ニュース News

業界情報バックナンバー

2012年3月29日
ベトナムとマレーシアにて、キアン・ジュー社が飲料缶生産能力を増強
マレーシアを代表する製缶会社キアン・ジュー社は、マレーシアのNilai(クアラルンプールから南)にある既存製缶工場に隣接して設置されている生産ラインの能力アップならびにベトナムでの製缶工場建設により、同社の2ピース飲料缶生産能力全体を大幅に増強する計画だ。稼動速度4,000cpmで年間生産能力20億缶を持ち合わせることになるマレーシアNilaiのラインは来年完成予定。このラインの稼動が順調に進み始めた時点で、同社のマレーシアBatu Caves(クアラルンプールから北)にすでにある2ラインのうちの1ラインを、ベトナムに建設予定の工場へ移設する。今回ベトナムに建設される工場は、ホー・チ・ミン・シティ近郊の、キアン・ジュー社が60%所有するキャンパック・ベトナム社工場(コーヒー/果汁飲料缶に充填)に隣接する。キアン・ジュー・グループにより据付・整備される機器は、最終的に年間生産能力8億缶に設定される。一方、マレーシアNilaiで増強される、通常の飲料缶製造ラインの2倍の速度4,000cpmで稼動する計画のラインは、PACインターナショナル社(米国コロラド州)の協力を得て、二段階を経て目標速度に到達させる。缶ウォッシャーやオーブンを含む装置の一部を、中国のPPH Foshan社から供給。その他、ミンスター社製高速プレス、ストーレー社製ボディメーカーならびにデコレーター、CMB社製ネッキング・システムを装備する
(The Canmaker, Mar.28, 2012)
2012年3月27日
中国、炭酸ソフトドリンク事情
中国は、最近、先進諸国がすでにそうであるように、健康志向が高まりつつあり、炭酸ソフトドリンクについても低カロリーや無添加を求める傾向が見られ始めている。炭酸ソフトドリンクを好んで飲む中国の消費者のうち67%が、天然、ダイエットあるいは低カロリー製品を望んでいるとの調査結果あるにも関らず、飲料メーカー側がその変化に十分に迅速に応えていないと、消費者動向調査会社ミンテル社の最新報告書は伝える。実際、2011年に中国で発売された無添加の炭酸ソフトドリンク製品は、その年に新発売された炭酸ソフトドリンク全体のわずか1.8%しか占めておらず、2006年度の同様の新製品のシェア1.5%からわずかしか増加していない。これは、メーカーが消費者の健康志向をすでに把握している欧米市場と比べると対照的で、米国では、2011年、新発売された炭酸ソフトドリンクのうち無添加あるいはそれと同類の新製品は同カテゴリー全体の16%(2006年では12.5%)、欧州では37%(2006年14%)も占めている。一方で、中国人年間一人当たりの炭酸ソフトドリンク消費量は、2011年度で10.34リットルと、米国人の168リットル、英国人の57リットルに比べ非常に低い。(中国では、ミネラルウォーター、果汁飲料の消費量がより高い) 炭酸ソフトドリンクを消費する中国人の半分は仕事中に消費するとの統計があり、今後、小さめの内容量のシングル・サーブ、小型容器による天然・無添加炭酸ソフトドリンクの需要が高まる可能性があり、ここに、飲料メーカーがまだ入り込む余地があるのかもしれないと、ミンテル社はコメントしている
(MarketWatch, Mar.26, 2012)
2012年3月22日
コカ・コーラ社、内容量多様化を進める
コカ・コーラ社にとり、先進諸国における消費者の健康志向は、いわゆる「レギュラー(高カロリー)」炭酸飲料に対する大きな課題となっている。これは、昨今、中南米やアジア市場と比較し、炭酸飲料消費の低迷が続く欧米市場へ供給する炭酸ソフトドリンク・メーカー全てが直面していることではあるが、コカ・コーラ社は、この状況に対処する戦略のひとつとして、低カロリー飲料や健康に良いとされる飲料開発に加え、容器サイズ/内容量の多様化を図る。同社は、2010年に、内容量7.5oz(約222ml)の「コーラ・ミニ」缶を米国市場で発表。これは、従来販売される炭酸飲料の98%が、標準と言われる12oz(約355ml)缶である米国市場では、最も小さなサイズの缶だった。それに続き2011年には、それまでパックでも12oz缶が標準であったこの市場で、7.5oz缶8本をまとめたマルチパックを販売開始した。一方、コカ・コーラ社の世界最大の市場、メキシコを始めとするアルゼンチン、チリ、ウルグアイを含む中南米市場では、いまだ好まれる大きめの容器サイズで製品を販売する。そして、今月、コカ・コーラ社は、英国市場向けに、PETボトルで同社にとり初のサイズとなる内容量375mlのコカ・コーラを発表した。世界の各市場に即したサイズに出来る限り対応し、健康志向、消費者にとり求めやすい価格、そしてコカ・コーラ社にとってのリットルあたりの価値増加を目指す
(FoodProduction daily.com, Mar.20, 2012)
2012年3月15日
中国バオスチール社の缶蓋、コカ・コーラ社が承認
バオスチール・キャンメイキング社(中国)飲料缶蓋製造部門は、同社の製造する蓋に対してコカ・コーラ社よりサプライヤー承認を得た。つまり、上海近郊にある、昨年10月より稼動しているバオスチール社の新しい飲料アルミ缶蓋製造工場は、中国における同社飲料缶製造工場5工場で製造される2ピース缶(現在ほとんどがティンプレート製)用の蓋を、今後飲料メーカーへ供給することが可能になる。バオスチール社は30億の飲料缶を生産する能力を持っているものの、これまでは、蓋を他の会社より供給していた。バオスチール社は、さらに、第2ライン製蓋ラインの稼動開始を今年9月に予定しており、その時までには同工場の缶蓋生産能力は35億枚に到達する見込み。また、第3ライン建設計画もあり、それが実現すれば2013年には55億枚の缶蓋生産能力を有することになる。中国の飲料缶業界では、206径の蓋から、すでに他の多くの海外市場では使用されている、製造費削減を促す202径への移行が始まりつつある
(The Canmaker, Mar.13, 2012)
2012年3月13日
ボトルド・ウォーターの次は、パウチ・ウォーター?
先週、米国で、ハーバード大学を含む90校以上が、ボトルド・ウォーター用PETボトルの学内での使用を禁止あるいは制限していることが報告された。学生は、ステンレンススチール製ボトルや水飲み場を大いに利用するように奨励されている。それを受け、国際ボトルド・ウォーター協会は、ボトルド・ウォーターは、健康には良くないとされる他の飲料に代わって選択されている飲料であり、水道水の代わりとして飲まれているのではなく、このような措置は学生には良い結果を招かないとする声明を発表した。また、米国環境保護庁(EPA)の統計によると、米国全体の廃棄物に占めるボトルド・ウォーター用プラスチック製容器の割合はわずか0.03%。学内でボトルド・ウォーターを排除しても廃棄物削減には大きな効果はないと同協会は説明する。他方、PPiテクノロジーズ・グループは、これを、ボトルに代わるウォーター用容器としてのパウチを宣伝する格好の機会と見る。ボトルに代わる代替容器はパウチだと言うPPi社は、米国最大の自立型パウチ製造機械メーカー。ウォーター用容器としてパウチはボトルに代わるか?確かにパウチはPET材の必要性を大幅に削減し、炭素排出量は、他のどの種の容器よりも2/3ほど少ない。そして軽量。技術も向上し、これまでよりも2倍長い賞味期間を提供することも可能になった。一方、ボトルと比較し、輸送・保管での積み重ね等の取扱いがまだ容易ではない。現在の所、パウチの飲料セクターでの使用は、ニッチな市場や子供向け果汁飲料で大半を占めている。パウチの環境への負担の少なさを考えれば、今後の飲料市場の開拓の可能性は限りなく大きい。
一方、大学でのこのような使用制限にも関らず、最近になり、米国のボトルド・ウォーターの売上は再び上向きになっている(弊社業界情報2012年3月6日付に関連記事)
(Plastics Today, Mar. 9, 2012)
2012年3月12日
新ビール、次はライ麦
米国の地ビール・メーカーが今、コクのある強めの味わいを好む地ビール・ファンのために注目するのが、ライ麦。米国では、ライ麦を原料とするウイスキーが1790年代に初めて蒸留されたと言われるが、ライ麦をベースとするビールは、米国では新しい。2000年に米国ビール・フェスティバルで紹介されたものの当時はライ麦ビールというカテゴリーすらなかったため、全国的に認知され始めたのはごく最近だ。北緯50度以北の欧州では、ライ麦ビールは、よりなじみがある。ドイツではロッゲンビアとして知られ、また、ロシアでは、古くなったライ麦パンから作られる弱めのビールがある。ライ麦を使用するのは、通常のビール醸造と比べ手間がかかるが、仕上がりの味は、風味豊かでスパイシー、時にはりんごのような果実の後味を残すと言われる
(The Wall Street Jounal, Mar. 10, 2012)
2012年3月8日
アイスティー・ビール、米国ビール・メーカーを救うか?
米国のビールは、もはやかつての勢いを失い、ワインや蒸留酒の後塵を拝しているのが現状だ。そこで、ビール・メーカーは、新種のビール開発により新たなる消費者を呼び込むことに注力している。ごく最近の開発製品の一つは、モルソン・クァーズ社による「クァーズ・ライト・アイスドティー」と名付けられた、アルコール度4%、カフェインを含まないアイスティー・ビール。来月、まずカナダで販売開始し、いずれ米国へと市場を広げる予定。
アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社もまた、アルコール度4%の、ビールxアイスティーxレモネードを合せた製品「ミケロブ・ウルトラ19番ホール・ライト・ティー&レモネード」を来月米国でデビューさせる。ビール・メーカー大手が相次いでアイスティー関連製品を出すのは、サミュエル・アダムズ・ビールで地ビール人気に火をつけ、現在も米国で人気の高い地ビール・メーカー、ボストン・ビール社が「ツイステド・ティー」ブランドを成功させたことによる。この製品に代表される「ハード」つまりアルコール入りアイスティーならびにハード・レモネードは、今、米国消費者が注目する飲料だ(弊社業界情報2011年9月20日付に関連記事)。一方、ビールの中でも地ビールだけは依然として売上を伸ばす。米国のビール醸造所は1,900を数え、さらに800増えると報告されている
(The Wall Street Jounal, Mar. 7, 2012 / msn.money, Mar.7, 2012)
2012年3月6日
ボトルド・ウォーター、米国で回復の兆し
米国コンビニエンス・ストアでのボトルド・ウォーターの売上が再び、安定した売れ行きを見せていることが報告されている。スパークリング・ウォーターならびにビタミン等栄養を強化したウォーターの人気に加え、よりお買い得なプライベート・ラベル・ブランドの人気上昇が、この好調な売上を支えている。昨年までは、消費済みボトルの処理の環境に与える影響が叫ばれ、また長引く不況も手伝い、飲料として水道水を選択する傾向が特に欧米先進諸国で広まり、ボトルド・ウォーター売上は伸び悩んでいた。しかし、米国では、依然続く健康志向の影響で、ボトルド・ウォーターが再び注目を集めている模様だ。今後、ボトルド・ウォーター売上増をさらに促すには、やはり環境に優しい製品であることを消費者に伝えることが重要となる。ネスレー・ウォーターズ北米社、ペプシコ社、コカ・コーラ社、レッドブル社を含めた大手飲料メーカーは、最近になり、米国にて消費後の飲料容器の収集・リサイクルに係る責任をメーカー自身で取る法施行を支持することを表明したと、ある環境保護団体の最新報告書は示している。以前は米国では明確でなかったこの飲料メーカーの取組み表明は、米国消費者を安堵させ、プラスチック製ボトルに詰められた飲料購入への抵抗を和らげるのに大いに寄与するだろう
(Convenience Store Decisions, Feb. 29, 2012)
2012年3月5日
バドワイザー・ビール、米国でビール製造拠点をたどるデジタル・ツアー・キャンペーン
米国を代表するビール、バドワイザーが、「君のバドの足跡をたどろう」と名づけられた「デジタル」キャンペーンを発表した。これは、消費者のスマートフォンから、消費者が手にしたビールの醸造された場所を、米国12都市にあるバドワイザー醸造工場の中から特定できるもの。バドワイザーの容器上に印刷されたQRコードをスマホでスキャンし、無料アプリをダウンロードして、そのサイトにそのビールの醸造日を入力すると、バドワイザー"ブリューマスター"が大麦やホップの原産地から始まり、7段階から成る醸造工場を含めたビール誕生ツアーに導いてくれる。さらに、そこからFacebookを通じ他のバド・ファンとつなげたり、各工場から贈られるバッジ収集の機会を提供するなど消費者を楽しませる工夫が凝らされている。このツアーを通じ、バドワイザーは、バドが米国を代表するビールである一方、バドのために優れた原料を栽培する米国各地域に散らばる農業施設を介し、バドが地元から生まれるビールであること、つまり、米国各地域の人々とつながりがあること...を消費者に強調する
(Packaging Digest, Mar. 1, 2012)
2012年3月1日
コーヒーフルーツ飲料、アサイーに続くスーパーフルーツとして米国で人気上昇
売上低迷が続く米国ソフトドリンク業界では、近頃、アサイーに代表されるいわゆる「スーパーフルーツ」が、ポリフェノールや鉄分の含有量が非常に高いとして、今の健康志向のトレンドと合致し、この果実を使う高級ドリンクが開発・商品化されてきた。今後も続く健康志向を見込み、次の新種フルーツを模索するブランドオーナーが今最も熱い視線を注ぐスーパーフルーツがコーヒーフルーツと言われている。米国ではすでに飲料として商品化され注目されている。ハワイ産のコナ・コーヒーフルーツは、アサイーやざくろよりも強力な抗酸化特質を持ち合わせ、ORAC(酸素ラジカル吸収能。健康食品等の機能を計る新しい指標になりつつある)数値はずば抜けて高いと報告される。コナレッド(KonaRed™)は、初の100%ハワイ・コナ産の最高級コーヒーフルーツを原料とするスーパーフルーツ・ジュースとして、ハワイ州で人気を確立している飲料製品。今月初旬、米国カルフォルニア州アナハイムで開催される天然製品展示会を皮切りに、米国本土、特にカルフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、コロラド州、モンタナ州ならびにアイダホ州でのさらなる売上拡張を図る。コナレッド(KonaRed™)は、コナ・コーヒー・ビーンを内包し、保護し、ビーンに栄養を与える果実の部分を原料とする。コナレッド(KonaRed™)はすでにサーファー・チャンピオンなどアウトドア・スポーツ選手や健康を推進する著名人のファンを得て、知名度を上げている。さらにコナレッド(KonaRed™)は、その機能性だけではなくサステナビリティの点でも優れている。従来、ハワイのコーヒー栽培で使用されることのなかった年間4,000万トン以上におよぶコーヒー・フルーツを大いに活用する。栽培から充填まで一元管理可能な製品だ
(BevNET, Feb. 28, 2012)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ