ニュース News

業界情報バックナンバー

2008年10月30日
ボトルド・ウォーター、主要市場で苦戦
ペリエ、ポーランド・スプリングのブランドを持つ世界最大のボトルド・ウォーター・メーカー、ネスレー社は、今の経済不安や環境問題が、西欧ならびに米国市場でのボトルド・ウォーター成長に歯止めをかけていると、先週コメントした。アクアフィナ・ブランドを持つペプシコ社は、今年第3四半期に2桁の売上減少を記録、エヴィアンやヴォルヴィック・ブランドをそろえるダノン社は、特にフランス、スペインならびに英国での需要減が顕著だと報告。環境保護団体が訴えるボトルを原因とする環境問題を考慮し、各メーカーは炭素ガス排出削減、ボトルのリサイクル推進に積極的に取り組む過程にある。また、水道水との差別化をより明確にするため、ボトルド・ウォーターが含有するミネラルやビタミンの豊富さを強調する。一方で、ダノン社は、第3四半期の、アジア・中南米、なかでもインドネシア、メキシコ、アルゼンチンでの売上増加を報告。ネスレー社にとっては、同社ウォーター売上全体の10%を占めるに過ぎない新興諸国市場ではあるものの、今年9ヶ月間で20%の需要増加があったと発表。主要ボトルド・ウォーター・メーカーは、振興諸国市場の成長に期待する。世界のボトルド・ウォーター市場シェアは、現在、ネスレー社19.2% 、それに続きコカ・コーラ社9.4%、ダノン社 8.0%、ペプシコ社 4.8%となっている
(Reuters, 2008 October 29)
2008年10月27日
ボール社、セルビアに缶蓋製造工場を建設
ボール社(米国)は、飲料缶用蓋の製造を開始するため、セルビアの首都ベオグラードにすでにある同社製缶工場に2500万ユーロを投じる。これにより、同工場は、缶胴と缶蓋両方を製造する欧州唯一の工場となる
(Emportal, 2008 October 24)
2008年10月23日
カナダ、BPA含有の哺乳瓶販売禁止へ
カナダ政府は、ビスフェノールA (BPA) を含むポリカーボネート製プラスチックから作られる哺乳瓶の輸入、販売ならびに宣伝を禁止する法案を成立させる。以前より、特に妊婦や乳幼児の健康に影響を与える可能性があるとして批判のあったBPAについて、国が法的に使用を制限する動きに出たのはこれが初めてとなる。BPAの乳幼児への健康被害のリスクは無いとする研究者やヘルス・カナダなどの団体の調査結果もあるが、それについては不確かな部分があるとして、禁止の方向となった
(The CanMaker, 2008 October 22)
2008年10月21日
コカ・コーラ社、第3四半期純利益増でペプシコ社と明暗分ける
コカ・コーラ社(米国)は、今年第3四半期の純利益が、前年同期比14%増となったことを発表。この報告が行なわれたのは、ライバルのペプシコ社(米国)が同期の純利益9.6%減、3,300人の解雇を発表した翌日だった。コカ・コーラ社のこの好調さは、国際市場によるところが大きい。北米市場では、この期、2%の落ち込みを見せた。唯一売上を伸ばしたのはコカ・コーラ・ゼロ。一方、海外では、例えば同社が北京オリンピックのスポンサーを務めた中国で売上を17%伸ばした。また、東欧・旧ソビエト諸国、中東、アフリカ、中南米、アジア諸国での売上が好調。世界全体では、炭酸ソフトドリンク売上が3%増、紅茶・コーヒー飲料、果汁飲料、ウォーター、スポーツ飲料の非炭酸飲料売上が10%増を記録した
(The Atlanta Journal-Constitution, 2008 October 16)
2008年10月20日
ヨーグルト炭酸飲料、ボトル缶を採用
缶が新たな市場で注目されている。乳製品飲料メーカー、ヨープレイト社(フランス)は、同社のフーレーバー・ヨーグルト炭酸飲料に25clサイズのアルミ・ボトルの採用を決定。エキサル社(米国)傘下のボキサル・フランス社所有の専用ラインで製造されるこのアルミ・ボトルは、高精細度の印刷を施し、マキシ・クラウン・リングプル・キャップを使用する。「Dizzy」と名付けられたこの製品は、ヨーグルトよりもむしろ飲料として印象付けるために、アルミ・ボトルを採用したとヨープレイト社。特に15〜25歳の若い消費者をターゲットにする。フランスでは、昨年、コカ・コーラ社が、コーヒー炭酸飲料「ブラック」ブランドを、アルミ・ボトルで発表した
(The CanMaker, 2008 October 20)
2008年10月16日
中国主要薬草茶メーカー、スチール缶からアルミ缶に変更
中国では、中国の主要薬草茶、Wanglaoji(王老吉)の3ピース・スチール缶から2ピース・アルミ缶への変更が、アルミ缶飲料ライン建設に今後影響を与えるかもしれない。Guangzhou Wanglaoji Pharmaceutical1社により作られるWanglaoji薬草茶は、今、窒素充填システムを使用する、ホット充填アルミ缶に対応するラインで充填されている。同製品用に特殊デザインされたアルミ缶を供給する最初の製缶会社は、最近中国のあるコンフェレンスにて金属容器最優秀賞を受賞したパシフィック・キャン社(北京)だ。パシフィック・キャン社は、今後、ホット充填・レトルトされたWanglaoji薬草茶用に、Guangzhou Wanglaoji社により要求される高品質でかつ高度印刷技術を駆使する、2ピース・アルミ缶を供給することになる。Wanglaoji薬草茶は、2009年末までに、およそ30億のアルミ缶の需要をもたらすと予測される
(The CanMaker, 2008 October 15)
2008年10月14日
ペプシコ社、炭酸ソフトドリンク事業に再投資
ペプシコ社は、今後数年をかけて、低迷を続ける炭酸ソフトドリンク事業に投資を集中させ、回復を狙うことを発表した。その第1段階として、同社ブランドのペプシ、マウンテン・デュー、シエラ・ミストの缶のグラフィックならびにロゴを変更する。具体的には、ペプシ缶の馴染みある赤・白・青の球体デザインの変更、「Mountain Dew」を「Mtn Dew」 と容器上で表示するなど。新たにデザインされた新容器は、来年初頭に店頭に並ぶ予定。米国の消費者嗜好がボトルド・ウォーターや紅茶飲料などに移行しており、また、今は、世界的な金融不安の影響で、飲料そのものを買い控える傾向にもある
(Reuters, 2008 October 12)
2008年10月13日
タイ、飲料製品輸出急増
現在世界第7位の食品輸出国であるタイは、飲料製品輸出量に関しては、2007年度に食品分野の総輸出量の3.1%を占めていたが、今年前半期ですでに111.4%増、輸出額では33.9%増を記録した。海外におけるタイの飲料製品需要増は、同国食品貿易全体に影響を及ぼす様々な食品安全条件により多少なりとも説明される。同国の主な輸出先である欧州、米国、日本ならびにASEAN諸国は非常に厳格な食品安全基準を持つため、輸出国であるタイは、結果的に、食品ラベル、汚染基準、農薬残留基準、ゼロトレランス、などに細心の注意を払うようになったからだ。今後ますます増え、変化する市場条件に対応するために、迅速且つ信頼性の高い検査ならびに製品保証サービスが必要となると同時に、利便性、アピール性、環境への配慮そして安全性を提供する機能的な容器が必要とされると、タイ工業連盟下の食品加工クラブは説明する
(Flexnews, 2008 October 9)
2008年10月9日
米国ビール業界、ライト・ビールと輸入ビールが好調
今年前半7ヶ月の短い間に起きた、ミラー社とクァーズ社のジョイント・ベンチャー発足、ならびに、インベヴ社によるアンハイザー・ブッシュ社の買収という業界の大きな変化、そして、世界の経済状況悪化、にも関わらず、米国ビール業界では、ライト・ビールと輸入ビールの2%、 2.1%の成長がそれぞれ予測されている。このデータを提供する米国飲料情報グループが最近発表した2008年ビール・ハンドブックでは、ライト・ビールの最近の成長は、昨年発表された「ミラーチル」の成功によるところが大きいという。また、このデータによると、昨年度、米国におけるビール全体の売上は1.2%増に対し、米国での輸入ビール売上は2.8%の増加を記録している
(Flexnews, 2008 October 7)
2008年10月7日
ミラー・チル vs バド・ライト・ライム
2007年に発表された、ライムとソルトを加えた軽めのビール「ミラー・チル」は、ミラー・ブリューイング社の最も成功した製品と言える。しかし、今年5月大々的な宣伝のもとアンハイザー・ブッシュ社により発表された「バド・ライト・ライム」の挑戦に脅かされ、今年の売上は、昨年同時期に比べ47%の落ち込みを見せた。ビールからワインやスピリッツに移行した消費者も注目したミラー・チルは、ミラー社の年間総売上の1.2%しか占めないが、小売価格を高めに設定しているため利益率が高い優秀ブランドとなった。一方のバド・ライト・ライムは9月末現在で同社の3.6%売上増に貢献した。アンハイザー・ブッシュ社によると、バド・ライト・ライム売上好調の理由は、バランスのとれたミラー・チルに比べ、ライムが強く多少甘めである点が消費者の求めるものに合致したと分析する。アンハイザー・ブッシュ社は米国市場では50%弱のシェアを占めるが、ミラー社は18%。今年立ち上げられたジョイント・ベンチャー、ミラークァーズ社によりそのシェアは29%になるが、その配送ネットワークを充分発揮するには至っていない。これから迎える冬を、両製品がどのように乗り切るか注目だ
(Milwaukee Journal Sentinel, 2008 October 6)
2008年10月6日
英国、金融危機の影響で肉類缶詰の売上増加
英国民は、今、8〜9日に少なくとも1回は缶詰食品を買うという。この数字は、金融の危機的状況が日々明らかになるごとに高くなるようだ。中でもポーク缶詰は、過去12週間で6%売上を伸ばしている。さらに、過去12ヶ月の間で、ハム、コンビーフ、チョップド・ポークの肉類缶詰を求める世帯の数は55%増えたと報告されている。ある調査は、肉類缶詰に対する消費者の見方の変化にも注目する。これまで時代遅れで、調理済み肉製品に比べ品質が劣るとの印象が強かったが、肉の品質向上、より長くなった賞味期間そして缶の持つゴミ削減を促すリサイクル性などが消費者に好印象を与えるようになったと見ている
(CanTech, 2008 October 3)
2008年10月2日
コカ・コーラ社、英国で軽量缶を開発・生産
コカ・コーラ社(米国)は、英国政府支援の開発プロジェクトを通じ、33clサイズのアルミ缶重量を5%削減した。これにより、欧州での1年間の二酸化炭素排出量は78,000トン削減されるという。この軽量缶は、昨年7月から11月にかけて、ボール社、クラウン社ならびにレクサム社の製缶会社によるベヴァレッジ・キャン・メーカー・ヨーロッパ(BCME)の協力を得て、また、英国政府支援非営利団体WRAP(包装の無駄排除を推進)により資金を得て、コカ・コーラ・エンタープライズ(CCE)社の英国工場にて開発・試験された。2009年、コカ・コーラ社はこの軽量缶150億缶を生産予定。欧州ではすでに主要飲料メーカーとビール・メーカーが軽量アルミ缶を使用しており、すでに65億缶が生産されている。欧州で使用される300億にのぼるアルミ飲料缶全てが5%軽量化されると、1万トンのアルミ節約となる。コカ・コーラ社は、今夏、香港市場向けの飲料缶サイズ355mlから 330mlへの縮小、また、CCE社のやはりWRAPとのプロジェクトによる、英国市場におけるPETボトル26gから24gへの軽量化への取組みも行なっている
(The CanMaker, 2008 September 24 / Packaging Europe, 2008 September 25)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ