ニュース News

業界情報バックナンバー

2014年3月27日
米国コーヒー事情
米国では、一般的なコーヒーを毎日飲む人が減っている。昨年には、前年2012年の63%から61%に減少した。しかし実際には「コーヒー」を飲む人は増えている……エスプレッソをベースとしたラッテやカプチーノを飲む米国人は、2012年13%から2013年には18%とその割合を大きく増やしているのだ。つまり米国人はコーヒーにうるさくなったと、米国コーヒー協会は報告している。ドリップ・コーヒーメーカーで作られるコーヒーを飲む人が米国では2012年の43%から昨年37%に落ち込んだ一方で、シングルカップ・コーヒーメーカーによるコーヒーを飲む米国人の割合は、昨年、13%にアップしたが、これは前年のわずか4%からの大幅な増加となる。また、米国のコーヒー摂取の習慣は、年代によっても顕著である:
18〜24歳では、2012年の50%から、2013年には41%に減少、25〜39歳では、2012年の63%から、2013年には59%に減少、60歳からそれ以上になると、2012年の71%から2013年には76%に増加している。
このような調査は、米国コーヒー協会により1950年から毎年実施されており、今回はオンラインで実施されている
(Los Angeles Times, Mar.24, 2014)
2014年3月25日
知事公邸で地ビール提供
米国コロラド州の地ビール(craft beer)産業は年々勢いを増し成長を続ける。街の通りでは必ずと言っていいほど地ビール醸造パブを見つけることができる。そして、この木曜日に、コロラド州州都デンバーで、米国では前例のない、地ビール・バーを設けた州知事公邸でも、地ビールを味わうことができる。現州知事ヒッケンルーパー氏は、知事に就任する以前は、デンバー市内で人気の地ビール醸造レストラン、ウィンクープの経営者だった。彼がウィンクープ・ブリューイング社を創設した80年代後半に、地ビール産業が、今のようなコロラド州内だけで国の認可を得た醸造所232を数えるほどの規模になろうとは誰が想像したであろう。さらにウィーンクープのあるローワー・ダウンタウンはその当時、ゴーストタウンにほぼ近い状態であったのだ。「地ビールは、現在、コロラド州の象徴の一つであり、数多くの選択肢がある点で、自由を意味する。そして知事公邸は、もうひとつのコロラド州の象徴であり、訪れる人々を歓待し、コロラドを自慢する場所であり、そして地ビールを振る舞う場所となる」と、ヒッケンルーパー氏はコメントしている。この公邸で初日にケグから注がれるビールは、当然のことながらウィンクープのビールである。今後、コロラド州にある地ビール・メーカー全てからユニークなビールを順番に提供する計画だ。知事公邸はまさにコロラドの豊かさを見てもらえる展示場となる。コロラド・クラフトビール・ウィーク開始を祝うパーティが公邸で開催される今週金曜日夜には、地ビール・バーは完全に準備が整う予定だ。
(KCRA.com, Mar.24, 2014)
2014年3月20日
ボトルドウォーター、英国で売上伸ばす
ウォーター用PETボトルは軽量化が進んでいるものの、依然として環境への負荷が大きく、ボトルドウォーターそのものも高い価格で売られ過ぎているとも言われているが、それにもかかわらず、昨年、英国人は、ボトルドウォーターを前年2012年よりも8.7%多く消費し、売上も前年度比10.6%増加し、炭酸ソフトドリンクの売上(前年度比0.7%減)とは対照的であり、また、ボトルドウォーターの売上が、環境保護活動団体の働きかけが強まったことにより、9%落ち込んだ2009年当時の状況と比べても状況は好転している。確かに英国史上9番目の暑さを記録した昨夏に因るところが大きい。しかし、英国民の健康への関心の強まりが、高糖度の炭酸ソフトドリンク摂取を控えさせたこともウォーター売上増に大きく関連している。その点は米国の状況と同じだ。同時に、PETボトルが環境面に与える影響を緩和する要求も、容器製造業界に対して引き続き求められており、その一部の対策としてボトル軽量化開発は進められている。
(PackagingNews, Feb.10, 2014)
2014年3月18日
ビール・グラウラーの一部禁止とメジャービール・メーカーとの関係
米国フロリダ州は、地ビール・メーカーによる、グラウラー(growler, 量り売り用容器)と呼ばれる容器への充填・販売を正式に認可する。ただし、合法とされるグラウラーのサイズは、1ガロンと1/4ガロン・サイズに限られ、米国の他の47州では認可されている、最も人気の高いサイズであるハーフ(1/2)ガロン・サイズ・グラウラーの使用は禁止となる。この政府の対処が、フロリダ州地ビール・メーカーの間で論議を呼んでいる。その理由は、同州共和党への主要献金者が、米国メジャービール・メーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社の主力ブランド、バドワイザーの販売業者(アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社からは独立している存在)であり、その人物が、地ビール・メーカーの依然続く成長を抑える可能性のある規定を含む法案を支持するよう、共和党員に働きかけており、今回のハーフガロン・サイズ・グラウラー使用の非合法化実現にも関係あると言われているからだ。一方、米国のもう一つのメジャービール・メーカー、ミラークァーズ社の販売業者は、ハーフガロン・グラウラー使用の合法化を支持していると言われる。
フロリダ州では、2007年にわずか6社しかなかった地ビール・メーカーが、昨年では50社に増え、今年さらに28社が開業する予定だ
(SFGates, Mar.17, 2014)
2014年3月13日
スピリッツ・ビールに注目
ビール・メーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社は、ラム酒フレーバー・ビール"Cubanisto"を発表した。成長著しいスピリッツ(spirit(蒸留酒))ビール市場を現在独占する同社ライバル、ハイネケン社のブランド"Desperados"を意識し、劇場風マーケティングといった趣向を凝らした販売戦略を展開している。アルコール度数5.9%のラム・フレーバー・ビールは、3月24日に英国にて330mlサイズのビンで販売開始される。このビールは、シトラス、オレンジ・ピール、ライムで高められたラム・フレーバーと、キャラメル状にしたサトウキビや糖蜜の香りのアクセントを特長とする。ラム・フレーバー・ビールは、ITに精通し、流行の先端を行く18〜25歳の若年層をターゲットとし、特別なナイトクラブ・パーティ等に招待することで、彼らによるオンラインでのブランド宣伝など彼らからのサポートに期待する。
スピリッツ・ビールを含めたいわゆるフレーバー・ビールは、2012年ハイネケン社のテキーラ・フレーバー・ビール"Desperados"が発表されて以来、ビール・メーカーには、次の戦場と言われている。Desperadosは、現在、フレーバー・ビール市場の約2/3のシェアを持つ。この種のビールは、消費者を衝動的にそして気まぐれにさせるパブやクラブで売上を伸ばす可能性は高い。そこでは消費者は新しいものを求め試みる傾向が強く、スピリッツ・ビールが今のところ成功しているのもそのような要素をスピリッツ・ビールは多く持ち、また、若者がビールに求める甘さを持ち合わせているからだという
(Outdoor5, Mar. 6, 2014)
2014年3月11日
アルミボトル、プロテイン・シェイクの容器に採用
米国製缶会社ボール社供給の再封可能な缶、「アルミテック(Alumi-Tek)」アルミボトルが、カナダの天然プロテイン・シェイク飲料用に採用される(写真)。先週末、米国カルフォルニア州アナハイムで開催された自然食品エキスポ・ウエスト展示会にて、このカナダの飲料ブランドRumbleがアルミボトルで発表された。カナダでの発売に続いて、米国では5月に著名自然食品店にてデビューする
(The Canmaker, Mar. 10, 2014)
2014年3月10日
ハードサイダーの量り売り、米国ワシントン州で合法化
米国ワシントン州のハードサイダー(リンゴ酒)業界は、ハードサイダー量り売りの法案可決で、今後更なる成長を期待できそうだ。この法案は、小売店、バー、居酒屋等で、グラウラー(かつてビールの量り売りの際に使用されていた容器)を用いたハードサイダー販売を認可するもの。ビールの昔ながらの販売方法で、最近になっても、日曜日にアルコール飲料販売を禁止する州では、このような形でビール販売をする店もあった。ハードサイダーの人気は近年高まっており、グラウラー・ステーションも各地に見られ始めている。合法化により、サイダー・メーカーは、このニッチ市場に柔軟に対応し易くなる。リフィル可能なグラウラーには様々なサイズがあり、タップ(樽)から直接注ぎ入れられるので、鮮度の高いサイダーを味わえる。また、グラウラーは、近年、消費者が特に意識する「環境に優しい」容器としても最適である。昨年、似たような法案がオレゴン州で可決されて以来、同州のサイダー売上は著しく伸びており、ワシントン州でも同様の傾向が期待され、販売されるハードサイダーの種類も今後豊富になると予想される
(BeverageWorld, Mar. 10, 2014 / ktvz.com, Feb. 19, 2013)
2014年3月6日
ビールメーカー、米国でのハードサイダー販促強化
ハードサイダー(リンゴ酒)は、米国アルコール飲料業界で注目されている飲料のひとつである(弊社業界情報2013年4月9日付ならびに11月28日付に関連記事)。ハードサイダーは、米国で今年1月末締めの52週間でほぼ100%増の売上(レストラン、バーを除く)を記録した。米国ビール・メーカーのミラークァーズ社は、2012年にクリスピン・サイダー社を吸収したが、まだハードサイダー市場でのシェアはわずかだ。ハードサイダーは、米国では、どちらかといえば「cute」なお酒という印象が強いと見るミラークァーズ社は、そのイメージを「男らしさ」に変えることで、男性層へのアピールを図り、この市場での足がかりを得ようとしている。今回同社は、まもなく発売の同社ハードサイダー製品、スミス&フォージで、アルコール度数を平均よりも多少高くし、容器には16ozサイズ缶を採用する。一方のアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社も4月に、ジョニー・アップルシードを発売する。今回、両社ともに宣伝活動を強化している模様だ。大手ビール・メーカー、ミラークァーズ社とアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社が、ハードサイダーの数年前の米国急成長開始時期に参入タイミングを逸した間に、米国地ビール・メーカー、ボストン・ビール社は同社ブランド、アングリー・オーチャードを着実に根付かせ、現在、52%のシェアで市場を牛耳る
(AdvertisingAge, Mar. 3, 2014)
2014年3月4日
米国、次はエコノミー・ビール?
ここ数年、地ビール、サイダー(リンゴ酒)そして輸入ビールに多大なる力を注いできたメジャービール・メーカー。そのうちの二社、ミラークァーズ社とアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社(ABInBev)社は、今、米国労働者層が好む飲料、「安価な」ビール、に再び注目し始めている。米国ビール市場で合わせて約3/4のシェアとなる両社はそれぞれ、キーストーン・ライトならびにブッシュ・ライトといった従来からの「エコノミー(経済的な)」ビール・ブランドの販売促進に今年あらためて力を入れる。
経済不況に伴い、特に労働者層でのビール売上減が続いていた中、例えばミラークァーズ社は、ブルームーンやLeuven、またABInBev社はバドライト・ライムなど、価格の高めのブランドに販促活動を集中させていた。昨年では、プレミアム以下のビール売上が3.5%減少したが、プレミアムと位置付けられる地ビール、輸入ビール等の売上は11%伸びた。経済状況が悪い間、エコノミー・ビール消費者は、他のブランドに移るのではなく、ただ単に買う量を減らしてきたと言われる。一方で、昨年、エコノミー・ビール消費者は、ビールに年間平均252ドル使い、その購入のために店に18回出かけたのに対し、地ビールを好む消費者では、ビールに費やした金額は昨年平均169ドル、店頭には11回足を運んだだけだったとの統計もある。また、エコノミー・ビール・ファンは地ビール等をあえて選択することはないかもしれないが、地ビール・ファンは、家庭用にエコノミー・ビールをパックで買い置きしておくことはめずらしくないであろう。
年間310億ドルの米国ビール市場でエコノミー・ビールは60億ドル、1/5のシェアを持つ。結局、ビールメーカーにとっては無視できない存在だ。経済状況が上向きつつある今、ビールメーカーは、ビール人口の多い労働者層の消費力へ再び目を向け始めている
(Bloomberg, Mar. 1, 2014)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ