ニュース News

業界情報バックナンバー

2010年10月28日
ブラジルにて、クラウン社4工場目となる飲料缶製造工場建設
製缶会社クラウン・ホールディングズ社(米国)は、ブラジルの同社傘下にあるクラウンEmbalagens社がブラジルに飲料缶製造工場を建設する計画があることを、今週火曜日に発表した(弊社業界情報2010年4月8日付に関連記事)。同社にとりブラジルで飲料缶製造工場として4工場目となるこの工場は、2011年第4四半期に操業開始予定で、複数のサイズの2ピース飲料缶製造を可能にする。まずは年間10億缶の生産能力を持つ1ラインを、ビールならびにソフトドリンク用缶需要が急伸するブラジル北部に建設する。クラウン・ホールディングズ社は、1942年よりブラジルで操業しており、現時点で、Cabreuva、エスタンシアならびにポンタ・グロッサの各都市で2ピース飲料缶製造工場を、そしてマナウスに飲料缶蓋製造工場を持つ。新工場建設により、同社のブラジルにおける飲料缶生産能力は75億缶となる。ブラジル市場は、今年すでに2桁の成長を遂げており、今後同国で開催される2014年FIFAワールドカップならびに2016年夏季オリンピックに伴う需要増に、同社は準備を整えつつある
(PR Newswire, October 26, 2010)
2010年10月26日
ビール3ブランド、グローバル・ブランドとして選出される
ブランド評定会社インターブランド社により毎年実施される「ベスト・グローバル・ブランド」は、ブランドが提供する数多くの要素を分析する独自の方法に基づいて毎年決められる世界トップブランドの年間ランキングで、上位100位がこの時期に発表される。ビールで選出されたのは今年は3ブランド。米国では輸入ビールとしてナンバー1を誇るコロナ・エクストラ(グルッポ・モデロ社の旗艦ブランド)が85位で、このランキングのデビューを果たした。コロナ・エクストラは、メキシコを含む中南米諸国で選手された唯一のブランドでもある。ハイネケンも初めて選出され93位。バドワイザーは昨年と変わらず30位。ちなみに1位はコカ・コーラ、2位IBM、3位マイクロソフト
(BeverageWorld, October 20, 2010)
2010年10月25日
ビール缶出荷量、米国で増加
今年第3四半期、米国ビール業界への缶出荷量が、前年同期比3%増加したことが、米国缶製造者協会(CMI)により報告された。一方でソフトドリンク用缶は前年同期比1.5%減となった。この期の飲料缶全体の出荷量は前年同期比0.1%増の246億8,000万缶。今年9月末までの9ヶ月間の飲料缶出荷量は、昨年同期間のそれと全く同じ739億缶。第3四半期だけを見ると、飲料缶出荷量は、一昨年より減少を続けている
(The CanMaker, October 19, 2010)
2010年10月21日
コカ・コーラ社、世界地域別の業績
この火曜日に報告されたコカ・コーラ社(米国ジョージア州)の第3四半期業績を地域別に見てみよう。世界的に、炭酸飲料(ゼロを除く)よりも果汁飲料・紅茶飲料が成長している。 ユーラシアならびにアフリカ:出荷量、前年同期比12%アップ。ロシアでは30%アップ。また、インド、トルコ、南アフリカで出荷量増加。 欧州:低迷。しかしながら、フランス、北欧、英国、ドイツで出荷量増。コカ・コーラ・ゼロ9%増、果汁飲料・紅茶で5%増。 中南米:4%増。特にワールド・カップ効果大。ブラジルでは13%増。 北米:2%増。果汁飲料・紅茶で8%増。 アジア・パシフィック地域:11%増。日本で11%、フィリピンで19%、韓国で13%、中国で12%それぞれ出荷量増加。特に中国ではミニッツ・メイド・オレンジPulpyを含めた果汁飲料は2桁の増加
(Atlanta Business News, October 19, 2010)
2010年10月19日
トルコにて、クラウン・ホールディングズ社飲料缶生産能力増強
世界各地に生産拠点を置く製缶会社クラウン・ホールディングズ社(米国)は、トルコにて、飲料用アルミ缶生産能力を拡張することを発表した。まず、Izmitにある2ラインを有す既存工場の生産能力を2011年初頭までに増強、そして、Osmaniye地区にて製造工場を新たに建設、2012年初頭までに操業開始を計画する。これらの増強計画により、同社のトルコでの年間総生産能力は33clならびに50clサイズ・アルミ缶およそ25億缶に近づく。今後飲料缶需要増が見込まれる中東ならびに北アフリカ市場への輸出のための主要拠点となる。同社は、現時点で、欧州、中東そして北アフリカに14の飲料缶製造工場を持つ
(PRNewswire, October 14, 2010 / Packaging Digest, October 12, 2010)
2010年10月18日
中国にて、CPMC社第3ライン目となるD&I飲料缶製造ライン建設を計画
中国食品貿易会社最大手COFCO社の傘下の製缶会社CPMC社(中国せっ江省)は、すでに天津にある同社工場に、同社にとり第3ライン目となるD&I飲料アルミ缶製造ラインを建設する。年間8億缶の生産能力を持つことになるこの新ラインは、2011年1月に建設開始となり、同年末までの完成を目標とする。ここで製造される缶のほとんどが、今年約33億缶を出荷する、中国で急成長中の薬草茶ブランド、王老吉(Wang Lao Ji / Wang Lo Kat)をライセンス契約で販売するJDBグループ向けと言われている。ライン建設に関わるエンジニアリングを担当するのは、CPMC社の湖北省武漢工場における同社第2D&Iラインも現在手がけているエバーグリーン・パッケージング・テクノロジー社(米国コロラド州)(弊社業界情報2009年12月17日号に関連記事)。バオスチール・パッケージング社の5工場目となる中国武漢の飲料缶製造工場もまた、エバーグリーン社が手がける
(The CanMaker, October 15, 2010)
2010年10月14日
飲料・食品業界、9月だけで45の企業買収
今年9月中に、世界の飲料・食品業界内で合計45の企業買収があったことを、市場調査実施を専門とするZenith International社は報告した。そのうちソフトドリンク業界で12件、乳製品業界7件、その他食品業界7件、成分関連6件、アルコール飲料業界5件。これら買収は25ヵ国で発生し、米国企業が関与するものが最も多く、中国、オランダ、日本ならびにカナダがそれに続く
(FoodBev.com, October 12, 2010)
2010年10月12日
ブラジルにて、エクサル・グループ生産能力拡張
エクサル・グループ(米国オハイオ州)は、ブラジル・サンパウロ近郊に、アルミ製エアゾール缶製造ラインならびに充填ラインを建設するため、1億ドルを投資する計画があることを明らかにした。エクサル・グループは、中南米では、アルゼンチンで、およそ15年間エアゾール缶製造・充填工場を稼動させている。ブラジルにおける初めての工場は、2011年第4四半期までには操業開始予定。エクサル・グループは、1993年に創設され、その後、米国、欧州、アルゼンチンに、6工場・47製造ラインを持つまでに成長し、現在アルミ製エアゾール缶ならびに再封性アルミ・ボトルを年間およそ13億缶製造する
(The CanMaker, October 8, 2010)
2010年10月8日
アルミ・ボトル、米国で需要高まる
現在、米国ビール・メーカー、クァーズ社とミラー社により採用されている、アルミ飲料缶と同様のD&I技術を使用するボール社(米国)の再封性アルミ飲料缶、「アルミ・テック(Alumi-Tek®)」ボトルの高まる需要に対応するため、同社は、来年2011年下半期に第2ラインを増設し、アルミ・テック(Alumi-Tek®)ボトルの生産能力を倍増させる。ボール社は、2006年から、同社の米国インディアナ州モンティチェロ工場にてアルミ・テック(Alumi-Tek®)ボトルを製造している。第2ラインは、米国コロラド州ゴールデンにある同社飲料缶製造工場に据付けられる。この増設により、アルミ・ボトルの総生産能力は、年間5億本に達すると見られる
(The CanMaker, October 6, 2010 / Flexnews, October 7, 2010)
2010年10月5日
ナイジェリア、第2番目となる飲料缶工場建設
ナイジェリアで第2番目となるD&I飲料缶製造工場建設が、Alucanパッケージング社(ナイジェリア、ラゴス)により始められ、2011年第4四半期に開場となる。レースライン社(米国)がエンジニアリングを担当、速度2,400cpm、最大年間生産量10億缶の能力を持つアルミ缶製造ライン1ラインを手がける。需要増に応じて2013年までに第2ライン増設も可能だ。Alucanパッケージング社は、ロータス・グループの傘下であるが、そのロータス・グループを支える主力会社、ロータス・プラスチック社はナイジェリアで20年間操業し、同国の主にビールならびにソフトドリンク業界向けプラスチック製容器を生産する。レースライン社にとり、このプロジェクトはアフリカで4番目となるプロジェクトである。最初に手がけたアフリカでのプロジェクトもナイジェリア(弊社業界情報2010年6月21日付に関連記事)で、8月に稼動した。2番目がアンゴラ、3番目がモロッコでいずれも2011年第1四半期に缶生産開始となる
(The CanMaker, October 4, 2010)
2010年10月4日
アルミ飲料缶リサイクル率、米国で過去最高の57.4%
米国における2009年度の使用済みアルミ飲料缶リサイクル率は、過去最高の57.4%になったことを、米国アルミ協会、缶製造者協会(CMI)ならびにスクラップ・リサイクリング業界協会(ISRI)が発表した。この数字は、米国で飲料用に使用される容器全種類の中で最も高いリサイクル率となる。2009年、米国アルミ業界は、前年よりもおよそ23億缶も多い555億缶近くをリサイクルした。今の飲料缶平均重量は0.466オンス(13グラム)で、1993年当時に比べ15%以上も軽くなっている。無限にリサイクル可能なアルミ缶を採用する飲料を自ら選択し、飲み終わったあとリサイクルのための回収箱に入れることは、消費者が、炭素ガス排出量削減を実行する最も容易な方法のひとつと言える。アルミ缶は、リサイクルのための缶回収、ならびに、その後の缶再製造に関わるコストを充分カバーし、さらにその他の素材のリサイクル資金援助にも貢献することのできる唯一の包装である。業界は、目標であるリサイクル率75%達成のために、消費者ならびに業界関係者に一段と努力をするよう促している
(Waste Management World, , October 1, 2010)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ