ニュース News

業界情報バックナンバー

2008年8月28日
米国ビール、オン・プレミスでのイメージ・アップ
その場で消費する「オン・プレミス」製品 - 購入してから20分以内に消費する製品、ほとんどがバー、パブ、レストランでの消費 - として米国ではビールがその王様と呼ばれるにふさわしかった(米国でのオン・プレミスのアルコール飲料売上49.6%がビール)(オン・プレミスでの米国ブランド・ビール売上トップ3はバド・ライト、ミラー・ライト、バドワイザー)。しかしここ数年、米国主要ビール・メーカーは、オン・プレミス・ビールのイメージ・アップに躍起だ。その理由は、すでに伝えられるように、特に若い消費者の、ワイン、スピリッツ、輸入ビール、地ビールへの移行がある。また、オン・プレミスでの製品の「見かけ」を考えると、金属容器には厳しいものがある。実際、オン・プレミスでの缶ビール売上はわずか10%.。そこでビール・メーカーがオン・プレミスでの「イメージ・アップ」を図るのに注目したのがアルミ・ボトル。主要ビール・メーカーとして初めて2004年8月に、旧ピッツバーグ・ブリューイング(現アイアン・シティ・ブリューイング)社が採用。現実は、アルミ・ボトル採用に最も販促活動に注力してきたアンハイザー・ブッシュ社ですら、アルミ・ボトル採用のビールは限定量しか生産していない。今後、よりスケールの大きいアルミ・ボトルの活用が、オン・プレミスで期待される
(The CanMaker, 2008 August Issue)
2008年8月25日
包装機械出荷量、米国で6年連続増加
米国における包装関連機械の2007年度出荷量は、前年度比で増加したことを、米国包装機械製造社協会(PMMI)は報告。6年連続の増加となる。包装機械製造会社369社を対象にした調査では、出荷量は前年度に比べ3.9%増で62億ドル。また、国内の出荷量1.2%増に対し、輸出量は17.8%増加
(Packaging News, 2008 August 22)
2008年8月21日
カナダの都市、ボトルド・ウォーター販売禁止へ
カナダのオンタリオ州ロンドン市市議会は、アリーナ、コミュニティ・センター、そしておそらくゴルフ場も含める同市が運営する全ての施設において、ボトルド・ウォーターの販売を行なわないことを決定した。ロンドン市はボトルド・ウォーター販売に制限を設けたカナダで最初の市となる。環境専門家は、カナダの各市による給水設備はボトルド・ウォーター工場に比べ、はるかに高い頻度で検査を実施しており、また、カナダの水道水は全般的に非常に高品質であると強調。人気の高いボトルド・ウォーター・ブランド、ダサーニならびにアクアフィナは、カナダの市営給水からの水をろ過したものを利用しているとのこと。ロンドン市は、例えば20万人の人出が予想されるサマー・フェスティバルなどの大規模な屋外イベントなどでは、即座に販売禁止を施行しない予定で、しかしこの夏の間、水飲み場の増設、携帯ウォーター・ディスペンサーの紹介を行なう。このようなボトルド・ウォーター販売禁止は、カナダのバンクーバー、トロント、オタワを含むその他の都市でもすでに考慮し始めている
(globalandmail.com, 2008 August 19 / cbcnews.ca, 2008 August 20)
2008年8月19日
エネルギー飲料、16ozサイズのキャップ缶に人気
エネルギー飲料モンスターやメキシコの果汁飲料フメックスなどソフトドリンク用再封可能な「キャップ缶」の小さめサイズ、16ozサイズ缶が米国で注目を集めている(2008年6月16日付弊社業界情報に関連記事)。2005年発売以来、レクサム社供給の23.5ozサイズのキャップ缶を使用していたエネルギー飲料ジョルトもまた、16ozサイズの人気を見逃さない。「16ozサイズは、エネルギー飲料売上全体のほぼ60%を占めており、より多くの消費者に到達する機会を与える」とジョルト販売会社、ウェット・プラネット・ベバレッジズ社はコメントする。ジョルト用16ozサイズ缶胴はレクサム社米国ノース・キャロライナ州ウィストン・セイラム工場による製造、その缶胴と結合しアルミ製キャップ缶を完成させる再封可能な缶蓋はデイトン・システムズ・グループ(DSG)(米国オハイオ州)による製造。キャップ缶の年間生産量は、今年末までには10億缶を超えると見られる。DSG社は、現在、ある製缶会社とともに食品用のキャップ缶にも取り組んでいる
(The CanMaker, 2008 August 14)
2008年8月18日
ボール社、ブラジルとポーランドで生産能力増強
ボール社(米国コロラド州)は、年間売上11%増を記録するブラジル市場需要に応えるため、サンパウロ州ジャカレイ市の同社製缶工場における生産能力を増強するのに加え、9月末までにはリオ・デ・ジャネイロ州に新工場建設を開始する。
また、ボール社の一部で、欧州に12工場、130億缶の年間生産能力を持つボール・パッケージング・ヨーロッパ(BPE)社は、ポーランドの投資誘致目的で設置された経済特区のひとつユーロパーク・ミルツェ地域内ルブリン市に、飲料アルミ缶製造工場を建設する。これは14年前の同社による初のポーランド市場投資で、現在年間生産能力15億缶を誇るラドムスコ工場に続くもの。成長を続けるポーランドの飲料缶需要に対し現在の生産能力は不十分と見ての新たな投資となった。工場建設は今年末までに完了、2009年5月に操業開始の予定。1日の生産能力は0.5リットル・サイズ缶200万缶。主な客先はポーランド、ウクライナならびにベラルーシのビール・メーカー
(Packaging Europe, 2008 August 18 / The CanMaker, 2008 August 15)
2008年8月14日
バオスチール社、中国でのメタル印刷能力倍増
中国スチール・メーカー、バオスチール社は、中国北京市郊外で万里の長城の著名なポイントMuitanyuに近いHuairou工場の印刷能力を倍増することにより、同社子会社バオデコ社(上海)によるメタル印刷サービスを拡張する。バオデコ社はすでにKBAメタルプリント社(ドイツ)に2台目となるメタルスター2プレス(6色機)を発注済み、2009年初頭に据付開始が予定される。Huairou工場は、バオデコ社の製缶における戦略的パートナー、ORG社により操業されている。第1台目と同様、2台目メタルスター2もまたUV乾燥システムを使用
(The CanMakaer, 2008 August 12)
2008年8月11日
ボックス・ワイン、売上増加続く
昨年需要を増やしたボックス・ワインは、今年に入ってからもその強さは衰えない。ボックス・ワインはいまだワイン部門全体売上のわずか1%を占めるにすぎないが、昨年の売上増加率は41%との数値もある。特にボックス・ワインのイメージは明らかに変わりつつあり、それは、「プレミアム・バッグ・イン・ボックス」と呼ばれる、高級ワイン用ボックスのカテゴリーが現れたことでも証明される。ボックス包装がビンに勝る点はいくつかある。決して割れないので、ハイキング、ピクニック、ビーチに理想的。また、ビンに入れた場合よりもボックス・ワインは空気に触れにくいため、ワインがより長く持つ。そして最も重要な利点が、ボックス・ワインが提供する環境への負荷の少なさ。ある調査によると、ボックスは、ビンと比べ、出すゴミで85%少なく、炭素排気量では55%少ないとのこと。
(Packaging Digest, 2008 August 7)
2008年8月7日
ビール、米国人気ナンバーワンのアルコール飲料
先週発表された2008年米国消費者傾向を調査したギャラップ・ポールによれば、最も頻繁に飲むアルコール飲料として、ビールと答えた米国人が最も多い(42%)ことが明らかになった(ワインは31%、その他のハード・リカーが 23%)。 2005年の同調査ではワインが僅差でビールを抑え1位だった。ギャラップによると、ワインからビールへの嗜好変化は、特に30〜49歳層に顕著とのこと。この世代は、売上好調の続く地ビールとともに育った最初の世代。アルコール度が高くない点もこの世代にビールが受ける。調査会社ストーンブリッジ・リサーチ社は、業界が創り上げた近年のビール「プレミア化」戦略の成功も見逃せないという。米国で景気低迷が続く今、地ビール・メーカーは、通常のビールよりも高い小売価格をさらに上げたにも関わらず、その後も売上を伸ばしている。価格の安さよりも高品質を求める今の消費者傾向にプレミア化は連動する。そして、ビールのイメージアップが、若い女性層を取り込むことにもつながると同社は分析する
(baltimoresun.com, 2008 August 6)
2008年8月5日
ミラークァーズ社、地ビール・タイプのビール発売延期
SABミラー社とモルソンクァーズ社とのジョイントベンチャー、ミラークァーズ社は、地ビール・タイプのビール、ミラー・ライト・ブリューワーズ・コレクション(ブロンド・エール、アンバーならびにウィートの3種)の米国全域販売を延期した。同社は、サンディエゴ、オースティン、ミネアポリスを含む市場での試験販売の結果、まだ改良すべき点があることを延期の理由とした。ある関係者は、包装が充分魅力的でなかった点、そして元来あるミラー・ライトの延長ととらえる消費者が、地ビール・タイプであることを理由に高くなった価格に躊躇した点を挙げた。本来、小規模ビール・メーカーが醸造するビールを指す地ビール(Craft Beer)は、原料費・燃費が高騰した今年前期においても米国で売上を伸ばすほど、人気にかげりはない。ただその成功は、巨大ビール・メーカーの下での「地ビール」ブランドには波及しないようだ。アンハイザー・ブッシュ社は、今年、ミケロブを地ビール・タイプとして位置づけし直したが、昨年よりも売上を落としている。例外はただひとつ、「ブルームーン」だ。1995年にクァーズ・ブリューイング社が「密かに」発売した地ビール・ブランドで、今年に入りやっと全国展開を開始した。ボトルにはメーカー名をブルー・ムーン・ブリューイング社とし、クァーズ社の名を全面に出していない
(BrandWeek, 2008 August 1)
2008年8月4日
コカ・コーラ社、漢方療法に基づく飲料開発進める
コカ・コーラ社(米国)は、中国の漢方療法を利用した飲料開発に取り組んでいる。しかし、コカ・コーラ社と中国医学科学院が昨年10月北京に研究センターを開設し、両者共同で複数のプロジェクトに取り組んでいると発表した以外、詳細は明らかにされていない。消費者の健康志向がますます高まり、糖分を多く含む飲料が敬遠される今、元来のコカ・コーラ飲料を開発した時と同じ程度に、このプロジェクトがコカ・コーラ社の将来にとり重要なものであり、また、コカ・コーラ社が、薬草を基に全く新しい飲料を創り、ソフトドリンク業界に改革を起こすことを望んでいると見る業界関係者もいる
(Sydney Morning Herald, 2008 August 2)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ