ニュース News

業界情報バックナンバー

2007年12月28日
飲料缶、新しいサイズに注目
缶で消費者の目を引くには、標準サイズから外れたサイズの缶を使用するのもひとつの方法。ソフトドリンク33cl、エネルギー飲料25cl、ビール44clあるいは55cl、各飲料部門の標準缶サイズの一部だが、「差別化」を目指し、「標準サイズ」にこだわらないのが最近の飲料業界の動きだ。世界最大の2ピース・アルミ飲料缶をビール用に採用したのがバルティカ・ブリューワリーズ社(ロシア)。製造したレクサム社より「ザ・キング」と呼ばれる缶だ。「25clスリム缶=エネルギー飲料」を定着させたレッド・ブル社は、より大きなサイズを求める声に答えレクサム社供給の35.5clサイズ・スリーク缶を発表。このサイズは、米国ではダイエット・コーク誕生25周年を記念する限定シルバー缶としても使用された。伝統的な33clサイズ飲料缶をスリム缶にすることでイメージを変えたのがボール・パッケージング・ヨーロッパ社の缶。コカ・コーラ社ならびにハイネケン社に採用されている。このような業界の動きと平行して、レクサム社は2008年に「キャップ缶」を含む24オンス・サイズ缶生産能力を10億缶以上アップ、18種の異なるサイズの缶を生産するボール社もまた生産能力増強を計画中だ
(The CanMaker Innovation Issue 2007/2008)
2007年12月24日
アルコア社、包装・消費者製品事業を売却
アルミ・メーカー、アルコア社(米国)は、同社の包装・消費者製品事業を27億ドルで、ランク・グループ(ニュージーランド)に売却することを発表。この売却には、アルコア・クロージャー・システムズ部門(プラスチック製・アルミ製蓋ならびにキャッピング装置製造)、フレキシブル・パッケージング部門(パウチ、ブリスター用包装材等製造)、消費者製品部門(レイノルズ・ラップ・ブランド、フォイル、バッグ等製造)、レイノルズ・フード・パッケージング部門(ストック、カスタム・フォイル等製造)が含まれる。この事業はアルコア社全体のおよそ10%の売上を出し(2006年度)、22ヵ国にわたり約1万人の従業員を抱える。売却は2008年第1四半期に完了する予定。アルコア社は缶シート生産事業を維持し今後も包装業界に関わる。ランク・グループは、ニュージーランドの大富豪ならびに最も著名な事業家として知られるグレアム・ハート氏が所有する投資会社で、すでにカーター・ホルト・ハーヴィー社、SIGホールディング社、エヴァグリーン・パッケージング社を所有する、飲料用包装、中でも紙製品において世界第2位の規模を誇る
(Packaging News, 2007 December 24)
2007年12月20日
アルミ・ボトル、クラブで人気
アルミ・ボトルは欧州のクラブやディスコで需要が増えている。そのひとつが、VODSTARウォッカ・ボトル(下写真)。チューベックス社(ドイツ)により製造されたアルミ・ボトルは、高さ11cm、10clサイズで王冠を蓋として使用。「スピリット・オブ・ライフ」のスローガンでウォッカ市場で新分野を切り開く。コンパクトなボトルが掌にフィットし、握りしめたウォッカを飲むのが粋とのこと。このボトルは、2007年SPG社(英国)主催の缶メーカー・サミットにて、「今年の缶賞」のボトル部門でシルバー賞を受賞。ロシアのクラブ・シーンでは、ベルギー産のステラ・アルトワ・ビールの金色アルミ・ボトルが好評。サイズは0.2〜1.0リットル。光沢とマット仕上げ2種がある。紫外線の下で光るボトルもある。コカ・コーラ社のエネルギー飲料「バーン」は、長いネックが目を引くアルミ・ボトルで、黒地に描かれたオレンジ色の炎を暗闇の中で浮き上がらせる特殊インキを使用

(Packaging Europe, 2007 December 19)
2007年12月18日
ベトナム、政府保有のビール・メーカー2社株式を来年売却
ベトナムの二大ビール・メーカー、ハノイ・ビール社ならびにサイゴン・ビール社の株式一部を保有するベトナム政府は、来年第1四半期に両社の株式のそれぞれ20〜30%を株式公開を通じ売却する。ハノイ・ビール社の株式10% が、カールスバーグ社(デンマーク)により取得されることもすでに今年3月に発表されている。同社は今年、昨年比25%増の3億5000万リットルの、そしてサイゴン・ビール社は昨年比16%増の6億8000万リットルの、ビール生産をそれぞれ見込む。ベトナムでは、今年の11ヶ月間で16億8300万リットルを生産しており、これは前年比19.4%の増加
(Dow Jones Newswires, 2007 December 13)
2007年12月17日
エネルギー飲料売上、欧米がアジアに迫る
エネルギー飲料売上量は、長年、アジア・環太平洋地域(2006年度48%)が北米(同29%)・西欧(同13%)を上回る。それにはすでに市場が成熟する日本が大きく貢献する。が、一人当たり年間消費量12.1リットルを記録する、世界一のエネルギー飲料消費国は、エネルギー飲料を代表する製品レッドブルを発掘したタイだ。エネルギー飲料の年間売上量も米国に次ぐ第2位。ベトナム、インドネシアのこの分野での急成長はその経済成長に伴うものだが、タイの場合、成長の理由はそれだけではなく、既存の薬用食物の補給習慣、自然医療への信頼にあるという。この慣習は、近年の経済成長の影響で変化した、多忙で利便性を追及する生活様式に合うエネルギー飲料となって続いている。2006年度、エネルギー飲料の爆発的売上を記録した北米・西欧市場は、アジアに肉迫した。欧米ではエネルギー飲料は比較的高い価格で売れ、更に付加価値を加えること(例えばエネルギー・スムージーなど)で価格を上げ続ける。今後アジア地域で成長を続けるには、価格に敏感なこの地域の消費者に、そのような欧米式をそのまま持ち込むことが適切な戦略にはならないだろう
(Business Monitor International, 2007 December 14)
2007年12月13日
ワイン容器の種類広がる
ガラスの値上がりに、消費者の環境に対する意識の高まりが加わり、ワイン業界ではビンに代わる容器を採用し始めている。昨年カナダで、ワイン用にフル・サイズPETボトルが世界に先駆けて採用された。あるフランスのメーカーも北米での試験を終え、2008年初頭より欧州でのPETボトル採用に踏み切る。ボトル缶もまた2007年初頭にワイン用に採用されたが、ワインには、ボトル缶よりも伝統的なビンに近いPETボトルが好まれるとの調査結果もある。一方、バッグ・イン・ボックス(BiB、ボックスの中にバッグ)は、豪州、南アフリカ、スウェーデンならびにノルウェーですでに浸透しており、現在デンマーク市場でも成長しつつある。このバリエーションとしてBiBの箱無しつまりパウチ、そしてBiBのバッグ無しつまりカートンがある。カートンは特にイタリア、チリ、アルゼンチンで数年前より人気があるが、一般的に質・価格ともに低いワイン用だ。しかしBiB、パウチそしてカートンは屋外の使用に便利であり、スカンジナビア諸国ではこれら容器は一般的に使用されており、一人当たりのワイン消費量が増加傾向のオランダ、アイルランド、英国でも成長が見込まれる。ワイン消費量が下降傾向のフランスを含む主要市場では、消費者を引き付けるために容器を変えるなど斬新な戦略が必要とされる。ビンに代わるワイン容器として、現時点ではPETボトルとBiBが消費者に最も支持されているとのこと
(Euromonitor International, 2007 December 12)
2007年12月11日
エネルギー飲料、成長続く
米国のエネルギー飲料分野(スポーツ飲料を含む)は、従来の炭酸飲料を抑え成長を続ける。しかしながら米国の非アルコール飲料市場全体から見ると、エネルギー飲料はいまだわずか2%(2006年度)しか占めておらず、今後の更なる成長の可能性を秘めている。レッド・ブルが、エネルギー飲料分野の43%を占める、依然としてナンバーワンの売上を記録するブランドだ。オーストリアをベースとするレッド・ブル社だが、輸出用充填工場をスイスに移したため、2006年度のスイスの非アルコール飲料缶の売上を前年比729%も伸ばした。モンスター社(16%)、ロックスター社(12%)が売上でそれに続く。コカ・コーラ社によるフル・スロットル・エネルギー飲料も7%を占め、今後期待されるブランドだ
(DecisionNewsMedia, 2007 December 6 / The CanMaker, 2007 October Issue)
2007年12月10日
アルコア社、アルミ缶リサイクリング能力増強
アルミ価格の高騰が続く中、アルミ製造会社アルコア社(米国)は、同社の持つアルミ・スクラップ加工能力をおよそ50%増強することを発表した。増強を実施する同社の米国テネシー工場は、世界最大規模の飲料缶用アルミ製缶シートを生産すると言われる。アルミをリサイクルすることにより、新しい缶製造に必要とされるエネルギーの95%の節約ならびに排気削減が可能となる。アルコア社によると、2007年度にはアルミ缶140億缶近くがリサイクルされる。同社の増強計画は、12ヶ月から18ヶ月かけて完了する予定
(DecisionNewsMedia, 2007 December 10)
2007年12月6日
コカ・コーラ社、インドへ2億5000万ドル投資
コカ・コーラ社は、今後3年のあいだに、2億5000万ドルを費やし、インド市場における同社製品種類の拡張ならびに同社のインフラ強化に努める。コカ・コーラ社は、現在、同国に61の充填工場を持ち、その工場数を増やす計画だ。すでにインドに12億ドル以上を投資するコカ・コーラ・インディア社では、150,000人の従業員が働く。同社は、現地に、小売業を専門とする大学の建設も計画中で、インドの小売業者に、適切なスキル、ツールならびに知識を取得する場を提供する
(HT Media, 2007 December 3)
2007年12月4日
テトラ・パック社、環境保護証明ラベルの付いた容器を発表
環境保護を証明するラベルを掲げる容器を使用することは、環境への取組みを消費者へアピールするためにも、メーカーにとり重要な戦略のひとつだ。今回初めてテトラ・パック社(スウェーデン)供給のテトラ・リカルト容器が付ける証明ラベルは、森林管理のための環境基準を設定する国際的組織、フォーレスト・ステュアードシップ・カウンシル(FSC)発行のもの。この証明ラベルを付けたテトラ・リカルト容器は、現在、英国を拠点とするスーパーマーケット、セインズベリーズにより使用されている。テトラ・リカルトは軽く、保管・輸送でスペースを有効利用し、リサイクルもし易いと言われる。同社は、すでに、欧州でFSCにより認可されたサプライヤーから厚紙を全て供給。一方のセインズベリーズは、1億5000万に及ぶプラスチック・パックならびにトレイを全て堆肥になりうる素材を原料とする容器に変える初の小売店になる決意を昨年9月に表明した
(Decisionnewsmedia, 2007 December 3)
2007年12月3日
欧州、スチール製容器の三分の二をリサイクル
欧州は、2006年度に、食缶・飲料缶に代表されるスチール製容器の66%、250万メトリック・トン、をリサイクルしたことが、欧州スチール製容器製造者協会(APEAL)により報告された。この数値は、2005年度比5%増で、470万メトリック・トンの二酸化炭素排出(年間15000キロを走行する車200万台分が出す二酸化炭素に等しい数値)を回避したことになる。リサイクルに努める欧州各国のリサイクル率は、しかし様々だ。過半数が50%以上のリサイクル率を達成、ベルギーのリサイクル率93%、ドイツの89%、スイス、オーストリアならびにオランダの80%が上位を記録、一方、スロバキア24%、キプロス23%、ギリシャ10%が欧州最下位という結果になった
(Packaging News, 2007 December 3)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ