ニュース News

業界情報バックナンバー

2011年9月29日
チェコ、今でも一人当たりビール消費量世界一?
ここ数年、チェコで、ビール消費量が減少の一途をたどっている。チェコといえばビール。チェコを発祥地とするビールの一種、ピルスナーの存在、その独特のフレーバーを出すためにチェコで大変多く使用されるSaazホップの存在、そして一人当たりのビール消費量世界一の地位… ビールはチェコという国に深く関わっている。しかし、今、チェコのビール・メーカーは厳しい現実に直面している。長引く経済不況に加え、過去2年間で、消費税が10%以上上がり、消費者の購買意欲は低下、さらには、流行に敏感な首都プラハではワイン人気が急上昇している。チェコ国民のビール消費量が減るだけでなく、チェコのビール輸出量も、過去2年間で14%減少した。この状況下、残る希望はまだ見られる。ひとつには、地ビールの人気急上昇。地ビール・メーカーの数はこの2年間で13%増加し145社に達した。そしてもうひとつ、製品開発。Staropramenクール・レモンは、アルコール含有量2%の「レモン・ビール」で、現在飛ぶように売れているとのことだ
(just-drinks, September 28, 2011)
2011年9月27日
フィンランドに、レクサム社が飲料缶製造工場を建設
世界の各市場へ缶を供給する製缶会社、レクサム社(英国)は、フィンランドに飲料缶製造工場を建設する(弊社業界情報2011年8月4日付に関連記事)。新工場は、330ml ならびに500mlサイズのアルミ缶を生産する、年間生産能力およそ13億5,000万缶となる2ラインを備える。第1ラインは2013年初頭に、また、第2ラインは2014年1月にそれぞれ操業開始予定。北欧市場は、ここ数年成長を続けており、フィンランドではビンから缶への移行が進んでいる。例えば、過去5年の間、フィンランドでのビールのパック用に缶が使用される割合は、10%から60%以上に増加した
(StockMarketWire.com, September 26, 2011)
2011年9月26日
SABミラー社、オーストラリアのビール・メーカーを買収
世界の各市場に人気ブランドを提供するビール・メーカー、SABミラー社(英国)は、先週水曜日、オーストラリアのビール・メーカー、フォスターズ社の買収について、101億5,000万ドルで、両社が同意に達したことを明らかにした。この買収に至るまで4ヶ月の間、SABミラー社の当初の提示額がフォスターズ社の希望を下回るものであったため、フォスターズ社は買収拒否の姿勢をくずさなかった。フォスターズ社は、オーストラリアのビール市場で50%のシェアを持ち、同国での人気ビール・ブランド上位10位中、第1位のヴィクトリア・ビターを含め、7ブランドを同社製品で占める。英国を含む欧州市場で販売されているフォスターズ社のラガー・ブランドは、ハイネケン社(オランダ)が所有しており、今回のSABミラー社の買収には含まれない
(DealBook, September 21, 2011 / BBC News, September 21, 2011)
2011年9月22日
セルビアにて、ボール社が飲料缶製造ラインを増設
ボール社子会社のボール・パッケージング・ヨーロッパ(BPE)社は、3,500万ユーロを投じ、セルビアのベオグラードに飲料缶製造ラインを立ち上げた。新ライン増設に伴い、2005年より操業している同社セルビア工場でのアルミ飲料缶年間生産能力は、7億5,000万から15億缶に倍増する。BPE社は、セルビア、ドイツ、フランス、オランダ、ポーランドならびに英国に飲料缶製造工場12工場を持ち、さらにロシアでの建設も計画する
(DBR, September 19, 2011 / The CanMaker, September 16, 2011)
2011年9月20日
レモネード飲料、米国で人気続く
米国では、夏の飲み物としての印象が強かったレモネードはもはや、一年中楽しめる飲料となっている。現時点で、昨年に比べすでに11.3%の売上増を記録した。この人気で紅茶飲料メーカーも勢いづく。なぜなら、レモネードは、RTDティー(紅茶飲料)との組合せで使用されているからだ。紅茶とレモネードは無理のない自然な組合せではあるが、米国の主要紅茶飲料メーカー、アリゾナ社、スィート・リーフ社、ニュー・リーフ社、オーネスト・ティー社に多大な影響を与え、レモネードそのものの市場までも活気付けたのは、米国東海岸を拠点とするレモネード・メーカー、キング・ジュース社のブランド「カリプソ」の登場である。2000年からレモネード飲料を販売している同社は、過去8年の間、毎年2桁の売上増を記録しており、過去12ヶ月の間にも売上は51%増を記録、これは、メジャー・ソフトドリンク・メーカーのブランド、スナプルやトロピカーナのレモネード飲料の売上を上回る。このカリプソの記録こそが、紅茶飲料メーカーを、紅茶+レモネードの組合せに動かした。そして、最近では、紅茶飲料メーカーで名の知れるニュー・リーフ社が、レモネードそのもののブランドを立ち上げるほどに至っている。現代の消費者のナチュラルならびに健康志向が、レモネード人気をしばらく持続させそうだ
(BevNet, September 15, 2011)
2011年9月15日
欧米製缶会社、2011年上半期の結果
日米欧の経済不安が続く中、今年上半期、欧米主要製缶会社のクラウン社(米国)、ボール社(米国)ならびにレクサム社(英国)各社の業績は比較的安定していたことが明らかになった。
欧米市場: 2011年上半期、米国の飲料缶出荷量は、ソフトドリンクの場合で前年同期比約5%減、ビールの場合で1.5%減であった。しかし、欧州市場では、今年上半期の飲料缶需要は、ポーランド、トルコ、ドイツならびにフランスでの増加で、他国(英国等)での需要減を相殺しさらに全体として増加した。
各社の業績: 2011年上半期、ボール社は、同社がシェア第1位である欧州、そして中国で需要増を報告、全体的な缶売上は、前年同期比約20%増を記録した。クラウン社もまた、東欧を含めた欧州での飲料缶出荷量が前年同期比で11%上昇したことを報告。レクサム社は、前年失速したロシア市場が2011年に入り勢いを取り戻したことにより、また、エネルギー飲料用特殊缶の需要増により、欧州での出荷量増加を果たした。また、60%の独占的なシェアを持つブラジル市場でも、レクサム社は順調に売上を伸ばした。
現在、これら飲料缶需要が増え続けるブラジル、中国ならびに東南アジア地域にて飲料缶製造工場を操業し、また、新たに工場建設を進めているこれら主要製缶会社ではあるが、2012年には、工場建設の数は一時的であれ収まると予測されている。先進諸国以外、特に中南米、インド、南アフリカならびに東欧市場の今後も成長が見込まれる市場にて地位を固めるための資源を、これら主要製缶会社は持ち合わせている。その点が、他の多くの業界と異なる点と言える
(The CanMaker, September 2011 Issue)
2011年9月13日
コンパクトな25clサイズ缶、欧州で人気上昇
コンパクトな缶が、ボール・パッケージング・ヨーロッパ(BPE)社により発表された。ペプシコ社のペプシ・マックス、ダイエット・ペプシならびにペプシが、新タイプの25clサイズの缶「ハンディ缶」を使用して英国で販売される初めてのブランドとなる。新しい25cl缶は、BPE社供給のスリーク缶と同じ容量ではあるが、缶径は33clサイズ缶と同じであるため、高さが低い缶となっている。マルチパックでの購入傾向が強い英国市場で、ハンディ缶は、10缶、12缶、15缶、18缶、24缶、30缶、そして36缶入りマルチパックを各種そろえ、消費者のニーズに応える。欧州市場では、1993年、33clならびに50clサイズが飲料缶売上の93%を占めていた。その後、2009年頃から、その独占状態は、33clスリーク缶も含め84%に下がり、缶サイズの種類が徐々に増え始めた。EUが、食品ならびに飲料(ワインとスピリッツは除く)の包装サイズの規制を緩めたのがこの頃だ。今回のような小さめのサイズは、欧州での健康志向、家族構成の変化、女性の要望等を反映している。時期を同じくして、ドイツでは、ミネラル・ウォーター・メーカー、Hassia Mineralquellen社が、美容飲料ビューティ・ウォーターQ10を発表。製缶会社レクサム社(英国)の協力を得て、アルミ・リシール缶を採用、こちらも25clサイズで販売される
(CanTech, September 12, 2011 / DBR, September 8, 2011)
2011年9月8日
ビール用PETボトル充填ラインに、SABミラー社チェコが投資
世界的に人気の高いビール・ブランドを提供するSABミラー社(英国)の傘下にある、チェコのビール・メーカー、ピルスナーUrquell (Pizensky Prazdroj)社が、新しいビール用PETボトル充填ライン1ラインに860万ドルを投資すると言われている。チェコのPlzenにあるピルスナーUrquell社醸造工場へのライン建設は、同社にとり過去5年間で最大の投資となる。東欧ならびに中央欧州は、ビール用PETボトルの中心的市場だ
(The Filling Business, September 7, 2011)
2011年9月6日
エアゾール缶、欧州で生産量回復
2年連続の落ち込みを経験した欧州全体のエアゾール缶生産量は、2010年度に回復、前年比6.4%増で計55億缶となった。欧州全体のエアゾール缶の50%は、英国とドイツにより生産される。英国では前年比3.1%増、ドイツでは同5.6%増をそれぞれ記録する一方で、ロシアが前年比47%増、トルコが同21%増と大幅な生産量の伸びを見せた。唯一生産量減少を見せたのはギリシャだった。欧州のエアゾール缶はその51.6%がティンプレートから作られ、残りがアルミから作られる
(The CanMaker, September 1, 2011)
2011年9月1日
250mlミニ缶、ペプシコ社が英国で発表
ペプシコ社は、英国にて、同社ブランドのペプシ、ペプシ・マックスならびにダイエット・ペプシ用に、これまでの缶よりも小さい250mlサイズの缶を新たに加える。来年には、タンゴならびに7UPにも採用する予定。このサイズは、英国でペプシコ社と提携をしているBritvic社により実施された消費者調査を基に実現されたものだ。調査では、特に女性の消費者の多くが小さめのサイズの缶を望んでいることが明らかになった。250mlサイズ缶は、従来からある330mlサイズ缶の4缶、6缶ならびに8缶入りパックにはなかった数量、つまり10缶、12缶、14缶、18缶、24缶、30缶ならびに36缶入りパックで提供される
(Haymarket, August 30, 2011 / Talking Retail, August 31, 2011)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ