ニュース News

業界情報バックナンバー

2010年5月31日
ボトルド・ウォーター、メキシコで伸びる理由
メキシコでは、世界のどの国よりも、ボトルド・ウォーターが消費されていると、ベヴァレジ・マーケティング社は報告した。メキシコのボトルド・ウォーター市場は、世界全体の13%を占める。水道水の安全性についてメキシコ国民の懸念が長年払拭されないからだ。それを好機と見た世界の主要メーカーが、メキシコでキャンペーンを繰り広げ、ボトルド・ウォーター売上増に拍車をかける。メキシコのテレビを一旦つけたならば、コカ・コーラ社、ペプシコ社、ダノン社、ネスレー社らによるボトルド・ウォーターのコマーシャルを見ない時はない。メキシコ首都メキシコ・シティでの1985年の大地震による数多くの給水本管破壊も含め、同国各地域での水道管システムの多くが、充分機能せず、また古くなっている。この状況解決に適切に対応しないメキシコ政府が、これら大企業に貢献し、飲み水を商品に変えさせていると、メキシコのある消費者団体は政府を批判する。かつてはボトルド・ウォーターの本拠地とも言われた欧州が今プラスチック製ボトル処理に関わる環境問題で売上を減らす中、ボトルド・ウォーター・ブームに沸くメキシコ、インド、中国そしてインドネシアの市場は、これらの企業にとり天の恵みと言える。そしてこのボトルド・ウォーター・ブームは同時に、メキシコでも、消費済みプラスチック製ボトルをゴミとして増加させている。同国では、消費されるウォーターならびにソフト・ドリンクのプラスチック製ボトルのうち、わずか8分の1しかリサイクルされていないとのデータもある。また、同国の貧しい地域では、このブームに便乗し、個人経営のメーカーが増え、正式に検査されていない水をボトルに入れて安く販売するという問題も報告されている
(McClatchy, 2010 May 27)
2010年5月27日
中国、青島ビール社新たに工場建設
中国最大のビール会社、青島ビール(チンタオビール)社は、中国河北省省都の石家荘市の経済技術開発区に、同社にとり54番目となる醸造工場を建設し、近接する北京での売上を後押しする。建設は来月6月に始まり、2011年6月に完成予定
(The Filling Business, 2010 May 25)
2010年5月25日
ベトナムにて、サベコ社飲料缶製造工場を増強
ベトナムを代表する飲料グループ、サベコ社(Saigon Beer Alcohol and Beverage Corporation)は、輸出増加のために同社が新設した飲料充填ライン2ラインからの需要に応えるため、昨年開場した飲料缶製造工場の能力増強を図る(弊社業界情報2009年6月30日付に関連記事)。CCHエンジニアリング社(英国)により建設された、ベトナム中部Nghe An省にあるこの工場が備える現在4億5000万缶の年間生産能力を持つD&I缶生産ライン1ラインの稼動速度を、1分間1,800缶にアップグレードし、生産能力を7億5000万缶に増強する。一方、ベトナム最大の製缶会社クラウン・アジア・パシフィック社(ベトナム、ホーチミン・シティ)もまた、インターフード社と70/30の割合で過半数の株を有す工場での生産能力を2倍に増強中であり、完成すると12億缶の生産能力となる。クラウン・アジア・パシフィック社は、サベコ社とも、製缶工場のジョイント・ベンチャーを持つ。
(The CanMaker, 2010 May 21)
2010年5月24日
ペプシコ社、中国への追加投資を発表
現在開催中の上海万博の米国パビリオンを後援するペプシコ社(米国)は、今後3年の間に、中国に新たに25億ドル投資することを明らかにした。これは、2008年に同社が発表した中国への10億ドル投資に続くものだ(弊社業界情報2009年6月29日付に関連記事)。ペプシコ社がすでに持つ食品・飲料工場27工場は中国東海岸に集中するが、同社は、この投資を通じ、福建省、甘粛省、河南省、雲南省を含む主に中国内陸部ならびに西部に、10〜12工場を建設する。これに加え、中国ではすでに大規模なじゃがいも栽培者でもあるペプシコ社は、じゃがいもと麦栽培のための農場の創設、そして研究・開発センターの創設も計画し、中国あるいはアジア市場固有のブランド確立を狙う。今年第1四半期には、インドならびに中国それぞれの市場にて、スナック菓子と飲料で2桁の売上増を記録した。一方、ペプシコ社のライバル、コカ・コーラ社は、昨年、同国に20億ドルの投資をすることを発表している(弊社業界情報2009年3月9日付に関連記事)
(IndustryWeek / The Associated Press / Forbes, 2010 May 21)
2010年5月20日
米国ソフトドリンク状況
ベヴァレジ・マーケティング社(米国)の報告によると、米国での2009年ソフトドリンク出荷量は、前年比3.1%減で、2年連続の減少となった。その状況下で伸び続けるのは、RTD紅茶とエネルギー飲料。低迷が続くボトルド・ウォーターでは、ピュア・ライフ(ネスレー社)のみ2009年に売上を伸ばした。しかし、米国ソフトドリンク市場で最大のシェアを占めるのは、2009年も、炭酸飲料であることに変わりはなかった。主要炭酸飲料ブランドの落込みが続く中、ドクター・ペッパー(DPSG社)、コーク・ゼロ(コカ・コーラ社)、ダイエット・マウンテン・デュー(ペプシコ社)は前年よりも出荷量を伸ばした。コカ・コーラ社が依然として42%のシェアを占める米国最大のソフトドリンク・メーカーであり、ペプシコ社(30%)、DPSG(ドクター・ペッパー・スナプル・グループ)(16%)が続く。以下は、2009年米国ソフトドリンクの商品別出荷量上位5品(()内数値は国内シェア):1位コカ・コーラ社「COKE」(15.3%)、2位ペプシコ社「ペプシ」(8.8%)、3位ペプシコ社「マウンテン・デュー」(4.6%)、4位DPSG社「ドクター・ペッパー」(4.1%)、5位ペプシコ社「ゲータレード」(3.1%)
(The CanMaker, 2010 May Issue )
2010年5月18日
家で飲むためのビール市場、モルソン・クァーズ社開拓
ビール・メーカー、モルソン・クァーズ英国社は、近年の消費者が家で飲む傾向に応えて、家庭の冷蔵庫にちょうど納まる10パイント・サイズのケグを採用するドラフト・ビールを発表した。この「ホーム・ドラフト・システム」には、同社のビールブランド、カーリング、クァーズライトそしてグロルシュをそろえ、FIFAワールド・カップの時期に合わせ来月より、英国のスーパーマーケット、セインズベリーズやモリソンズを含む限定された小売店で販売開始する。英国ではここ数年、消費者のパブやバー離れが顕著となっており、メーカーにとってはプレッシャーとなる低価格製品販売のスーパーマーケットに消費者は移行している。新容器採用の狙いは、家で飲むためのビールの市場を活性化し、また、この市場向けに付加価値のある製品を送り込むこと。モルソン・クァーズ英国社は、このケグ開発に18ヶ月をかけ、ケグ専用の新ラインを建設。新ケグはすでに米国と英国にて試験済み。容器軽量化により環境にも配慮。容器は100%リサイクル可能、キャップはCO2カートリッジを使用し鮮度を維持し、開封後も30日間冷蔵庫で保存可能とのこと
(packagingnews.co.uk, 2010 May 17 /just-drinks.com, 2010 May 13 )
2010年5月17日
アルミ製エアゾール缶、アジアと南アメリカからの需要増続く
欧州エアゾール協会AEROBALによると、好調であったエアゾール缶売上は、世界的な景気悪化が深刻となった2009年には、4.4%の需要落込みを記録した。エアゾール缶を一人当たり年間平均11缶使用する西欧に限ると、その落込みは6%となった。それとは対照的に、一人当たりのエアゾール缶年間使用数が1、2缶の中国とブラジルでは、2009年でも、2桁の成長を記録した。米国での2009年エアゾール缶需要は、前年レベルを維持し、欧州よりも早い回復を見せた。2009年第4四半期から、世界的に需要は増える傾向を見せているが、以前に比べ一回あたりの発注量は比較的少なく、また、期限間近のタイミングでの発注となる傾向が強いため、メーカー側の柔軟性がより求められているとのこと
(CanTech, 2010 May 17)
2010年5月13日
FIFAワールド・カップ南アフリカ大会で販売されるビール缶
南アフリカン・ブリューワリーズ(SAB)社は、地元で開催されるサッカーW杯を支援し、同社ブランドのキャッスル・ラガーを、このワールド・カップのために作られた容器に詰めて、地元バーやレストランを活気づける。その容器とは、サッカー試合会場での安全性を考慮し、初めて、蓋全体が開口するビール缶。ナムパック社により限定数で製造されたこのビール缶は、サイズ34cl ならびに 45cl のスチール缶で、食缶用蓋を基に作られた202径のアルミ製蓋を使用する。ビールを販売する際に、店員は、缶を開けてビールをプラスチック製カップに移し変えて購入者に渡すか、あるいは、缶蓋を開けて蓋を外した状態で缶のまま渡す。ナムパック社は、また、南アフリカ市場では初となるアルミ・ボトルも限定数(100万缶)だが製造する。このボトルは、限られたバーで提供される
(The CanMaker, 2010 May 11)
2010年5月11日
飲料製品多様化、世界で進む
情報調査・分析会社のユーロモニター社は、世界の飲料習慣について最新の傾向を報告した: 最近までは、ある飲料がある国を連想させるほど、国の飲料文化が明確であった。例えば、茶は中国、ワインはフランス、コーヒーはイタリア、テキーラはメキシコといった具合に。しかし、機能性飲料、フレーバー・ミルク、ソイドリンク、飲むヨーグルトに代表されるダイナミックなニッチ分野が登場する今日の新時代により、このような伝統的飲料習慣の認識は、過去10年の間に大きく揺るがされた。特に新興諸国におけるスーパーマーケットの普及は、広範囲にわたる種類の飲料を陳列する重要な場を提供すると同時に、飲料メーカーには大きなプレッシャーを与え続けている。昨年決断されたペプシコ社による同社製品の製造・販売会社ペプシ・ボトリング社とペプシ・アメリカズ社二社の買収は、多品種供給とマーケティング管理を求められるこの新時代には必然であった。もはや、一種類の飲料でその国の飲料文化を説明することはできない。中国は、この10年の間に、ビールを世界で最も消費する国へと変化し、また、2014年までには、ワインについても、世界のワインの1/3以上を中国が消費すると予想されている。チャイで連想されるインドでは、特にムンバイ、ニューデリー、バンガロールの都市に住む若者がカフェ文化に注目している。ゴミ蓄積問題で欧米では売上が落ち込むボトルド・ウォーターは、今後5年間に、中国、メキシコ、インド、インドネシア、イラン、ブラジル等で成長すると言われる。ウォッカは、本場ロシアでは伸び悩むものの、インド、中国、ドイツで人気の高まりを見せている
(just-drinks.com, 2010 April 30)
2010年5月6日
コカ・コーラ社、中国にて今年、充填工場2工場を開場、1工場を建設予定
コカ・コーラ社(米国)は、同社の「3年間中国投資計画」(弊社業界情報2009年3月9日付に関連記事)の一環として、今年、中国にて充填工場2工場を開場する。これら2工場は、広東省ならびに内モンゴル自治区にて今年後半にそれぞれ操業を開始する。また、コカ・コーラ社は、先月初旬には、河南省に、同社にとっては中国国内で最大規模となる充填工場建設を開始した。同社は、昨年には、中国国内で充填工場を3工場開場し、また、上海に技術センターを開設している
(just-drinks.com, 2010 April 30 / ChinaDaily, 2010 April 28)
2010年5月5日
モルソン・クァーズ社、中国ビール市場でのシェア拡大を狙う
モルソン・クァーズ社(カナダ・米国)は、Habei Si'hai ビール社(中国)とのジョイント・ベンチャー「モルソン・クァーズSi'hai ブリューイング社」を設立し、中国市場でのビール売上増加を狙う。モルソン・クァーズ社は、このジョイント・ベンチャーの株を51%所有し、直接に管理を行なう。モルソン・クァーズ社は、2003年より中国にてクァーズ・ライトを販売しているが、今回のJV設立により、中国市場での同社ビールのシェア拡大に注力し、これまでの西欧市場依存からの脱却を図る。同社は、今後、クァーズ・ライトならびにSi'hai ビール・ブランドの販売促進に努める。Si'hai ビールは、中国河北省にて強い人気を誇り、その地域ではコスト効率・利益率の高い事業を確立していると言われる
(just-drinks.com, 2010 May 4)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ