ニュース News

業界情報バックナンバー

2012年10月30日
欧州の飲料缶需要増に伴い、新規ラインならびに工場建設続く
世界的規模のスポーツ・イベントほど飲料缶売上増に寄与するものはないと言われる。欧州では、2010年開催のFIFAワールドカップ・サッカーから始まり、今年ポーランドとウクライナで開催されたUEFAサッカー・チャンピオンズリーグならびに英国の夏季オリンピックまで、まさに飲料缶需要が減ることはなかった。それは、2011年の、特に西欧のビールとソフトドリンク両者の需要低迷に関わらず、である(弊社業界情報2012年7月3日付に関連記事)。そして今年第1四半期の欧州における飲料缶売上は、飲料缶メーカー欧州(BCME)によれば、前年同期比7%増。このように今日まで続く飲料缶需要増は、2009年に稼動開始した、レクサム社(英国)のデンマーク工場(2ライン)、キャンパック社(ポーランド)のロシア工場(1ライン)ならびにクラウン社のスロバキア工場(2ライン)増設、さらには2011年には、ボール・パッケージング欧州社のセルビア・ベルグラード(2ライン)、またクラウン社のトルコIzmit工場(2ライン)それぞれの増強で対応してきた。そして、欧州における新工場操業開始ならびに建設は、今後も少なくとも2年間続き、依然続く飲料缶需要増に備える。クラウン社がトルコOsmaniye新工場を近辺の中東・北アフリカ市場向けに、キャンパック社がフィンランド工場を、それぞれ今年稼動開始した。また、現在、レクサム社がフィンランドに新工場を建設中、オーストリアには、エネルギー飲料のレッドブル用スリム缶のための4ライン目を建設中だ。キャンパック社はロシアで同社2工場目を建設している。2011年時点での欧州のD&I 飲料缶製造ライン総数は107ライン(うち、アルミ缶ライン82 : スチール缶ライン 25)、総生産能力760億缶。この市場でシェア40%を占めるレクサム社の当時のライン稼動率は95%だった
(The Canmaker, 2012 October Issue)
2012年10月29日
アジア最大の飲料缶リサイクル・センターが操業開始
アルミ圧延ならびにリサイクルの大手ノヴェリス社(米国ジョージア州アトランタ)は、先週末、韓国栄州市に、アジア最大となるアルミ飲料缶リサイクル・センターを開場した。アジアは、飲料缶、自動車ならびに家庭用電化製品の製造のために使用されるアルミ圧延品では、現在、他のどの地域よりも成長の速い市場である。今回の韓国でのセンター開場は、2015年までにリサイクル能力合計2百10万トンへ増強というノヴェリス社によるプロジェクトの一環であり、これと並行して現在、ブラジルならびにドイツの同社工場でもリサイクル能力増強を進めている。また、ノヴェリス社は、2020年までに、同社により圧延されたアルミ製品のリサイクル材含有量を80%まで増やす目標を掲げている。ノヴェリス社は、アジア地域のアルミ・スクラップの大半を買うことを期待しており、使用済みアルミ飲料缶を始めとするアルミ・スクラップを、この韓国栄州のセンターにて再溶解・鋳造する
(Packaging Digest, The Canmaker, CanTech, Oct. 24, 2012)
2012年10月25日
RTDコーヒーが、米国で売上急増
最近では、米国人の飲むコーヒーは、コーヒー・ハウスに立ち寄って買ったコーヒーではなく、コンビニやスーパーで買い求めたRTDコーヒー(すぐに飲める、パッケージ入りコーヒー)の方が多いのかもしれない。そう思わせるほど、近年、RTDコーヒーの売上が米国で伸びている。特に大幅に売上を伸ばしているのが冷蔵RTDコーヒーで、今年7月初旬までの1年間の売上は、前年同期比184.2%増。トップブランドは、インターナショナル・ディライト(ホワイトウェイブ・フーズ社)。プロテイン・プラス・コーヒー(ボルトハウス・ファームズ社)が次に続く
(Dairy Foods, Oct. 9, 2012)
2012年10月23日
コカ・コーラ社、米国では同社初となるコーヒー販売の可能性
GeorgiaR Coffee by Coca-Cola Brands コカ・コーラ社は、米国で初めてコーヒー販売を試みる。現在、米国の小規模コンビニエンス・ストア数店舗にて試験販売段階にあるこのプロジェクトは、コカ・コーラ社が、日本で成功している同社ブランド、ジョージア・コーヒーを、コンビニでカウンター販売するもので、同社が投資を増やしているフード・サービス事業の一環。フード・サービスとしては、同社は、ソーダ・ファウンテン(弊社業界情報2009年7月23日に関連記事)、フローズン・タイプのコークとファンタ、さらにはスムージーを提供するが、コーヒーならびにティーに関してはこれまで米国市場での試みがなかった。作りたてのアイス・ティー、ゴールド・ピーク・アイスド・ティーと並んで販売されるジョージア・コーヒーを加えることにより、コカ・コーラ社は、必要な飲料全てを一社から一度に発注できるサービスをコンビニ・ストアに提供可能となる。コカ・コーラ社は、コーヒー・サービスをする場所は多くあっても、確立されているブランドはまだ少ないとし、このコーヒー・サービスのブランド確立を目指す
(CSP Daily News, Oct. 19, 2012)
2012年10月22日
中国飲料缶市場、撤退する会社と増強する会社
アルミ飲料缶製造会社レクサム社(英国)は、同社が中国で唯一所有する広東省肇慶にある飲料缶製造工場をパシフィック・キャン社(香港)へ売却したことが明らかになった(弊社業界情報2012年9月19日付に関連記事)。パシフィック・キャン社が中国で所有する工場は、これで6工場となる。この工場は製造ライン1ラインを有し、年間生産能力は5億缶と推定される。売却したレクサム社が中国市場からほぼ撤退するのとは対照的に、パシフィック・キャン社は、同市場で飲料缶生産能力をここ2年間で着実に増強してきた。同社は、北京、山東省(青島)、湖北省(武漢)、福建省(章州)と、中国の北から南にかけて工場を配置させており、今回、最も経済的発展が速く、客先ならびに競合先がすでに集まる広東省に拠点を得ることで、中国の要所を押さえたこと事になる
(The Canmaker, Oct. 22, 2012)
2012年10月18日
台湾の飲料缶製造会社、中国での製造能力を増強
中国での2ピース飲料缶需要は年およそ13%で増加しており、今から2013年末までに稼動開始を予定する新製缶ラインは13に及ぶ。台湾の製缶会社グレート・チャイナ・メタル(GCM)社は、同社子会社、上海ユナイテッド・キャン社の中国・上海近郊にある工場にて第2ラインを増設中で、これが完成すれば、同工場での生産能力は現在の倍となる年間12億缶に達する。同工場はまた、年間21億枚の缶蓋イージー・オープン・エンド製造能力も持ち合わせる。上海ユナイテッド・キャン社は、一方で、東洋製罐社とのジョイント・ベンチャーである重慶(Chongqing)ユナイテッド・キャン社工場(1ライン・年間生産能力4億缶)の50%所有を目的に、現在、東洋製罐社と交渉段階にあると言われている。GCM社は、本拠地台湾では3ピース缶製造を主力とし、2ピース飲料缶については、1981年に立ち上げた1工場(年間生産能力6億缶)を持つのみである。同社が現在注力するのはむしろ中国市場であり、前出2工場に加え、同社が100%所有する済南(Jian)ユナイテッド・キャン社(山東省・2ライン・年間生産能力12億缶)と、済南と同様の製缶能力を持つHuadongユナイテッド・キャン社(江蘇省鎮江)の株式を所有する。また、ベトナムには、製蓋工場を2004年に開場し、200径のアルミ製SOT飲料缶蓋を製造する
(The Canmaker, Oct. 17, 2012)
2012年10月16日
コカ・コーラ・ゼロ、欧州でコカ・コーラ・ライトを上回る勢い
レギュラー・コークと「同じ美味しい味」でありながらゼロ・カロリー飲料である点が売りのコカ・コーラ・ゼロは、欧州では現在、同社ブランドの中で、コーク、コカ・コーラ・ライト(米国ではダイエット・コーク)、ファンタに続く売上第4位のブランドとして定着しているが、コカ・コーラ欧州社のマーケティング・ディレクターは、4、5年以内に、第2位まで上る強力なブランドになると見る。市場調査会社ユーロモニター社によると、コカ・コーラ・ゼロ売上は昨年、北米市場で前年度比11%増であったのに対し、欧州市場では同14%増を記録、中でもスペイン、フランスならびにポーランドでは過去数年間20%〜30%の成長を見せている。このペースで行けば、コカ・コーラ・ゼロはライトを抜くと予想される。前出のマーケティング・ディレクターは、発売当初は、ライトはどちらかと言えば女性をターゲットにしたのに対し、ゼロはより男性へアピールする製品と位置付けていたが、現実には、コカ・コーラ・ゼロの方が国際的であり且つ普遍的なアピールのあることが明らかになりつつあるとコメントしている
(AdAge global, Oct. 15, 2012)
2012年10月15日
米国飲料業界、大型サイズ・ソフトドリンク販売禁止決定のNYCを提訴
米国ニューヨーク・シティ(NYC)保健局が来年3月施行を計画する、移動カードを含む食品店舗での16ozを超える大型サイズの高糖度ソフトドリンク販売禁止を阻止するため、飲料業界に関わる一部団体が、同保健局の決定に対し、提訴に踏み切った(弊社業界情報2012年7月5日に、関連記事)。訴訟を起こしたのは、米国飲料協会、米国レストラン協会、ならびに映画館所有者から小売店を所有する韓国系アメリカ人団体らから成るグループで、この禁止令は、飲料に関わるビジネスに不公平な負担を課すものであり、また、この規制推進者のNYCブルームバーグ市長の指名によるNYC保健局がソフトドリンクのサイズ規制を成立させる権限はないと主張する。NYCは、過去に、オフィスでの喫煙禁止やファースト・フード・レストランによる食品カロリー表示の義務をそれぞれ提言し、いずれの場合にも関係業界からの反発に対し勝利している
(The Wall Street Journal, Oct. 12, 2012 / Manufacturing.Net, Oct. 15, 2012)
2012年10月11日
中国ビール缶、缶蓋全面を取り外してカップに
アンハイザー・ブッシュ社ブランドのバドワイザー・ビールが、製缶会社クラウン・ホールディングズ社開発による、限定版となるフルオープンを蓋とする缶で販売開始される。150mlサイズのこのビール缶は、アジアでは今回初めての商品化となる、クラウン・ホールディングズ社の食缶と飲料缶両者の製造技術を結合させた、缶蓋全体を取り外して開口するタイプの200径蓋、名称「360エンド」、を使用する。この種の蓋をビール缶に最初に採用したのは、2010年南アフリカで開催されたワールドカップ・サッカー向けに使用したSABミラー社(弊社業界情報2010年5月13日付に、関連記事)だった。最近では、ブラジルのビール・メーカーBrahma社が採用している。360エンドでは、蓋全体を取り外せるため、缶のままの状態でカップとして使用し、消費者はそのままビールを飲むことができる。中国では、ナイトクラブやカラオケ・バーでの使用が期待されている。現在、360エンドの蓋(シェル)はアジアで生産され、タブ関連の加工は米国で行われている。一方、缶胴は欧州にて製造され、最終的に中国で充填される。今回の販売ののち、これら全ての生産は中国で行われる予定
(PackagingDigest/ The Canmaker / CanTech, Oct. 9, 2012)
2012年10月9日
カロリーを表示する飲料自動販売機
コカ・コーラ社も含めた米国の主要ソフトドリンク・メーカーは、低カロリー飲料を中心とする、「カロリーを表示する」自動販売機を来年より導入する。これは、米国で問題となっている国民の高肥満度傾向を懸念し、アメリカン・ベヴァレジ協会の協力を得た米国ソフトドリンク業界が実施するもの。まずは、シカゴとサンアントニオの市営ビル内に設置され、カロリー数値を販売機のボタンに示し、販売機でも低カロリー飲料を求め易くする。来年後半には全国展開する予定。高肥満度米国民の増加の問題を受け、ニューヨーク・シティでは、来年3月より、レストラン、映画館、デリなどでの16オンス・サイズ以上大型サイズの高糖質ソフトドリンクの販売が禁止される(弊社業界情報2012年5月31日付に関連記事)など、常に高糖質ソフトドリンクを提供する飲料業界に非難の矢が向けられてきた。この自動販売機の導入は、しかし、ソフトドリンク・メーカーにより消費者へ低カロリー製品購入を促すものではなく、むしろ、消費者が今望む、豊富な製品選択肢の提供、製品カロリーや栄養成分などの情報のわかりやすい開示等、消費者がこだわるものをマーケティングにつなげた結果生まれたものだと、ソフトドリンク・メーカーは説明する
(The Atlanta Journal Constitution, Oct. 8, 2012)
2012年10月4日
地ビール、地域を潤す
米国カルフォルニア・クラフト・ブリューイング協会(CCBA)は、カルフォルニア州の地ビール産業が、2011年、同州の経済におよそ30億ドルの経済効果をもたらし、さらに、いまだ2桁の失業率に悩む同州に、22,000以上の雇用を創出したと伝えた。カルフォルニア州の地ビール産業自身もまた、生産量で前年度比13%増、売上で同15%増を記録した。カルフォルニア州は、米国の他のどの州よりも多い地ビール年間生産量を誇る
(BeverageWorld, Oct. 3, 2012)
2012年10月2日
コカ・コーラ社、植物由来ボトルの素材生産会社との提携で更なる拡張狙う
コカ・コーラ社は、プラントボトル(PlantBottle™)で使用される植物由来の素材の生産拡張を目指し、JBFインダストゥリーズ社(インド)と業務提携することを発表した。素材供給会社との提携は、コカ・コーラ社に、再生可能な、低炭素プラスチック容器の商品化において今後も主導権をもたらし、また、2020年までに同社のプラスチックボトル全てにプラントボトル包装技術を使用するという目標達成をより現実的なものにする。コカ・コーラ社は、2009年に、初めて植物を一部原料とするリサイクル可能なPETプラスチックボトルを発表。今日に至るまでに、世界24以上を数える国々で100億本を越えるプラントボトルを売上げている。この提携をきっかけに、JBFインダストゥリーズ社は、世界最大となる、プラントボトル包装製造の主成分、バイオ材料由来のグリコール、の生産工場を建設する。場所は、材料であるサトウキビを現地調達するブラジル・サンパウロ。工場建設は年末に着工、完成までに2年を費やす。2009年発表以来、プラントボトルは、コカ・コーラ社のPETプラスチックボトルで使用されていた石油およ20万バレルに匹敵する二酸化炭素排出量を削減している
(Packaging Digest, Sept. 28, 2012)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ