ニュース News

業界情報バックナンバー

2011年8月31日
ノンアルコール・ビール、西欧で需要伸ばす
スペインは、一人当たりのノンアルコール・ビール消費量が世界で最も多い国。ビール売上低迷が続く先進国市場を背景に、世界のメジャーなビール・メーカーが注目している市場だ。ハイネケン社(オランダ)は、2008年以降、西欧にて、ノンアルコール・ビールを少なくとも10ブランド発表した。カールスバーグ社(デンマーク)は、複数のノンアルコール・ビール・ブランドを、ノルウェイ、フィンランド等にて発売。アンハイザー・ブッシュ社(ベルギー)もまたノンアルコール・ビールをベルギーで販売開始した。西欧では、過去5年の間に、ビール売上は全体で7%落ちたにも関らず、ノンアルコール・ビールに限ると売上は37%上昇した。アルコール度数約6%の通常のビールは、最近では特に新興諸国市場において、主力製品であることに変わらず、ノンアルコール・ビールの市場に占める割合は、ほとんどの場合、2%以下である。ノンアルコール・ビールの「メッカ」と言われるスペインは、しかし、同国のビール消費量全体の13%を占める。同国では、ノンアルコール・ビールは、1980年代から注目され始め、同国政府が飲酒運転防止を目的にノンアルコール・ビールをあらためて紹介するキャンベーンを本格的に開始したおよそ10年前から売上が上昇し始めた。2000年以降のスペインでの交通事故死約50%減は、このキャンペーンに寄るところが大きいと言われる。少し前までは、ノンアルコール・ビールは、ビールに程遠い味から、米国では「near beer」、西欧でも「ウォーター」と揶揄されてきたが、その味は、醸造技術の進歩により大きく改善している。より若い消費者を取り込むために、最近では、レモンやアップルなどのフレーバーを加えた製品も登場している
(The Wall Street Journal, August 30, 2011)
2011年8月29日
中国にて、クラウン社さらに飲料缶製造工場2工場を建設
世界の飲料缶市場を率いる製缶会社クラウン・ホールディングズ社(米国ペンシルバニア州)は、中国にて、新たに飲料缶製造工場2工場を建設する計画、ならびに1ラインを増設する計画、があることを先週末発表した。建設が計画される工場は、中国中央・内陸部の河南省省都の鄭州、ならびに中国沿岸・北東部の吉林省省都の長春に位置し、それぞれ年間生産能力7億2,000万缶を備える。鄭州工場は、2013年第1四半期に稼動開始予定で、河南省・山東省市場向けに33clサイズ・アルミ飲料缶を製造。長春工場は、33clサイズと50clサイズ缶を、2013年第3四半期に製造開始する。また、現在建設中の一工場、福建省Putian工場に第2ラインを増設することも決定、33clサイズ缶ならびに25clサイズ・スリム缶を、2013年第1四半期に製造開始する。同工場は、今年末に稼動開始する第1ラインと合わせて年間14億缶の生産能力を得る。クラウン・ホールディングズ社は、現在、北京、恵州、佛山、上海、杭州に工場を持ち、さらにPutian(福建省)、Heshan(広東省)ならびにZiyang(四川省)に建設中の工場がある。新たに建設される2工場を加え、同社は、2013年末には中国で10工場を操業することになる
(The CanMaker, August 26, 2011 / CanTech, August 26, 2011)
2011年8月25日
エチオピア、SABミラー社がビール工場建設、ハイネケン社は二社買収完了
世界の市場に著名なブランドを供給するビール・メーカー、SABミラー社(英国)は、エチオピアにAmboミネラル・ウォーター社を所有するが、その共同所有者であるサウスウエスト・ディベロップメント社とともに、エチオピアに新しくビール工場を建設する。初期生産能力は50万ヘクトリットル。冬に入ってから建設が開始され、完成までにおよそ18ヶ月かかる見込み。一方、ライバルの一社、ハイネケン社(オランダ)は、今月中旬、エチオピア政府よりビール・メーカー2社の買収を完了させている。アフリカの中では政治的にも経済的にも上向き傾向にあるとされるエチオピアへの関心は近年特に高まっている。アフリカではナイジェリアに続き人口が多く(8,500万人)、ビール市場は、この5年間、毎年20%近く成長。2012年アフリカ世界経済フォーラムの開催地に選ばれている
(DBR, August 23, 2011 / How we made it in Afirca, August 16, 2011)
2011年8月23日
イラン、缶蓋製造工場建設
イランのテヘラン近郊所在のイージーTキャン・インダストリアル・グループが、中東市場向けの飲料缶/食缶用蓋製造工場をイランに建設中。ドイツからラインを供給するもので、今年11月には生産開始の予定。同社は、イランにおけ最大のアルミ製ならびにティンプレート製缶蓋製造会社となる。この新工場では、ティンプレート製では73、84ならびに90mm径、そしてアルミ製では 200径の、イージー・オープン・エンド製造を計画する。初年度に蓋4億枚の生産、その後、その倍の量の生産を目指す
(The CanMaker, August 22, 2011)
2011年8月22日
中国にて、SABミラー社JVのCRスノー社、中国貴州マオタイ酒製造会社と提携
SABミラー社(英国)ならびにチャイナ・リソーシーズ・エンタープライズ社(中国)とのジョイント・ベンチャーであるビール・メーカー、CRスノー社は、China Kweichow Moutai Distillery社(中国貴州芽台酒蒸留酒製造会社)と提携することで、貴州マオタイ・ビール社に投資し、新たなジョイント・ベンチャー(JV)を形成する。マオタイ・ビールは、年間100万ヘクトリットルを生産する貴州では人気ブランドのひとつと見なされるビール・ブランド。この新JVの70%を保有することになるCRスノー社は、貴州ではすでに50%のシェアを有しており、この提携により、中国ビール市場での地位をより強固なものにするのが狙いとされる
(FoxBusiness, August 18, 2011 / DBR, August 19, 2011)
2011年8月18日
RTDコーヒー、中南米市場
缶、PETボトルならびにカートン容器に詰められ販売されるコーヒーいわゆるRTDコーヒーの市場は、スポーツ・ドリンクやアイス・ティーと比較すると、世界レベルではまだ小さい。それにも関らず、世界全体の販売数量は、2010年度38億リットルで、エネルギー飲料の44億リットルと大差があるわけではない。実は、RTDコーヒーの世界的消費は、その85%がアジア・パシフィック地域に著しく集中している。これは他の主要飲料カテゴリーと比べてもめずらしく、例えば、エネルギー飲料の場合、その消費量傾向は、北米市場では15億リットル、アジア・パシフィック地域が15億リットル、東西欧州が10億リットル、そして残りの4億リットルが世界のその他の地域に散らばっており、各市場で均衡の取れた消費を形成している。世界的な消費量の伸び率から見ても、RTDコーヒーのペースはまだ遅い。2005年から2010年の5年の間、RTDコーヒーの販売数量増加率は8%であるのに対し、スポーツ・ドリンクは同時期12%増、アイス・ティーが同29%増、そしてエネルギー飲料が同59%増。RTDコーヒーが期待をかける市場は中南米だ。世界の主要コーヒー豆生産国が集中する中南米は、2005年から2010年の時期、世界で最も高い経済成長を遂げている国々を含む地域でもあるが、RTDコーヒーの存在感は薄い。唯一メキシコで販売数を伸ばしている。その理由は、自動販売機の開発・増設によるもの、そして、伝統的なコーヒーとは違うことをむしろ強調し、若者にターゲットを絞っている点、と言われる。人口の若い中南米諸国において、RTDコーヒーの成長は大きく期待されている
(FoodBev.com, August 17, 2011)
2011年8月16日
中国、チンタオ・ビール売上増続く
チンタオ・ビールを醸造するチンタオ・ブリューワリー社(中国山東省青島)は、2011年前期に、中国全体のビール需要を上回る需要を記録した。中国全体のビール市場の伸びが11.4%であったのに対し、同社の当期売上は20.6%増、中でもチンタオ・ビールそのものは23%増を達成。今年前半は、原料費の高騰で原価が24%上昇したものの、ビール小売価格の値上げ実施と同時に、同社の2011年の目標の一つである効率化による節約が功を奏し、費用との相殺に寄与したと同社はコメントした。今後続く需要増を見込み、広東省Jieyangの250万ヘクトリットル規模の醸造工場建設も含め複数の既存醸造工場の拡張プロジェクトをすでに開始させている
(just-drinks, August 15, 2011)
2011年8月11日
英国にて、低アルコール・ビール酒税引下げ
今年3月、英国政府がABV(アルコール含有量)2.8%以下のビールについて50%の税引下げを発表して以来、英国ビール・メーカー大手各社は、高需要を見込み、低アルコール・ビール開発に着手している。英国で人気の高い、ロンドンに拠点を置くビール・メーカーで、また、国内にパブ361店を所有するFuller'sは、この税引下げに向けて、2.8%ABVのビールをすでに生産している。この税引下げにより、通常のビールよりも1パイントにつき約1ドル安くなると見る。「真のエールを求めるキャンペーン(CAMRA)」により最近実施されたアンケート調査では、英国にてお酒を飲む人々のうち52%が、パブで低アルコール・ビールが用意されているのであれば、低アルコール・ビールの方を選んで飲むと答えている。この10月から、低アルコール・ビールへの税金引下げが実施される
(DBR, August 8, 2011)
2011年8月9日
中国にて、コカ・コーラ社着実に市場拡張
コカ・コーラ社は現在、500のブランドと3,500種に及ぶ飲料製品を世界中で販売する。1978年、コカ・コーラ社は、中国で冷えた飲料を容器詰めで売ることを正式に認可された唯一の企業であった。それ以来今日まで中国市場に13億ドルを投資、そして2020年までにさらに20億ドルを投下し、その収入ならびにボトラー数を倍増させる計画だ。コカ・コーラ社にとり中国は、米国とメキシコに次ぐ3番目に大きな市場である。すでに現地の人々3万人を雇い、充填施設も40を超える。2010年第4四半期、同社売上は全体で前年同期比3%減少したにも関らず、中国に限ると6%増を記録した。2005年に中国で発表されたオレンジ果汁飲料「ミニッツ・メイド・パルピー」が、5年後には世界全体の総売上で10億ドルを達成、これは新興国市場で発表された同社ブランドとしては初となる快挙である。同ブランドは、現在、インドネシア、フィリピン、タイ、インドを含む15ヵ国以上で販売されている。2010年末時点の中国市場内は、コカ・コーラ社が17%シェアを維持、Tingyiホールディング社(中国・天津)が13%、Wahaha社(杭州)が7%、そしてペプシコ社が6%とつづく。コカ・コーラ社は、中国では広告に特に注力しており、旧正月など中国の伝統的祝祭での大々的広告機会を逃さない。コカ・コーラ社は、北京オリンピックならびに上海万博両者の公式スポンサーをつとめた初の外資系企業でもある
(China Daily, August 5, 2011)
2011年8月4日
欧州でのエネルギー飲料ならびにアイスティー飲料需要増で、レクサム社、今年前期好調
欧州最大の飲料缶製造会社レクサム社(英国)は、今年前半、家庭での飲料消費傾向が顕著な欧州消費者によるエネルギー飲料とアイスティー飲料需要増に支えられ、予想を上回る前年同期比19%増の利益を報告した。欧州では特にエネルギー飲料用の特殊缶の需要が大きく、缶出荷量が増えた。一方で、米国での標準型缶が、供給契約の解消、さらには米国ソフトドリンク全体の売上減少により、需要を落とした。レクサム社では、現在、新興諸国での売上が同社全売上の32%を占めるに至り、今後、これらの市場からの需要増が大きく期待されている。ブラジル市場ですでに約60%のシェアを占める同社は、2012年後期に製缶工場を開場予定、また、インドでも製缶ラインに投資している。また、急速な成長が期待されるロシアならびにフィンランドでも新たな投資を計画していると言われる
(Reuters, August 3, 2011)
2011年8月2日
パウチ用フレキシブル・ラミネートに含まれるアルミのリサイクル、技術開発進む
大手食品メーカー、ネスリー社とクラフト社両社は、飲料やコーヒー用パウチの材料であるフレキシブル・ラミネートからアルミを取り出し再資源化する技術開発を支援する。両社が、世界初と言われるこの技術を実用化する工場の建設に出資する共同体に参加したことを、この技術の開発会社エンヴァル社(英国)は明らかにした。このリサイクル技術開発を加速するためには、少なくともあと4社の援助が必要だと言う。多くの食品メーカーが好んで採用するパウチの材料であるフレキシブル・ラミネートは、リサイクルが難しいとされ、廃棄されているのが現状だ。この新技術により、パウチ、ラミネート・チューブならびにアセプティック飲料カートンからアルミを完全に抽出しリサイクルすることが可能になる。英国Lutonにあるエンヴァル社エンジニアリング施設の敷地にてすでに新工場建設が始まっており、2012年初頭に、操業開始を予定する。エンヴァル社の特許取得済み技術を使用した、リサイクルのためのアルミ抽出工場は、最終的には、廃棄物処理サービスの会社へ売却することを目指す
(FoodProductionDaily.com, July 27, 2011)
2011年8月1日
ドイツ、2007年以来初めてビール生産量増加
今年4月、5月の非常に暖かい気候、そして好調な輸出が、2011年前半、ドイツのビール・メーカーを、長期にわたるビール生産量減少・停滞傾向から救った。ドイツ国内のビール消費量では、2006年ドイツがサッカー・ワールド・カップを開催した暑い夏以来4年ぶりの増加となる。それでも、ドイツでは消費者のビールからワイン等への移行が見られることにはかわりない。しかしながら、海外市場では、16世紀から厳格な政府の管理下にある成分で作られるドイツビールの味を好む人が増えている。ドイツでの全生産量の1/10を占める輸出向けビール生産量は前年同期比5.3%増、うちEU以外の市場へ輸出されたビールは13.6%増を記録した。ドイツのビール醸造会社のほとんどが、比較的小規模の個人経営会社であるが、ドイツで生産される世界的に著名なブランド、「ベックス」は、世界最大のビール・メーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社(ベルギー)が所有する
(Reuters, July 28, 2011)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ