ニュース News

業界情報バックナンバー

2009年4月30日
中国薬草茶メーカー、アルミ缶使用を増加
中国最大の製缶会社、CPMC社は、今年後半に、同社としては初のD&I飲料缶製缶工場を建設する。中国食品貿易会社大手のCOFCO社の傘下であるCPMC社は、中国の著名な薬草茶Wanglaoji薬草茶用の3ピース・スチール缶の主要供給会社で、今後、D&Iアルミ缶を増産する予定。Wanglaoji薬草茶充填を担うJDB社は、2008年中頃より、充填ラインを、より軽量な特殊設計缶用に変更している。現在の所、JDB社は、中国の製缶会社パシフィック・キャン社、また最近ではボール社、クラウン社からそれぞれ供給された缶を使用している。CPMC社の初のDWI製缶ラインは、上海の南西に位置するせっ江省に建設中で、JDB社新充填工場3工場のうちのひとつに近い場所にある。CPMC社DWI製缶工場のエンジニアリングはオムニテック社(米国コロラド州)により進められており、年間7億缶以上の生産能力になると予想される。Wanglaoji薬草茶の売上は、2008年には25〜30%増で、年間30億缶の3ピース缶が出荷された(弊社業界情報2008年10月16日に関連記事)
(The CanMaker, 2009 April 28)
2009年4月27日
シャンパン用コルクに代わるメタルキャップ発表
5月に、ロンドン国際ワイン・フェァにて、デュヴァル・ルロイ社(フランス)により、シャンパン・ボトル用メタルキャップが発表される。シャンパンの伝統的蓋であるコルクに代わる蓋は、これまで発表されたことはなく、今回が初めてと言われる。アルキャン・パッケージング社により特別に設計された「マエストロ」と名付けられたこのメタルキャップは、シャンパンを開けた時に出る馴染みある「ポン」とはじける音も維持する。また、スパークリング・ワイン用ボトルにも使用可能。デュヴァル・ルロイ社のクロ・デ・ブーヴリー・シャンパン・ブランドのボトルにこのキャップを使用し、試験販売を開始する。デュヴァル・ルロイ社をこのメタルキャップ採用決定に導いたのは、コルク使用で発生するコルク臭(コルク・テイント)であったとのこと。また、開封時の象徴的な音を残しながらも、コルクよりも取扱いが簡単で安全である点もそのひとつだ。ワイン用には、すでにコルクに代わるスクリュー・キャップ使用が今では多くなっている(弊社業界情報2008年7月17日に関連記事)
(The CanMaker, 2009 April 24)
2009年4月23日
ペプシコ社のボトラー買収、米国飲料業界全体に影響か
今週月曜日に発表されたペプシコ社(米国)の、同社二大ボトラーの60億ドルの買収発表は、近年、ペプシやコカ・コーラ以外に多くの飲料選択肢を持つ小売店や消費者に対し、より優れたサービスを提供することの必要性を、あらためて米国飲料業界全体に自覚させることになる。今回のペプシコ社のペプシ・ボトリング・グループならびにペプシアメリカズ社の買収は、特に、ライバルのコカ・コーラ社に、同社自身のボトラー統合へのプレッシャーを与えると、アナリストは見る。そのため、コカ・コーラ社最大のボトラーであるコカ・コーラ・エンタープライジズ社の株価は、今週月曜日、最高7.6%上昇した。現在、ペプシコ社、コカ・コーラ社ともに、独自の飲料ブランドを持ち、飲料濃縮液・シロップを作り、マーケティングを仕切る一方、ボトラーは、濃縮液を購入、飲料を製造、そして販売する。両社ともに自身のボトラーの大株主である。各社がボトラーを買収した場合、ボトリング事業そのものはリターンが低いため、利益は一時的ではあれ圧縮されるが、他の飲料メーカー、例えばドクター・ペッパー・スナプル・グループ、コット社、ナショナル・ベヴァレジ社らとの開きはさらに広がることになる。ペプシコ社の今回の買収は、同社の体制を、1999年まで維持していた中央集権に戻すものだ。コカ・コーラの場合、同社のボトリング・システムがより複雑なため、ボトラー買収は困難を伴い、買収という行動に即座には移りにくいと見るアナリストもいる
(Reuters, 2009 April 21)
2009年4月21日
アルミ・エアゾール缶、2008年の好調を2009年にも期待
アルミ・エアゾール缶製造会社は、2008年には、その生産量を、好調であった2007年に比べさらに8%増やし57億缶を記録。中東地域を除き、世界中全ての地域で出荷量も増加した。アルミ・エアゾール缶の主要部門は、化粧品業界であり、アルミ・エアゾール缶全出荷量の76%を占める。家庭用・化学製品11%、医薬品5%、食品3%がそれに続く。しかしながら、2008年末あたりから、各業界からの需要が減り始めている。幸いに、需要減はそれほど深刻なものではないこと、そして、現時点でのアルミ価格の下降傾向+ティンプレート価格の上昇傾向によるアルミ缶の競争力増加を背景に、2009年後半には需要が回復すると期待する
(The CanMaker, 2009 April 20)
2009年4月20日
中国スノー・ビール、バドライトを抜いて世界最大の売上を記録
SABミラー社とその業務提携先チャイナ・リソーシーズ・エンタープライジズ社により中国で醸造されるスノー・ビール社は、アンハイザー・ブッシュ社(米国)が醸造するバドライトを抜き、現在、世界最大のシェアを占める。スノー・ビールは、2008年、売上を19.1%伸ばし、バドライトならびにバドワイザーを抜き世界最大の売上を記録した。また、中国は、すでにビール出荷量において米国を抜き世界最大のビール市場となっている。2008年、ビール統計を専門とするプラトー・ロジック社により発表された、ビール出荷量に基づ上位ビール・ブランドは以下の通り([ ]内は、単位百万ヘクトリットル):
1位 スノー[61.0]/ 2位 バドライト[55.6]/ 3位 バドワイザー[43.4]/ 4位 スコール(ブラジル)[35.4]/ 5位 コロナ[32.7]/ 6位 ハイネケン[29.1]
(CanTech, 2009 April 16)
2009年4月16日
米国地ビール業界、「独立」を祝う
米国の小規模・独立無所属の地ビール会社は、年に一度「米国地ビール週間」を持ちイベントを打ち上げる。今年は5月11日〜17日の開催を予定する。このイベントを通じ、年間200万バレル以下のビールを醸造する、個人所有の小規模ビール・メーカーへの支持を求める。この特別週間では、ビール工場特別ツアー、ビールに合う食事の提案、地ビールの特別販売等が米国各地で行なわれる。2006年から1週間にわたるイベントとなったこの地ビール週間は、米国議会でも承認され、ビール・ファンやメディアからの関心・支持は年々増えている。2008年には、180以上に及ぶビール・メーカーが、各地元のこのイベントに登録した。このような地ビール・メーカーは、米国で10万人以上の職を創出する。現在、地ビールは、米国ビール市場において、販売量で4%、売上高で6.3%を占め、その数値は年々上昇する一方、それら小規模ビール・メーカーが抱える稼動費も2008年には前年比39%増加したと言われる
(Beverage World, 2009 March 24)
2009年4月14日
SABミラー社、アフリカ市場向けに安価のビール醸造を目指す
ビール市場としては比較的未開拓なアフリカは、SABミラー社も注目する市場だ(弊社業界情報2009年3月26日に関連情報)。3億1500万人の人口を抱えるアフリカ市場は、製品の価格そして物流が大きな課題となる。アフリカでは、家庭で作る「非公式なビール」の市場が、SABミラー社の同地での売上高の4倍、30億ドル以上、の価値があると同社は推定する。SABミラー社は、各地域で栽培される原料を利用することで、標準のラガーにかかる費用の50〜60%でビールを醸造し、その非公式な市場の多くへ到達することを目指す。このような現地での原料調達によるビール醸造は全く新しい方法ではない。SABミラー社ならびにアフリカでの同社ライバル、ディアジオ社両社ともに、グレイン・ソルガムですでにビールを醸造している(弊社業界情報2008年1月10日に関連記事)。SABミラー社は、2002年には、ソルガム・ビール「イーグル」を発表、今ではアフリカにおける同社の二大ブランドのひとつだ。現地の原料を使用することで税の優遇を受け、輸入ビールよりも格段に安く販売する。この方式を応用し、同社は、2005年、インドでのビール醸造のため、大麦栽培を促進した。現在、アフリカでもアンゴラ、エチオピア、モザンビーク、ザンビアで大麦栽培の可能性を調査する。経費削減のために包装費にも注目。同社は、最小限のラベル使用から、厚紙や折り畳み式プラスチック容器の試験的利用まで、あらゆる可能性を模索する。同社は、2002年のミラー社(米国)との合併以前は、南アフリカン・ブリューワリーズ社として知られ、現在、総利益の35%をアフリカ市場から得る
(News Factor, 2009 April 10)
2009年4月13日
ボール社、PETボトル製造工場を統合
ボール社(米国)は、ニューヨーク州ボールドウィンズヴィルならびにウィスコンシン州ウォータータウンにある、同社工場の中でも最も小規模のPET容器製造工場2工場でのPET容器製造を永久的に停止することを発表した。これらの工場で製造されていたPET容器は、規模のより大きな同社の他工場から供給されることになる。これにより、2010年から年間およそ1,200万ドルの経費節約を見込む。近年の単層PET容器の需要低迷がこのような生産能力の統合となった
(Trading Maerkets, 2009 April 9)
2009年4月9日
軽量飲料缶蓋CDL+、欧州にてコカ・コーラ社が採用
今年早々、コカ・コーラ社は、同社ベルギーの飲料缶用充填ラインを、ボール・パッケージング・ヨーロッパ社から供給されるいわゆる「CDL+」缶蓋対応に初めて変更した。「CDL+」缶蓋は、従来の缶蓋に比べ、10%まで材料削減を実現する。「CDL+」缶蓋の新容器を使用するコカ・コーラ・ブランドは、まず欧州ベネルクル三国にて発売される。コカ・コーラ社は、さらに今春には、フランス南部市場への供給に向けて、同社フランス・マルセイユ工場のラインを「CDL+」対応に変更する。この缶蓋は、ボール・パッケージング・ヨーロッパ社の英国Deeside工場にて製造され、来月には2台目となる缶蓋用プレスを加え、今年中に生産能力を11億枚に、2010年までには15億枚に上げる
(Emballage Digest, 2009 April 7 / The CanMaker, 2009 April 8)
2009年4月7日
レクサム社、欧州でワイン用缶の販促続ける
レクサム社(英国)は、5月中旬にロンドンにて開催される国際ワイン・フェアで、ワイン用に開発された20clならびに25clサイズのアルミ缶を紹介する。ワインがますます家庭や屋外など様々な場所で消費されるようになったのに伴い、持ち運び易く、環境に負担のかかりにくい、一人分用サイズにも対応する缶への注目度は高まっている。最近では、特殊な充填工程やワインのために開発された内面塗料の使用など、ワインを缶に詰めるための、いわゆるVINSAFE製造技術に関わる特許について、バロークス・ワインズ社(オーストラリア)が勝訴し、この2月に、欧州特許庁により、欧州でのこの技術の使用は、同社からの許可を必要とする旨が命じられた。欧州でのこの特許認可については、レクサム社、ボール社、クラウン・ホールディングズ社を含む10社が異議を唱えていた
(The CanMaker, 2009 April 6 / packagingnews.co.uk, 2009 February 27)
2009年4月6日
英国、消費者が包装の無駄を店頭で指摘
英国スーパーマーケット最大手のテスコは、今週から6週間にわたり、同スーパーのうち2店にて、消費者に、不要と判断する紙・プラスチック包装をその場で取り除きそのまま店に残しておくことを促す。この試みは、結果によっては、今後の包装戦略に影響を与えるとテスコ社は考えており、リサイクル促進以前に、包装材そのものをまず軽減することを同社は支持するとしている。テスコ社は、消費者に包装の無駄な部分を直接指摘してもらうことにより、その包装を使用するメーカーに改善を促す
(Food Productiondaily.com, 2009 April 2)
2009年4月2日
米国炭酸ソフトドリンク売上量、大きく減少
2008年の米国での炭酸ソフトドリンク売上量は、80年代初期以降最大となる3%減少を記録した。レギュラー・コークやペプシを含む主要ブランド売上が落ちた一方で、エネルギー飲料ならびにダイエット飲料の一部は2008年も好調な売上を見せた。米国三大飲料メーカー、コカ・コーラ社、ペプシコ社ならびにドクター・ペッパー・スナプル社は、炭酸ソフトドリンクの売上量については、それぞれ3.1%、4%そして1.3%の減少となった。むしろ小規模な会社で、低価格で炭酸ソフトドリンクやエネルギー飲料を提供するナショナル・ベヴァレジ社、ハンセン・ナチュラル社、レッドブル社、ビッグ・レッド社が売上を伸ばし、米国飲料業界誌ベヴァレジ・ダイジェスト誌が調査した2008年度売上量上位10位にも入るほどだ。米国のブランド別ソフトドリンク売上では、依然第1位はコークだが、2.5%減、ライバル・ブランドのペプシ・コーラが6.5%減、ダイエット・コークが3%減、ダイエット・ペプシが7.5%減となった
(Reuters, 2009 March 31)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ