ニュース News

業界情報バックナンバー

2012年7月31日
米国炭酸ソフトドリンク・メーカー、おいしいゼロカロリーを模索して
少し前まで米国国民に愛されていた炭酸ソフトドリンクが、いまや米国の肥満人口増加の主因として煙たがられている。もはや高糖質ソフトドリンクの大型サイズ販売禁止を施行しようとする自治体はニューヨーク・シティだけではない。コカ・コーラ社やペプシコ社は、今、健康を懸念する人々を納得させ、消費量減少の一途をたどる現状を変える、おいしいゼロ・カロリー炭酸ソフトドリンク開発に躍起になっている。炭酸ソフトドリンクにうまみを与えていた成分は、高カロリーなブドウ糖果糖液糖(high-fructose corn syrup)。ダイエット飲料に使用されるaspartameなどの人口甘味料は、健康志向の強い今の時代にはもはや受け入れられない。それゆえ植物由来の天然の甘味料は最も期待される代替品である。現時点で最も注目され、すでにオレンジジュース、紅茶飲料を含むペプシコ製品やコカ・コーラでも使用される、南アフリカの低木から抽出されるステヴィアも含めたゼロカロリー天然甘味料の今後の課題は、独特のあと味をどのように処理できるかにあると言われる。コカ・コーラ社やペプシコ社は、フードフレーバー会社と契約し、独自の天然甘味料開発を試みているが、現時点では、商品化される製品は発表されていない。これまでとは異なる甘味料を使用して、コークやペプシのような最上級ブランド価値の製品の味を再現することは容易なことではなく、早急に商品化を進めることはできない。その一方で、小規模メーカー、ゼヴィア社は、ステヴィアを使用したコーラ飲料を商品化し、米国著名自然食品店10,500箇所で販売している
(South Bend Tribune, July 30, 2012)
2012年7月26日
欧州飲料缶の軽量化
製缶業界情報誌The Canmakerは、同誌8月号で、過去10年の間に、欧州におけるアルミ製飲料缶が軽量化を目指し、どれほどアルミ使用量を削減してきたかを明らかにする。2001年10月から飲料缶重量の変遷を見てきた同誌は、今回、欧州各地域の小売店で適宜に選んだ33clアルミ製飲料缶・缶胴の平均重量が10.39gと報告した。調査した缶の中には、調査開始以来初めて、10gを下回ったものもあったとのこと。11年前の2001年の調査では、欧州の33clアルミ飲料缶・缶胴の平均重量は11.25gだった。同誌の調査は総合的なものではないが、欧州アルミ製飲料缶・缶胴の重量は、10年にわたりおよそ8.3%削減されたことを示している。一方、北米市場の缶胴は、欧州の33cl缶より多少背の高い12ozあるいは35.5clサイズの飲料缶で平均重量10.6g。缶胴だけではなく缶蓋の軽量化も進んでおり、飲料缶全体の更なるアルミ使用量削減が期待されている
(The Canmaker, July 24, 2012)
2012年7月24日
中国製缶会社、バオスチール社とCPMC社が製品開発で協力
中国にて、製鉄業を中心とする親会社を持つ製缶会社バオスチール社は、スチール缶の開発で、中国最大の食品会社COFCO社傘下の製缶会社CPMC社と技術面での協力を約束し、両社でスチール缶のための研究所を立ち上げた。昨年より、バオスチール社の製品・開発部指揮の下、両社は容器のためのスチールの品質向上に向けて取り組み、牛乳缶の開発でその成果をあげている。バオスチール社とCPMC社は、今後、スチール性能向上を通じて広範囲にわたる技術的協力により、業界率いる両社の地位を更に高め、相互の利益達成を目指す
(CanTech, July 23, 2012)
2012年7月19日
米国ビール缶需要、順調に上昇
米国間製造者協会(CMI)の最新報告によれば、米国でのビール缶需要は、今年に入り順調に伸び、出荷量は、第2四半期(4月〜6月)に、前年同期比2.1%増加した。つまり、米国内で、約92億3,000万缶がビール・メーカーへ出荷されたこととなり、今年第1四半期の出荷量と合わせると171億缶に達し、今年上半期としては、前年同期比2.2%増となった。一方、ソフトドリンク缶の需要は依然下降している。そのため、米国での飲料缶全体の出荷量は、今年上半期で、前年同期比0.3%減の計471億缶となった
(The Canmaker, July 17, 2012)
2012年7月17日
ロシア、よみがえるか巨大ビール市場
ロシアは、中国、米国、ブラジルに続く生産量世界第4位の巨大ビール市場である。2000年から2007年の間に国内ビール生産はピークに達し、一人当たりの年間ビール消費賞は英国を上回る81リットルになった。2008年世界金融危機以降、しかし、ロシアのビール売上は減少の一途を辿っている(弊社業界情報2011年10月27日付に関連記事)。さらに、それまでアルコール飲料というよりはむしろ食事と共に味わう飲料として見られてきたビールが、2011年7月、ロシア政府により正式にアルコール飲料と定義された。これはつまり、自動販売機やキオスクでの販売は違法と見なされることである。2013年には、ビールの宣伝が全面的に禁止される。2020年までにロシアでのアルコール飲料消費量50%削減を目標に掲げるロシア政府の方針に、ビールは巻き込まれることになった。ビール・メーカーにとり暗雲立ち込めるこの状況は、しかし、伝統的なラガー・スタイルではない、RTDミックス・ビール飲料としての「スペシャル・ビール」には影響を与えていないようだ。この種の飲料は税率も低く設定され、低アルコール飲料化を進める政府の方針とも合う。また、そのような飲料は、過去無視されがちだった女性消費者や、新スタイルで甘めのフレーバーを好むと言われる若年層を惹き付け易い。ロシア人の約45%がこのスペシャル・ビールを購入すると言われている。スペシャル・ビール・ブームの火付け役は、6年前アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社が発売した「Redd's」。その後2010年に、ロシア最大のビール・メーカー(現在デンマークのカールスバーグ社傘下)、バルティカ社が「イヴ」を発表、そしてEfes社(ハイネケン社傘下)も「ドルチェ・アイリス」で参入、競争は始まっている。低迷するロシア・ビール市場は、新製品を抱える世界のビール・メーカーによりよみがえりつつある
(beveragemanager.net, July 13, 2012)
2012年7月10日
米国地ビール、夏こそ望まれる缶
米国各地でも夏の暑さが始まり、誰もがおいしいビールを屋外で飲みたくなる季節となった。米国では、近年、「おいしいビール」とは地ビールを指す場合が多い。そしてそのような「おいしいビール」は、つい最近まで例外なくビンに詰められていた。夏の季節に、割れる危険性のあるビンの持込を禁止させる公園、ビーチ、プールなど屋外では、その「おいしいビール」を楽しむことは不可能に近かったのだ。その全てを変えたのが、およそ10年前、コロラド州の地ビール・メーカー、オスカー・ブルース・ブリューワリー社だった。当時、缶に詰められたビールは、金属的な味が残るとして、味の点で、ビン・ビールよりも劣るという印象を持つ米国消費者が少なからずいたにも関らず、オスカー・ブルース・ブリューワリー社は、地ビールを缶に詰め、販売を開始し、おいしくないビールだけが缶で売られているという米国消費者の印象を払拭した。それから7年後の2009年、ビールを缶で販売する地ビール・メーカーは52社まで増えた。そして今日、その数は180社を超えると、米国ブリューワーズ協会は推定する
(CNN.com, July 6, 2012)
2012年7月5日
米国、ソフトドリンク・メーカー、NYCの大型サイズ・ソフトドリンク販売禁止提案に反対キャンペーン
16ozを超えるサイズの高糖度ソフトドリンク販売禁止計画を今年5月末に発表した米国ニューヨーク・シティ(NYC)(弊社業界情報2012年5月31日付に関連記事)に対し、コカ・コーラ社を含む米国ソフトドリンク業界は、それに真っ向から反対するキャンペーンを開始した。NYCをこの禁止計画に導いた米国の深刻な社会問題 -肥満人口増加- には触れず、むしろ「選択の自由」を主張するソフトドリンク業界は、NYCでの反対キャンペーン活動推進を目的に、ニューヨーカーズ・フォア・ベヴァレジ・チョイスと名付けた同盟を組織した。「ここは、NYC。この街のどこに住むか、どの野球チームを応援するかは個人の自由。誰も指示しない。なのに、我々がどのサイズの飲料を買うべきか、我々はこのまま市長に決めさせてしまっていいのか?」と選択の自由を強調。このキャンペーンには、ソフトドリンク業界を代表する、政界にも強力なつながりを持つ団体、アメリカン・ベヴァレジ協会も関わる。一方、NYCも、世論に影響を与えるキャンペーンをこれまで行ってきた。2009年以来、NYCは、メトロ、印刷物、インターネットならびにテレビで、炭酸ソフトドリンク消費と肥満の関連性を指摘してきた。このキャンペーンにかけられた費用280万ドルの87%は、連邦政府により提供されているとNYCは説明する。NYCによるこの大型サイズ高糖度ソフトドリンク販売禁止提案の公聴会は、今月24日に予定されている
(The New York Times, July 1, 2012)
2012年7月3日
欧州飲料缶需要、増加続く
欧州の飲料缶メーカーを代表する非営利団体、飲料缶メーカー欧州(BCME)、による最新報告書は、今年第1四半期で、缶が、2011年度に続き、飲料容器全体でのシェアを広げていることを示している。今年最初の3ヵ月間で、東欧・西欧を合わせた欧州の飲料缶出荷量は、前年同期比7%増加した。特に欧州のビール消費は、過去に、経済不安には弱い傾向を見せていたが、今回は一部ビール主要市場での増税に対してすら強さを見せ、充填量でも前年同期比2桁の増加を記録した。中でもフランス、ポルトガルならびにデンマークでのビール缶出荷量増加が目立った。ソフトドリンクの缶使用についても上昇傾向は同様で、ポーランド、ポルトガル、フランスでは低迷したものの、特にエナジードリンクの勢いが欧州では衰える様子は全くなく、オーストリアとスイスでの同ドリンクの充填量は前年同期比19%増を記録した。ビールとソフトドリンク両者のこのような結果は、6月開催のポーランドとウクライナでのサッカー欧州選手権ならびに7月末開幕のロンドン・オリンピックを見据えた大手飲料メーカーによる充填量増加に伴う缶需要増加もあったものと見られる
(CanTech, June 8, 2012)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ