ニュース News

業界情報バックナンバー

2012年4月30日
世界の飲料缶需要増傾向に、ボール社期待大
米国の飲料缶製造会社ボール社(コロラド州)の今年第1四半期飲料缶売上は昨年同期に比べわずかながら上がったものの同純利益では下げる結果となった。この期、同社の「アルミテック」アルミボトル缶ならびに7.5オンス(約222ml)缶を含む特殊飲料缶の需要が米国で順調に増加した。しかしながら、当初増加を見込んでいたブラジルならびに中国市場でのこの期の思いも寄らぬ缶出荷量伸び悩みがこれを相殺する結果を招いた。ブラジル、中国ともに成長が続く市場でこの期にボール社の飲料缶需要が低迷した理由として、ブラジルの場合、同社は第1四半期には完成しなかった(3月末に生産開始)新製缶工場操業開始までのあいだの、顧客側の飲料充填施設の変更という物流上の問題が生じたため。今年のスタートが期待していたよりも緩やかとなった中国の場合は、中国北部の例年よりも寒くなった冬によるところが大きかったとのこと。ボール社によると、すでに、今夏ロンドンで開催するオリンピックや、今年後半から始まるサッカー欧州カップ戦、それぞれに向けた各飲料メーカーによる販促活動も見え始めており、また、すでに3月末には、ベトナムでも、ボール社のジョイント・ベンチャーの新製缶工場操業も開始しており、今年これからが、世界の各市場で期待される需要増に、同社の新工場操業による本格的生産能力増強が加わり、大幅に飲料缶売上が増加すると同社は予測する
(The Canmaker, Apr. 27, 2012)
2012年4月26日
ブラスチック製蓋、コーヒーの熱さを色で伝える
スマート・リッド・システムズ社(オーストラリア)は、紙製カップで販売・受け渡しされるコーヒー製品にかぶせるプラスチック製蓋として「スマート・リッド」を開発した。耐衝撃強度を備えたポリスチレン(HIPS)から作られる、色の変化する使い捨てプラスチック製蓋は、日本、スイスならびに米国各国の研究所からの協力も得ながら8年の歳月を経て生まれ、飲料の熱い蒸気にあたると蓋の色が暗色から明色へ変わる蓋だ。温度の熱いコーヒーのカップにかぶせられた蓋を見るだけで、中身がどれほど熱いか、また、蓋がしっかりとカップに装着されているかを確認することができる。カップにじかに触れる蓋の縁部分(リング)全てが暗色のままであれば、その蓋はカップと完全に接触し装着されていることを意味する。逆に、暗色が蓋縁部分全体に行き渡っていないようであれば、熱い蒸気がカップから抜けている、つまり完全に装着されていないことを意味する。縁も含めて全てが明色に変化していれば、蓋そのものも非常に熱くなっており、つまりカップ内の飲料も非常に熱いことを知らせる。近頃、世界でもコーヒー消費量が非常に高い国々が集まる欧州で、スェーデンに本社を置く食品サービス会社が、この蓋の販売に関し、同国内での独占販売契約を結んだ
(Packaging Europe, Apr. 25, 2012)
2012年4月24日
飲料缶生産量増加、クラウン・ホールディングズ社
クラウン・ホールディングズ社(米国)は、今年第1四半期に、昨年同期に比べ7%多く飲料缶を生産したことを報告した。これは、欧州での回復が見られたこと、ブラジルならびに東南アジア地域で依然増加する需要があること、そして中国で昨年から今年にかけて操業開始した同社の製缶工場が、同国の飲料メーカーからの増える需要に対応したことによるものと、同社は説明している。そして、クラウン・ホールディングズ社は、中国、ベトナムならびにトルコにてまもなく更なる工場操業開始を予定しており、今年の同社による飲料缶生産量は更に増えると予想される
(The Canmaker, Apr. 20, 2012)
2012年4月19日
中国ビール・メーカー、飲料缶製造ライン増強
中国4大ビールのひとつパール・リバー・ビールのメーカー、Zhujiangブリューイング・グループ(中国)の製缶部門であるRongxin Packaging社は、広州近郊の同社工場に第2ラインを増設し、飲料缶製造能力を倍増させる計画だ。このターンキー・プロジェクトは、ドバイに本社を置くNDHグループと香港・中国本土を拠点とするPassrite社両社のジョイント・ベンチャーにより供給される。2ピースD&Iアルミ缶製造ラインとして2013年夏に操業開始予定。Rongxin Packaging社は、パール・リバー・ビール・ブランド用33clのアルミ缶を製造しており、現在、年間生産能力は4億缶。この第1ラインの年間能力を5億缶にアップグレードする一方で、新しい第2ラインを年間能力8億缶に設定する
(The Canmaker, Apr. 18, 2012)
2012年4月17日
アフリカへ、SABミラー社が更なる投資
ビール・メーカー、SABミラー社(英国)は、今後5年間、アフリカ大陸(南アフリカを除く)へ、毎年2〜3のビール醸造工場建設を含む最大25億ドルの投資をする計画があることを明らかにした。SABミラー社のアフリカ事業は、同社内で最大の設備投資を受けており、また、同社内の他のどの地域事業よりも速いペースで成長しているビジネスだ。アフリカは10億人が住む地であり、より多くの地域で政治的安定が今後続けば、次に来るべき最大の消費財市場と予想されている。しかしここでの一人当たりの年間ビール消費量はわずか8リットル、米国の70リットルと比較にならないほど少なく、ビールはいまだ豊かさの象徴だ。しかしながら、もし各家庭で作られるビールごときの飲料を含むとすると、ビール消費量は、先進国での消費量と同じほどになると見られる。もしビールがより手頃な価格で提供されるのであれば、今後15〜20年の間に、南アフリカを除くアフリカでの一人当たりの年間ビール消費量は30リットル近くに達すると予想される。SABミラー社は、高価な大麦の代わりにカサバやソルガムといった地元の材料を使用してより安価なビールの生産を、これまで以上に増やしている(弊社業界情報2010年7月6日付ならびに2009年4月14日付に、関連記事)
(Chicago Tribune, Apr. 16, 2012)
2012年4月16日
欧米ビール・メーカー、中南米市場での展開進む
昨日、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABI)社は、この買収案件の競合相手であったハイネケン社(オランダ)を退け、中米のドミニカ共和国の代表的ビール・メーカー、Cerveceria Nacional Dominicanaを傘下に収めた。これにより、カリブ海に位置するドミニカ共和国、アンティグア島、セントヴィンセント島ならびにドミニカ国それぞれにある、プレジデンテ・ビール・ブランドを始めとするビール、モルトならびにソフトドリンクの製造拠点全てが、さらにはそのほかの西インド諸島(カリブ諸島)、米国ならびに欧州の16の国々に向けての輸出製品が、ABI社に新たに加えられる。ABI社は、他の欧米ビール・メーカーと同様に、ビールの主要市場であった西欧・米国の長引く消費低迷の影響によるビール消費量低下を、成長著しい中産階級層の消費押し上げで活気づく中南米ならびにアジア諸国でのプレミアム・ビールの需要増で穴埋めることで、利益増を引き続き狙う
(The Wall Street Journal, Apr. 16, 2012)
2012年4月12日
アルミボトル製造ライン、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社が計画
世界的に知られるバドワイザーのビール・メーカーであるアンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABI)社が、来年、軽量アルミボトル製造ラインを立ち上げると言われている。このラインは、米国ミズーリ州アーノルドにある、同社の製缶部門メタル・コンテイナー社が操業する飲料缶製造工場に向けられる7,500〜8,000万ドル投資に、ライン増設も含まれているため、それがアルミボトル製造ラインではないかと予想されている。ABI社からはそのラインについての具体的な説明はなされていない。
ABI社はこれまで同社のプレミアム・ビールに16oz(約473ml)用の、高さのあるアルミボトルを使用して、売上増を目指してきた。このアルミボトルはインパクト押出技術によるもので、重量が50gあり、同サイズの容器と比べ3倍以上の費用がかかる。他方、ミラークァーズ社により使用される16oz用アルミボトルの重量は22g。これは、製缶会社ボール社(米国コロラド州)のすでに商品化されている「アルミテック」アルミボトルで、ライセンス契約を通じて、ユニバーサル製缶社(日本)のD&I技術を導入し、現在ボール社のインディアナ州ならびにコロラド州の工場にて製造されている。
ABI社はむしろ、すでに市場に出ているエクサル社(米国オハイオ州)によるアルミボトル(コカ・コーラ社が最大の顧客)、ならびにチェコの工場で製造されているレクサム社(英国)によるFUSIONボトル(ハイネケン社が多く使用)の製造ラインに近い、年間生産能力約5,000万缶の、複数のステージを持つネッキング・システムを利用するD&Iラインを計画していると見られる。
ABI社のアルミボトルが他社のボトルと異なると予想される点は、ベルバック社(米国ヴァージニア州)供給のロータリー・ネッキング・システムを使用する点で、美しい形を保ちながら、重量は39gと抑えられる。年間およそ4億缶の生産能力を提供する。イベント用の限定的生産ではなく、米国内全域に向けた、ビール用アルミボトルの大量生産を検討していると言われている
(The Canmaker, Apr. 10, 2012)
2012年4月10日
欧米人気ビール・ブランド、アルミ・ボトルで売上増狙う
業界の市場調査・分析を行うユーロモニター社の包装に関する最新調査によると、ビール売上不振が続く西欧/米国ビール市場は、特長として、その包装形態が非常に統合されているとし、2011年に世界で販売されたビール製品の98%が、ビンあるいはメタル缶いずれかを容器として使用したと報告している。そしてユーロモニター社が、このビール業界の傾向として指摘するのが、アルミ・ボトル使用の増加だ。モルソンクァーズ社(米国・カナダ)は、近頃、米国で非常に人気の高いクァーズ・ライト、そして英国のスムーズ・エールCaffrey'sを含む複数のブランドにアルミ・ボトル採用を開始し、また、ハイネケン社(オランダ)も、同社の著名ビール・ブランドのハイネケンに、ブランド・ボトルを使用している。今後、欧米で、アルミ・ボトルに詰められたビールが増えることが予想される
(FoodProduction daily.com, Apr. 5, 2012)
2012年4月5日
積み重ね可能なPETボトル開発
食品包装設備製造会社シデル社(スイス)は、サイズ250ml〜1リットルまでの中型サイズの飲料用PETボトルどうしの積み重ねを可能にする技術を開発したことを発表した。「スタック&パック」と名付けられたこの技術は、2013年までに商品化される見込み。3月末ドイツ・ケルンで開催されたAnugaフードテック・ショー/食品加工・処理技術見本市にてこの技術を紹介したシデル社は、PETボトルの底面に従来よりも深い凹みを入れることで、ボトルどうしの効率的な積み重ねを実現する。ボトルのネック部分が、上に重なるボトルの底面にぴたりと収まるため、積み重ねに必要な空間を削減すると同時に、上下ボトルの間へのクッション等の挿入を不要とする。ボトルが充填されキャップで締められると、ストレッチ・スリーブが6本のボトルをまとめて巻き、パックを作る。そして無駄のない積み重ねにより、欧州の標準型パレット上に、これまでの6層に代わり10層の積み重ねが可能となり、その結果パレットに搭載されるボトル総数が40%増加するとのこと
(FoodProduction daily.com, Apr. 5, 2012 / PackagingNews, Apr. 5, 2012)
2012年4月3日
ビスフェノールa、米国政府が包装での使用禁止要求を却下
米国食品医薬品局(FDA)は、先週金曜日、食品用包装で使用されるビスフェノールa(BPA)禁止を求める自然資源防衛協議会(NRDC)(自然保護に関るデータ収集などの活動を行う、米国に拠点を置く団体)からの要求を退けた。ビスフェノールaが健康に悪影響与える危険性があるとする具体的な科学的根拠が十分に提示されていないとの理由による。そうではあるものの、同局は、これが安全であるとする最終判断ではないとも述べ、BPAの安全性を検証する調査を引き続き支持することも付け加えた。BPAの安全性に関する更なる評価は、今年後半に完了する予定
(The Canmaker, Mar. 30, 2012 / FoodProduction daily.com, Apr. 2, 2012)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ