ニュース News

業界情報バックナンバー

2011年11月29日
2012年欧州飲料市場に向けてのボール社戦略
市場調査会社データモニター社によれば、2012年の欧州飲料業界には高い成長が見込まれている。欧州市場だけでも、来年は、エナジードリンクが前年比6.2%増、RTDティーは同1.28%増が予想される。ボール・パッケージング・ヨーロッパ(BPE)社は、来年2012年のこのような傾向に標準を合せた戦略を進める。
@再封可能なアルミ・スリーク缶: BPE社の33clサイズのアルミ・スリーク缶用では初の生産ラインが2012年春にオランダのOss工場にて稼動開始する。これまでスリーク缶は、ドイツにある同社Weissenthurm工場でしか生産されず、また、スチールから作られていた。Oss工場での既存生産ラインをスイング・ラインに変更したことにより、発注内容に応じて、ラインを標準缶あるいはスリーク缶用いずれかに柔軟に変更可能となる
Aアルミ・ボトル: 通常のボトル用充填ラインで充填可能なのが、BPE社のアルミ・ボトル。押出成形によるアルミ・ボトルに標準型クラウン・キャップを取り付ける。2012年初頭より、チェコのボール社エアロキャン部門にて33clと50clサイズを生産する
B再封性プラスチック製蓋: ボール・リシーラブル・エンド「BPE+」と呼ばれる再封性蓋は、果汁飲料、フレーバー・エナジードリンク、アイスティーを含む低温殺菌を必要とする飲料全てに使用可能となる。BRE+を特長とする缶を採用する初めてのエナジードリンクが、2012年初頭にドイツにて発売される
(packagingnews.co.uk, November 22, 2011 / Packaging Europe, November 10, 2011)
2011年11月24日
ニュージーランド、飲料缶生産能力を倍増
オーストラリアならびにニュージーランドを代表する製缶会社アムコー社、その傘下にあるアムコーAustralasia社は、ニュージーランドのオークランド南のWiriにすでにある工場に新ラインを加え、生産能力を倍増する計画を昨年発表し(弊社業界情報2010年3月9日付に関連記事)、すでに今年初頭より操業を開始していたが、今週火曜日に正式に開場した。現在、同工場は年間3億缶を生産するが、これはニュージーランドの飲料缶生産量全体の70%を占める。この第2ライン稼動により、年間生産量はいずれ6億缶となる。今回の新ライン増設は、同社ならびにニュージーランド市場にはこれまでなかった新技術、例えば8色印刷機、最新のエンボス加工機、そして500mlサイズ缶製造能力などをもたらすことになる。世界的に通用するこのような能力ならびに効率性をニュージーランド飲料市場が得ることこそが、この市場のグローバル化、競争力強化には欠かせないと同社はコメントする
(Guide2, November 22, 2011 / The CanMaker, November 22, 2011)
2011年11月21日
米国地ビール・メーカーに、移動式缶充填サービスを提供
米国で依然売上好調が続く地ビール・メーカー向けに、移動式缶充填機器を提供するモーバイル・キャニング社が米国コロラド州で立ち上げられた。同社は、まずはコロラド州に市場を絞り、缶充填ライン購入や稼動を自社では行わない小〜中規模の地ビール醸造会社へサービスを提供する。同社のサービスに含まれるものは、移動式缶充填ライン、印刷済みあるいはブランクの缶供給、充填前の缶洗浄、缶サイズ変更に応じた現場でのライン変更。料金は、充填するビール数に応じ数百ドル〜数千ドル。ラベル装着も可能。同じコロラド州に拠点を置くワイルド・グース・エンジニアリング社がこの移動式充填ラインの設置を行う。このサービスの最初の供給先は、クラブツリー・ブリューイング社で、同社ブランド、エクリプス・ブラックIPAを充填する
(DBR, November 21, 2011)
2011年11月17日
ロシアに、キャン・パック社が2番目となる飲料缶製造工場を建設
製缶会社キャン・パック社(ポーランド拠点、米国F&Pホールディングズ社傘下)は、ロシア南西部に位置する、2014年冬季オリンピック開催地ソチに近いRostov-on-Donに、同社にとり第2番目の工場となる飲料缶製造工場を現在建設中だ。2012年末までに操業開始を予定する。生産ラインの設備エンジニアリングは、レースライン社(米国)により供給される。それ以上の詳細は公表されていないが、予想される顧客は、ビール・メーカーBaltika社ならびにEfes社で、両社ともにこの地域に醸造工場を持つ。現在、ロシアで最大の飲料缶製造会社は3工場を持つレクサム社(英国)。2009年のロシア飲料市場の落ち込み、それに続くビール販売に対する税の増税施行(弊社業界情報2011年10月27日付に関連記事)以降、ロシア国内での缶需要は上昇しており、2010年にはビールならびにソフトドリンク充填会社へ出荷した缶数はほぼ51億缶となった
(The CanMaker, November 15, 2011)
2011年11月15日
紙製ボトル、牛乳の次はワイン用
世界初の牛乳用紙製ボトルを開発したイギリスのグリーンボトル社は、売上10万本を達成した。南西イングランド地方のAsdaストアで紙製ボトルを採用する牛乳を販売し成功を収めた同社が今度は、世界初のワイン用紙製ボトルを開発したことを明らかにした。現在同社は、早ければ来年中にも英国市場で販売できるように、スーパーやワイン生産者と交渉中。従来の牛乳用ボトルの1/3以下のプラスチック使用量で済むこの牛乳用グリーンボトルは、薄いプラスチック製ライニングとする紙から作られる。そのため、炭素排出量は少なく、堆肥化可能で、数回リサイクルでき、廃棄ののち数週間で分解するとのこと。同社によれば、消費者は、牛乳用ボトルの場合、紙製とプラスチック製の選択があれば、紙製ボトルを選ぶとのこと。このような牛乳用紙製ボトルの実績が、ワイン用紙製ボトルでも生きると同社は期待する
(FoodBev.com, November 14, 2011)
2011年11月14日
米国での輸入ビール、実はアメリカ産ビール
米国で依然人気の高い輸入ビールは、「アメリカン」ビールになりつつある。ディアジオ社(英国)のビール・ブランド「レッド・ストライプ」は、「ジャマイカ・テイスト」と謳いながらも、今後は、海とは無縁の米国内陸の州にある工場で醸造される計画だ。アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社のブランド「ベックス」は、「世界一のドイツ・ビール」と宣伝するものの、米国市場向け生産の拠点を来年初頭に米国セントルイスへ移す。ミラークァーズ社の「フォスターズ」ビールは「オーストラリア」のイメージを出しながらも、実際は米国テキサス州で醸造されている。最近、特にメジャーなビール・メーカーは、ブランドの「海外産」イメージを保ちながらも、費用節約ならびに柔軟性を求めて米国へ生産拠点を移す傾向が顕著だ。地元で醸造することにより財務上得られる利点は、マーケティングで不利となる得る危険性よりも魅力的だ。輸送費用が削減される分を、例えばブランド確立のために向けることも可能だ。また、ドル安の影響で輸入品が高騰するような不測な事態も回避する。米国のビール売上がスランプにある今、生産能力をもてあます米国の醸造会社が輸入ビールを受け入れる余裕もあるかもしれない。前出のディアジオ社は、米国ウィスコンシン州のシティ・ブリューイング社と提携し、シティ・ブリューイング社に、来年初頭よりディアジオ社ブランド「レッド・ストライプ」を米国市場向けに醸造させながらも、ジャマイカ、ブラジル、カナダならびに欧州向けには、ジャマイカを拠点とするDesnoes&Geddes社にこれまで通り生産させる。一方、ハイネケンUSA社(オランダ)やクラウン・インポート社は、輸入ビールは醸造場所が重要なのであり、生産を米国へ移すつもりはないとの信念を明確にする
(Advertising Age, November 14, 2011)
2011年11月10日
アルミボトル缶、ボール社が生産能力を倍増
ボール社(米国コロラド州)は、需要増に伴い、米国での同社供給の「アルミテック」ボトル(いわゆるボトル缶)製造能力を倍増すべく現在工事を進めている。再封可能なこのアルミ製ボトルは、2006年より、ボール社Monticello工場にて、ミラー社ならびにクァーズ社ビール・ブランド用に12oz と16ozサイズで製造されている。2010年10月に発表された第2アルミテック・ボトル製造ラインは、同社コロラド州ゴールデン工場に据付けられる予定で、これにより、ボール社は、年間およそ10億缶のアルミテック・ボトル缶製造能力を持つことになる
(The CanMaker, November 4, 2011)
2011年11月8日
インペリアル・パイント缶、英国から米国へ
英国単位の1パイント(56.8cl)サイズの、英国では一般的に見られる飲料缶が、北米では初めて、製缶会社ボール社(米国コロラド州)により発表された。北米で標準的な飲料缶は、米国液量単位で8、10、12、16、24oz等のサイズになるが、欧州では主に25、33、44、50clで提供される。「インペリアル・パイント(56.8cl = 約19.2oz)と呼ばれる英国の1パイントは、特に英国ビール業界でプロモーション目的に使用される。このインペリアル・パイント56.8cl缶は、北米の飲料メーカーに、ブランド差別化に寄与する新しいオプションを提供する。この56.8cl缶は、いわゆるボール社の「スリーク缶」のようにスリムではあるが、異なる点は、全体的に大きく、高さが24ozサイズ缶と、また、径が16ozサイズ缶とそれぞれ同じである。56.8cl缶は、ボール社によれば、エナジードリンク、ティー、アルコール飲料、プレミアム製品に理想的とのこと
(The CanMaker, November 8, 2011 / BevNet, November 4, 2011)
2011年11月2日
米国飲料メーカーによる、子供達への宣伝の影響
食品指針と肥満を考えるイェール・ラド・センター(米国)は、米国のソフトドリンク・メーカーの一部が、米国国内の若年層、なかでも黒人とスペイン系移民の子供達、へ向けた飲料製品宣伝を近年増やしているとの同センターによる調査結果をこのたび報告した。2008年から2010年の期間で、炭酸ソフトドリンク、果汁飲料ならびにエナジードリンクに代表される糖分を多く含む飲料の宣伝が増えており、そのような宣伝に、無防備な子供達・10代若者はさらされていると、同報告書は警告する。以下は、同報告書の調査結果の一部:
 @黒人とスペイン系の子供達は、白人の子供達よりも80〜90%多くこのような宣伝に接する機会がある。また、スペイン系の子供向けのスペイン語テレビ番組は、白人の子供達が見る番組よりも49%も多くこの種の飲料製品宣伝を放映している
 A宣伝増加が特に顕著に見られる飲料メーカーもあれば、テレビでの宣伝を意図的に22%減らしたメーカーもある。(これに対し、ある飲料メーカーは、今年8月に他の組織により発行された報告書では、2003年から2009年の間に子供向けの宣伝を最も減らした業界は飲料業界、なかでもソフトドリンクであるとの調査結果が示されているとし、この説に反論した)
  B特にエナジードリンクの宣伝に対しては、大人に比べて若年層が、テレビで18%、ラジオで46%も多くさらされている。(肥満児の増加に警告を発する米国社会では、糖分とカフェインから成るエナジードリンクを摂取しないように子供・10代若者に呼びかけている)
  Cさらに、最近では、各飲料メーカーは、ツィッター、フェイスブック、YouTubeを介した宣伝に、子供達をも惹きつける工夫を凝らす。テレビ・コマーシャルが30秒で終わるのに対し、このようなネット上での宣伝に対し、子供達がオンラインで何分にも留まる可能性がある。この宣伝手段は、宣伝する側にとっても大変コスト効率の高い手段である
(International Business Times US, October 31, 2011)
2011年11月1日
中国に、ボール社さらに飲料缶製造ライン増設
製缶会社大手のボール社(米国コロラド州)は、来年、ラインを増設することにより、中国での飲料缶生産能力増強をさらに進めることを明らかにした。これにより、同社の中国での年間生産能力は、来年、さらに14億缶増えると同社は予想する。また、来年上半期には、ブラジルならびにベトナムで現在建設中の新しい工場が生産を開始する(弊社業界情報2011年2月15日付に関連記事)。同社の今年第3四半期の売上は、アメリカならびにアジア地域市場では安定を見せ、いまだ低迷の続く北米での飲料缶出荷量でも回復が見られた。一方、冷夏に悩まされた欧州では、同第3四半期には、飲料缶出荷量が前年同期比8%落としたものの、今年初頭に買収したアルミ・エアゾール缶事業(弊社業界情報2011年5月26日付に関連記事)で売上が20%増加し、そのロスを埋め合わせるのに十分の結果となった。今年は、ブラジルならびに中国でのそれぞれのジョイント・ベンチャーのパートナーの株を全て買い取り、また、ブラジルとベトナムで工場建設にも着手。北米では、米国カルフォルニア州の飲料缶製造工場を閉鎖、テキサス州フォートワースとカナダのウィトビーで特殊缶専用製造ラインを立ち上げた。今回発表された中国でのライン増設が実施される具体的な工場名は公表されていないが、米国工場からの再利用と見られる。ボール社の今年10月2日締めの9ヶ月間の容器事業売上は、前年同期比16.8%増、税引き前利益は12.7%増となった
(The CanMaker, October 28, 2011)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ