ニュース News

業界情報バックナンバー

2007年8月30日
ボトルド・ウォーター・メーカー、リサイクルを推進
環境を損なうとの理由で高まる米国でのボトルド・ウォーターへの批判に対し、飲料メーカーはこれまで早急に対応する様子を見せなかったが、それが変わりつつある。ひとつには、米国飲料メーカーにとり、ボトルド・ウォーター(2007年度前期米国売上11%増)は、売上の落ち込む炭酸飲料(同5.9%減)に今後代わる飲料であり、その容器であるPETボトルのリサイクルは、新たなボトル製造よりも最大50%の節約をもたらす可能性が見えてきたからだ。コカ・コーラ社は、200万ドル以上を、リサイクルバンク社(米国フィラデルフィア州)に投資し、消費者にボトル返却と引き換えにクーポンを発行するリサイクル業を支援。同社はまた、20オンス・サイズのボトルを年間20億本リサイクルする能力を有す工場建設計画を発表。同様の工場建設で海外にも投資している。コカ・コーラ社とペプシコ社両社ともに、ウォーター用ボトルよりも重量の重い炭酸飲料用プラスチック・ボトルの軽量化をすでに実現。コカ・コーラ社は、今年、米国でおよそ1億ポンドのプラスチック使用量削減を目指す。米国で使用するPETの10%にリサイクル材を適用するペプシコ社は、同社ウォーターのアクアフィナ0.5リットル・サイズ・ボトルのプラスチック使用量を2002年以来40%削減しており、今後更なる軽量化を目指す
(The Wall Street Journal., 2007 August 30)
2007年8月28日
SABミラー社、中国での生産能力増強
SABミラー社(英国ロンドン)とCHINA RESOURCES ENTERPRISE (CRE)社(中国)とのジョイント・ベンチャー、CHINA RESOURCESスノー・ブリューワリーズ(CRスノー)社は、中国遼寧省にある2つのビール醸造工場ならびに安徽省と湖南省それぞれにあるビール工場、合計4工場を買収する。これら4工場は、CRスノー社の基準まで生産能力を増強させる。遼寧省北東地区最大のビール・メーカーであるCRスノー社は、同省にすでに8工場を有し、総生産能力は1,100万ヘクトリットルを超える。SABミラー社はCRスノー社の株49%、CRE社は51%をそれぞれ保有する。両社のジョイント・ベンチャーCRスノー社は、中国本土に50以上のビール工場を持ち、2006年度の総ビール売上量はおよそ530万キロリットル
(just-drinks., 2007 August 24)
2007年8月27日
サン・ミゲル社、カンボジアならびにベトナム市場に注目
東南アジア地域最大の食品・飲料企業サン・ミゲル社(フィリピン)は、およそ1600万ドルを費やし、カンボジアに20万ヘクトリットルの生産能力を持つビール醸造工場建設を検討していることを発表した。また、同社は、現在ベトナムに有するビール工場の生産能力を20万から50万ヘクトリットルへ増強する計画も明らかにした。サン・ミゲル社は、今年5月、重工業業界へ参入する一方で、ビールならびに包装事業を独立させる計画があることを発表し投資家らを驚かせたが、同社によれば、食品・飲料は依然として同社の主要ビジネスであるとコメントしている
(Reuters, 2007 August 24 / just-drinks., 2007 August 24)
2007年8月23日
「グリーンな」買物
米国で関心の高まる「環境に負担をかけていない製品を店頭で見つける方法」は、製品が生まれてから出荷に至るまでに費やされたエネルギー量を、リサイクル性も考慮しながら計測するなど、通常の消費者には容易には算出できないが、この情報こそまさに米国では専門家が企業ならびに消費者向けに収集を開始しているものだ。例えば、生鮮食品では、有機栽培方法が取られ、最小限に包装され、地元で収穫された(あるいは配送で費やされるエネルギー量が最小限である)ものが最も「環境に負担をかけていない」と判断するのが一般的。すでに包装されて販売される加工食品については、生物分解可能な包装(あるいは光沢あるコーティング仕上げをしていない紙を使用する包装)あるいはリサイクル可能な容器(ビン、PET、アルミ容器等)を使用しているものを考慮に入れる、などが、専門家が提言する、環境に負担をかけない「グリーン」な製品の判断基準としている
(Chicago Tribune, 2007 August 22)
2007年8月21日
アルミ缶リサイクル、米国の場合
2006年、米国のアルミ缶リサイクル率が、3年ぶりにわずかではあるが下がった。落ち込みの理由は、家庭から離れた所での缶の消費が増えていること、缶の軽量化など。米国人は、毎年、購入したアルミ缶のうち半分をゴミとして捨てている計算になるという。スウェーデンではリサイクル率91%、世界で最高のリサイクル率だ。米国では、容器を返却すると払い戻される容器預かり金(デポージット)を消費者が飲料購入時に支払う「ボトル・ビル」制度があり、現在この制度を施行する州は、カリフォルニア州、ニューヨーク州、オレゴン州、ハワイ州など11州。これら11州の缶リサイクル率が約80%であるのに対し、残り39州のリサイクル率は45%。問題は、国民の3分の2がボトル・ビルの無い39州に住んでいること、そして、ボトル・ビルの全国的展開は、主に主要飲料メーカーのロビイストによる強硬な反対により、容易ではないことだ
(The CanMaker, 2007 August Issue)
2007年8月20日
ウォール・マート社、仕入先工場検査を強化
ウォール・マート社(米国)は、仕入先工場の行動規範遵守を確認するため、1992年に企業倫理基準プログラムを確立、世界中の同社仕入先に、製造工場での雇用ならびに環境に対する取組みに関する規範遵守を要請。今週発表された最新報告書では、工場検査で特に環境基準を強化、プログラム適用範囲を広げたとある。今回は、前年2005年時より15%多い、ウォールマート社向け製品の製造工場8,873工場を検査。そのうち抜き打ち検査が26%で、2005年時より6%増。検査結果により課せられる罰則は、ウォールマート社への永久納入禁止、1年間の同社での製品販売中止、30日後の再検査等がある。危険度の高い違反は、前年比23.5%減、継続的な検査の効果を同社は強調する。今回の検査では、無駄の確認、その無駄の取扱い・処理方法、水の再利用・廃棄方法ならびにエア排出方法が加えられた
(Decision News Media, 2007 August 16)
2007年8月16日
チンタオ・ビール、生産能力を増強
中国を代表するビール・メーカー、チンタオ・ブリューワリー社が、2007年末までに、100万トン生産能力増強を計画中。2007年末までに、チンタオ・ブリューワリー社は、5つの拡張プロジェクトを完了させ、さらに100万トン分、生産能力を増やすと言われている。山東省にある同社の工場拡張に加え、江西省ならびに成都市人民政府にも新しい工場を建設予定。米国のビール・メーカー、アンハイザー・ブッシュ社は、チンタオ・ブリューワリー社の株27%を保有する
(just-drinks,, 2007 August 15)
2007年8月15日
プレミアム・ビール、売上好調続く
just-drinks社の最新報告書は、「プレミアム」ビールは2000年から2007年にかけ出荷量が倍増する勢いで成長しており、今後も続くと報告する。プレミアム・ビールの定義は明確ではないが、全般的にアルコール度数が4.3%〜7.5%と強いのが特徴。アジアならびに東欧での売上が急増、ラテン・アメリカ、カリブ諸島、アフリカ、中東ならびにオーストラリアのそれぞれの市場でも成長著しい。正式なルートを経ない安売りが最近横行するほど競争が激化しているため、各社は画期的な新製品開発に躍起だ。スコティッシュ&ニューキャスル社のクローネンブルグ・ブランは特に高級志向の消費者向け。ハイネケン社は今年米国へ輸入開始したプレミアム・ライトならびに新製品の、自宅で新鮮なビールを楽しめるドラフトケグ・ビール・テンダーを提供、インベヴ社は、昨年英国にてピーターマン・アルトワを発表している
(just-drinks,, 2007 August 13)
2007年8月14日
ペプシコ社、ロシアの果汁飲料メーカーを買収か?
売上世界第2位のソフトドリンク・メーカー、ペプシコ社による、ロシア最大の果汁飲料メーカー、レベディアンスキー(Lebedyansky)社の買収の可能性が高まっている。ペプシコ社は、すでにレベディアンスキー社株76%取得に同意したと言われている。ライバルのコカ・コーラ社と同様に、ペプシコ社もまた、最近は、健康志向に沸く本拠地米国で苦戦を強いられ、新興諸国市場へその戦略の焦点を合わせている。ペプシコ社は、ロシアのソフトドリンク市場ではおよそ5分の1を占めるが、果汁飲料に限るとその存在はわずか2%。一方、コカ・コーラ社は、2005年にロシアの果汁飲料メーカー、ムルトン社を買収して後は、果汁飲料市場で5分の1を占めるまでとなった。ペプシコ社は、ロシアでは果汁飲料資産を全く保有しておらず、ロシア市場で果汁飲料売上実績30%以上を記録するレベディアンスキー社は、魅力的なターゲットと映る
(Reuters., 2007 August 13)
2007年8月9日
クラウン社、ブラジルに新製缶工場建設
クラウン・ホールディングズ社(米国)は、同社の子会社を通じ、ブラジルに4800万ドルを投じる飲料缶製造工場建設計画を明らかにした。新製缶工場は、2008年第4四半期に操業を開始し、年間生産能力7億缶を有する。新工場は、需要増が著しいブラジル北東部に位置する。クラウン社のこのブラジル子会社は、飲料缶製造工場ならびに飲料缶蓋製造工場をすでに持ち、2009年の年間生産能力はおよそ30億缶となる
(Crown Holdings, inc., 2007 August 7)
2007年8月7日
アルミ・ボトル使用のアイスコーヒー飲料、コカ・コーラ社より発売
コカ・コーラ社(米国ジョージア州)と全米第2位の規模を誇るコーヒー・ショップ・チェーン、カリブー社(米国ミネソタ州)との共同開発によるアイス・コーヒー飲料が、ボール社(米国コロラド州)供給の軽量アルミ・ボトルに詰められまもなく発売される。12オンス・サイズのスクリュー・キャップ付ボトル缶の生産は、ボール社のインディアナ州モンティセロ工場で11月より始まる。「アルミ・テック」と呼ばれるこのボトル缶は、インパクト成形されたアルミ・ボトルよりもコストがかからず、重量もおよそ1/2。2ピース・アルミ缶製造と同様のD&I(ドロー&アイアン)製造方法でアルミ・テックは製造されるが、それに加え、ユニバーサル製缶社(日本)からライセンス供給されるネッキングならびにフィニッシュ技術が採用されている
(The CanMaker, 2007 August 6)
2007年8月6日
ボトルド・ウォーター、新聞広告で説明
インターナショナル・ボトルド・ウォーター協会(IBWA)(米国ヴァージニア州)は、8月3日発行のニューヨーク・タイムズ紙ならびにサン・フランシスコ・クロニクル紙各紙に、近頃高まるボトルド・ウォーターへの批判に反論する全面広告を掲載した。「水について考えることは健全」とする見出しのあとには、水と健康とのつながりを強調、消費される飲料全てのうち75%が容器から飲まれていること、ボトルド・ウォーターのボトルは軽量であり且つ100%リサイクル可能であること、そして、中でもウォーター冷却器のボトルは、米国では再使用ビジネスとして最大であること、を指摘。IBWAは、最後に、プラスチックのリサイクル率の改善に今後も引き続き取り組むだけでなく、より包括的なリサイクル法の施行を支持すると表明
(Packaging News, 2007 August 3)
2007年8月2日
クラウン社とレクサム社、欧州で飲料缶製造能力増強
スペインとポルトガルは、この5年間、飲料缶需要が著しく高まり、欧州で3番目の規模を誇る市場となった。この地域の人口分布、安定した観光業ならびに暑い気候を背景に、中でもソフトドリンク缶については、欧州最大の市場である。クラウン・ホールディングズ社は、2008年に、スペインのセビージャ飲料缶製造工場に33mlサイズの2ピース・スチール缶用ラインを増設、年間生産量を17億缶と倍増させる。同社は、現在、スペインのセビージャとアゴンチジョにある飲料缶製造工場を含め、欧州9カ国に計13の製造工場を持ち、2ピース飲料缶ならびに缶蓋を供給する。一方、レクサム社もまた、欧州での缶出荷量が増加、特に25clサイズ缶のエネルギー飲料需要増に伴い、同社供給のスリーク缶が好調、その結果、オーストリアに1ラインを増設(2008年後半稼動予定)、合計3ラインとする。レクサム社はまた、スペインに、スチール缶製造ラインを増設中、2008年第2四半期に稼動予定
(Decision News Media, 2007 August 1 & July 31)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ