ニュース News

業界情報バックナンバー

2010年12月28日
2010年、業界の動き-まとめ
業界サイト packagingnews.co.uk は、2010年の業界の動きとして下記の通りにまとめた(一部):
1) インテリジェント包装:デザイン面でも優れた、再使用可能な容器採用が目立った。例えば、スポーツウェア・メーカー、プーマ社が従来の靴用ボックスを再使用可能なバッグへ変更。
2) サステナビリティ:包装材重量の削減を始めとして、包装に関わる各業界から新しい様々な角度で絶えることなく提案された。例えば、ユニリーバ社は、使用している包装材重量を1/3削減するとの計画を発表。
3) 包装資材等の値上がり:インキ、紙、プラスチック、石油等、の価格が上昇。この傾向は2011年にも続くと見られている
4) 包装材としてのバイオプラスチック(サトウキビ等を原料とするプラスチック)採用増加:P&G社、ダノン社等
5) 大規模なM&A:規模としては最大級の企業買収が複数件実現した。アムコー社によるアルキャン社買収、インプレス社によるArdagh社買収など

弊社ディ・アイ・エンジニアリング社業界情報2010年の内容を見返してみると、以下に関する話題が多く登場した:
- 大手飲料缶製造会社ならびに飲料メーカーによる、新興諸国、特に中国・ブラジルへの投資増加顕著
- 欧米でのアルミボトル需要増加
- ビンが象徴的であった地ビール・メーカー(特に米国の)による缶採用が増加
- 新興諸国でのビール売上増加
- 果汁飲料・ココナッツウォーターの人気上昇
(packagingnews.co.uk,, December 23, 2010)
2010年12月27日
中国にて、レースライン社新工場操業開始
飲料用2ピース・アルミ缶製造のためのシステム調達・据付を手がけるレースライン(Roeslein)社(米国)は、今月15日に、中国上海にエンジニアリングならびに製造のための新工場操業を開始した。グランド・オープニング式典は来年3月に行なわれる。25年前、ボール/MCパッケージング社広州工場向けに、同社独自のユニット式システムを供給したのが、同社にとり初めての中国向けプロジェクトであった
(CanTech, December 24, 2010)
2010年12月21日
24ozサイズ缶、レクサム社メキシコにて拡張
レクサム社(英国)は、かねてからの戦略である24ozサイズ飲料缶生産能力増強(弊社業界情報2010年7月29日付に関連記事)を、メキシコにある同社工場にラインを新設することで、中米地域向けに実施する。この工場は、レクサム社がメキシコに唯一持つ工場で、年間12ozサイズ缶10億缶を生産する能力をすでに持つ。24ozサイズ缶専用の新ラインは2011年前半期に完成し中米地域の需要に応える。従来の12ozサイズ缶から利益率のより高い他のサイズ缶への移行戦略の一環で、北米では、2012年までに、13%あるいは4億缶の24ozサイズ缶生産能力増を同社は目指す。メキシコにおけるビール缶ならびに飲料缶の需要は、現在およそ95億缶。同国で最大の製缶会社は、Femsaグループ傘下のFabricas社で、年間45億缶の生産能力となる2工場を持つ
(The CanMaker, December 17, 2010)
2010年12月14日
アルミボトル、ハイネケン社のSTRボトル
    » 
この弊社業界情報の今年8月31日掲載のハイネケン米国社による「STRボトル」は、クラブ等のブラックライトの下では、普段の明るい所では見られなかった柄(星型の中の柄)が現れる
(FoodBev.com, December 15, 2010)
2010年12月14日
フィンランドに、国内初となる飲料缶製造工場を建設
フィンランド国内における飲料缶、なかでもビール缶、の高まる需要に応え、キャンパック社(ポーランド)は飲料缶製造工場を建設する。新工場は、33clと 50clサイズのアルミ飲料缶18億缶の生産能力を持ち、その一部は2012年初頭に操業開始する。フィンランドの飲料缶売上は、2009年度に前年比24.5%増加。これは、同国のそれまでの缶への高額な課税が昨年取り払われたことに伴うボトルから缶への移行の結果と見られる。なかでもビール用缶の出荷量は29.2%増を記録し、フィンランドの缶市場に占めるビール缶の割合は、2005年の12.5%から2009年には63%へ上昇した
(The CanMaker, December 10, 2010)
2010年12月9日
エアゾール缶メーカーを、ボール社が買収
ボール社(米国)が、アルミ・エアゾール缶・ボトル製造会社エアロキャン社を買収することを発表した。エアロキャン社は、2003年まではセバルの名で知られ、その当時ペシネー社傘下にあった。現在、フランス、チェコならびに英国におよそ6億缶のアルミ・モノブロック缶製造能力を持つ。また、同社は、フランスのアルミスラッグ・メーカー、コバル社の株51%を所有する。この買収は、ボール社にとり、今年初頭のカナダのアルミスラッグ・メーカー、ニューマン・アルミナム社買収に続くものであり、ボール社は、これら2つの買収を通じ、成長を続けるエアゾール缶分野への本格的参入を狙う
(The CanMaker, December 9, 2010)
2010年12月8日
ココナッツ・ウォーターへ、ペプシコ社が投資増やす
ペプシコ社(米国)は、ココナッツ・ウォーター・メーカーであるO.N.E.社への投資増を発表した。ペプシコ社は、O.N.E.社の主要株主となる。米国でのココナッツ・ウォーターの人気は近年高まる一方で、ペプシコ社は、すでにネイキッド・ブランドで、ココナッツ・シェル内で自然に作られる豊富な電解質を含むココナッツ・ウォーターを販売している。同社はまた、GNCホールディングズ社との共同開発による、前出のネイキッド・ココナッツ・ウォーターとは異なる、ビタミン、ミネラルを強化した新ブランド、Phenomココナッツ・ウォーターを来年第2四半期から販売開始する。ライバルのコカ・コーラ社は、ココナッツ・ウォーター・メーカーZico社の株を昨年取得している(弊社業界情報2009年9月1日付ならびに9月3日付に関連記事)
(Reuters, December 8 & November 8, 2010)
2010年12月7日
ハイネケン社、ブランドイメージをより世界で一貫したものへ
ハイネケン社(オランダ)は、世界全市場に向け、ボトルに新デザインを採用、サイズの種類も削減、世界全体でのブランドイメージ一貫性を達成する。ボトル・サイズはこれまでの15種類から5種類にまで削減し、サプライ・チェーンでの柔軟性・効率性を高める。同時に、ハイネケン製品のデザインを世界で統一・標準化することで、一貫性を保ち世界どこででもブランドを認知可能にする。ボトルの新デザインは、今年初頭に発表された缶のデザイン変更を基にしたもので、ボトル・ネック部と背部のカーブ状浮き出し加工が特徴。ハイネケン缶の新デザインでは、インキによる浮き出しを取り入れた。新ボトルは、まず、2011年初頭、西欧にて登場する
(Foodproductiondaily.com, December 6, 2010)
2010年12月6日
ロシアにて、ペプシコ社が買収通じ同国最大の飲料メーカーへ
ペプシコ社(米国)は、ロシアの乳製品・果汁飲料メーカーWimm-Bill-Dann社の株3分の2を38億ドルで取得することに合意し、これが正式に承認されれば、ペプシコ社はロシア最大の食品・飲料メーカーとなる。ペプシコ社は、この買収を通じ、特に乳製品分野の強い基盤を得る。Wimm-Bill-Dann社は、モスクワとニューヨークの株式市場に上場し、ロシア、ウクライナならびにセントラル・アジア地域に38工場を所有する。1974年、当時のソ連に、西欧の消費ブランドを初めて紹介したのはペプシコ社だった。それ以来、ペプシ、リプトン、チートス(スナック菓子)を含む数多くの同社製飲料・スナックを販売している。同社は、現在、その売上の40%を北米市場以外から稼ぐ。低迷を続ける米国市場を背景に、成長めざましい新興諸国での米国企業による買収は、今年だけで、このペプシコ社による買収も含め238億ドルに達し、これは昨年2009年1年間と比較しほぼ倍増となると、トーマス・ロイター紙2010年12月2日付は伝える
(The New York Times, December 2, 2010 / trib.com, December 5, 2010)
2010年12月3日
地ビール事業へ、ミラークァーズ社が投資増加
SABミラー社とモルソンクァーズ社のJV、ミラークァーズ社は、地ビールならびに輸入ビールが今後数年間はメジャーブランドを上回る勢いで伸び続けると予想し、そのようなニッチ・ビール事業への投資を増やす。同社は、地ビールならびに輸入ビール事業であるテンス&ブレイク社をすでに立ち上げており、米国内で需要が高まりつつある数に限りのある高級イメージ・ビールへの本格的参入を狙う。実際、ここ数年の不景気で、ミラークァーズ社とアンハイザー・ブッシュ・インベヴ社では、地ビールの売上伸び率が主流ブランドを完全に上回っている。ミラークァーズ社によれば、米国での地ビール売上は、今後数年の間、年間一桁半ばの割合で増加すると見る一方で、ビール全体では0.5%と1.0%の間の数値ほどの成長しか期待できないとする。テンス&ブレイク社は、ペロニ・ナストロ・アズーロならびにブルー・ムーンを旗艦ブランドとしている
(just-drinks.com, December 1, 2010)
2010年12月2日
ワイン缶製造技術の特許を通じ、欧州でワイン缶需要増の可能性
オーストラリアのワイン・メーカーBarokes社開発によるVinSafe工程は、ワイン・パラメーター、缶ライニングならびに充填仕様の三要素に着目し、缶に詰められるワインの高品質性、安定性ならびに長期の賞味期間を提供することを実証した、唯一国際的に承認された特許ワイン缶システムだ。今回、Barokes社が、ボール・パッケージング欧州(BPE)社に対し、この欧州特許Ã取得済みのVinSafe工程を使用することを許可したことにより、BPE社は、欧州のワイン・メーカーに向けて、ワインの容器として最適な缶を製造・供給する。VinSafe契約を結ぶ欧州のワイン・メーカーは、特許侵害の可能性に悩まされること無く、VinSafe規準に基づくワイン缶供給をBPE社に依頼できる。さらに、欧州ワイン・メーカーは、VinSafe工程にすでに特許を与えている欧州以外の市場へも、ワイン品質を保証する缶を提供することで、進出し易くなる
(The CanMaker, December 1, 2010)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ