ニュース News

業界情報バックナンバー

2013年6月27日
ペプシコ社が持つ強さ
ペプシコ社は、米国の炭酸ソフトドリンク(CSD)市場占有率で、これまで常にコカ・コーラ社を越えることはなかった。この状況は今後も続くのだろうか?
ペプシコ社の真の強みは、ペプシコ社を著名にさせているCSD市場からでは見えにくい、その多様性にある。コカ・コーラ社がその収入の70%以上をCSDの売上から得る、飲料中心のメーカーである一方、ペプシコ社は、その収入の51%をスナック事業から得ている。ここ数年間、米国を含む先進諸国でのCSD売上が減少し続ける最大の理由は、肥満、糖尿病など健康に関わる問題とCSDとの関連性にあり、ますます健康志向が進む先進諸国の消費者はCSDから離れる傾向にある。この傾向が続くと、CSDへの依存度が高いコカ・コーラ社には、ペプシコ社よりもより大きな影響が及ぶと思われる。
その米国CSD市場は、コカ・コーラ社により、コークとダイエット・コークという2ブランドだけでシェア27%、そして全てのブランドを含めると42%という絶対的シェア(ペプシコ社は28%)で占められている。他方、世の健康志向に応じて今急成長を遂げている飲料カテゴリー、つまりボトルド・ウォーター、果汁飲料、スポーツドリンク各々でペプシコ社製品が占める割合は、コカ・コーラ・ブランドのシェアよりも既に大きい点は、ペプシコ社が持つ強みと言える。
海外に目を向けると、CSD市場では、先進諸国・新興諸国ともにコカ・コーラ社は、長年、最大のシェアを占めてきた。コカ・コーラ社は、新興諸国のCSD市場でもペプシコ社を上回り、例えば中国では15%以上、インドでは54%のシェアを握る。新興諸国における将来の経済力上昇・人口増加を考えると、今後この地域で成長が予想されるCSD市場のこの現実は、ペプシコ社には厳しい。しかしながら、今日、ネットで世界中に瞬時に伝わる情報伝達速度を考慮すると、先進諸国で広がる健康志向ならびにCSDの問題等の情報が新興諸国に伝わり、浸透し、想像以上に速くCSD売上増に影響を及ぼす可能性も十分にある。この場合、ペプシコ社の持つ新興諸国でのスナック事業成長の潜在力が、将来有利に働くことも考えられる
(Trefis, June 20, 2013)
2013年6月25日
中国バオスチール社、ベトナムにてアルミ缶製造開始
製缶会社バオスチール・パッケージング社(中国上海)の海外初のジョイント・ベンチャーによる飲料缶製造が、ベトナム、Bihn Duong省VSIP(ベトナム・シンガポール・インダストリアルパーク)にて開始された(弊社業界情報2011年3月29日付に関連記事)。この製缶工場のエンジニアならびに機器の大部分はストーレー・マシーナリー社(米国コロラド州)により供給されている。年間7億缶の生産能力を有す同工場は、33clならびに50clサイズのアルミ缶を製造する。この新工場稼動により、バオスチール・パッケージング社の持つ総生産能力は年間40億缶以上となる。なお、ベトナムでは、缶蓋径206から204への移行が進んでおり、2014年第2四半期までに完全に移行すると予想されている
(The Canmaker, June 21, 2013)
2013年6月24日
米国 ビンで炭酸飲料が売れる
ビンは、ここ数十年、飲料容器としてその存在を薄くしつつあるが、最近、低迷の続く米国ソフトドリンク業界で、需要増というまれな現象を示している。ここ2年の間、ビンに詰められる炭酸飲料の売上増加率が、PETボトルならびにアルミ缶で販売される炭酸飲料の数値(この数値には、スーパー、大規模小売店等のデータを含むが、コストコやコンビニ等での売上データを含まず)を上回っていると、情報解析会社ニールセン社は報告する。この傾向は、近年、米国三大ソフトドリンク・メーカー、つまりコカ・コーラ社、ペプシコ社ならびにドクター・ペッパー・スナプル社が、炭酸飲料販売で、容器・サイズ・価格それぞれにおいてより広範な選択肢を消費者に提供する必要性を理解し始めたことにある。今日、売上212億ドルの米国ソフトドリンク業界においてわずか2%しか占めないビンは、同業界全体の業績不振を解決するほどの存在には至らないもののの、ビンは、10代・20代のミレニアル世代、ベビー・ブーマー、そして中南米出身移民といった、ソフトドリンク・メーカーにとっての主要消費者層に多大にアピールする容器である。さらに、ビンは、他の容器と比較し、プレミアム飲料用に使用されることが多いため、利益率も高いこともメーカーには魅力だ。今年4月13日までの52週間、米国でビンで販売された炭酸飲料の売上は、2.6%増であったのに対し、PETボトルの場合は0.8%減、アルミ缶では1.9%減であった。さらにその前の1年間では、三形態ともに増加したが、4.5%増のビンは、2.5%増のPETボトル、1.4%増のアルミ缶をやはり上回っている。
ペプシコ社は、今年、全米で12オンス・サイズのビンを使用してペプシならびにマウンテンデューを販売している。下部が渦巻き状にデザインされたこのビンに入れられる飲料はともに、現在米国で一般的に甘味料として使用されるブドウ糖果糖液糖ではなく、砂糖で甘くすることで、高齢者層には昔懐かしい味が、そして、若年層にはビンがむしろおしゃれな容器として、それぞれアピールすると同社は見ている。一方のコカ・コーラ社は、誰もが知る、同社の象徴であるコントゥアー形状で長年ビンを限定的でありながらも使用しており、数年前からはそのビン供給を再び増やし始めた。ドクター・ペッパー・スナプル社は、三社の中ではビンでの提供が少ないが、メキシコを始めとする中南米諸国ではビンで炭酸飲料が広く売られているため、中南米系移民へのアピール度は高いと見ている。ビンは、米国ソフトドリンク・メーカーにとり、今、戦略上有効な手段のひとつである
(The Wall Street Journal, June 20, 2013)
2013年6月20日
東南アジアの飲料缶生産能力増強、クラウン社
製缶会社、クラウン・ホールディングズ社(米国)は、タイならびにベトナムに飲料缶製造工場を開場したばかりだ。ベトナムのDaNang工場は、先月初旬に生産を開始し、年間33clサイズ・アルミ缶7億2,000万缶の生産能力を有す(弊社業界情報2012年2月27日付に関連記事)。同社は、既に、ベトナムには、ハノイに1工場ならびにホー・チ・ミン・シティに2工場、飲料缶製造工場を持つ。一方、今月1ラインを稼動開始するタイのNong Khaeにある工場は、33clサイズの2ピース・アルミ缶を年間5億缶生産する能力を持つ。タイでは飲料容器としてのアルミ缶需要が急増しており、50clサイズの飲料缶、ならびに、33clサイズではスリーク缶をそれぞれ生産する能力を持ち合わせる。アジアでのスリーク缶製造は、同社にとり今回が初めて
(FoodBev.com, June 18, 2013 / DBR, June 19, 2013)
2013年6月18日
レストランのビール・カクテル、ビール缶のような器で提供
beer cocktails 全米展開するハンバーガー・レストラン・チェーン、レッドロビンズは、2種類のビール・フレーバー・カクテルに、独自の器を利用するサービスを始めた。レッドロビンズでグラス代わりに利用されているのは、実際に販売されているビール缶から蓋を取ったようなアルミ製器(写真)で、再利用可能。クァーズ・ライトの缶と同様のデザインを描くアルミ製の器で出されるのは、クァーズ・ライト・ビール、ジンジャー・リカー、レモネードをミックスしたカクテルで、レモンを絞って味わう。もう一つのビール・カクテルは、ミラークァーズ社の地ビール事業部が販売するブルー・ムーン・ブランドのひとつ、ブルー・ムーン・ベルジャンホワイト・ビールに、ウォッカ、オレンジジュース、フレッシュレモンジュースを加えたミックス。ブルー・ムーンのグラフィックで装飾されたアルミ製の器を利用する。米国ではここ数年、ビール・カクテルが地ビール・パブを発信地として人気を高めている。ビールと器を活用したユニークな企画は、レッドロビンズにとりこれが初めてではない。昨秋、人気の地ビールに、バニラアイスクリーム、バニラシロップ、キャラメルを合わせるというビール・ミルクシェイクを開発、それをパイント・グラスで提供した。この企画は大成功をおさめ、その後、冬バージョンのビール・シェイクも発表され、現在では通常のメニューに加えられている。レッドロビンズは、そこで使用されているグラスをお土産として販売することでも知られており、今回もここでしか得られないユニークな器を創ることが非常に重要だったと、同レストランはコメントしている。このアルミ製の器の使用は、今夏期間限定であり、器は同レストランにて5ドルで販売されている
(NBC News Business, June 13, 2013 / The CanMaker, June 14, 2013)
2013年6月13日
バドライト・ブランドに、アルミボトルを採用
ビール・メーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ(AB-InBev)社は、同社人気商品 のバドライト・プラチナム・ビール用に再封可能なアルミボトルを採用する。世界最大のビール・メーカーが、期間限定のプロモーション用にクラウンを蓋とする16ozサイズ・ボトルを採用した時を除き、小さめのサイズの再封可能なアルミボトルを使用するのは初めてだ。11.5ozサイズのこのアルミボトルは、米国ラスベガスのナイトクラブやプールサイドで入手可能となり、その後、10缶入りパックでの小売店販売を経て、今年後半に全国展開する。このアルミボトルには、AB-InBev社の米国子会社にて現在開発中の軽量D&Iデザインを使用していると見られる。2012年1月に発売されたバドライト・プラチナムは、同社によれば、新しいビールとしては、最速で売上を伸ばしているビールであるとのこと。AB-InBev社は、今年に入り、蝶ネクタイ形状缶やベント缶(弊社業界情報2013年4月18日付ならびに6月11日付に関連記事)など、同社人気ブランドに差別化を図る缶を積極的に採用している
(The CanMaker, June 12, 2013)
2013年6月11日
米国大手ビール・メーカー、缶の新機能開発続く
The vented can will go on trial in Louisville Click through to view MillerCoors new can ビール・メーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社は、同社ブランド、バドライト12ozのために開発された「ベント(vented / 空気孔付)缶」(写真・左)を、米国ケンタッキー州ルイスヴィルでの試験販売を今夏経たのち、今年後半には全国展開させる。ベント缶は、缶を開けたあとタブを反対方向に押し返すことにより、より多くの空気をビールに含ませることが可能となり、注ぎをなめらかにするだけでなく、フレーバーも高める。その扱い方の簡単さがこの缶の特長と同社は言う。この新しい缶の発表は、ミラークァーズ社が同様の働きをする「エア・ベント(air-vented)缶」(写真・右)を同社の人気ブランド、クァーズ・ライト用に今夏キャンペーンの一環として発表した1週間後に行われた。
米国ではビール用の容器として缶の人気が最近高まっている。昨年、ビール市場での缶採用は53%を占めた(2006年度では48%)。地ビールに至っては、2008年度、缶を採用する地ビール・メーカーは50社にも満たなかったが、2012年度にはその数字は262社に上昇した。また、地ビール・メーカーに比べ大手ビール・メーカーは、製品そのものに手を加えるよりも、今回のベント缶のように、包装で開発を試みる傾向が強い。それは、すでに全国的に確立されたバドライトのようなブランドに、消費者の関心をこれ以上惹き付けるには、包装以外では限界があるからだ。米国では、大手ビール・メーカー、地ビール・メーカーいずれも、容器として缶を選択する傾向が今後しばらくは続くと予想されている
(just-drinks.com, May 29 & June 7, 2013 / CNBC.com, June 6, 2013)
2013年6月6日
ニューヨークシティ、今度は紅茶・果汁飲料摂取に警告
昨年は高糖質ソフトドリンク16ozサイズ以上の販売禁止案を提示(現時点では施行されず)(弊社業界情報2012年5月31日付に関連記事)した、市民の肥満問題解決を目的とする、高糖質ソフトドリンクの消費削減キャンペーンを展開する米国ニューヨークシティの狙う次なる標的は、高糖質の紅茶飲料、スポーツドリンク、エナジードリンクそしてフルーツフレーバー飲料だ。ニューヨークシティ保健局は、今週、テレビコマーシャルならびにバスでの広告掲載を通して、これらの飲料はヘルシーに思われがちだが、糖分が高く、肥満につながる可能性がある旨を、子供や10代若者も含めた市民へ訴えた。同市は、そのような飲料を飲む代わりに、無脂肪牛乳、ウォーター、あるいは新鮮な果物を摂取するようにと呼びかけている。同市は、このために広告費およそ140万ドルを投じた。ブルームバーグ氏がニューヨークシティ市長に就任して以来、前述の法案を含め、屋内全体・屋外一部での禁煙、チェーン・レストランのカロリー表示など、健康を害するとされる事柄を取り上げ、当局による徹底した管理を試みている
(CBS New York, June 3, 2013)
2013年6月4日
二人でシェアするコカ・コーラ
And pull to reveal two half-sized self-contained cans for you and a friend 長年、"share happiness /喜びを分かち合おう"との言葉を広告に掲げてきたコカ・コーラ社は、そのコンセプトに基づく斬新なアイデア(弊社業界情報2013年4月30日付に関連記事)を消費者へ届けている。今回、同社は、コカ・コーラを二人で "share"するためにデザインされたクラシック・コカ・コーラ330mlサイズ缶を発表した。缶の両端を持ち、ひねって引っ張ると缶が真っ二つに割れ、缶半分の大きさの容器2つとなり、本体のコカ・コーラを二人分に分けることができる。米国で問題となっている肥満の原因のひとつと指摘される高糖質ソフトドリンクの飲み過ぎを防ぐ一助となるかもしれない。一方、「容器が含まれる分、コカ・コーラの分量そのものは330mlよりも少なくなっている」、「缶の廃棄量が倍増する」などの消費者からのコメントも見られる。この缶は、シンガポールで限定販売されているが、今後、他の市場へ展開するのかはまだ明らかにされていない
(MailOnline News, May 29, 2013 / Daily Packaging News, May 31, 2013)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ