ニュース News

業界情報バックナンバー

2012年9月27日
レクサム社はインドに臨む
飲料缶製造会社レクサム社(英国)は、アジア市場の重要性を認識し、来年1月より、既に同社が工場を有すインド、トルコ、エジプトを含む地域に特化した部門 - ベヴァレジ・キャン・アジア、ミドルイースト&アフリカ - を新設する。レクサム社は、インドでは、ヒンドゥスタン・ティン・ワークス社と提携し、ムンバイ近郊に飲料缶製造工場を持ち、投資を続ける。このアジア地域は各々の国独自の需要がある。インドの場合、これまで、紅茶、牛乳、果汁飲料を嗜む文化を持つ一方で、炭酸ソフトドリンクの市場ではなかった。アルコール飲料、特にビール消費に対する社会的タブーもある。また、缶はいまだごく一部の人々が触れることの可能な高級品である。しかし近年、インドには、これまでにない、しかし注目すべき消費者層が出現している。それは、子供、若年層(若く独身の就業者も含む)ならびに都市で暮らす女性である。これらの層が消費財購入の決定に大きな影響力を及ぼしている。さらに昔と異なるのは、彼らが必要性からではなく、個々のニーズを満足させるために購入することだ。これらの点で、飲料缶の受け取られ方にも、入手可能なものと見る変化が認められつつある。飲料缶を洒落た容器と見る若い世代(30歳以下が人口に占める割合は60%以上)がインド中産階級で占める割合も高くなっている点も、レクサム社は見逃さない。製缶工場操業にあたってはその国独特のチャレンジがあり、それは、インドの場合には、水供給と製品輸送の難しさにあるが、レクサム社は、インド市場に巨大なる潜在力を認め、インド市場の開拓をさらに進める
(FnBnews.com, Sept. 27, 2012)
2012年9月25日
ソフトドリンクと新興諸国
長年にわたり、ソフトドリンク業界の頂点を争うライバル、コカ・コーラ社とペプシコ社。これまでの主戦地である先進諸国、主に欧州と北米では、近年需要が滞り、現在、戦いの地は新興諸国に移りつつある。今年7月、コカ・コーラ社は、2020年までにインドへ50億ドルの投資計画を発表、また、昨年には今後3年にわたる中国への40億ドル投入を発表している。一方のペプシコ社は、中国には3年間で25億ドルを投じており、同様にインドへもすでに多くを投資している。飲料業界のみならずビジネス全般は、新興諸国に向かっているが、この業界が他の業界と違うのは、その地域における巨大とも言える潜在力だ。米国人は、一人当たり年間平均8オンス・サイズのコーラを400杯以上飲むが、中国人は同40杯以下、インド人は同10杯との調査結果がある。今後、アジア地域の人口は全体的に増え、各家庭の所得が改善され、より多くの人が有名ブランドを求める傾向になることは容易に予想される。さらに、飲料消費パターンは、その他の食品カテゴリーよりも世界的に一様である。食事の習慣はその地域の文化や宗教に密接に関わり影響されるが、飲料については、世界中、人々は、そのような習慣に関わりなく、同じ様な飲料を飲む傾向にある。ただし、新興諸国では、投資のリターンには長い時間が必要だと言われる。アジアでは、地元ブランドがすでに特定地域を長年独占する場合が多く見られる。コカ・コーラ社・ペプシコ社は、豊かな財力・戦略を駆使し、買収等を通じ、徐々に競争力を高めるであろう。時間の問題だとあるアナリストは予測する
(CanadianBusiness, Sept. 19, 2012)
2012年9月21日
米国飲料ブランド売上高シェア
市場調査会社ニールセン社による、広範囲にわたる米国の小規模商店、小売店から主要大型スーパーを網羅する売上情報を基に算出された、最新の米国内飲料ブランド別売上高シェアは下記の通り:
レギュラー炭酸飲料ブランド:1. コカ・コーラ(22.3%) 2. ペプシ(15.3%) 3. マウンテン・デュー(ペプシコ社)(11.4%)
ダイエット炭酸飲料ブランド:1. ダイエット・コーク(24.5%) 2. ダイエット・ペプシ(14.1%) 3. ダイエット・マウンテン・デュー(8.5%)
ボトルドウォーター:1. ネスレー・ピュアライフ(10.5%) 2. Glaceau (8.9%) 3. Dasani (7.7%)
冷蔵果汁飲料:1. シンプリー(20.0%) 2. トロピカーナ(18.2%) 3. ミニッツ・メイド(16.2%)
RTDティー:1. アリゾナ(21.9) 2. リプトン(15.7%) 3. スナプル(11.0%)
(BevNet, Sept. 17, 2012)
2012年9月20日
バロークス・ワイン、大和製罐社供給のボトル缶採用
オーストラリア・メルボルンのワイン・メーカーで、40ヵ国で特許を取得するワイン缶システムVinsafe工程を開発したバロークス(Barokes)社(弊社業界情報2011年12月2日付に関連記事)は、同社の株主ともなる日本の大和製罐社製造によるボトル缶 - スリム・ワイン・ボトル缶 - を使用して、来年、ワインを販売する。月およそ25万缶を売上げる日本は、バロークス社の最大の市場だ。両社それぞれの優れた特許技術が今後結合する可能性は、特に、環境への影響を常に考慮する新世代へのワイン缶拡張の期待をさらに高める
(The Canmaker, Sept. 19, 2012)
2012年9月19日
飲料缶製造会社、中国の工場売却へ
飲料缶製造会社レクサム社(英国)は、同社が中国で唯一所有する広東省肇慶にある飲料缶製造工場を売却する。売却先は現時点では明らかにされていない。この広東省肇慶工場は、レクサム社が2000年に、80年代には米国最大の製缶会社であったアメリカン・ナショナル・キャン社を買収した際、同時に買収したジョイント・ベンチャーだった。同工場は、年間生産能力5億缶と推定される製造ライン1ラインを有す。いまだ年間約13%の成長が見込まれると言われる中国市場からのレクサム社の2ピース飲料缶事業撤退は、その他のボール社やパシフィック・キャン社などのライバルがそこでの生産能力を増強する中、決定された。ただ、クラウン・ホールディングズ社はつい最近同社の中国市場増強計画を見直している(弊社業界情報2012年8月21日に関連記事)。 レクサム社は、世界に拠点を置く他の飲料缶製造会社とは異なり、元来、中国を最優先で投資すべき市場とは見ていなかったと説明し、他の市場での投資を続行している。現在、フィンランド、オーストリアならびに北米での工場あるいはラインの建設を計画し、また、インドやブラジルでの新工場建設にも取り組んでいる。これら新規プロジェクトに投じられる総事業費はおよそ2億6,700万ドルと言われる
(The Canmaker, Sept. 18, 2012)
2012年9月18日
米国アルミボトルのチャレンジ
成長を続け、著名ブランドが多く採用する日本市場のアルミボトルの状況が、米国でも起こり得るとの期待を持ちながらも、現時点で、米国のアルミボトルは、大手飲料メーカーにとり、ニッチの域を出ていない。最近まで海外で主流であったインパクト成形によるアルミボトルは、およそ5年前、D&I工程によるアルミボトルの登場で、コストと重量に関わる課題を改善した。インパクト成形アルミボトルの重量の2/3の重さ(例えば、16ozボトルで重量22g) を実現する軽量D&Iアルミボトルは、現在、エクサル社(製品名:C2C)、ボール社 (同Alumi-Tek)ならびにレクサム社(同 Fusion)により欧米市場で供給されている。1,000缶あたりコスト約$100の通常缶と比較した場合、インパクト成形アルミボトルの同コストは$350と3倍以上であったため、これまでアルミボトルは、飲料メーカーにとりマージンをより多く望める高級製品への使用に限られる傾向にあった。この点で、更なるコスト削減を見込める軽量D&Iアルミボトルで一歩を進めるのが、レクサム社。年間6,000万本のFusionアルミボトル生産能力を誇る製造工場をチェコに稼動させる。そしてボール社。現在、米国にAlumi-Tekアルミボトル製造ライン2ラインを有す。Alumi-Tekボトルは、米国で、特にミラークァーズ社のクァーズならびにミラーのビール・ブランドへの採用で認知度を高めている。さらには、ビンから缶への移行が進む、米国で高人気が続く地ビールのブラン、オスカー・ブルース社ならびにサン・キング社がそれぞれ、Alumi-Tekアルミボトルの採用を最近開始した
(The Canmaker, September 2012 Issue)
2012年9月13日
中国にて需要増に応え、飲料用軽量スチール缶開発
中国の製缶会社ORGパッケージング社(北京)は、来年、軽量化された飲料用3ピース・スチール缶を商品化する。新しく開発されたこの缶は0.12mm厚のティンプレート製で、従来の0.14mm厚から薄肉軽量されるため、材料節約が見込める。国内の飲料用3ピース缶需要増に対応するため、また、この新しい軽量スチール缶製造のため、ORGパッケージング社は、今年、既存の複数の工場(北京、広東省仏山、湖北省武漢)に新ラインを計8ライン据付ける。また、同社にとり初めてとなる飲料用2ピース・アルミ缶を浙江省杭州に最近開場し、また、第2ラインを、広東省肇慶に現在建設中で、来年に開場予定
(The Canmaker, Sept. 12, 2012 / CanTech, Sept. 12, 2012)
2012年9月11日
レクサム社、食品用プラスチック容器事業を売却
世界最大規模の飲料缶製造会社レクサム社(英国)は、同社の熱成形による食品用プラスチック製容器(ボウルやトレイ等)事業を、北米市場を率いる食缶製造会社シルガン社(米国コネチカット州)に売却した。この売却により、レクサム社は、90%、飲料缶部門に注力することが可能となる。レクサム社の2011年度飲料缶売上は、約60億ドルであった一方、プラスチック製容器(主にヘルスケア関連用)の売上は15億ドルであった
(The Canmaker, Sept. 5, 2012 / FoodProduction Daily.com Aug.31, 2012)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ