ニュース News

業界情報バックナンバー

2014年6月26日
大麻の合法化に伴う包装の需要、米国
米国では初めて、2012年コロラド州ならびにワシントン州で、成人(21歳以上)による嗜好目的での大麻(マリファナ)使用が合法化された。これは、包装業界にも経済的機会を提供するものである。今後多く販売されるであろう大麻を煎じた食品・飲料などの製品が包装ならびにそれに関連するビジネスを生むからだ。消費者向け大麻含有製品メーカーは、パウチ、ジャー、ボトル、カートン、ラベル、輸送会社、在庫管理のためのRFIDタグ、グラフィック・デザイン等々を購入している。コロラド州では第1番目の大麻製品小売店が今年1月1日に営業を開始し、ワシントン州でもこの6月に開業する予定だ。規制が厳しい事業カテゴリーである点は、アルコール飲料やタバコと同様ではあるが、これらの業界と異なる点は、大麻は州を超える連邦レベルでは合法でないため、小売についての連邦による規制が存在しない点である。大麻販売を合法化する州で共通する包装に関する規制は、州民の安全確保ならびに包装の内容物明示に焦点があてられる。子供への安全性確保は特に重要であり、「子供の手の届かない所に保管する」などの警告を表示するラベル貼付、若年層にも内容物を見えないようにするための不透明な包装材の使用を義務付ける。コロラド州では、5歳以下の幼児が開けることが極めて困難になるよう包装を設計することを条件としている。大麻を含有する飲料、チョコレート、ミント、入浴剤、マッサージオイルなどを販売するElixirs and Edibles社(コロラド州デンバー)モ、これらの規制に従い、自社の工場にてアルミボトル、フォイルなどを使用して製品を包装している(写真)。さらに、成人の目は惹いても、子供・若年層にはアピールしない製品に見せるために、同社の包装グラフィック・デザインもまた重要な役割を果たしている 
(Packaging Digest, April 17, 2014)
2014年6月24日
コカ・コーラ・ステビア版、英国でデビュー
伝統的な赤色の缶が印象的なコカ・コーラ・ブランドに、最近、緑色の缶が加わった。コカ・コーラ・ライフ(コーク・ライフ)は、レギュラー・コカ・コーラのステビア版で、コカ・コーラ社にとりほぼ8年ぶりのコカ・コーラ・ブランド新製品となり、静かに試験販売されており、昨年には、アルゼンチンとチリで発売された(弊社業界情報2013年7月23日付に関連記事)。この秋に英国にてデビューすることとなった。コーク・ライフは、正確にはダイエット飲料ではない。1缶あたり茶さじ4杯分以上の砂糖を含有し、レギュラー・コークの140カロリーよりは低い89カロリーとなっている。コーク・ライフは、むしろ、近年コカ・コーラ社の炭酸ソフトドリンク売上に大打撃を与えている世間のアンチ・シュガー傾向と、アスパルテーム(ダイエット・コークとコーク・ゼロにも含まれる)人工甘味料が健康を害し体重増加に導く可能性があるという一般的な見方に対してコカ・コーラ社が応えた結果である。
コカ・コーラ社は、2007年に、カーギル社(米国ミネソタ州)と提携しステビア甘味料の消費者ブランドTruviaを開発した。米国でのコーク・ライフの発売日はまだ公表されていない。一方のペプシコ社は、甘味について、コカ・コーラ社とは異なるアプローチを取っている。生命工学関連会社Senomyx社(米国サンディエゴ)と提携し、人間の味覚芽に、実際よりも多く砂糖の味を感じさせるよう働きかける添加物を開発していると言われる
(BloombergBusinessweek, June 17, 2014)
2014年6月19日
ココナッツウォーター、米国で成長続く
少し前までは、米国でこれほどまでにココナッツウォーターが成長すると思っていた人は少なかっただろう。米国でのココナッツウォーターのブランド確立に成功し、成長を続けるヴィタ・ココ社は、昨年、3桁の売上増を記録した。コカ・コーラ社やペプシコ社といった大企業から競合商品が販売されているにも関わらず、ヴィタ・ココは、プレミアム・ココナッツウォーター市場でおよそ69%のシェアを占めている。同社は、世界中の需要に対応するため、1日につき150万個のココナッツを割るという。ブラジルでは、ココナッツウォーターは、オレンジジュースをはるかに凌ぐ、最も消費される包装果汁飲料であり、ヴィタ・ココ社が米国で目指すココナッツ・ウォーターの将来のあり方だ。ヴィタ・ココ社は、インフラを作る必要性を実感し、2008年にブラジルの工場に投資、現在、フィリピンを含めた東南アジアならびにメキシコにある11の工場に資金を投じている。現時点でのヴィタ・ココ社最大の市場は、同社が本社を置くニューヨークだ。今から6ヵ月のうちに、それがロンドンに代わるという。パリ、アムステルダム、日本でも著しい売上増を見せている。一方で、米国で、ココナッツウォーターの存在を知る消費者は、ヴィタ・ココ売上上位都市であるニューヨーク、シカゴ、ロサンンジェルス、ボストンにおいてすら、全消費者の40%にしか至らず、中西部になるとその割合は4〜6%にまで下がる。米国でヴィタ・ココ・ブランドが発売された当初、すぐに受け入れた消費者は、元々ココナッツウォーターになじみのあったラテン・アメリカ、東南アジア、ならびにインドの人々だった。その後2007年、米国で人気の高い自然食品スーパー・チェーン、ホール・フーズ社で販売を開始し、全米にそのブランド名を広めることに成功。著名人を含めた健康に特にこだわる人々の注目を一気に集めた。純粋なココナッツウォーターの味は独特であるため、ヴィタ・ココ社は、レモネードなどのフレーバーを加えることで、消費者拡張を狙う
(BeverageIndustry, June 12, 2014)
2014年6月17日
ファーストフード店でもキューリグ・コーヒーメーカー
米国コーヒー飲料業界をここ数年で大きく変えた、専用カプセル使用のシングルカップ・コーヒーメーカーならびにそのカプセルを供給するキューリグ・グリーン・マウンテン社は、米国サンドイッチ・チェーン、サブウェイ社と提携した。今、米国・カナダにある30,000店近いサブウェイで、フレッシュなコーヒーとともにサンドイッチが味わえる。キューリグ・コーヒーメーカーは、一度に一人分だけのコーヒーをつくるので、サブウェイではいつでも出来たてのコーヒーを期待できる。現在、米国とカナダにあるサブウェイの店でその半数以上が、コーヒーをキューリグでつくる
(CNNMoney, June 10, 2014)
2014年6月10日
新興諸国のビールと缶詰消費量が缶需要をけん引
今は、新興諸国でのビール消費量が、飲料缶需要増の原動力となっている。ビール生産量は、特にブラジル、ベトナムならびに中国で依然として増えており、世界を代表する飲料缶製造会社は、多少のリスクを覚悟しながら、飽和状態の米国市場からこれらの新興諸国へ投資先を移行させている。飲料缶製造会社にとっては、新興諸国市場でこれまで使用されてきた飲料容器を缶に変える絶好のチャンスである。成熟期にある米国市場では、特に炭酸ソフトドリンクとフルーツ缶詰で、米国人の健康志向と食品鮮度へのこだわりから、売上低迷が顕著だ。一方、新興諸国では、都市化に伴い、食缶の需要が高まっている。この場合、例えば中国やインドでは、新鮮な食物を冷蔵するのに十分に大きな冷蔵庫が不足する傾向にあること、さらに、所得増加・生活水準上昇に伴い、利便性を手に入れることが可能になること、これらの要素が、食缶需要を増加させている。しかしながら、世界の主要食缶製造会社は、飲料缶製造会社と同じような勢いでは、新興市場へ参入はしておらず、現時点では、新興市場での高まる食缶需要は、地元のサプライヤーにより対応されていることが多いと、米国の市場調査・分析会社オメガ・リサーチ協会は報告している
(FoodProduction daily.com, June 9, 2014 / CanTech, May 30, 2014)
2014年6月5日
国民のアルコール飲料摂取量抑制に苦慮、ロシア
ロシア政府は、国民のアルコール飲料摂取量抑制に、ある程度の成功を収めたかのように見える。1997年から2007年にかけて、ロシアは、ブラジル、中国、インドと並び、海外の企業にとり大きな潜在能力を持つ投資先となり、ビールならびに蒸留酒については、ロシアでその消費量が一気に増加した時期であった。これが結果的にロシア政府の悩みの種となり、アルコール飲料の規制が検討され始めた。2010年には物品税が200%上昇し、ロシアを代表する飲料であるウォッカの最安値価格は過去4年間で2倍以上に上がった。さらに、キオスクでのビール販売禁止、ある基準を超えるアルコール含有量の飲料については販売時間を制限、アルコール飲料の宣伝も禁止された。(弊社業界情報2012年11月6日付に関連記事) 今週に出されたある報告書によると、ロシア国民の一人当たりの年間アルコール飲料消費量は2007年ピーク時に比べ、約20%減少したという。昨年のウォッカ消費量は、前年比6.7%減、ビール消費量は、2007年/2008年のピーク時に比べ、22%落ちた。しかしロシア人の飲む量は実際に減ったのだろうか?ロシアではアルコール飲料を家庭で作るという長い歴史があるとも言われる。また、非合法ウォッカは、これまで以上に、国民が見て見ぬふりをする存在になっているとも報告されている
(just-drinks.com, June 3, 2014)
2014年6月2日
缶蓋タブの色変化で、飲み頃をお知らせ
今度は、イージー・オープン・タイプの缶蓋上のタブの色が変化することで、飲料が十分に冷えたことを知らせる技術が、製缶業界に発表された。研究・開発に3年をかけたこの特許取得済みの「サーモクロミック」タブは、インキ開発を専門とするクロマティック・テクノロジーズ(CTI)社(米国コロラド州)により開発された。缶の中身が十分に冷えるとタブの色が赤、緑、青のいずれかに変化する。このような色変化で最適な冷え具合を知らせる機能は、すでに缶胴部分に使用され商品化されているが、タブに採用することで、例えば缶がアイスボックスに詰められ、缶側面が見えない状態で保管されている場合に、特に有用だ
(The Canmaker, May.29, 2014)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ