ニュース News

業界情報バックナンバー

2010年11月25日
ワイン用PETボトル、ボージョレ・ヌーボーで需要倍増、しかし来年は?
欧州のPET容器団体、APPE(欧州PETプリフォームならびにシングル&2ステージ・コンテイナーズ製造者協会)は、今年のボージョレ・ヌーボーのためのPETボトル供給量が前年比倍増したと報告した。ワイン用PETボトルは、輸送費削減、割れないそして軽量であるという利便性、ならびに環境負担軽減の点でワインの容器として有益であることを、フランスのワイン・メーカーならびに消費者も認めつつあると、需要増の理由を説明している。しかし一方で、フランスの民間生産者団体、ボージョレ・ワイン委員会(UIVB)は、ボージョレの名を使用するワイン全ては、瓶で販売されることを条件とする規制を、来年6月フランス政府系機関に要求することを、ボージョレ解禁日の11月18日東京の記者会見で発表した。ボージョレ産ワインの品質とイメージを維持することが目的とのこと。日本では、輸送費の安いPETボトルを容器とするボージョレ・ヌーボーは、今年、円高も手伝い、通常のビン詰めボージョレよりも安く販売され、販売店間での価格競争を激化させた
(DBR,, November 24, 2010 / The Mainichi Daily News, November 18, 2010)
2010年11月18日
様々な色に変化する缶
温度の変化に応じて、ひとつの色から別の色に変化する飲料缶が、ボール・パッケージング・ヨーロッパ(BPE)社により供給されている。それまでは、可能な色変化は、クァーズ・ライト缶でビールが最適に冷えたことを示す、白から青の変化だけであった。その後、商品化可能なサーモクロミック・インキ技術は、色の指定ができるほどのレベルに進んでいる。BPE社は、温度変化に伴って、例えば青から紫色へ、あるいは黄色から緑色へ、とカメレオンのごとく変化させることが可能だという。色を変化させる温度も多様だ。インキ配合を調整することにより、インキは摂氏4度、7度、9度あるいは11度でその色を変えるため、消費者は、好みの飲み頃の温度で色変化を楽しむことも可能だ。これは新たなマーケティングの機会を創出する。見た目のインパクトが重要なエネルギー飲料部門では特に需要が高いと期待される。このインキは、スチール缶、アルミ缶いずれにも使用可能で、パステル調の色に最も適しているとのこと
(The CanMaker, November 17, 2010)
2010年11月16日
経済不況、ビール売上に大きく影響
経済不況とそれに伴う各国の緊縮財政で、先進国のタバコならびにビール業界は長期にわたる低迷を余儀無くされる可能性がある。タバコとアルコール飲料は、各国政府にとって課税し易い。ただ、今回の両業種の低迷は、これまでとは異なると、あるアナリストは言う。欧米のビール売上は、2001年と2002年の景気後退時期にも上昇した。しかし、昨年、世界四大ビール・メーカーはそろって2008年度よりも売上を下げており、特に欧州と北米市場での落込みが激しかった。バーで飲む習慣のある国々では、消費者の多くが家で飲むようになった。ハイネケン社は、今年第3四半期の業績が特にオランダ、ギリシャ、イタリア、スペインそして英国で落ち込んだと報告した。売上の半分を米国で占めるアンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABInBev)社は、金融危機で特に影響を被った、業界にとっても最重要な人口層である、男性若年層のアルコール飲料摂取の減少に言及した。この状況下では、新興諸国市場への拡張と新製品開発が最も必要な成長の源となる。中南米市場を独占するABInBev社、アフリカで確固たる地位を築くSABミラー社はその点で強い。一方、先進国では、高い価格を付けられる「プレミアム」を売ることが戦略のひとつ。ABInBev社は、低価格帯のビール価格を上げ、プレミアムとの差を狭める戦略を取った。その点で、低迷が長引く西欧からの収益が昨年半分以上を占めたハイネケン社が、最も深刻にこの問題に直面していると思われる。同社は、ハイネケン・ブランド、テキーラ・フレーバーのデスペラードなどのプレミアム・ビール、そして、この不況時に女性層・若年層で伸びを見せるサイダー(果実系発泡酒)に期待を寄せる
(Reuters, November 15, 2010)
2010年11月15日
インベヴ社による買収と地ビール人気で、薄まる地元のバドワイザー忠誠心
米国セント・ルイスのメジャー・リーグ・チーム「セント・ルイス・カージナルス」を応援するファンは、地元ブッシュ・スタジアムで過去には想像しえなかったことを最近目にするようになった。数ヶ月前までは、バドワイザーの生みの親アンハイザー・ブッシュ(AB)社の名を冠したこのスタジアム内で、セント・ルイスの地ビールSchlaflyドラフト・ビールを売る場内売店は1店だけであったが、今は8店が人気の高いこの地ビールを販売している。地産ビールを飲みながら地元チームを応援することほど気分のいいことはないと、あるスポーツ・ファンは言う。1852年から世代を経て続いてきたバドワイザーへの忠誠心は、2008年のインベヴ社(ベルギー)によるAB社買収をきっかけに弱くなりつつある。Schlaflyに代表される小さな地ビール・メーカーにとっては、全国的に高まる地ビールへの関心に乗じて、今こそがチャンスとなる。セント・ルイスで「バド」を飲むことは、デトロイトでフォードやクライスラーを運転するようなものだった。地元バー、レストラン、料理出張サービス業者らは、地元大企業やそのファンの機嫌を損ねるようなことを出来るだけ避けてきた。しかし、2008年11月、インベヴ社によるAB社買収で1,400人、うち3/4がセント・ルイス居住者、の職が失われた。今、AB社を地元セント・ルイスの企業として愛着を持って見る人は明らかに減ったであろう。米国での地ビール売上は、今年10月までの期間で、前年同期比13%増を記録する一方、米国最高の売上を誇る「バド・ライト」は約3%減少した
(Courier-Journal.com, November 13, 2010)
2010年11月11日
飲料容器リサイクル、ペプシコ社がドリーム・マシーンを通じて推進
今年4月の地球の日(Earth Day)に「ドリーム・マシーン」リサイクリング・イニシャティブを発表・開始したペプシコ社(米国)は、米国内飲料容器リサイクル率を現在の34%から2018年までに50%へ高める目標を掲げている。ドリーム・マシーンは、コンピューター化されたリサイクル用ボックスで、消費者は、飲料用PETボトルならびにアルミ缶をリサイクルのためにこのボックスに入れることにより、ポイントを貯め商品と引き換えられる。現在の所、米国では、公共の場の12%にしかリサイクルのための容器受け入れ箱は設置されていないが、これは、今後ペプシコ社が率いる「ドリーム・マシーン」プロジェクトが取り組むべき課題となる。ペプシコ社は、このプロジェクトを経て、「障害を持つ米国退役軍人のための起業ブートキャンプ(EBV)」へ今後数年間にわたり毎年の寄付を実施する。ドリーム・マシーンは現在米国14州の、スーパー、大学キャンパス、スタジアム、ショッピング・モールなど人通りの多い場所に設置されている。ドリーム・マシーンが受け入れる飲料容器は、ペプシコ社製品のものに限定していない。11月15日のアメリカン・リサイクル・デイを目前にして、ペプシコ社は、リサイクル推進のために最も重要な要素は、リサイクルのための容器受け入れ箱がどこにでもあるような、消費者にとって便利であること、に限るとあらためて強調する
(Earth911.com, November 9, 2010)
2010年11月9日
エアゾール缶、米国にて出荷量増
米国における今年第3四半期のエアゾール缶出荷量は、前年同期比6.2%増の9億6,300万缶となり、エアゾール缶については引き続き好調であることが、米国缶製造社協会(CMI)により報告された。エアゾール缶部門は、非飲料缶として、食缶出荷量がこの期に落ち込んだため、特に注目された。非飲料缶としては最大の部門である野菜用缶の需要は前年同期比より1.1%落ち36億5000万缶に、果物用缶に至っては12.7%の減少となった。スープならびにその他の食品用缶は1.5%上昇した。今年の食缶全体の出荷量は、現在の所、前年同期比0.6%減の216億缶
(The CanMaker, November 4, 2010)
2010年11月8日
中国、世界のビール消費量の1/4を占めるのも間近か
中国は、2015年までに、世界のビール消費量の1/4を占めると、飲料市場調査会社Canadean社は本日発行した最新報告書で予想している。2015年までに、中国のビール市場は、米国の2倍にまで成長すると同社は見る。アジアならびにアフリカは、引き続きビールの主要市場であり、今後5年間は、年間5%の消費量増加が、また、中南米では年間3%の消費量増加が、それぞれ予想される。東欧ならびにオーストラリアは、成長著しい新興諸国と低迷する欧米市場との間に位置し、それぞれ年間売上1.5%と1%増が期待される
(just-drinks.com, November 8, 2010)
2010年11月4日
ブラジル、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ社のルーツそして最大の市場
ブラジルは、今のところ、アンハイザー・ブッシュ・インベヴ(ABInBev)社の2010年ビール売上に最も貢献している市場であり、今後もこの傾向は続くとほぼ確信する理由が同社にはある。ブラジルは、そもそもABInBev社の子会社であり前身でもあるAmBev社のホームグラウンドであり、売られるビール全ての70%を同社が占める地であり、現在ABInBev社売上増を導く同社最大の市場である。同社の2010年第3四半期のブラジルでのビール売上は、前年比12.5%増、同年上半期では15%増、を記録した。ブラジルの一人当たりのビール年間消費量は56リットルと、メキシコよりも低く、米国と比べるとさらにはるかに低い。しかし、ブラジルが抱える2億人の人口は、他の新興諸国もそうであるように、若く、その27%が14歳以下である(ちなみに英国16%、米国20%)。また、ブラジルで増えつつある新富裕層のプレミアム・ビールなど高品質製品への移行といった顕著な傾向も同社グループ全体の売上増に貢献している(一方、南アメリカ市場向けに低価格製品を主に扱ってきたAmBev社にとっては、この傾向は逆に働いている)。この「プレミアム化」を絶好の機会と見る同社は、2011年にはブラジルでバドワイザーを発売する計画だ
(just-drinks.com, November 3, 2010)
2010年11月1日
アルミボトル、ハイケネン社がレクサム社製を採用
これまでの限定生産から、市販用製品の生産体制に変え今年初頭よりチェコにて本格的に製造開始となったレクサム社によるアルミボトル「フュージョン」(弊社業界情報2010年8月19日付に関連記事)。ビール用に採用した最初のメーカーは、ハイネケン社だ。ハイネケン社は、この軽量アルミボトルを使用して、同社の2ブランドをフランス市場へ投入した。「フュージョン」ボトルは、通常の飲料缶D&I製造技術を活用することにより、衝撃押し出し加工で作られるアルミボトル重量のおよそ1/2にまで重量を落とし、軽量化を図っている
(The CanMaker, November 1, 2010)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ