ニュース News

業界情報バックナンバー

2008年1月31日
ビール業界再編を次に起こすのはインベヴ社か
先週のハイネケン社(世界第4位のビールメーカー)とカールスバーグ社(第5位)によるスコティッシュ&ニューキャスル社買収に続く業界再編は、世界最大のビールメーカー、インベヴ社(ベルギー)により引き起こされると、今予想するアナリストは多い。世界三大ビールメーカー、インベヴ社、SABミラー社そしてアンハイザー・ブッシュ社(米国)は、大麦価格とアルミ缶価格の高騰の影響を受け、経費削減・売上増を見込める合併・買収を模索していると言われる。これは、最近実現確実となった、米国第2位と第3位のビールメーカー、SABミラー社とモルソン・クァーズ社による米国ジョイント・ベンチャーにより、米国第1位の売上を誇るアンハイザー・ブッシュ(AB)社が、インベヴ社にさらに近づくのではと見る向きがあるからだ。他方、主力市場を米国、メキシコ、中国に置くAB社の市場が、急成長を続ける新興市場からすでに3分の2の収益を確保しているインベヴ社にとり充分魅力的であるのか、また、AB社を通じインベヴ社欧州ブランドの米国への販売が実現している現在、AB社との完全なる合併がインベヴ社にとり必要なのかを考慮し、この二社合併の可能性は薄いとする声も聞かれる
(International Herald Tribune, 2008 January 30)
2008年1月29日
欧州ビール・メーカー大手各社、急成長市場で動く
@ハイネケン社(オランダ)は、カザフスタンならびにセルビアで人気のビール・メーカー、Efesブリューワリーズ社(トルコ)と提携、ビール売上好調が続くウズベキスタン、カザフスタンならびにセルビアの急成長市場を狙う A世界第5位のビール・メーカー、カールスバーグ社(デンマーク)とハイネケン社は、欧州で人気の高いビール・メーカー、スコティッシュ&ニューキャスル(S&N)社(英国)を買収, 欧州諸国、米国、中国、ベトナムに広がるS&N社事業を二社で引き継ぐ Bインベヴ社(ベルギー)はRKJグループ(インド)とのジョイント・ベンチャーを通じ、インドにてビール醸造工場を建設、完成は2009年末の予定 C製缶会社ボール・パッケージング・ヨーロッパ社は、ポーランドに飲料缶製造工場建設を決定。2009年前期に完成予定。同社はドイツ、フランス、英国、オランダ、ポーランドならびにセルビアにすでに12の生産工場を有する
(Heineken International, 2008 January 28 / BrandWeek, 2008 January 25 / just-drinks..com., 2008 January 25 & 28)
2008年1月28日
PTアルジュナ・キャン社、飲料缶製造中止
インドネシアの製缶会社、PTアルジュナ・キャン社は、飲料缶製造を今後行わないことを発表した。同社は、香港の投資グループ、PTコンパック社に買収され、グループにとり非常に小規模である2ピースDI缶製造事業から撤退することを決定。しかしながら、3ピース缶の製造は引き続き行われるとのこと
(The CanMaker, 2008 Janunary 24)
2008年1月24日
アルコア社、使用済み飲料缶のリサイクル率アップを目指す
アルコア社(米国)は、2015年までに、使用済み飲料缶(USB)リサイクル率を現在の52%から75%までに上げることを目標とする。米国のアルミ・リサイクル率は1992年の68%をピークに下降をたどる。ブラジルの95%、日本の92%、世界平均60%をはるかに下回る。同社は、昨月、2,200万ドルを投じテネシー州の同社施設におけるリサイクリング能力を約50%増強。リサイクルされるアルミは、新たに製造されるアルミに要するエネルギー量の20分の1の量で作ることが可能、また、他の素材と異なり繰り返しリサイクルすることが可能。飲料缶がリサイクルされる場合、他の容器ではほとんどが不可能なことを成し遂げる、それは、60日以内に全く新しい飲料缶として使用されること。これは、アルコア社によると、飲料缶のアルミが100%リサイクルすることを目的に特殊加工されているため可能となるとのこと
(Packaging News, 2008 Janunary 23 / Business Wire, 2008 January 22)
2008年1月22日
新しい飲料製品
ニッチな市場を狙う飲料製品は常に開発されている。糖尿病を患う消費者向けにレモン・フレーバーのボトルド・ウォーターがベルギー、ルクセンブルグならびにフランスで販売開始。イスラエルで発表された「ショック・チョコレート・ミルク・ドリンク」は伸縮するボトルを採用。飲む時にはボトルのネックを伸ばし、冷蔵庫に保存する時は縮めて使用空間を節約する。ポーランドで発売されたアブソリュート・スピリッツ社の新製品ウォッカ「アブソリュート・ディスコ」は、鏡でカバーされたボトルで、ミラー・ボールのように見せる。アンハイザー・ブッシュ社は、イタリアでの有機栽培小麦ウォッカ「PURUS」を、雨しずく形状の100%リサイクル可能なボトルで米国にて発表、環境配慮をアピール。ロシアでは、バルティカ・ブリューワリーズ社が、新ろ過工程により、賞味期間の長い(2ヶ月)無殺菌ビールを開発した
(Packaging News, 2008 Janunary 18)
2008年1月21日
コカ・コーラ社、パッケージを一新
英国コカ・コーラ社は、コカ・コーラ・ブランドの容器デザインを一新する。3月から英国で展開される新デザインは、白いリボンと、1886年に生まれたお馴染みの筆記体によるコカ・コーラ・ロゴを取り入れたシンプルなもの。新デザインには、また、英国政府が推進するリサイクル・プログラムのシンボル、「リサイクル・ナウ」マークが加えられる。コカ・コーラ社によると、同社の容器のほとんどが100%リサイクル可能で、アルミ缶は、現在、その50%がリサイクルされたアルミを使用、ビンもその30%がリサイクル・ガラスとのこと。このリサイクル・ナウのロゴは、今年1年を通じ、ミニッツ・メイドやスプライトも含む同社ブランド全てに使用される
(Packaging Europe, 2008 Janunary 18 / CanTech, 2008 January 17)
2008年1月17日
アンハイザー・ブッシュ社、ビールカクテル缶を発表
アンハイザー・ブッシュ社(米国)は、アリゾナ州、コロラド州ならびにネブラスカ州での試験販売結果が好評だったのを受け、同社のビールを他の飲料と混ぜたカクテル飲料を、今週より米国全域で販売開始する。ビールを「クラマト」飲料と混ぜて飲むメキシコ人の習慣に注目したアンハイザー・ブッシュ社は、バドワイザー・ビール&クラマト・チェラーダとバドライト・ビール&クラマト・チェラーダのミックス飲料をそれぞれ開発、販売を実現させた。クラマト・チェラーダ飲料は、キャドベリー・シュエップス・アメリカズ・ベヴァレジ社供給のスパイスの効いたクラマト・トマト・カクテルを使用。24オンス・サイズ缶と、16オンス・サイズ缶4缶入りパックで販売
(just-drinks.com, 2008 Janunary 15)
2008年1月15日
ハイネケン社、アルジェリアのビール・メーカーを買収
ハイネケン社(オランダ)は、アルジェリアのビール・メーカー、タンゴ・ブリューワリー社を買収することを発表した。タンゴ・ブリューワリー社は、アルジェリア内で人気のタンゴ・ビール、ならびにサンバ、フィエスタのブランドを有する。ハイネケン社は、現在、自社ビールをアルジェリアに輸入しているが、2008年には、同国内で醸造を開始する予定
(AFX News Limited, 2008 Janunary 14)
2008年1月14日
カナダの一州、飲料缶販売禁止を解除
カナダで面積・人口ともに最小の州、プリンス・エドワード・アイランド州は、23年間にわたる炭酸飲料缶の販売禁止をまもなく解除する。この春には、同州の住民は島内での飲料缶購入が可能になる。プリンス・エドワード・アイランド州は、1984年に、環境保護法により州内でのワンウェイ容器飲料の販売禁止を実施し、これに伴いリターナブル容器を活用、現在、容器の回収率98%を達成している
(The CanMaker, 2008 Janunary 14 / 経済産業省3R政策資料)
2008年1月10日
アフリカ、ソルガム・ビールの現地生産進む
ハイネケン社(オランダ)とギネル・ビール・ブランドを持つディアジオ社(英国)は、チームを組みアフリカの自立を支援する。ビールの原料となる大麦は、ロシアやカナダなどの寒冷地で最もよく育つため、輸入に依存している上、最近の世界的需要増に伴い、大麦そのものの価格高騰が続く今、それに代わる、現地で容易に育つ穀物 - ソルガム - に注目する。ハイネケン社は、90年代初頭、ナイジェリアによる麦芽輸入禁止に伴い、同国でソルガムを使用するビールを初めて作った。2年前より同国にソルガム麦芽製造工場建設を開始しまもなく操業する。同社は現在ソルガム使用のビールをナイジェリア、ガーナ、シエラ・レオネ、ルワンダ、ブルンジのアフリカ5ヵ国で醸造し、スターやグルダーのブランド名で販売。ギネス・ビールをアフリカ周辺28ヵ国で醸造するディアジオ社は、ナイジェリア、ガーナそしてシエラ・レオネに限りソルガム使用のギネスを醸造。両社いずれも、今後アフリカのより多くの国々でのソルガム・ビール醸造の可能性を見出しつつある。現在、ソルガム・ビールはアフリカ特有のものではない。アンハイザー・ブッシュ社が1年前、米国にて大麦アレルギーを持つ消費者向けに、レッドブリッジの名でソルガム・ビールを発売、が、それが持つ独特の甘さが特に女性の間でも人気となっている。ミルウォーキーの地ビール・メーカー、レイクフロント社のソルガム・ビールは同社で一番の売上を誇るビールだ
(Financial Times, 2008 Janunary 9)
2008年1月9日
ボール社、ロシアに初の製缶工場建設か
ボール社(米国コロラド州)は、ロシア南部のロストヴ地区関係者と、1億2000万ドルをかけた、ロシアでは同社初となるアルミ飲料缶製造工場建設についての交渉に入ったと地元紙が報道。それによると、新工場は5億缶の年間生産能力を持つが、これはロシアの飲料缶市場全体の11%を占める数字だ
(The CanMaker, 2008 Janunary 7 / CanTech, 2008 January 3)
2008年1月8日
シカゴのボトルド・ウォーター課税に対し、業界関係者無効を求める
米国飲料協会を含む飲料ならびに小売業界関係4団体が、米国イリノイ州シカゴにて新年早々施行されたボトルド・ウォーター対象の新「ボトル1本につき5セント」課税に対しシカゴ市に無効を求める。小売店そして最終的には消費者にも影響を及ぼすこの新税法は、シカゴ市の一般収入として集められ、消費者に水道水を飲むことを奨励、環境保護を直接目的にするものではない。そうでなくともガソリン等の税金の高いシカゴ市から郊外へ転出する住民が増えつつある今、この課税は更に転出者を増やし、ボトルド・ウォーターを含む食品類を市内で買わなくなる傾向を助長し、市内小売業者のみならずシカゴ市全体の経済にも影響を及ぼすと懸念する業界関係者も多い。この新税率により、通常3.99ドルで販売される24本入りケースのボトルド・ウォーターに対しその30%である1.20ドルが課税されることになる
(American Beverage Association, 2008 Janunary 7 / Chicagotribune, 2007 December 24)
2008年1月7日
クラウン・ホールディングズ社、スロヴァキアに製缶工場建設を検討
スロヴァキア政府関係者によると、スロヴァキアは、飲料缶ならびにボトル・キャップ製造会社であるクラウン・ホールディングズ社(米国)と、約9500万ユーロの投資について話が進んでいるとのこと。詳細やその投資の具体的な地域については未定とのことだが、クラウン・ホールディングズ社が、スロヴァキアに、年間7億2000万缶の生産能力を有すビール缶製造工場を建設すると、ある地方紙は報道した。その他の候補地としてロシアやハンガリーの名も挙げられている。スロヴァキアの2004年EU加盟後、海外からの同国への投資は順調に増え、2007年には、前年に比べ倍増。低い課税率ならびに安い労働力が投資を招き入れている
(Reuters, 2008 Janunary 2)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ