ニュース News

業界情報バックナンバー

2013年12月27日
地ビール、米国店舗での売上減少
北米フードサービス業界の製品追跡調査を専門とするレストラン・サイエンシィズ社によると、米国でのレストラン、バーなどの店舗における地ビール販売量が、この9月、10月ならびに11月の過去3ヵ月の各月で、前年比平均6%減少したことが報告されている。この調査結果は、米国の地ビール・メーカー1,000社(5,700以上のブランド数)の半数以上が店舗での販売量で前年比減少したことを意味する。地ビール新製品が毎日のように発売されるものの、店舗で販売される地ビール数は前年と比べて19%減少している。今秋、地ビール販売量は、家族向けレストランで前年比13%減少、高級レストランで同10%減少、一般的レストラン、バー、ナイトクラブで4%減と、軒並み減少する結果となった。この減少には複数の原因が考えられるが、その一部としては、今秋、レストラン等で実施された地ビールの3〜7%の値上げに、消費者が抵抗を示し始めている可能性があること、さらにはレストランやバーで提供される地ビール選定において、競争激化が続く中で、新製品を加えるにはすでに地ビールが飽和状態にある可能性もあることが挙げられる
(BeverageWorld, Dec.18, 2013)
2013年12月26日
アルミ飲料缶リサイクル率、欧州で着実に上昇
欧州アルミ協会(EAA)により今回発表された欧州でのアルミ飲料缶リサイクル率は、2011年度で68%を記録し、前年の65.6%を上回り、業界が2015年の目標とする75%に近づいていることを明らかにした。対象となった欧州諸国は、EU加盟国27ヵ国、EFTA加盟国4ヵ国ならびにトルコ。
2011年度の欧州リサイクル率上位10位の国々と最下位2ヵ国は以下の通り:
1. フィンランド:98%   2. ベルギー(+ルクセンブルグ):97%   3. ドイツ:96%
4. ノルウェー:94%   5. オランダ:91%   6. スウェーデン:91%
7. スイス:91%   8. アイスランド:88%   9. デンマーク:82%   10. ポーランド:74%
最下位  キプロス:16%   ルーマニア:22%
(The Canmaker, Dec.20, 2013)
2013年12月24日
ブラジル、アルミ飲料缶消費量増加続く
2012年1年間にブラジルの消費者一人当たりが使用した飲料缶数量は103缶で、前年の91缶から12%増加した。これらの飲料缶の多くはビールあるいはソフトドリンク用だが、果汁飲料や蒸留酒用に採用される缶の数も確実に増えている。1942年よりブラジルで飲料缶製造工場を操業し、現在では2ピース・アルミ飲料缶を製造する大手、クラウン・ホールディングズ社傘下のクラウン・ブラジル社は、今年、ブラジル北部のTeresinaに飲料缶製造工場建設の計画があることを発表した。新工場は、2014年に本格的に製造開始となる予定だ。
ブラジルで現在、飲料缶製造シェア50%以上を占めるのはレクサム社である。
(CanTech, Dec.16, 2013)
2013年12月19日
ボトルド・ウォーターの屋外販売禁止提案の行方、米国サンフランシスコ
米国カルフォルニア州サンフランシスコ市により提案された、21オンス・サイズ以下のプラスチック製ボトルで販売されるボトルド・ウォーターの屋外での販売禁止を促す法規制に関し、国際ボトルド・ウォーター協会(IBWA)は、昨日、サンフランシスコ市民自身に飲料選択を決める権利があるとして、この提案の不支持を明らかにした。もしボトルド・ウォーターが手に入らない場合、消費者は、環境に負荷のかかる包装を使い、甘味料やカフェイン等の添加物を多く含む、健康に良くないとされる飲料を購入せざるを得なくなると、IBWAはコメントしている。これは消費者へのアンケート調査でも実証されており、対象者の63%が、水道水を飲むよりもむしろ糖質を含む飲料を購入すると答えている。ボトルド・ウォーター・メーカーは、その多くが公共の水源を利用して製品を作るため、安全性・衛生面で優れている水道システムを強く支持する。今の時代、活動的な米国消費者がボトルド・ウォーターを好むのは、その高い品質、0カロリー、0添加物、そしてその利便性にある。98年から米国でボトルド・ウォーター消費量が73%伸びたのは、それまで炭酸ソフトドリンクや果汁飲料を飲んでいた消費者がボトルド・ウォーターに変えたことが大きな理由と言われる。米国のボトルド・ウォーターは、米国食品医薬品局(FDA)による基準により、包装食品として包括的に管理されており、ボトルド・ウォーターの安全性と品質を管理するFDAによる規制は、水道水を管理する米国環境保護局(EPA)のそれと最低でも同じであることが要求される。大量のゴミ発生に直結するとされる消費後のプラスチック製ボトルについては、2011年のリサイクル率は、2003年当時と比較し倍増したとの報告がある。また、ボトル重量の軽量化も進み、2011年の16.9オンス・サイズPETボトル重量は、2000年比で、48%軽くなっている。再生プラスチックの容器への利用も増えているとのこと
(Degital Journal, Dec.18, 2013)
2013年12月17日
地ビールの見た目
10年ほど前、米国のスーパーマーケットのビール売場は消費者を惹きつける様な場所ではなかった。正確にはわからないがおそらく2000年代中ごろになり、このビール売場に変化が見え始めた。今日、スーパーのビール売場は、地元で醸造される地ビールから英国を始めとする世界の輸入ビールまで多種多様な製品が華やかに所狭しと並ぶ。ビールの味に加えて、ビールの売場での見た目も重要な要素となる。ビール、特に地ビールのここ数年にわたる成長は、不景気のために頻繁に外出しなくなった特に若年層の消費者が、家で飲むのに高価なものは買えないが、高品質なものを求める傾向が強くなったことに関連がある。さらに最近では、大都市のバーやパブが、職人が手がける特別なエールをメニューに加えるようになったことも、地ビールの成長を加速させた。地ビール人気は米国ならびに英国でまず高まったが、今ではロシアそして北欧諸国産の地ビールへの注目が急激に高まっている。既に確立されたブランドを守るメジャー・ビール・メーカーに比べ、地ビール・ブランドは創造性を維持し、新しいものに挑戦するにもリスクが少ないことが、地ビール成長の重要な鍵を握る。そしてそれは容器デザインで特に当てはまる。地ビールは、その個性を思い切り容器上で表現する。地ビール・メーカーの多くは容器形状を変えるというような大胆な変更をするには予算が限られているが、ビンの色、エンボス加工そしてラベルで差別化を図るのが、コスト効率も高く有効としている。特にバーやパブでは、最近、ビールをビンで売る傾向が強くなっているため、バー・カウンターから消費者が見るビンのラベル・デザインは非常に重要となる。味のみならず容器デザインでもチャレンジャーでいることが、地ビール・メーカーの最大の強みである
(PackagingNews, Nov.7, 2013)
2013年12月12日
中国のビール・メーカー、カールスバーグ社が部分的買収を完了
デンマークのビール・メーカー、カールスバーグ社は、先週末、中国・重慶のビール・メーカーChongqingブリューワリー社の株を、すでに同社が持つ株29.7%から60%まで増やし、世界最大のビール市場である中国の地元ビール・メーカー支配を一層強める。この動きは、中国とミャンマーに新しい醸造工場を2工場建設するというカールスバーグ社の目標に基づくもので、アジアにおける同社戦略をさらに強化するものだ。アジアは、欧米市場のビール売上不振を埋め合わせるために、新興諸国で増え続ける中間層を狙う世界トップ4のビール・メーカー - カールスバーグ社、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社、SABミラー社、ハイネケン社 - の主戦場になっている。カールスバーグ社は、中国では2012年時点で、6番目の規模(2.6%)となる、中国中央地域ならびに西部に強い。Chongqingブリューワリー社は同国で2.3%のシェアを持つ。カールスバーグ社が今後、より強い資金力を持つ他の競合先よりも先んじて、規模の大きい買収機会を中国でつかむのは難しいのではとコメントする業界筋もいる。SABミラー社とチャイナ・リソーシズ・エンタープライズ社によるJV、CRスノー社が、中国市場で最大のシェアを持つビール・メーカーで、チンタオ・ブリューワリー社、BeijingYanjingブリューワリー社、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社がそれに続く
(FoodBev.com, Dec.11, 2013 / Reuters, Dec. 5, 2013)
2013年12月10日
米国業界サイトが選ぶ今年注目された飲料
今年2013年の米国飲料市場で最も注目された飲料は、天然の機能性とフレーバーを強調する新しいブランドであったと、米国飲料業界ウェブサイトBevNET.comは報告した。同サイトで2013年の飲料として選ばれた16のブランド全てが、出来る限り自然な状態で提供されている飲料である。そして今年の開発の大半がこの天然飲料カテゴリーから生まれている。これは、消費者が摂取カロリーや、甘味料・保存料・着色料を含む人工的成分にこれまで以上に敏感になっていることが理由の一つに挙げられる。
部門毎に選ばれた計16の飲料ブランドの一部を下記に紹介します:
2013年ベスト飲料:Suja - Cold-pressedならびにHPP(高圧法)による果汁・野菜飲料 / 容器 - プラスチックボトル
ベスト非炭酸飲料:Califia Farms Almond Milk - Califia Farms社によるアーモンド・ミルク。乳製品ならびに大豆を取り扱わないラインで製造された、米国で急成長する牛乳代替品のトップブランド / 容器 - カラフ形状プラスチックボトル
ベスト炭酸飲料:Motto - スパークリング抹茶飲料 / 容器 - 緑色ビン
ベスト容器デザイン:Found - 今年米国でデビューしたオーストラリアのメーカーによる果汁飲料ならびにスパークリングウォーターのためのビン
ベスト容器開発:Vita Coco Kids - ココナッツウォーター用に、テトラパック社供給の北米で初の製品となるテトラ・ウェジ・アセプティックカートンを使用。くさび形状のカートン容器
(BevNET.com, Dec. 9, 2013)
2013年12月5日
ロシア、ウォッカの更なる値上げ実施
ロシアは、アルコール飲料依存症者を減らすことを目的に、来年、ウォッカの小売最低価格を上げる計画だ。ロシア国民の死因の30%は、アルコール飲料過剰摂取によるものと推定されている(弊社業界情報2012年11月6日に関連記事)。来年1月1日より、最も安価な0.5リットル・ボトルサイズのウォッカの価格を、現行のものより17%上げ、8月にはさらなる値上げを実施し、最終的に、今年の価格と比較し30%上げることを計画する。すでに小売店でのウォッカ売上は落ちている。しかし、このような値上げが、結果的に、作り方を誤ると命取りにもなりかねない密造酒に人々を向かわせると警告する専門家もいる。ロシアは、ウォッカ・メーカーのシナジー社(ロシア)やCEDC社(ポーランド)、ビール・メーカーのカールスバーグ社(デンマーク)に対しても規制を強めている。現在、飲酒の許される最低年齢を現行の18歳から21歳に引き上げることも検討している
(Reuters, Nov. 29, 2013)
2013年12月3日
ブラジル、アルミ飲料缶リサイクル率で11年連続世界をリード
2012年度、ブラジルは、世界で最も高いアルミ飲料缶リサイクル率97.9%を達成した。これで11年連続の世界一となる。2012年、ブラジルは、重量267,100トンにおよぶ198億缶のアルミ飲料缶を再生利用した。このリサイクル率は、前年(2011年)比0.4%減となったものの、飲料缶販売量は前年比7.8%増、リサイクル率も7.4%増加した。ブラジルのリサイクリング事業は、消費済み飲料缶の集積地点、処理能力ならびに効率の向上に投資を続け、今後増加するであろう飲料缶の量に永続的に対応することが可能だと、ブラジル・アルミ飲料缶製造会社団体Abralatasはコメントしている。
ドイツ、ノルウェー、日本もまた、高いアルミ飲料缶リサイクル率を記録している
(The Canmaker, Nov. 29, 2013 / アルミ缶リサイクル協会によるデータ)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ