ニュース News

業界情報バックナンバー

2014年5月29日
米国、スパークリング・ウォーターの勢い
米国人の炭酸ソフトドリンク離れも手伝い、米国でのボトルドウォーターの小売店売上はここ数年伸びている。特にスパークリング・ウォーターの勢いは、通常の非炭酸ウォーターを凌いでおり、2008年から2013年にかけて、スパークリング・ウォーターの小売店売上は倍増した。そして2018年には、さらに3倍以上になると予想される。米国で健康志向が強まった過去10年間、それまで日常的に消費していた高糖度炭酸ソフトドリンクに代わる飲料としてボトルドウォーターを選択し、毎日消費する米国人はますます増えている。それでも一人当たりのボトルドウォーター消費量はまだ低いため、成長の余地はまだまだあると言われる米国市場。ボトルドウォーターのカテゴリーでも主要なシェアを占めるコカ・コーラ社ならびにペプシコ社は、しかし、新興ブランドのトーキング・レイン・ベヴァレジ社(今、米国で人気の非常に高いスパークリング・ウォーター・ブランド、Sparkling ICEのメーカー)やトゥルー・ドリンクス社(子供向けアクアボール・フレーバー・ビタミンウォーターのメーカー)、さらには低価格が売り物のプライベート・ブランドなどとの厳しい競争に直面している
(FOODnavigator-usa.com, May 23, 2014)
2014年5月27日
米国地ビール・メーカー、海外にも進出
米国人の住む町では、大抵、地ビールが醸造され、その場で販売している場所が見つけられる。そして、地ビールのほとんどが、そのような醸造される地元で消費されている。全体的には、酒屋などの小売店での販売が、地ビール売上の大半を占めるものの、生ビールもまた非常に重要な存在であり、醸造される地ビールの約30%は生ビールであり、伝統的なメジャー・ビール・メーカーによる生ビールの割合が10%であるのと対照的である。しかし最近になり、輸出を通じて販売網を拡張する地ビール・メーカーが出てきている。地ビールの輸出量は、昨年には、前年比49%増加したとの報告がある。この輸出量増加は、ひとつには、米国ブリューワリーズ協会(コロラド州ボールダー)が米国農務省のマーケット・アクセス・プログラムから出資される年次助成金である輸出開発プログラムを2004年に立ち上げたことで促進された面がある。昨年、米国地ビール・メーカーの最大の輸出先はカナダであり、英国、スエーデン、日本がそれに続いた(弊社業界情報2013年3月14日付に関連記事)
(SmartBlog on Food and Beverage, May 23, 2014)
2014年5月22日
飲料缶製造会社、ミャンマーの飲料缶需要増に注目
製缶会社ボール社(米国コロラド州)傘下のボール・アジア・パシフィック社は、ミャンマーにて2ピース飲料缶製造工場を操業する最初の企業となる。同社は、ミャンマーのヤンゴン管区にDIアルミ缶製造工場を建設する計画を発表した。この工場は、ボール社が2012年にベトナムに設立した、同社にとり東南アジアで持つもう一つの製缶工場であるジョイントベンチャーを補完し、長期間契約を通じてコカ・コーラPinyaベヴァレジ社へ供給する。2015年中頃の稼働開始を目指す。製缶会社レクサム社(英国)もまたミャンマーでの製缶工場建設の計画があると噂されるが、建設開始の正式な発表には至っていない(弊社業界情報2013年9月26日号に関連記事)。現時点では、レクサム社は、新興諸国での新プロジェクト立ち上げに特化するアシュモア・インベストメント社(英国)とのジョイントベンチャー、レクサム・アシュモア・ベヴァレジキャン社を運営する。
軍政支配が弱まり、同国への投資規制が緩和された昨年以来、ミャンマーにおけるソフトドリンク・メーカーならびにビール・メーカーからの飲料缶需要は増加している。コカ・コーラ社は、2013年6月に60年ぶりに同国へ充填工場を開場、ビール・メーカー、カールスバーグ社(デンマーク)は、今年末には同国でビール醸造を予定する。ハイネケン社も、ジョイントベンチャーであるアライアンス・ブリューワリー社を通じ同様の計画を発表している
(The Canmaker, May 20, 2014 / ZACKS, May 20, 2014)
2014年5月20日
ミニ・キオスクでミニ・コカ・コーラを、ドイツ
「日常のほんの小さなことが私たちを幸せにする」、ドイツで展開された今回のコカ・コーラ社キャンペーンのメッセージだ。コカ・コーラ社の今回のキャンペーンを担当した広告会社Ogilvy社は、ドイツの主要5都市に、人形の家のような小さなキオスク(左写真)を設置し、キャンペーンの目的であるコーク・ミニ缶を販売した。さらに、このキオスク左端には、パイント・サイズの小さなコーク・ミニ缶自動販売機も取り付けた。このミニ・キオスクは1日平均380缶のミニ缶を売り上げた。Ogilvy社によれば、これは通常のコーク自動販売機の同売上の278%とのこと
(AdWeek, May 14, 2014)
2014年5月15日
米国、世界最大のワイン市場に
2013年、米国は初めて、長らく最上位に君臨していたフランスを押し退け、世界最大のワイン消費国となった。昨年、米国人は、前年比0.5%増の2,910万ヘクトリットルのワインを購入した一方で、フランスでの消費量は同7%減の2,810万ヘクトリットルにまで落ち込んだ。しかし、一人当たりのワイン消費量に関して言えば、米国人はフランス人には全く及んでいない。平均的フランス人は、今でも、平均的米国人の6倍にあたる、1週間一人当たりビン1.2本分を嗜む。最近では、フランス、イタリア、スペインなど長年ワインを日常的に消費していた国々では、その慣習が変わりつつあるという。ワイン消費量そのものが減り、高品質ワイン消費の機会が増えていることが報告されている。また、ワインよりもビールを選ぶ人も増えているという。フランスは、イタリア、スペインに次ぎ世界第3位のワイン生産国であるものの、2002年から2011年の間に、一人当たり年間消費量については、20%落ち46.4リットルニなった一方で、米国人は、その期間、およそ17%増となる9.1リットルを消費するまでになった。
世界のワイン生産量は、昨年、記録的な増産を遂げたスペインを始め、チリ、南アフリカならびにニュージーランドの寄与で、前年比9.4%増加している。今年は、特に南半球の天候の影響により、アルゼンチン、チリ、オーストラリア、南アフリカ、ニュージーランド、ブラジルそしてウルグアイでの減産が予想されている
(Reuters, May 13, 2014)
2014年5月13日
次は炭酸ソフトドリンク業界を変えるか、キューリグ新製品
専用カプセルを使用したシングルカップ・コーヒーメーカー供給で、わずか数年の間に米国コーヒー飲料業界を大きく変えつつあるキューリグ・グリーン・マウンテン社(米国)が、2015年に発売するとしてすでに話題となっている第2弾新製品、キューリグ・コールド。コーヒーの場合と同様、カプセルを使用するが、炭酸カートリッジを必要としない、家庭用炭酸ソフトドリンク・メーカーである。あたかも自分だけの飲料を創り出すような楽しみと、重量の重い炭酸ソフトドリンクをスーパーから自宅まで持ち運ぶこともなく、家庭の冷蔵庫のスペースも節約できる利便性が消費者にアピールすると、同社は言う。ちなみに、コカ・コーラ社は、キューリグ・グリーン・マウンテン社の株10%を所有する。
この新製品発売を前に、キューリグ・グリーン・マウンテン社は、今年年末のホリディ・シーズンに向けて、次世代ホットコーヒーメーカー Keurig 2.0 の発売を予定する。それは、業界を変えた同社のシングルカップ・コーヒーメーカーのカラフ(ガラス製コーヒーポット)版とのこと(弊社業界情報2014年4月24日付に関連記事)
(FOODnavigator.com, May 8, 2014)
2014年5月12日
米国エナジー・ドリンクのコンビニ飲料売場スペース、拡張続く
米国では、エナジー・ドリンクの売上は依然上向きだ。コンビニエンス・ストアでは、エナジー・ドリンクは、現在、冷えた飲料用売場スペースで約20%を占めている。全米のコンビニ15,000店舗以上を対象に実施された調査は、エナジー・ドリンクが、ここしばらくの間、その他の飲料カテゴリーの中で最も売れている飲料であることを明らかにしている。近い将来、エナジー・ドリンクの売場スペースを現行の30%から50%まで拡張させることもあり得ると答えたコンビニエンス・ストアもあるという。現在エナジー・ドリンクは、コンビニでの飲料売上全体の25%を構成し、これは前四半期(2013年第4四半期)の22%から増加しており、この点からもコンビニが今後もエナジー・ドリンク入荷を積極的に進めると思われる。現在米国コンビニで好調な売れ行きを見せている飲料として、エナジー・ドリンクの他に、スポーツ・ドリンク/ウォーターならびにフレーバー・スパークリングウォーターが挙げられている
(CSP Daily News, May 12, 2014)
2014年5月8日
ヒスパニック系アメリカ人のためのビール
ビール・メーカー、SABミラー社とモルソン・クァーズ社のジョイントベンチャー、ミラークァーズ社(米国イリノイ州シカゴ)は、今年、特に米国人口の中で最速で増加する移民グループのひとつにアピールする味を持つという新製品、シトラス・フレーバーのビール「クァーズ・ライト・サマー・ブリュー」を先週発表した。クァーズ・ライト・ブランドでは初めてのラインナップ拡大となる。期間限定で販売されるこのビールは、ヒスパニック系アメリカ人(メキシコ、キューバなどのラテンアメリカ出自の人)をターゲットにしている。ビールで勝ち抜くためには、世界様々な国々の移民グループの消費者を味方に持つことだと、同社はコメントする。この新製品は、ミラークァーズ社が米国ヒスパニック市場で最大シェアを確保できなかったことの反省から生まれたものだ。
米国勢調査局によれば、2015年には、ヒスパニック系アメリカ人は米国飲料人口の15%を占めると予想され、2045年までにその数値は25%にまで上がると推定される。調査会社ニールセン社データによれば、20〜27歳までのヒスパニック系アメリカ人男性成人は、同条件の一般グループに比べ20%多く飲料を消費する。また、ヒスパニック系アメリカ人成人により消費されるビールのシェアは16.3%で、今後増えると見込まれる大きく貴重な消費者グループである。
ヒスパニック系アメリカ人は、フレーバーのある飲料を好む傾向があるとの調査から、ミラークァーズ社は今回の新製品を開発した。同社がすでに商品化した、フルーツ・フレーバーのRedd's Apple Aleもまた同様のアプローチによるもので、1年間限定で、マイアミ、シカゴ、オーランドなどヒスパニック人口密度の高い都市で販売され、最終的に、米国フレーバー・モルト飲料部門の売上で10%シェアを持つに至った。ミラークァーズ社は、広告戦略においても、多文化を念頭に、この新製品用には、一般用とヒスパニックに的を絞った広告とを制作している
(CNNMoney, May 1, 2014)
2014年5月1日
ビール1本単位の販売を許可、米国ミズーリ州
米国ミズーリ州議会は、同州の小売店によるビール1本単位の販売を認可する法令を承認する方向にあることを明らかにした。現在、ミズーリ州は、3本分の容量よりも少ない量の入る容器でビールを販売することを禁止しているため、小売店は、通常、ビールを最低3本まとめたパックで販売している。この法令が正式に施行される2015年には、ビールを、ビン、缶あるいはパウチで1本ずつ販売することが可能となる
(KSDC.com, Apr.29, 2014)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ