこれから取り外すという。通称'Bud'で知られるバドワイザーを注文するのは、年配の男性か地元の若者に限られており、常連客は地ビールを好むから、というのが主な理由だ。これは、なにもここに限られたことではなく、今や米国どこにでも見られる光景だ。自称ではあるが'King of Beers'バドワイザーは、もはや昔の話のようだ。今の21〜27歳のビールを飲む若者の44%が、バドワイザーを一度も飲んだことがないというある調査結果を、バドワイザーの生みの親、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABI)社は明らかにしている。こういった若年層だけがバドワイザーの売上に影響をおよぼしてきたわけではない。バドワイザーの米国での売上は、1988年の5,000万バレルをピークに、昨年の1,600万バレルに至るまで25年間下降しつづけている。その間、バドワイザーと同じABI社により醸造・販売されるバドライトが、'Bud'の市場を侵食し、2001年には米国で最も売れるビールとなった。2011年にはその座をクァーズ・ライトに奪われた。
21〜27歳の若年層を'Bud'に惹きつけるために、今後、同社は、その年代をピンポイントで狙う販促活動を本格的に行う構えだ。
1,000億ドルの米国ビール市場で、現在、バドワイザーは、7.6%のシェアを占める(5年前は10%、10年前は14.4%)。一方、20代のビール消費者層で、外で飲む飲料として、地ビールは15%を占め(それよりも上の世代の層では10%)るという。また、その消費者層は、サイダー(リンゴ酒)、フレーバー・モルト飲料、カクテルもよく消費するとの統計が出ている
  (The Wall Street Journal, Nov. 23, 2014)
2014年11月20日
小型容器で売上増加、コカ・コーラ社
7.5oz(約221ml)サイズの「ミニ缶(mini-can)」ならびに8ozサイズ・ビンを含む少量サイズ容器で提供されるコカ・コーラ社(米国アトランタ)のCokeが、今年10月末時点で前年比9%の売上増を米国にて記録している。これらの製品は高めに設定されるプレミアム価格で販売されるものだ。他方、米国スーパーで長年主流となっている12ozアルミ缶ならびに2リットル・サイズのプラスチック製容器によるCoke売上は、同時期で前年比わずか0.1%増の伸びにとどまっている。糖尿病や肥満の一因とされる糖分入りの高カロリー・ソフトドリンク摂取を控える消費者が増える米国市場において、コカ・コーラ社は、従来よりも小さなサイズの容器採用を進めている。しかしながら、これは、10年連続となる米国炭酸ソフトドリンク売上の減少を抑えるまでには至っていない。コカ・コーラ社の小型容器は、同社が販売する製品全体の20〜25%しか占めていないからだ。コカ・コーラ社は、2010年に、全米で7.5oz缶採用を開始、そして同年、同社の2リットル・ボトルに代えて1.25リットル・プラスチックボトルを、また、20ozボトルに代えて16ozプラスチックボトルをそれぞれ発表した。容器サイズ種類の拡張は、コカ・コーラ社戦略の一環であり、90年代に中南米の同社ボトラーが先駆けて実施した。
コカ・コーラ社はしかし、米国市場がすぐに変わるとは見ていない。Cokeブランドは、米国スーパーでは12oz缶と2リットル・ボトルが、そしてコンビニでは20ozプラスチックボトルが依然として最も売れるサイズである。小型容器のCoke製品が勢いを増していることは確かだと、コカ・コーラ社はコメントしている(弊社業界情報2014年7月29日付ならびに10月9日付に関連記事)
  (Dow Jones Business News, Nov. 19, 2014 / The Wall Street Journal, Nov. 19, 2014)
2014年11月18日
地元産アルコール飲料を支援、ニューヨーク州
米国ニューヨーク州クオモ州知事は、先週木曜日、地元生産のアルコール飲料に関わる小規模醸造会社へ課していた規制の一部を緩めることを承認し、来月より実施する。
規制緩和には、地元醸造会社による試飲イベント開催のための条件緩和も含まれる。クオモ州知事はまた、地元産アルコール飲料の販売促進活動ならびにその業界に関連付けた観光推進活動に向けて提供する3百万ドルにおよぶ助成金プログラムも発表した。ニューヨーク州では、ビール、ワイン、サイダー、蒸留酒などのアルコール飲料醸造会社など、地元で生産される材料を利用する事業の数が、2011年から倍増している( 弊社業界情報2014年8月26日に関連記事)
  (just-drinks.com, Nov. 17, 2014 / Niagara Gazette, Nov. 17, 2014 / Newsday, Nov. 13, 2014)
2014年11月11日
米国人が最も飲む飲料
最近発行された米国全域健康ならびに栄養調査の一部を成す、アメリカ疾病予防管理センターにより実施された米国人へのアンケートで、米国人が最も飲む飲料が明らかになっている。2009年から2010年にかけて米国人5,627人から同センターが得た調査結果は以下の通り:
米国人が最も飲む飲料 1位:水道水、2:無糖ボトルドウォーター、3:牛乳(2%低脂肪)、4:挽きコーヒー、5:牛乳(whole milk)、6:コーラ・タイプ(炭酸)ソフトドリンク、7:牛乳(1%低脂肪)、8:フルーツフレーバーのデカフェ・ソフトドリンク、9:スキムミルク/脱脂粉乳、10:アップルジュース、11:オレンジジュース、12:無糖アイスティー、13:コーラ・タイプ(炭酸)無糖ソフトドリンク、…17位: ビール
  (Five Thirty Eight, Nov. 5, 2014 / BEVNET, Nov. 6, 2014)
2014年11月6日
米国ソーダ税、カルフォルニア州バークレーが法成立に向け前進
米国カルフォルニア州バークレーは、炭酸ソフトドリンクを含む糖分入り飲料への課税(Soda Tax)に関する法成立を承認した最初の米国の都市となった。これはMeasure Dと呼ばれ、ソフトドリンク1ozにつき1セントを課税するもの。この法を支持する市民は、課税により、米国全体を悩ます肥満問題の原因の一つと彼らが主張する炭酸ソフトドリンク、エナジードリンク、糖分入りアイスティーなどの飲料の消費削減に貢献することを期待する。一方で、ニューヨーク・シティを始めとする米国のいくつかの都市では、似たような課税を試み、しかしながら、飲料メーカーをバックに豊富な資金力のある反対派により法規制を阻まれている。バークレーの法成立に向け関わった人々は、バークレーは、レストランやバーでの禁煙席、車椅子のための縁石排除、居住地のリサイクルボックス設置、公立校での食品販売の規制など、米国民の望みを先駆けて実現する、誇らしい歴史があると語る。それに対し反対派は、バークレーは、米国の他の多くの町とは異なる町とコメントしている
  (USA Today, Nov. 5, 2014)
2014年11月4日
なぜメジャー飲料メーカーは、90%再生アルミから作られる飲料缶を使用しないのか
世界最大のアルミ・リサイクリング会社であるノヴェリス社(米国ジョージア州アトランタ)は、エヴァーキャン(evercan™)と呼ばれる、90%再生アルミを含有する飲料缶用アルミ材を製造する(弊社業界情報2013年5月7日付ならびに2014年4月15日付に関連記事)。同社は、そのアルミ材を、今月初旬にドイツにて正式に操業開始した、同社が2億6,000万ドルを投じた世界最大のアルミ・リサイクル工場にて本格的に製造する。このエヴァーキャン開発により、ノヴェリス社は循環型経済を保証し、クローズド・ループへと移行する過程において、業界を導いていくと同社は意気込む。環境への負荷低減を標榜するメージャー飲料メーカーはしかしながら、今のところエヴァーキャンを採用する気配はない。現時点で採用を決めた飲料メーカーは、ジョージア州の地ビール・メーカー、レッド・ヘア・ブリューイング社一社のみである。メジャー飲料メーカーがエヴァーキャンを採用しない理由は各社により明確には説明されていないが、コカ・コーラ社は、再生アルミを含有するアルミ缶シートを様々な供給会社より入手しており、エヴァーキャンを採用するということは、アルミ缶シート供給先をノヴェリス社一社に限定することになるとコメントしている。また、コカ・コーラの場合には、環境への負荷低減に関わる投資が、サトウキビから作られるプラントボトルに代表されるPETボトルに主に向けられている。同社飲料の世界全体の売上のうち、PETボトルを使用する飲料は約60%を占める。
ノヴェリス社は、同社の再生アルミの多くを自動車業界へ売り上げている。しかし自動車セクターは同社収入の9%(2014年度予想)を占めるのみ。同社のビジネスの62%がアルミ缶に関連するものだ。
飲料缶アルミ再生はここまで来たが、そこから先はまだ簡単に進みそうにない
  (The Gardian, Oct. 30, 2014 / grist, Oct. 30, 2014)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ