ニュース News

業界情報バックナンバー

2007年2月27日
コカ・コーラ社とペプシコ社、炭酸飲料のイメージを変える
コカ・コーラ社は、先週、投資家を前に行った第4四半期結果発表にて、これまで使い慣れた同社を代表する製品、「炭酸ソフトドリンク」、という言葉を一度も使わなかった。それに代わって使われた言葉は「スパークリング飲料」だった。米国内で人気の高まる健康志向の非炭酸飲料からの猛攻が、コカ・コーラ社ならびにペプシコ社を炭酸飲料のイメージを変えざる得ない状況に追い込んでいる。コカ・コーラ社が年内に米国内で発表するダイエット・コークはビタミンとミネラルを豊富に含む。栄養価値をコカ・コーラ製品に加える初の試みだ。ペプシコ社の新製品、ダイエット・ペプシ・マックスには、人気のますます高まるエネルギー飲料を意識し、朝鮮人参エキスや多めのカフェインを加える。また、両社ともに容器デザインにも大胆な変更を加えた(関連記事:弊社業界情報2007年1月16日付)。米国での炭酸ソフトドリンク売上量は前年比で5%減少。だが両社は、コーラ製品復活を確信する。コカ・コーラ社が欧州で昨年発表した無糖の「コーク・ゼロ」がヒット、中国やロシアでの炭酸飲料の売上も好調な中、米国市場ではどのような反応があるだろうか
(The Financial Times Ltd., 2007 February 24)
2007年2月22日
レクサム社、2007年度に製品価格値上げを示唆
世界最大規模を誇る飲料缶製造会社であり、食品用プラスチック製容器も供給するレクサム社(英国)は、2006年度の同社売上が、米国でのオーガニック製品売上好調に伴う飲料缶需要の増加で、前年度比17%伸びたこと、また、欧州ならびに南アフリカからの需要が引き続き増加傾向にあることを報告。しかしながら、アルミ価格(関連記事:弊社業界情報2007年1月23日付)を主とする予想を超える費用増加の実態を懸念、2007年度には、飲料缶・プラスチック製容器の成長を促すと同時に、同社製品の値上げも考慮していることをコメント。今後も続くと思われるアルミ価格ならびに燃料費の高騰が、弱い米国ドルとも重なり、特に2007年前半に、収益に深刻な影響を与えると同社は見ている。同社は、現在の好調な売上を維持するため、工場、製造工程ならびに業務管理に多大な投資を計画している
(Decision News Media SAS, 2007 February 20)
2007年2月21日
ポリスチレン製皿から竹やさとうきびを原料とする皿へ
米国5州でショッピング・モール内のフード・コートに10店の中華料理店ならびに日本食店事業を展開するシノ・ワック社は、従来のポリスチレン製皿を、竹製の皿に試験的ではあるが代えつつある。ファースト・フード店のハンバーガー等に使用される容器が環境を汚している状況は、ファースト・フード業界でも悩みの種。1990年代にマクドナルド社がリサイクル可能な容器を使用し始めた。カリフォルニア州のサンフランシスコならびにオークランドの2都市では、昨年よりレストランの発泡プラスチック容器の使用を禁じた。イートウェア社がシノ・ワック社に供給する竹製の皿ならびにボウルは、頑丈で湿気に対して強く、紙とは異なるもの。ポリスチレン製皿と比べ、6ヶ月以内と速く生物分解する。このような環境に優しい皿などを含む容器の費用はまだ高い。が、とうもろこしやさとうきびから作られる生物分解可能なコーティングの開発等も進められ、食品サービス業界からの注目度も日々高まる
(Scripps Howard News Service, 2007 February 16)
2007年2月20日
ボトルド・ウォーターと紅茶・コーヒー飲料の成長著しく
米国の一般消費財の中でも過去常に高い売上を見せていた炭酸飲料ならびに牛乳が、2006年度に売上を落とした一方、ボトルド・ウォーターならびに紅茶・コーヒー飲料などの非炭酸飲料が大きな伸びを見せたと、消費財市場情報サービス会社、インフォメーション・リソーシズ社による2006年度消費財レビューは報告。牛乳の売上は落ち、スキム・ミルクと低脂肪牛乳売上は横ばいなのに対し、豆乳やミルクシェイクはそれぞれ売上を伸ばしているのは興味深い。スポーツ飲料ならびにワインも売上を伸ばした。紅茶・コーヒー飲料ならびにボトルド・ウォーターの2006年度の著しい成長は、消費者の近年高まる健康志向に帰するところが大きく、2007年度もその傾向は変わらないだろうと、同社はコメントしている
(MediaPost Communications, 2007 February 14)
2007年2月16日
包装業界サステナビリティのためのオンライン・データベース
企業の環境関連活動は今や企業イメージばかりでなく利益にも直結する。米国では、ここ数年、企業によるサステナビリティ(将来環境に害を与えることなく企業活動を営むこと)の取り組みに特に注目が集まる。包装業界に適用可能な、製品の包装方法が環境に与える影響を判断するデータベースがネットで公開(www.nrel.gov/lci)されている。「米国ライフ・サイクル・インベントリー(LCI)」と呼ばれるこのデータベースは、米国再生可能エネルギー研究所(NREL)により2001年に発表され、包装のライフ・サイクル、つまり包装の始点となる原料から、終点の、例えば、廃棄、リサイクル、再生、までに関わる素材、燃料、廃棄物、大気や水への排気、などの詳細な分析情報を提供し、包装デザイナーや製造者が、環境に与える影響を最小限にするための包装オプションを確認することが可能となる。真のサステナビリティを確立するには、包装の完全なライフ・サイクルを考慮したLCIのようなツールを使用することが不可欠だとしている
(Decision News Media SAS, 2007 February 13)
2007年2月15日
食品用包装に再封機能を付加
ニーズ・プロダクツ社(米国アリゾナ州)開発によるスライド式チャックの付いた「クィックシールズ」は、食品用カートンやパウチを再封可能な保存容器に変える。これは、内面に圧感知接着剤の付いたオープン・エンド(先端の開く)型低濃度ポリエチレン(LDPE)製パウチで、カートンやフレキシブル包装の開口部に装着させ、再封機能を付加するもの。これを利用することで、残った内容物を保存目的で別容器に移し替えることなく、また、元の包装に記載されている調理方法、栄養成分、賞味期間等の情報を失うことなく、食品の鮮度を維持することが可能となる

(Packaging Machinery Manufacturers Institute, 2007 February 13)
2007年2月13日
アジア・パシフィック・ブリューワリーズ社、続くビール工場建設の経過
アジア・パシフィック・ブリューワリーズ(APB)(本社、シンガポール)社は、2006年10月〜12月の 2007年度第 1四半期業績結果を発表。現在アジア各地域でビール工場建設を積極的に進める同社(関連記事:弊社業界情報2007年1月18日付ならびに 2006年11月 15日付)は、同社が参入したアジア各地域のビール売上が好調であるとしながら、立上げ段階にある工場は一時的に収益に影響を与えること、タイにおけるアルコール製品の宣伝禁止が売上に影響を及ぼしたこと、ニュージーランドならびにインドシナ地域の収益が為替変動の影響を受けたことを説明。同社の主要な進展としては以下を挙げた:@成長著しいベトナム・ビール市場において、同国の北から中央、南までの各拠点に合計5つのビール工場を配置、次の段階の成長を望めること、A昨年5月に指名した米国市場における販売総代理店、アンハイザー・ブッシュ社を通じ、APB社ブランド、タイガー・ビールの米国での売行きが好調、B2006年12月に、1000万Sドルを投じ、シンガポールの14000平方フィート敷地に「タイガー・ライブ」エンターテイメント・センターをオープン。マルチ・メディア技術を駆使し、タイガー・ビールの歴史を含む「究極のタイアガー・エクスペリエンス」を提供
(just-drinks.com., 2007 February 12 / Asia Pacific Breweries, 2007 February 12)
2007年2月8日
25リットル・ビールを、バッグ・イン・ボックスで経済的に輸送
アンカーブロイ社(ドイツ)は、同社のビールを「バッグ・イン・ボックス(BIB)」(関連記事:弊社業界情報2007年1月30日付)」で出荷する。またの名を「ビール・イン・ボックス」とするこのBIBが画期的なのは、大量のビールを、ラパック社供給のPE/金属化PET/PEラミネートの3層+ PE2層から成るバッグに、ビールを「平らな状態(下記写真参照)」、つまり炭酸を抜いた状態で充填する点だ。その後、アンカーブロイ社が開発したアンカー・カーボネイター・ボックスでビールにCO2をチャージし再炭酸化する。リサイクル可能なバッグと段ボール箱から成る25リットル用「ビール・イン・ボックス」は、総重量950g。従来の輸送用ビール・ケグと比べ、輸送費削減、賞味期間の延長、ケグ返却ならびに洗浄不要等の利点を提供する

(Packaging Machinery Manufacturers Institute., 2007 February 5)
2007年2月7日
植物として蘇る包装
オーガニック・ボディケア製品を扱うパンジー・オーガニックス社(米国)は、使用済み包装を土に植えるとバジルの芽が出る、環境に配慮した包装を開発。この包装は、接着剤や染料を全く使用せず、折り紙の様に畳むもの。特許申請も可能であったが、この種の包装を世界的に標準にしたいとの同社オーナーの希望からあえて申請しなかった。同様の動きは、他の化粧品会社にも見られる。カーゴ・コズメティックス社が発表した最新ブランド「プラントラブ」リップスティックは、とうもろこしを原料とするチューブ形状包装と生物分解可能なフラワー紙いずれかに包まれて販売される。後者の包装を土に戻すと野草の芽が出るとのこと。これら製品は、米国の有機食物取扱店として人気の高いホール・フーズならびにワイルド・オーツの店頭にて、あるいは化粧品専門店セフォラにて、販売されている
(Boston Herald Inc., 2007 January 30)
2007年2月6日
炭酸飲料、中国からの需要増で今後も成長
最近、世界最大規模の飲料メーカー、コカ・コーラ社の、コカ・コーラ製品売上の低迷、ならびに、非炭酸飲料分野への積極的参入の動きが相次ぎ報道される中、中国を筆頭に、ブラジル、メキシコ、南アフリカならびに米国、これら5カ国が今後5年間の炭酸飲料売上を押し上げると、消費者アナリスト、ユーロモニター社が報告。飲料業界ならびに包装機械業界に多くの機会を提供する可能性があるとしている。特に中国では、炭酸飲料は、国内飲料市場の23.8%を占める市場そのものを牽引する飲料。しかしながら、最近の飲料市場もまた、消費者の健康志向に大きく影響されつつあることから、中国炭酸飲料メーカーに、より健康を意識した低カロリー飲料への転換が迫られる。今後も続くと見られるコーラ等の代表的な炭酸飲料の売上落ち込みは、健康志向飲料の需要増大により相殺されると、ユーロモニター社は予想する
(Decision News Media, 2007 February 1)
2007年2月1日
消費者の忠誠心は、食品よりも飲料ブランドに対して高い
ビジネス・インサイツ社の最近の報告では、飲料・食品メーカーが継続的に収益を伸ばすための戦略の一つとして、消費者の製品への忠誠心(loyalty)を維持し高めることを挙げている。この消費者の忠誠心は、同社の調べによると、食品よりも飲料ブランドに対してより高いとの結果が出た。しかしこの忠誠心をメーカーがつなぎとめておくことは現在ますます難しくなっている理由として、消費者の選択が膨大になっているため、そして、溢れる宣伝への消費者への抵抗感が増えているため、とする。また忠誠心とは、真の忠誠心というよりもむしろ「習慣」である場合が多い。メーカーの戦略としては、製品そのものを超えた際立つ特徴、例えば「フェアトレード」、「オーガニック」、「健康維持」、などその時代あるいは近い将来のトレンドとなるもの、を製品に付与すること、そして、消費者の的を絞り、その「適切な」消費者に向けて、ブランド・ブログなどのオンライン・メディアを通じて対話をすること、等を挙げている。消費者の忠誠心の維持だけでは当然ことながら充分ではなく、新しい客を取り込むことにも企業努力を傾ける必要があると報告を結んでいる
(just-drink..com, 2007 January 31)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ