ニュース News

業界情報バックナンバー

2007年1月30日
ワインメーカー、ビンに代わる様々な形態の包装に注目
ワインボトル栓のコルクに代わるスクリューキャップの登場(弊社業界情報2006年12月28日付に関連記事)に続き、ワイン用容器にもビンから離れた全く新しい包装に注目が集まる。オーストラリアのワインメーカー、パランドゥリ社が昨年末明らかにした「チアパック」(右の写真)。完全にリサイクル可能な、プラスチックとアルミフォイルを合わせた包装。元は日本の会社がヨーグルトやスポーツ飲料用に開発したものだが、同社が初めてワイン用(750mlサイズ)に採用。消費後、容器を平らにできるのも特徴。カナダからの需要大、現在航空会社とも交渉中。ラパック社(米国)による「バッグ・イン・ボックス」(左の写真)も新しいワイン用包装。箱の中に酸素バリアフィルムを強化したバッグが固定されており、そのバッグにワインが詰められる。「パーティ・バッグ」としても知られる。酸素量を最小限レベルまで削減可能。既にフランスでは、売上が5年前と比べ5倍に増加。現在、米国に売込み中。

(Business Wire, 2007 January 23 / Reed Business Information, 2006 December 11)
2007年1月25日
米国の食品用容器、缶からフレキシブル容器への移行増加
フロスト&サリヴァン社の最近の調査によると、米国の食品用容器の、缶からフレキシブル・プラスチック容器への移行増加が見られるとのこと。その理由は以下の通り:@フレキシブル容器に使用されるフィルムのバリア特質向上 A軽量なフレキシブル容器による輸送費削減の可能性 B缶と比較した場合のフレキシブル容器の製造費の低さ。それにも関わらず移行に消極的になる最大の理由があるとすればそれは、充填システムにあるという。缶の充填システムはその効率に優れ、フレキシブル容器の場合と比較すると約5倍の速度で稼動する。また、同社の調査は、フレキシブル容器のひとつ、直立型パウチの著しい成長にも触れている。また、単層と多層があるプラスチック容器では、多層、特に3層フィルムの容器、の需要が伸びているとのこと
(Business Wire, 2007 January 23)
2007年1月23日
アルキャン社、アルミ生産費用削減のための開発に着手
世界最大規模のアルミ生産会社であるアルキャン社(本社:カナダ、モントリオール)は、アルミ生産費用を最大20%削減可能にする生産工程の研究ならびに開発を、現在、フランスの同社R&Dセンターにて進めている。エネルギー費高騰を理由に、同社を含むアルミ供給会社によるアルミ価格値上げに対する客先からの抵抗が続く中、市場での競争力を維持する手段として、同社は生産費用を削減する意向。具体的には、エネルギー効率に優れ、且つ、環境に優しい精錬工程を促す開発を目指す。アルミ価格は、昨年10月には、2003年当時の価格のおよそ2倍となる価格を記録。アルミは、食品・飲料用にも幅広く使用され、欧州では特にアルミ・ホイルの需要が伸びている。一方、西ヨーロッパ全体における一次アルミの生産率は2005年から減少傾向
(Decision News Media, 2007 January 19)
2007年1月18日
アジア・パシフィック・ブリューワリーズ社、ベトナムへの投資続行
昨年9月のフォースター社よりベトナムのビール工場買収(弊社業界情報2006年11月15日に関連記事)を完了したアジア・パシフィック・ブリューワリーズ(APB)社は、現在、世界中で最も成長著しい市場のひとつベトナムにて、同社の拡張戦略の一環として、QUANG NAMブリューワリー社を買収。これは、APB社が 60%の株を保有するベトナム・ブリューワリー社を通じて実施される。この買収により、APB社は、同社が 15年前に参入したベトナムにおいて、現時点で、5つのビール工場を所有することとなり、それらの合計年間生産能力は、395万ヘクトリットルとなる。ベトナムのビール市場全体の生産能力は、年間1500万ヘクトリットルを超えると見られる。APB社のインドシナ地域での売上は、2005年度には前年比10%以上の伸びを記録。同社は、この買収により、アジア地域10カ国にて合計29のビール工場を所有することとなる
(Food Industry News, 2007 January 15)
2007年1月16日
ペプシコ社、新デザインの缶発表
「身体に良い」飲料の需要が増える一方で、売上が伸び悩むソフトドリンク。その再活性化を目指し、ペプシコ社は、新しいデザインのペプシ・コーラ缶の販売開始を発表。この週末より始まる「グローバル・ブランド・リスタイル」は、ペプシ・コーラ缶ならびにボトルのデザインを、若年層に焦点を合わせ、スポーツ、音楽、ファッション、車に関連するイメージにし、そのデザインを数週間毎に変えるもの。製品購入者のみにアクセスが許されるネットでのコンテスト、ゲームもある。コーラを購入するたびに異なる経験を消費者に味わってもらうのがこのキャンペーンの特徴。同社の缶デザインは、過去109年間に10回しか変わっていないが、このキャンペーンが行われる2007年だけで35回もデザインが変わることになる。また、来る2月4日のスーパーボール(米国最大のスポーツイベント)のプロモーションの一部として、スターリング・シルバーに、ダイアモンド、ルビーならびにサファイアを嵌め込んだ10万ドル相当のペプシ缶コンテストも主催
(The Wall Street Journal, 2007 January 11 / AFX News Limited, 2007 January 12)
2007年1月11日
ビール、米国で値上げ
最近の大麦ならびにアルミの価格上昇の影響を受け、米国のビール値上げが予想されている。アンハイザー・ブッシュ社(米国ミズーリ州)は、今年初めに同社ビール値上げを計画、メキシコのビール・メーカー、フェムサ社もまた同社製ビール値上げを決定した。大麦価格は、オーストラリアならびに米国中西部の旱魃、ならびに、とうもろこしや大豆に変更する農家の増加、を原因とする生産量低下により、昨年上昇を続け、12月には、2005年同時期の平均価格と比較し、24%上昇した。モルソン・クァーズ・ブリューワリー社(米国コロラド州)は、アルミ価格上昇を理由に、ディストリビューターには既に今週からの3%値上げを告示している
(International Herald Tribune, 2007 January 9 / Pittsburgh Tribune-Review, 2007 January 11)
2007年1月10日
クリア包装、米国では2010年に需要85億ドルに達する見込み
プラスチック製クラムシェル包装、ブリスター包装を含むクリア包装の米国における需要は、年間5.1%の割合で増加すると予想され、プラスチック樹脂9億ポンドの市場を創出する。盗難・いたずらの抑止機能として、また、店頭での効果的陳列方法として、クリア包装を好むメーカーにより、おもちゃ、ゲーム、スポーツ用品、電気製品などに多く使用される。クラムシェル包装は、特に生鮮食品や調理済み食品用に需要が高く、また、素材が厚く強度に優れる構造のため、大きなもの、重いものの包装にも利用される。クリア包装でクラムシェル包装と並び需要の高いブリスター包装は、1回分の薬剤投与量に関連する規制と関わり、また、効率的な分配を促す方法として、薬品用に多く使用される
(Market Wire, 2007 January 3)
2007年1月9日
米国、2007年食品のトレンドは?
ある調査結果は、機能性食品、ダークチョコレートならびにエスニックフードを、米国での2007年トレンドとして上位に挙げた。以下はその詳細:身体に及ぼす悪影響が昨年大きく取り上げられたトランス脂肪酸の含有量等に敏感となった消費者が、機能性食品やオーガニック食品を求める。動脈硬化を原因とする心臓病予防に効果があるとされるフラバノールを含むことで注目されるチョコレート、中でもその含有量が多いダークチョコの種類が更に豊富に。アジア・アフリカ料理・食品の人気が続く。成長を見せるボトルド・ウォーターは、水質の純度ならびにミネラル成分に着目する消費者による選別が厳しくなる。ベビー・ブーマーが一線から退く時期も迫り、老化防止の食品ならびに高齢者に使い易い容器の開発が進む
(The Atlanta Journal-Constitution, 2007 January 2)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ