ニュース News

業界情報バックナンバー

2007年6月28日
コカ・コーラ社、英国でPETボトルを軽量化
コカ・コーラ社のような大企業が英国政府の包装削減化に対応することで、その他の飲料メーカーもそれに続くであろう。コカ・コーラ・エンタープライズィズ(CCE)社によれば、軽量化された500mlサイズのPETボトルは、英国での包装材使用量を年間でおよそ700トン削減するという。コカ・コーラ、ファンタ、スプライト等の同社の主なブランドに現在使われる重量26gのボトルは24gのボトルに代わる。400万本の新軽量ボトルの製造・充填・市場調査を終え、今後、CCE社は、15万ポンドをかけて英国にある同社2工場の充填機械の変更を実施し、今年9月より本格的な生産を開始する。26gから24gへの軽量化は技術的に難しいものであったとCCE社。PET供給会社アムコー社とともにボトルの基となるプリフォームの再設計に取り組んだ。その結果、軽いばかりでなく更に強度のあるボトル開発に成功。この試みは、EUによる包装の無駄削減要請に対応するための英国政府後援のWRAPプログラムにより一部支援された
(Decision News Media SAS, 2007 June 27)
2007年6月27日
コカ・コーラ社、ゴディバ・ホット・チョコレート飲料販売を検討中?
キャンベル・スープ社(米国)との提携範囲を新たに広げたコカ・コーラ社(米国)が、キャンベル・スープ社傘下のゴディバ社のホット・チョコレート飲料販売を検討中と噂されている。ゴディバ社は、2005年に、独自ブランド「ショコリキサー」チョコレート飲料を発表、現在、キャンベル・スープ社の技術である、カップのまま電子レンジで加熱可能な「スープ・アト・ハンド」シリーズ容器の、ホット・チョコレート飲料への使用を考慮中と言われる。コカ・コーラ社とキャンベル・スープ社は、昨年、高級コーヒーとして、ゴディバ・ベルギー・ブレンドを発表、しかし、ペプシコ社のスターバックス・フラッパチーノならびにダブル・ショットにより91.2%占められた米国コーヒー飲料部門の状況を変えるに至らず。コカ・コーラ社は、来月より、カリブコーヒー社との提携によるコーヒー飲料を発売、ティーでは、ネスレー社との提携製品、ネスティならびにエンヴィガを販売中。
(BrandWeek, 2007 June 25)
2007年6月26日
ウォール・マート・カナダ社、サプライヤーに包装改善依頼
ウォール・マート・カナダ社は、今後、包装の改善努力に基づいて同社店舗で販売する製品を決定する可能性を示唆。これに対応しない会社は、店頭スペース確保が困難となる。同社へ製品を供給する会社およそ170社に向け最近実施されたセミナーによると、各社に与えられる「スコアカード」システムは、各製品の包装を評価、包装製造に必要なエネルギー量、リサイクル素材の使用量、包装使用後のリサイクル性等を計測。セミナー後には、環境に優しい包装を供給する会社数十社提供による包装が回覧された。それには、まだ創立して間もない会社によるパーム繊維から作られる果物・野菜用トレイから、業界大手ネイチャーワークス社によるとうもろこしを原料とする透明プラススチック製容器が含まれる。調査によると、あるおもちゃ用の包装に使用されていた段ボール箱を、高さ・幅それぞれ1インチ縮小し、ビニール包みの使用を全て省くことにより、3,450トンの段ボール箱ならびに600トンのプラスチックを削減、300万ドルの節約を実現したとのこと
(ReportonBusiness.com, 2007 June 22)
2007年6月22日
アジア・パシフィック・ブリューワリーズ社、モンゴルでビール工場建設
アジア・パシフィック・ブリューワリーズ(APB) 社(シンガポール)とMCSホールディングズ社との提携による MCSアジア・パシフィック・ブリューワリーズ社が、モンゴルのウランバートルにて、APB社ブランドのタイガー・ビールを、330mlサイズ・ボトルで1日60,000本生産する。モンゴルの2006年度経済成長率は7.5%。最近ではウォッカからビールへの消費者の嗜好変化が顕著。すでにアジア11ヵ国で32のビール工場を操業するAPB社は、2008年までに中国、インドならびにラオスに新工場建設を計画。ハイネケン社(オランダ)は、APB社の株42%を保有するパートナーだ
(just-drinks.com, 2007 June 19)
2007年6月21日
ハイネケン米国社、ライト・ビールをスリム缶で発表
およそ140年の歴史を持つハイネケン社にとり初めての大々的なハイネケン・ブランド新製品、ハイネケン・プレミアム・ライトが、昨年米国で発表され好調、そして今週、米国人には大きな祝日のひとつである7月4日独立記念日に向け、12オンス・サイズのスリム缶で新たに販売される。ライト・ビール(低カロリー・ビール)は米国でのビール売上の50%以上を占める。同社は、ハイネケン・プレミアム・ライトで、最近の米国ビール市場における輸入ビール・ブームを最大限活用する
(PRNewswire, 2007 June 18)
2007年6月20日
アムコー社、牛乳用単層プラスチック製ボトル発表
アムコー社(オーストラリア)は、環境に優しい単層のプラスチック製ボトルを発表した。アムコーPETパッケージング・ヨーロッパ社により開発されたポリエチレン・テレフタレート(PET)を基にする新素材Xamosを活用したもので、これにより、厚さが薄いながら非常に高い不透過度を達成し、光による製品の損傷を防止する。そのため、UHT(超高温瞬間殺菌)牛乳には4ヶ月間の賞味期間を提供。PETボトルを単層にすることで、環境への影響を削減する業界の動きに対応する一方で、従来のPETボトルが提供してきた利点全てを備えるとのこと。アムコー社は、食品・飲料業界へPETボトルを供給する世界的規模の会社
(Decision News Media SAS, 2007 June 18)
2007年6月19日
ハイネケン社、チェコのビール・メーカーを買収
ハイネケン社(オランダ)は、チェコ共和国のローヤル・ブリューワリー・オブKrusovice社を今週買収、これにより、すでにチェコのStarobrnoブリューワリー社を所有するハイネケン社の、チェコのビール市場に占める割合は8%となり、同市場で第3位の存在となる。この買収は今年9月1日までに完了する予定。Krusovice社ブランドのビールはチェコで人気が高く、ハイネケン社は、長年にわたるチェコ産ビール全般の国際的人気を利用し、またプラハという地の利を生かし、Krusoviceブランドの海外、特に経済成長著しい東欧ならびに中央ヨーロッパ諸国への輸出拡大を狙う。チェコのビール市場は、欧州で長年収益の安定している市場のひとつ。チェコの年間ビール消費量はおよそ1,600万ヘクトリットル、2006年度の一人当たりの年間ビール消費量は159リットルと世界一だ
(Heineken International, 2007 June 18)
2007年6月18日
ボトルド・ウォーター・メーカー、炭素排出削減への積極的取り組み
ボトルド・ウォーターが与える環境への影響について最近批判が集中しているボトルド・ウォーター業界だが、ナチュラル・スプリング・ウォーターを生産するアイスランディック・ウォーター社(アイスランド)へ、炭素排出削減への同社の取組みに対し、業界初の「カーボンニュートラルR」証明書が、炭素排出相殺・気候変動コンサルティング会社大手カーボンニュートラル社より与えられた。「カーボンニュートラルR」ブランド・マークを獲得するには、以下3分野にわたり長期的な責任ある取組みが企業に求められる:1)査定:自社が排出する炭素を常に監視。アイスランディンク・ウォーター社はすでにアイスランドの製造工場で地熱・水力発電による自然エネルギーのみ使用。2)削減:炭素排出の長期的な削減。同社は、海外からの石炭供給を止め、地元のエネルギー会社利用に変更。可能な限り飛行機利用ならびに出張そのものの削減。工場・事務所での低エネルギー照明の使用。リサイクル実施。サプライヤー、客先ならびに従業員に対しても同様の行動を奨励。3)相殺:その他、いまだに残る二酸化炭素排出の相殺努力続行
(Kohnstamm Communications, 2007 June 14)
2007年6月14日
ミラー社、ビールをラテンに
ミラー・ブリューイング社(米国ウィスコンシン州)が、米国文化の「ラテン化」に乗じ、米国全域で新しいビールを発表。今春実施された米国5州にわたる試験販売を終えた、SABミラー社の一部門ミラー・ブリューイング社は、今月より、「ミラー・チル」を全国的に販売する。アリゾナ州、フロリダ州、ニューメキシコ州、テキサス州ならびにカルフォルニア州サンディエゴで試験販売されたこのビールは、メキシコで人気の高い「チェラーダ」(メキシコのビール・カクテルあるいはグラスのふちにライムを付け塩をのせたビール)の米国版として、ライム少々と塩ひとつまみを加えている。試験販売開始から2ヶ月間で、ミラー・チルを試みた消費者の半分以上が再度同ビールを購入したことから、ミラー・ブリューイング社はその売上に期待を寄せる
(just-drinks.com, 2007 June 13)
2007年6月13日
オーウェンズ・イリノイ社、プラスチック包装事業をレクサム社へ売却
世界的規模を誇る、ビン、健康用品用包装ならびに特殊蓋の製造会社、オーウェンズ・イリノイ社(米国オハイオ州ペリースバーグ)は、同社のプラスチック包装事業を、世界最大の飲料缶製造会社レクサム社(英国ロンドン)に、18億3,000万ドルで売却することに同意した。オーウェンズ・イリノイ社プラスチック包装事業については、2006年度所得が7億6,000万ドル、従業員は約2,800人。この売却は、今年第3四半期に完了する予定
(MarketWatch, 2007 June 11)
2007年6月12日
インベッヴ社とアンハイザー・ブッシュ社の合併の可能性
先週末発行のベルギーの週刊ビジネス誌トレンズの記事によると、世界第2位の規模を誇るビール・メーカー、インベッヴ社(ベルギー)と米国最大のビール・メーカー、アンハイザー・ブッシュ社の合併は、長期的に見て必至であるとしている。インベッヴ社の主力ブランドは、ステラ・アルトワ、ベックス、ブラーマならびにレッフェで、主にラテン・アメリカと欧州でその売上を伸ばし、また、最近では、日本を含むアジアや東欧でも、同社製品が注目され始めている。他方、バドワイザー、ミケロブを主力製品とするアンハイザー・ブッシュ社の最大の市場は米国である。現時点で、両社それぞれが得意とする市場が重なっていない点が、両社にとり合併を魅力的にしていると考えられる。現在、両社は、提携し、アンハイザー・ブッシュ社が、インベッヴ社のビールを米国へ輸入し販売している。
(Reuters, 2007 June 8)
2007年6月7日
ボトルド・ウォーター、米国での人気
ボトルド・ウォーターの成長が著しいと言われるが、具体的にどれほどなのだろうか?米国飲料業界誌「ベヴァレッジ・ダイジェスト」の調査によると、米国における一人当たりのボトルド・ウォーター平均年間消費量は、昨年、牛乳の同消費量を上回った。さらに、米国の人々は、ビールとほぼ同じペースでボトルド・ウォーターを消費したこともわかった。(ボトルド・ウォーターの場合と異なり、ビールを飲む年齢層は限られているという条件の違いはあるが) ボトルド・ウォーターの一人当たり年間消費量は1996年度の11ガロンから昨年21ガロンに急増した一方、ビールは、同年度でそれぞれ21ガロンからわずか21.8ガロンに増えただけ。ボトルド・ウォーター消費量がビールのそれを上回る時もそう遠くはないと言われる。現在、米国でボトルド・ウォーターを上回り消費されている飲料は、ソフトドリンクと水道水。96年の52ガロンから昨年には50.9ガロンと一人当たり消費量は減少したもののソフトドリンクは依然最上位。水道水は、昨年27.1ガロン消費されたが減少傾向にある
(Chattanooga Times Free Press, Tennessee, 2007 May 29)
2007年6月6日
コカ・コーラ社、水使用方法改善を約束
コカ・コーラ社は、フランチャイズ・ボトラーも含めた世界中の同社工場に向け、水の使用方法改善を推し進める。この改善の中核を成すのは、1) 飲料生産で使用する水の節減、2) 飲料製造工程用の水のリサイクリング強化、3) 地域ならびに自然における水の改善、の3点である。これは、北京で開催された世界自然保護基金(WWF)の年次集会にて発表されたもので、同社は、上記に加え、世界の中でも特に重要とみなされる河川の水質保護ならびに地球温暖化の原因となる炭素ガスの削減、を主に進めるために、WWFへの支援を開始する
(Forbes, 2007 June 5)
2007年6月5日
中国ビール・メーカー、昨年を上回るビール売上を2007年度に期待
中国を代表する食品・飲料業界コングロマリット、チャイナ・リソーシーズ・エンタープライズ社は、中国消費者の所得増ならびに生活習慣の変化に伴い、昨年度の爆発的なビール売上増に少なくとも匹敵する売上を2007年度に見込んでいることを明らかにした。2006年度は、中国ビール業界にとり最善の年であったと同社はコメント。しかし、SABミラー社と中国でパートナーを組む中国最大のビール・メーカーでもある同社は、ビール原料の価格高騰の影響が利益幅に及んでいるとも言明。中国のビール販売価格はここ数年平均して5〜6%上昇している。それにも関わらず、2007年度第1四半期時点では、中国のビールは好調な売上を見せている
(Reuters, 2007 June 1)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ