ニュース News

業界情報バックナンバー

2013年11月28日
サイダーへ本格参入、大手ビール・メーカー
アンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABInBev)社は、来春、ジョニー・アップルシードと名付けられたハードサイダー(りんご酒)ブランドを発表する。大手ビール・メーカーが、サイダー人気を無視できなくなっていると言える。米国の大手ビール・メーカー、ミラークァーズ社とABInBev社は、2011年までは米国サイダー市場には参入していなかったが、米国のサイダー総売上が急上昇した昨年に入り両社ともに動き出した。ミラークァーズ社は、昨年、ミネソタ州のクリスピン・サイダー社を買収(弊社業界情報2013年4月9日付に関連記事)し、来年、大々的な宣伝を掲げ、全く新しいブランド、スミス&フォージ・ハードサイダーを発売する予定だ。その一方でABInBev社は、これまで既存のビールブランド、ミケロブ・ウルトラとステラ・アルトワの追加製品としてサイダーを出していたが、ジョニー・アップルシードの名で新ブランドを立ち上げ、サイダーに長期的に関わることを決意したと見られる。同社が狙う消費者層は21〜27歳。ジョニー・アップルシードは、人気の高い地ビール、サム・アダムズのメーカーであるボストン・ビール社(米国)製造・販売による、すでに売上を伸ばしているサイダー・ブランド、アングリー・オーチャードを大いに意識したものだと、あるビール業界誌はコメントしている
(AdvertisingAge, Nov. 25, 2013)
2013年11月26日
炭酸ソフトドリンクも悪くない - グルメ・ソーダ
コカ・コーラ社やペプシコ社が売上低下で苦戦を強いられている米国ソフトドリンク市場で、Fentiman's、 Reed's、GuS、 FeverTree、 Maine Rootそして Q Tonicといった「グルメ」炭酸ソフトドリンクが、ナチュラル/スペシャルティ飲料の波に乗り、売上を伸ばしている。甘味料にステビアを初めて使用した炭酸ソフトドリンク・ブランド、Zeviaは、最近、特定のスーパーの売上上位20位以内に常に入る好調な売行きを記録している。オーネスト・ティー社による炭酸ソフトドリンク、オーネスト・フィズも好調だ。
この状況は、地ビールの成長過程とよく似ている、そして結局重要なのは高品質であることだと、ある業界専門家は言う。これら新しいソーダ・メーカーのグループは、天然甘味料ステヴィアを取り入れていたり、ティーやレモネードなど他の飲料を自身のブランドに結びつけ全く新種の飲料にすることにより成功している。地ビールやカクテルを流行らせたレストランやバー、あるいは自然食品ストアを通じて、消費者の舌が肥えてきている。高糖度炭酸ソフトドリンクを飲むという罪悪感を減らし、そして体重も減らす…その答えがこれらグルメ・ソーダ、またはcraft soda (地ビールcraft beerに対して)のようだ
(BEVNET, Nov. 20, 2013)
2013年11月21日
米国で変わりつつある1杯のコーヒー
米国では、シングルカップ・コーヒー市場が拡大する一方、焙煎コーヒーの売上が落ちていると、調査会社ミンテル社は最新報告書で明らかにしている。シングルカップ・コーヒーとは、Keurig/Green Mountain CoffeeやNespressoが供給するコーヒーメーカーで専用の1杯分カップ/カプセル/ポッドを使って作るコーヒーで、その売上は、2011年から今年にかけて213%増加する見込みだ。また、米国でシングルカップ・コーヒーメーカーを所有する成人人口の割合は、1年前の24%から今年は36%にまで上昇している。このようなシングルカップ・コーヒーメーカーは、今では家庭だけでなく職場でもよく見られるようになった。長時間放置されがちな、一人分以上の量を作る従来のコーヒーポットから注がれる鮮度の落ちたコーヒーに比べ、1杯あたりの費用が多少高くとも、これらのコーヒーメーカーが1杯分だけを作る点に消費者は大変満足している。さらにシングルカップ・コーヒーは、街のコーヒーショップで売られる焙煎コーヒーよりはまだ安く、列を成して待つ必要もない。いずれ、シングルカップ・コーヒーは、挽きたてのコーヒーを売上の点で上回ることはあるのだろうか?少なくともシングルカップ・コーヒーは、今後しばらくは安定した需要を見せると、業界専門家は予測する
(MarketWatch, Nov. 20, 2013)
2013年11月19日
プロテイン・ドリンク、米国飲料市場で存在感強める
今年1月から6月までに米国で発表されたプロテイン・ドリンクは74製品に及び、昨年同期の49製品を大幅に上回った。プロテインRTDドリンク、水で溶かして飲むパウダー状プロテインならびに栄養補給食品としてのプロテイン、これらを含むプロテイン市場は、昨年度に比べ著しく伸びており、この傾向は今後しばらく続くと見られる。消費者は、近頃さらに強まっている健康志向に加え、バランスのとれた食事を摂取するたの消費し易く、天然成分で、効果の高い方法を模索しており、それがプロテイン・ドリンクの需要上昇につながっている。飲料は、昔は、食物の消化を補助するために飲まれていたが、近年その役割は変わり、飲料は、スナックや食事の代わりや栄養補給のために利用されるようになった。そして、飲み易いプロテインの開発やプロテインの持つ健康上の価値を評価する消費者の知識が、飲料でのプロテイン使用に拍車を掛けた。スポーツをする人のための、プロテインの提供する筋肉増強効果を活かす従来のドリンクに加え、飲料メーカーは、プロテインの持つ満腹感誘発能力を利用する、体重管理のための飲料開発も推し進めている。おそらくこの分野が、飲料メーカーに、スポーツ人口向け製品を超え、主流の一般消費者向け製品供給を導く最大の機会を提供すると予測される。プロテインの種類も、従来のホエイ・プロテインから、体重管理により効果があると言われる大豆(ソイ)プロテインを筆頭に、藻類、野菜(エンドウ、アルファルファなど)、穀物(米)、雑穀(キノアやチア)のプロテインの開発にまで広がっており、メーカーは、特に後者の植物系プロテインを利用する飲料開発に注力し、より様々な機能を提供するプロテイン・ドリンク商品化を目指すと予想される。課題もある。プロテインが持つ一般的に好ましくないフレーバーや舌触りを今後克服しなくてはならない。また、各々のタイプのプロテインが提供する独特の機能特性を、個々に理解することも重要である
(BeverageWorld, Nov. 15, 2013)
2013年11月14日
ペプシコ社、インドへ50億ドル投資
飲料・スナック・メーカー、ペプシコ社は、2020年までにインド市場へ向けて、地元の事業提携会社の協力を得て、製造能力増強ならびに新製品投入の形で、およそ52億ドルを投資する。同社とその提携先は、配送インフラ整備などでインド農村地域に特に投資を集中させる。この発表から3ヵ月前には、同社のライバル、コカ・コーラ社が今後8年にわたるインドへの50億ドル投資計画が順調に進んでいることを発表したばかりだ。昨年度のコカ・コーラ社総収入のおよそ半分は、米国を除く海外市場から稼ぎ出されている。インドの炭酸ソフトドリンク市場におけるコカ・コーラ社のシェアは、2007年度の57%から昨年60.9%に増加した一方、ペプシコ社のシェアは、40.1%から36.4%に減少した。いまだ同国で低いソフトドリンク消費量が今後劇的に伸びることを両社は期待する。米国では、炭酸ソフトドリンク売上は、ここ数年の間下降し、10年前には米国飲料市場で60%を占めたシェアは、現在では、約40%にまで縮小している。ダイエット炭酸飲料ですら売上は大きく落ちている。この自国での売上低下を穴埋めするためにインドやブラジルといった新興諸国に投資を増やしているのが両社に共通する戦略である。しかしながら、両社が直面する問題はそれだけではない。巨大飲料メーカーにかつてあったオーラが、今失われつつある。ブランド価値を評価するインターブランド社(英国)による、世界のブランド価値をランク付けするベスト・グローバル・ブランドでは、これまで13年間続けてトップであったコカ・コーラ社が、今年、第3位に落ちた(ペプシコ社は第22位)。ちなみに第1位はアップル社である。ある企業が作り出す製品や価値観が、消費者の生活を変えることはめずらしくない。明らかに、コカ・コーラ社の1位から3位への転落は、我々の生活が彼らの製品によりもはや影響されることはなくなりつつあることを意味している。炭酸ソフトドリンクの校内販売を禁止する学校に通う今の若者達には、かつてはアメリカ・ポップカルチャーの一部を成していたコーラ飲料は、充分に魅力的ではないようだ
(Bloomberg, Nov. 12, 2013 / LiveMint & The Wall Street Journal, Nov. 14, 2013)
2013年11月7日
北アメリカ包装市場
北アメリカ(この場合にはカナダ、アメリカ合衆国ならびにメキシコ)は、消費者向け包装で世界最大の市場である。この市場は、2009年に落ち込みを見せたものの、現在、安定した伸びを見せている。2011年の三国のシェアは、米国が83.3%、カナダ9.8%、そしてメキシコ7.0%。そして現在、三国中で最も著しい伸びを見せるのがメキシコである。
北米の消費者向け包装市場で最大シェアを占めるのが板紙から作られる包装で、段ボール包装は、北アメリカの板紙包装売上シェアで最大である。また、硬質プラスチック包装も、この市場では順調に伸びている。硬質プラスチック包装でも、メキシコが三国の中で最も速い成長率を見せている
(PackagingDigest, Nov. 5, 2013)
2013年11月1日
米国ティー・メーカー、アジア地域のティー市場を参考に
米国で高まる肥満傾向について消費者の間に広がる懸念と、それに伴う高糖度のRTDティー飲料売上の低迷に伴い、市長調査会社ユーロモニター社(英国)の最新報告は、アジア地域にすでに販売されている高鮮度かつ低糖度ティーの成長を参考にすべきと言及する。また、この報告をした記者は、日本ではすでに、天然成分を含有する低糖度ティーの需要が著しく、他のアジア諸国でも人気が高まっていることにも触れている。アジア地域、特に日本で人気の高い、低糖度あるいはカロリーゼロのティー・ブランドとして挙げられているのは、お〜いお茶、綾鷹、爽健美茶など。急須で入れるお茶とRTD茶との相違が曖昧になってきているとも報告している。米国では最近になり購入前に飲料ラベルを見て成分・カロリー表示を確認する消費者が増えている。メーカー側もすでに低糖度・ゼロカロリー飲料開発の影響力を感じざるをえない。リプトン社、アリゾナ社、スナプル社など米国を代表してきたティー・メーカーの売上は、2013年落ち込みを見せている一方、PETボトルのゼロ糖度レモン・ティーを最近発売したコカ・コーラ社のオーネスト・ティー・ブランドやペプシコ社のピュア・リーフの売上は順調だ
(BEVNET, Oct. 24, 2013)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ